2015年12月31日

「ゆりたん 百合×英単語。」を更新。英単語約60項目とコラムを追加!

このたび、電子書籍「ゆりたん 百合×英単語。」のアップデートを行いました。



「ゆりたん」は、百合作品に良く出てくる表現を使って英語を学べる単語集です。すべての単語に百合テイストの例文付き。

今回のアップデートにより、約60の英単語と何本かのコラムを追加しました。


【追加英単語】

追加した具体的な英単語は以下のとおり(ページ順)。

初級編

act  call  carry  cook  enter  hit  bed  cold  dog  effort  rose  sign   certain  curious  excited  first  second  strange  useful  let's  

中級編

depend  fix  light  mistake  rely  spoil  violate  accident  ban  bathroom  honor  nail  senior  spirit  virtue  absent  beloved  confused  dirty  helpless  mature  serious  suitable  vacant  be used to 〜  take away  used to 〜

上級編

flirt  lick  swap  boobs  delusion  premonition  recruit  sect  swimsuit  lone  matching  overprotective  practical  


【追加コラム】

以下のコラムを追加で収録しました。各章の合間に掲載されています。

「2015年話題の百合漫画」
「アメリカの同性婚」
「日本の同性婚」
「英語で語ろう!地球温暖化」
「Kindleを使いこなそう」


【更新分サンプル】


追加収録した部分のサンプル画像を何点か掲載しますので参考にしてください。サムネイルなのでクリックすると拡大されます。

yuritansample2cv1.jpg yuritansample2cv2.jpg yuritansample2cv11.jpg

yuritansample2cv3.jpg yuritansample2cv12.jpg yuritansample2cv4.jpg



【アップデート方法】

2016年に入ってからご購入いただいた場合は、最初からアップデートが適用されています。

2015年度中にご購入いただいた方も、無料でアップデートができます。アップデートは、Amazonアカウントの「コンテンツと端末の管理」からアップデートから行います。

コンテンツと端末の管理
 
「ゆりたん 百合×英単語。」の項目の右側に「アップデートがあります」と表示されているはずなので、そこをクリックしてください。


ラベル:電子書籍
posted by trinder at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

Kindleで半額セール中!「さくらマイマイ」「ちゅうふれ。」

先日の記事でお伝えした通り、現在KindleストアでKADOKAWA系の電子書籍の大規模な半額セールが行われています。

KADOKAWA半額セール対象一覧


今回は、セール対象になっている作品うち10月末発売の最新作「さくらマイマイ」と「ちゅうふれ。」を紹介します。


さくらマイマイ



超お嬢様の櫻子は、手違いにより普通の庶民向けの学校に入学してしまいます。しかも住む寮はかなりのオンボロ。しかし庶民の生活に憧れる櫻子はここが気に入り、そのまま生活を続けることになります。


天然お嬢様と庶民の女の子たちが織りなす日常を描いたギャグ漫画です。百合多めな4コマ漫画誌「コミックキューン」で連載中。

百合的な注目ポイントは、メイン4人の1人である夏目というキャラクター。幼馴染である純に片思いしており、公式のキャラ紹介でも「こっそり純に想いを寄せている」とされています。純のあらゆる言動を百合的な方向に拡大解釈し、勝手に興奮したり鼻血を出したりします。

chufure1yc7.jpg

一方で純のほうは、夏目から特別な気持ちを抱かれていることには気づいていないようです。今後何か進展はあるのでしょうか…?


それ以外のキャラだと、櫻子と瑠璃の友情が微笑ましい感じです。お互いに「大好き」と言い合ったりします。

chufure1yc5.jpg

また、櫻子の妹・撫子はかなりのシスコン。櫻子を連れ戻そうとして騒動を起こします。こちらも百合的に面白いキャラクターです。



ちゅうふれ。




ある日、幼馴染の佐幸(さゆき)に呼び出されたみのり。

chufure1yc1.jpg

愛の告白を予感し緊張するみのりでしたが、佐幸から出てきたのは「あなたにお仕えしたい」という言葉でした。佐幸は幼少時のある体験がもとで、みのりの下僕になりたいという願望をずっと抱いていたのです。

べつにお嬢様でもSキャラでもないみのりは困惑しますが、佐幸との友情を壊したくない一心でこの関係を受け入れてしまい・・・?


突然始まる幼馴染との主従関係を描いたギャグ漫画です。良い意味で行き当たりばったりな勢い任せの展開が持ち味。幼馴染が急に下僕になりたがる導入部からして意味不明。でもそれがいい。そんな感じの作風です。

あくまで主従関係がテーマなのか、恋愛を連想させる要素はあまりありません。第1話序盤で、佐幸がみのりの告白しそうな雰囲気だったのが一番わかりやすい百合シーンかもしれません。

しかし佐幸のみのりへの忠誠ぶりは尋常ではないので、主従ものとしてはなかなか面白いと思います。現在のところ忠誠心がだいぶ一方通行ですが、今後みのりにご主人様としての自覚(?)が芽生えれば主従百合としてさらに面白くなってくるかも…?

1巻後半では新キャラクターが登場。みのりと佐幸に何か因縁がありそうなので、こちらも次巻からの活躍に期待です。


 

KADOKAWA半額セール対象一覧
 
posted by trinder at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

「トランジットガールズ」第8話(最終回)

「連ドラ史上初の“ガールズラブ”をテーマとしたドラマ」として話題の、「トランジットガールズ」。12月26日、ついに最終回が放映されました。



これまでのあらすじは、先日の記事で紹介したとおりです。義理の姉・ゆいと一度は結ばれた小百合。しかし、関係が両親に発覚したことから2人は離れ離れになってしまいます。小百合はゆいのことを忘れられず行方を探しますが、手がかりはつかめません。ゆいと一緒に過ごす約束をしたクリスマスが近づく中、今回の最終回です。


亡き実母の墓参りに訪れた小百合は、まどか(父親の再婚相手・ゆいの実母)に出会います。まどかは、自分が結果的にせよ小百合とゆいを引き離してしまったことを後悔していました。今ではまどかも、ゆいが本気で恋しているなら応援してあげたいと思っています。そして、ゆいの連絡先を小百合に教えてくれたのでした。

しかし、いざとなると小百合はゆいに会う勇気が出ません。直(名馴染み)や圭吾(父親)は、迷う小百合の背中を押します。さらには、かつてゆいが撮った写真から、小百合はゆいがいかに自分のことを愛してくれていたかに気付きます。

決意を固めた小百合は、まっすぐゆいのもとに向かいます。そして小百合は、かつて2人が初めて会った神社でついにゆいと再会。小百合とゆいは抱き合い、キスを交わすのでした。



ついに完結の「トランジットガールズ」。

女の子同士の恋を正面から描いた、実写ドラマとしてはとても貴重な作品だったと思います。公式によれば、これが連ドラ史上初。

義理の姉妹との恋というテーマは、百合作品としてはきわめて王道。それだけにクセがなくわかりやすい筋書きになっていると思います。欲を言えばもう少し具体的に掘り下げて欲しかった部分もありますが、そのあたりは視聴者の想像に委ねられているともいえます。

異性の存在や両親の反応について描写があることも、作品に実写ドラマとしてのリアリティを与えていると思います。周囲の人々は小百合とゆいの関係に驚きはするものの、頭ごなしに否定したり、悪意をもって攻撃することはありません。最終的には理解を示してくれますし、基本的にはいずれも好人物です。このあたりは、フィクション性とリアリティのバランスがとても上手く取れていると思います。


この作品は、(公式によると)連ドラ史上初の女の子同士の恋愛ドラマです。実写化が難しいテーマをきちんと一本の作品として仕上げたことはとても意義のあることだと思います。この作品をきっかけに、女の子同士の恋を扱ったドラマが増えてくれたらいいなと思います。


トランジットガール公式サイト

なお公式サイトでは、最新放送分が1週間無料で視聴可能です。
 
posted by trinder at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

「ふたりべや」第2巻(雪子)

雪子さん作の4コマ漫画「ふたりべや」第2巻です。



2人部屋で下宿している、桜子とかすみ。桜子はほんわかしたお姉ちゃん気質の女の子。かすみは、見た目は超美少女だけど怠け者でマイペース。

第1巻の時点で一緒のベッドで寝たり、「アメでポッキーゲーム」をしたりとかなりのイチャイチャぶりでした。

今回もずっとそんなノリで、初めて2人の関係を見た他のキャラ達がちょっとびっくりしてしまうほどです。授業をサボって保健室でお昼寝する回では、当然のように2人同じベッドに入ってイチャイチャ。結果、保健室の先生にわんわりと追い出されてしまいます。

基本的に相思相愛ですが、特に桜子のかすみラブぶりがすごいです。桜子のメールアドレスがlove-ksmであることが判明し、周囲をぽかんとさせる一幕もあります。


さらに、桜子の妹で同じくかすみラブな雛子も今回結構出番多めです。かすみに構ってほしくて色々するのですが、あまり報われません。桜子とかすみのイチャイチャを見せつけられてスネてしまうのがお約束。


芹&硝子

今回は作中時間が2年目になっており、桜子たちの後輩にあたるキャラクターが登場します。

芹は、柔らかい物腰のお嬢様。ただしお嬢様と認識されるのを嫌がっているようです。

そして硝子(しょうこ)は、スポーツ少女だけどラフでおおざっぱな性格。

桜子達と同じ下宿で、やはり2人部屋で暮らすことになった芹と硝子。あまりのタイプの違いに当初は不安だったのもの、次第にお互いの良い面を発見して印象は変わっていきます。

futaribeya2tt2.jpg

おまけページの作者コメントによると、「なんだかんだで仲良く暮らしていけそう」。

とはいえ現時点ではまだ桜子&かすみほどラブラブではありません。同居人あるいは友人として常識レベルの中の良さ。このへんの対比は、桜子&かすみの親密さがいかに特殊かを際立たせる効果も持っていると思います。桜子たちを客観的に見て素直なリアクションをしてくれる面白いポジション。


描きおろしエピソード

巻末のおまけエピソードは、桜子が頭を打って記憶喪失になってしまうというもの。記憶を失ったことで、普段のかすみとの行き過ぎた親密ぶりに改めて驚いています。一緒のベッドに入るのを恥ずかしがるという初々しいシーンも。

futaribeya2tt3.jpg

たまには記憶喪失もいいかも・・・?




というわけで、「ふたりべや」第2巻でした。今回も桜子とかすみはラブラブな同居生活が楽しめます。

後輩キャラが登場したことで、作中できちんと時間が経過していることが描かれました。このペースだと4巻目あたりには卒業ということになるのでしょうか。もっとずっと桜子たちのイチャイチャを見ていたい気もします。

作中時間の経過に合わせて、桜子たちが将来を考える描写も出てきています。どうやら桜子は卒業後もかすみと暮らしたいと思っている節がありますが、実現するのでしょうか・・・?


 


メロンブックス特典は、描きおろし8P小冊子。収録されている漫画の中では、桜子が将来かすみを養うつもりらしいことが判明します。

futaribeya2tt1.jpg
 
ラベル:ふたりべや
posted by trinder at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

二次元ドリーム文庫も半額セール!百合グラドル・百合色シリーズなど

先日の記事では、KindleストアでのKADOKAWAセールをお伝えしました。

現在Kindleストアでは、「二次元ドリーム文庫」の半額セールも実施中です。

二次元ドリーム文庫セール対象一覧(18禁注意)


二次元ドリーム文庫は、簡単に言うとエッチな要素を売りにしたラノベレーベル。百合作品もちょくちょくリリースされています。

現在セール対象になっているのが確認できるのは、「百合グラドル」シリーズや「百合色」シリーズ。「学園百合ストーリーズ」も入っています。

  

 


やや新しめの作品は、現時点では残念ながらセール対象外。

  

ですが今回のセールで旧作を読んで気に入った作品があったら、最新作に手を伸ばしてみてもよいかもしれません。


私は今回紹介した中では「百合色コーディネート」と「学園百合ストーリーズ」は読んでいます。この中では、「百合色コーディネート」はかなり楽しめた作品でした。特に主人公がヒロインへの特別な気持ちを自覚して悩む描写が素晴らしく、ちょっとエッチな要素を入れつつも繊細かつ丁寧に描かれていました。作者であるあらおし悠さんの他の作品も読んでみたくなりました。この機会に、過去のシリーズも挑戦してみようかと思っています。
 
二次元ドリーム文庫セール対象一覧
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

「小百合さんの妹は天使」第3巻(伊藤ハチ)

伊藤ハチさんの「小百合さんの妹は天使」第3巻を読みました。



地味に生きてきた小百合さんのもとに現れた「天使」は、美少女に成長した妹の美琴でした。小百合の恋人になりたいと言う美琴に対し、小百合は戸惑いながらもちょっとドキドキ。そんなシチュエーションで展開される作品です。

男鹿くん×姫子

今回は、男鹿くん(女です)と姫子のお話の続きから。姫子はいつの間にか男鹿くんの下着やら裸やらを見たがるキャラになっており、もう完全に恋しているようにしか見えません。

GEDC0653.jpg

なかなか素直になれない姫子でしたが、小百合と美琴の助言によって男鹿くんに正直な気持ちを伝えることができたようです。最終的にはほぼカップル成立と言ってよさそうな雰囲気になっています。

前巻では小百合たちと無関係に展開している感のあったこの2人のエピソードですが、今回はきちんと小百合たちと絡むことで上手く作品に溶け込んでいると思います。


ご褒美(温泉)

中盤は、小百合さんと美琴が温泉旅行に行きます。男鹿くんと姫子の一件に貢献した美琴に対して、小百合からの「ご褒美」ということのようです。

2人きりの旅行と言うことで、美琴は煩悩全開です。お風呂では小百合の背中を洗うと見せかけてエッチなことをしようとしました。

sayuri3yye3.jpg

美琴いわく「姉と妹が裸で密室ふたりきりとか、何も起きないはずがないよ」。最近やっている某TVドラマを見る限り意外と真実なのかも・・・!?

美琴がベタベタしすぎて小百合が戸惑うというシーンが多いですが、最後には小百合からのキスも。これも「ご褒美」ということなのでしょうか。


草薙ちひろ

後半は、草薙ちひろという新キャラクターが登場。プロのカメラマンで、特にかわいい女の子を撮るのが好きなのだとか。

ちひろは美琴の美少女ぶりに目をつけ、モデルとして起用しようとします。美琴は意外にも素直にこの提案を受け入れ、ちひろのところに通うようになりました。しかし、美琴はちひろにいつしか怪しい雰囲気を感じ始め・・・?

波瀾の予感を感じさせつつ、4巻に続きます。



というわけで、「小百合さんの妹は天使」第3巻。シリアスな印象が強かった前巻と比べると、百合ギャグ路線にかなりはっちゃけています。

前巻で「おねえちゃんとセックスしたい」などと言っていた美琴ですが、今もそのチャンスを虎視眈々と狙っていることが伺えます。お風呂でイタズラしたりとやりたい放題です。

sayuri3yye2.jpg

小百合は美琴をたしなめようとすることが多いものの、今回は「ご褒美」としてキスしてあげるシーンも描かれました。だんだん百合系のノリに染まって来ているのかもしれません。

後半では、草薙さんという新キャラも登場。美琴に相当な執着を示し、かなりガチかつヤンデレな側面を覗かせています。果たして美琴の運命は・・・?次巻も楽しみです。


なお1巻・2巻は12月23日現在Kindleストアで半額セール中。気になっている人は、この機会にぜひ。

  


とらのあな特典は、4Pリーフレットでした。大晦日とお正月をテーマにしたイラストや4コマが収録されています。こちらでも美琴はお姉ちゃんへの愛のために大暴走です。

sayuri3yye1.jpg
 
posted by trinder at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KindleストアでKADOKAWA作品が半額セール。「やがて君になる」「さくらマイマイ」等の最新作も!

Kindleストアで、KADOKAWA(角川)作品の新たなセールが開始されています。

KADOKAWA半額セール対象一覧


多数の作品が半額セールになっていますが、注目は最近の百合漫画でも一番の話題作「やがて君になる」。



10月末発売の最新作なのですが、早くも半額セール対象になってびっくりです。未読の方はぜひこの機会に。

参考記事:「やがて君になる」第1巻(仲谷鳰)



同じく10月末発売作品だと、「ちゅうふれ」もセール対象。



こちらの公式あらすじは以下の通り。

『みのりと佐幸はどこにでもいる女子高生。二人は仲の良い友達、の、はずだった。佐幸がみのりへ突然「告白」するまでは……。
「私はみのり様にお仕えしたかったのです!」――親友の犬になることを望んだ少女と、親友に人生捧げられちゃった少女。
これは、そんな二人の「ちゅうふれ。」関係を描くお話です。』



さらに、「さくらマイマイ」も10月末発売作品です。百合作品多めな4コマ漫画誌「コミックキューン」で連載中。



日常ドタバタギャグ漫画ですが、基本イチャイチャ多め。特に夏目というキャラは公式に百合担当です。キャラ紹介にも「こっそり純に想いを寄せている」と記載されています。その他にも、主人公・櫻子と仲間達との友情やシスコン妹もみどころ。


新連載というわけではありませんが、「ひまわりさん」の最新第6巻も10月下旬発売でした。こちらも半額セール対象です。





過去のKADOKAWAセールで常連(?)だった百合作品たちも、徐々に今回のセール対象に追加されているのが確認できます。

  

  

参考:「小百合さんの妹は天使」関連記事一覧
参考:「あの娘にキスと白百合を」関連記事一覧



  

  

  

   

  

   


小説(ライトノベル含む)も、KADOKAWA関係のレーベルから出ている作品は幅広くセール対象に。

  

漫画が初出の「緋弾のアリアAA」は今年になって初めてノベライズ版が出ましたが、既刊3冊が早くも半額セールに。

  

最新の第4巻は12月25日発売。さすがにこちらはセール対象外。



ちなみに漫画版はスクエニ系ですが、現在たまたま第1巻が半額セール中です。




KADOKAWA系のエッセイ系、画集などもセール対象に。エッセイには対象になっているものとそうでないものがあるので、気になる作品がある人は確認してみてはいかがでしょうか。

   


毎度のことながら、作品によってセール開始時刻に差があるようです。まだまだセール対象は増えているようなので、KADOKAWA系で気になる作品がある人は少し時間を置きつつ確認してみるといいかもしれません。

KADOKAWA半額セール対象一覧
 


【Kindleの電子書籍はスマホやPCでも読める!】

過去にも何度か書いたことがあるのですが、意外と知らない方がまだまだいるようなので再び紹介します。

Kindleストアの電子書籍を読むためには、専用の端末を持っている必要はありません。「Kindle」という名前の専用機器が出ているのでややこしいのですが、これは必須ではありません。

Kindle公式サイトにて、スマホやPCでKindleストアの電子書籍を読めるソフト(アプリ)を無料で配布しています。これを使えば、スマホやPCでいつでも電子書籍を閲覧できます。

Amazon.co.jp: Kindle for PC
Kindleアプリ(Google Play)

私は専用端末も持っていますが、実際はタブレットに入れたアプリで読んでいることが多いです。専用端末版と機能に特に差はないので、興味があればぜひ試してみてください。 
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

「トランジットガールズ」最終回直前・第7話まで

「連ドラ史上初の“ガールズラブ”をテーマとしたドラマ」として話題の、「トランジットガールズ」。



先日、第7話が放映されました。全8話予定なので、次回(12月26日放映)でついに最終回です。

この記事では、これまでのあらすじを振り返りながらドラマのみどころを紹介したいと思います。


あらすじ

主人公・小百合は、父親の再婚によって、ゆいという義理の姉ができました。突然の環境の変化についていけない小百合は、ゆいに激しく反発します。しかし、ゆいはそんな小百合に突然キスをするのでした(第1話ラスト)。

ゆいのことが理解できずに戸惑いつつも、普段通りの生活を続ける小百合。小百合と兄妹のように育った幼馴染・直(なお)や、直に片思いしている同級生の未來(みく)など、人間関係は様々です。



しかし、小百合はゆいのことが気になって他のことが手につかない自分に気づきます。そしてあるとき、ゆいに再びキスされたことでゆいのことが好きなのだと自覚(第4話ラスト〜第5話)。

そこからは、2人の距離はいっきに接近します。小百合はゆいを「お姉ちゃん」と呼ぶようになり、時には「ゆい」と呼び捨てにすることも。一緒にお風呂にも入ったりします(第5話)。



「女の子どうしってどうやったらいいのかわかる?」
「私が最初でいいのかな、小百合の…」

という会話も。その後実際にしてしまったことが婉曲的ながらも描かれます(第6話)。




そんな時、小百合の友人である未來が直に告白するも振られてしまいます。直は幼馴染である小百合に片思いしていました。しかし小百合は、すでにゆいのことが好き。人間関係にほころびが出始めます。


さらには、小百合とゆいの関係がまどか(小百合の父親の再婚相手で、ゆいの実母)に発覚。そこから圭吾(小百合の父親)にも話が伝わり、小百合たちは厳しく追及を受けます(第7話)。



親たちの前で、小百合への気持ちは本物だと堂々と語るゆい。しかし小百合に迷惑がかかるのを恐れたゆいは、いつしか小百合の前から姿を消してしまいました。

小百合はゆいの行方を探すものの、手がかりをつかむことはできません。2人で素敵な思い出を作ろうと約束したクリスマスが近づく中、2人の結末は・・・?





というわけで、最終回直前の第7話までのあらすじを紹介しました。

義理姉妹ものの王道的なストーリーの中にも、実写ドラマならではのリアリティが上手く溶け込んでいる印象です。公式によれば「連ドラ史上初の“ガールズラブ”をテーマとしたドラマ」とのことですが、今後はこれが1つのお手本になるかもしれません。

実写としてのリアリティを追及した場合、男性キャラを登場させたり、同性愛への偏見を描いたりするのは避けられない点だと思います。このドラマはその点の扱い方が非常に上手いです。

例えば、小百合の幼馴染・直は作中で(冗談交じりにせよ)「スーパーマン」とすら呼ばれている文句なしの爽やかイケメン。小百合に片思いしているのですが、決して自分の気持ちを押し付けることなく小百合の支えに徹してくれています。小百合とゆいの関係も、実は薄々察していたうえで肯定してあげるという空気の読みっぷり。「神無月の巫女」のソウマすら彷彿とさせる、百合作品における理想の男性キャラかもしれません。

同性愛に対する偏見が描かれるシーンもありますが、決して悪意のあるものではありません。圭吾(小百合の実父)にせよまどか(義母)にせよ、怒っているというより、戸惑い、迷っている感じ。未來(小百合の友人)に至っては、「別に引かない」「最近そういうの珍しくない」とほぼ肯定してくれました。

同性愛が普通でないことは描きつつも、どの登場人物も決して頭ごなしに否定はしません。戸惑ったり迷ったりしながらも、理解しようと努力してくれる登場人物が大半です。このへんに、時代というか世相の変化を感じます。この作品をきっかけとして、百合(ガールズラブ)を肯定的に扱った実写作品がもっと増えたらいいなと思います。


今週末の12月26日(土曜日。23:40〜24:05)、ついに最終回です。結末がどうなるのかはまだまだわかりませんが、最後まで見守りたいと思います。

トランジットガールズ公式サイト
 


小ネタ

作中、2人の関係が「百合」と呼ばれることは一度もありません。公式サイトでもジャンルは「ガールズラブ」と呼ばれています。

ですが、他の単語の一部として「百合」という言葉が出てくる箇所はいくつか存在しています。

まず、主人公の名前「小百合」。百合漫画の登場人物に「小百合」という名前がつけられていることはたまにあるので、この作品の場合も意図的なのでしょうか…?



そして何より気になるのが、「百合山公園」。第一話などで小百合たちがたむろしていたあの公園のことのようです。バス停の名前にもなっているようで、看板が頻繁に画面に映ります。

transit7ik2.jpg

transit7ik1.jpg

transit7ik3.jpg

場面によっては登場人物より看板が目立っているようにすら見えます。狙っているのでしょうか?
 
posted by trinder at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

「新米姉妹のふたりごはん」第1巻(柊ゆたか)

柊ゆたかさんの漫画「新米姉妹のふたりごはん」第1巻を読みました。




あらすじ

両親の再婚によって、サチとあやりは突然姉妹になりました。しかも両親は仕事でしばらく海外に行っているらしく、サチとあやりは2人きりで生活することになります。

一応姉であるサチは、あやりとなんとかして打ち解けようと四苦八苦。しかし、サチは無表情なあやりが何を考えているのかつかみきれません。

そんなある日、海外の両親から届けられたちょっと珍しい食材。それを見たあやりの目が輝きだします。あやりは料理が大好きなのです。そして、サチは食べるのが大好き。2人はいっきに会話が弾みます。

sinmaisimai1yu7.jpg

料理、そして食事を通して、サチとあやりは姉妹の絆を深めていきます。


感想

突然姉妹になった女子高生2人が、料理を通して姉妹愛を暖めていくお話です。「美少女&グルメ」という萌え漫画界のトレンドと、「義理の姉妹」という百合界のトレンドの合わせ技と言えるかもしれません。結果として1つの新しいタイプの姉妹漫画が誕生しています。

料理描写は結構本格的。舞台が自宅のキッチンなので家庭料理がメインですが、ちょくちょく珍しい食材が出てくるのも目を引きます。第一話のメイン食材からして「ハモン・セラーノの原木」(生ハム)。多分わかる人にはわかる通好みなチョイスなのでしょう。各話の後にはわざわざ1ページずつ使って解説まで入っています。


百合と言ってよいのかはまだわかりませんが、姉妹の距離感の探り合いもみどころです。2人とも良い子ですしお互いのことを好きなのは間違いないのですが、一歩を踏み出すきっかけがつかめずモヤモヤしている感じ。毎回どちらかがちょっとだけ思い切ったことをして、少しずつ姉妹らしくなっていきます。

sinmaisimai1yu5.jpg

個人的には、サチがお姉ちゃんらしく振舞おうと頑張る回がお気に入り。


基本的にサチとあやりがメインですが、サチの親友の絵梨あたりもちょっと気になる存在です。

sinmaisimai1yu6.jpg

サチとあやりの関係を見て「妬いた」と呟くあたり、サチに特別な気持ちを抱いているように見えなくもないですが、果たして…?

今のところサチとあやり以外ではほぼ唯一の名前ありキャラですし、今後の活躍に期待。





メロンブックス特典は、約20Pの小冊子。小冊子とは言いましたが漫画本体より大きいA4版です。

sinmaisimai1yu2.jpg

「新米姉妹のふたりごはん」の作者本人である柊ゆたかさんと、5人のゲスト作家さんが参加している豪華な内容です。作家さんそれぞれの切り口でサチとあやりを描いています。

百合的に注目は、「やがて君になる」の仲谷鳰さんが参加していることでしょうか。

sinmaisimai1yu3.jpg

「やがて君になる」の特典小冊子のほうには「新米姉妹のふたりごはん」の柊ゆたかさんがゲストで登場していましたね。
 
posted by trinder at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

半額セール中「京アミ!」(ポルリン)

先日紹介したとおり、現在Kindleストアでドラゴンコミックスエイジ系の漫画が半額セールになっています。正確な期間は不明ですが、他の電子書籍ストアと同じなら12月17日まで。

今回はセール対象の中から、ポルリンさん作の「京アミ!」を紹介します。

  

この作品は、2011〜2012年頃にリリースされていたもの。全3巻。

「京都アミューズメント学園」(略して京アミ)に通う女の子たちが、エロゲー制作に挑戦するというストーリーです。

レギュラーキャラは全員女の子。百合的なみどころは、女の子同士でキスしたり、エッチなことをするシーンが頻繁に出てくること。

kyoami1er1.jpg

一応作品のリアリティ追及などの名目がありますが、それにしても明らかにやりすぎ。

特に中盤あたりに出てくる「姉妹丼」のシーンは一線を越えてしまっている可能性あり。

kyoami1er2.jpg

最初の1コマ以外詳しく描かれませんが、「プニプニ クリクリ チュパ チュウ〜」という謎の効果音が付いています。


後半に向かうにつれ、ゲームのリアリティ追及だけでなく本気で恋しているような描写が増えていきます。相手とキスしている夢を見てしまったり、眠っている間に(おそらく)本当にキスしてしまったり。

kyoami1er4.jpg

作中「百合」という単語も出てくるので、作者さん的にもそういう路線を意識しているのでしょう。


一応本筋はゲーム制作なので、創作系のストーリーが好きな人はその方面でも楽しめると思います。

百合系の女の子達がエロゲーを作る漫画というと、近い時期に「R18!」(2008〜2014)がありました。



「R18!」が(主人公が新人とはいえ)プロの制作現場を扱っていたのに対し、「京アミ!」は主人公がアマチュアの学生であるという違いがあります。また、「R18!」の主人公がいわゆる「塗り」専門だったのに対し、「京アミ!」の主人公はシナリオ担当。このあたりの違いから、「京アミ!」は創作にまつわる苦労や青春要素がより強く出ている印象です。


あと百合的には、「R18!」が百合ゲー制作を扱ったことがあるのに対し、「京アミ!」は特にそのような描写はありません。ゲーム内容は詳しく語られないものの普通の男女もののようです。

本格的に百合ゲー制作に挑戦していたら、「リアリティ追求」のシーンがかなり面白いことになったような気がします。後半から増えている主人公達の恋愛描写とも絡めたらさらに盛り上がりそう。

最終巻である3巻のやや急な展開やあとがきを見るに、この作品はどうやら打ち切りのようです。もうちょっとだけ続いていたらもしかしてあんな展開も…といろいろ想像すると少し残念です。

とはいえやや急なりに一応の区切りは付けていますし、この先の展開をいろいろ想像したくなるような終わり方になっています。

kyoami1er3.jpg

現在なら半額セール中なので興味がある人は読んでみてはいかがでしょうか。

  
 
ドラゴンコミックスエイジ作品半額セール一覧
 
posted by trinder at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

コミックキューン 2016年1月号(vol.4)

最近ちょっと忙しくてだいぶ遅くなりましたが、コミックキューン 2016年1月号(vol.4)の紹介です。

今回の表紙は「パンでpeace!」。クリスマスをイメージしています。でもケーキじゃなくてあくまでパンを持っているあたりはさすが。



恒例の巻頭イラストギャラリーもクリスマス特集。



ゲストとして伊藤ハチさん(小百合さんの妹は天使)、タチさん(桜Trick)、しろさん(ヤマノススメ)などが参加しています。相変わらず特定の方向を意識した素晴らしい布陣。もちろん、コミックキューンのレギュラー作家陣のみなさんの絵も良い感じです。


連載漫画は今回も百合分多め。以下では、その中でも特に新しい動きがあったものを紹介します。


となりの吸血鬼さん(甘党)

クリスマス会をする回。百合的には、灯のことが大好き(公式紹介文より)なひなたがみどころ。

さらに、クリスマスに夕と2人きりになれると知ってドキ…としている朔夜も気になります。

cune4gg1.jpg

この2人は主人公・灯のクラスメイトなのですが、学校のシーンが少ない作品なのでいつも出番は控えめ。この2人のクリスマス当日の様子も結局描かれません。いつかこの2人をフィーチャーしたお話が見てみたいです。


青春スウィートトラック(TOもえ)

みんなで銭湯に行こうという話が持ち上がります。それを聞いた久実は、りく・競香・美南のいろんな辛みを想像して大興奮。カップリングにはこだわりがあるようです。

cune4gg2.jpg

そして百合妄想の興奮冷めやらぬまま次の銭湯回に続く。

百合ネタとしては面白いのですが、作品を脱線させまくっているのが心配になるキャラですね。もはや陸上関係ないですし…。


ルルメイト(ミヤコヒト)

メインキャラ4人の部活がバラバラなこの作品ですが、今回は輪乃の軽音部に関するお話です。

輪乃の中学時代のバンド仲間・百々音(ももね)が登場します。しかし、真菜は自分の知らない輪乃を知っている百々音にちょっと嫉妬。それを見抜いた百々音にイジられたりします。

cune4gg3.jpg

真菜の輪乃への気持ちはこれまでに複数のキャラが見抜いていますが、そんなにわかりやすいのでしょうか。そして輪乃本人はどういうつもりでいつも真菜をからかっているのか、気になります。


ニョロコの生放送!(むく)

マイペースに夏のお話。海で水着回です。みんなが楽しく遊んでいる中、茉莉だけは少し寂しそうな表情を浮かべています。茉莉は、親友の小夜子がいつか自立して自分から離れていくのではないかと不安なようです。そんな茉莉を、優しく包み込む小夜子。2人の関係性が少しずつ変化しているのが感じられます。

cune4gg4.jpg


しすたー・いん・らう!(阿部かなり)

2組の姉妹によるシスコン漫画。なのですが、今回は白乃・萌花(妹2人)のクラスメイトの牡丹がメイン。牡丹と運命の相手(女の子)の仲をみんなで取り持ってあげるお話です。恋愛感情があるという前提で話が進んでいきますが、最後にはオチが・・・。


ちーこばすけっと(米白粕)

日常系バスケ漫画。百合的には正直それほどマークしていなかったのですが、女の子だけのお話なのでポテンシャルルはありそうです。今回は、「あのふたりってカップルみたいだね」という台詞が登場。しかしとあるキャラがその関係を誤って「薔薇」と呼んでしまい、直後に謝罪に追い込まれています…。

cune4gg5.jpg


その他、もともと百合っぽい連作作品は今回も安定です。

「パンでpeace!」(emilyさん)、「さくらマイマイ」(おしおしおさん)、「私の友達が世界一かわいい。」「ひなこのーと」(いずれも三月さん)、「わたしのご主人様は人間じゃない気がする」(高崎ゆうきさん)、「ギャルとオタクはわかりあえない。」(河合朗さん)、「にゃんこデイズ」(たらばがにさん)、「シイーズンシアターシアトリカル」(源久也さん)、「むしとりにすた」(高市みき緒さん)、あたりは百合目的で十分楽しめる作品だと思います。

百合専門誌を謳っているわけではないので男性が出てくる作品もありますが、アクセントと思えば悪くない内容。総合的にとても楽しめる4コマ漫画誌だと思います。

  
posted by trinder at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

Kindleストアにて百合姫コミックスまとめ買いで30%OFFセール。「ゆるゆり」「犬神さんと猫山さん」など

前の記事に続いて、電子書籍の話題です。

最近になって、Kindleストアで「まとめ買い」の時のみ適用されるタイプのセールが始まりました。「まとめ買い」機能自体は以前からありましたが、それがセール適用の条件になるというのはなにげに新しい展開です。

今回、百合姫コミックスがいくつかその対象となっています。

まずは、「ゆるゆり」とそのスピンオフ「大室家」。全巻まとめ買いで30%OFFになるセール中です。

 

「ゆるゆり」は巻数が多いのでまだ高く見えるかもしれませんが、バラバラに買うと合計で約8400円なので、今回のセールはかなりお得です。

他にも、「犬神さんと猫山さん」をはじめとしていくつかの百合姫作品がまとめ買いセールの対象になっています。「ゆるゆり」同様、全巻購入で30%OFFです。

  

 

今後まだ増えるかもしれません。気になる作品があった方は、今回のセールを利用してみてはいかがでしょうか。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

Kindleストアでスクエニ・ドラゴンエイジ・講談社などが大規模セール中

Kindleストアでまた大規模なセールが行われています。

現在セールになっているのは、スクウェア・エニックスやドラゴンコミックスエイジ系の漫画、講談社の書籍など。スクウェア・エニックスとドラゴンコミックスエイジは半額セール、講談社はポイント50%還元セールです。

ドラゴンコミックスエイジ作品半額セール一覧
スクウェア・エニックス第1巻半額セール一覧
【50%ポイント還元】講談社8300タイトル


というわけで、今回もセール対象の中から百合っぽいものを頑張って探してみたいと思います。上で触れた3社以外の作品もセール中であれば紹介します。

「京アミ!」

2011〜2012年頃の作品。ポルリンさん作。全巻半額セール中です。

女の子たちがエロゲー制作に挑戦するお話です。研究という名目で女の子どうしでエッチなことをしてしまう展開がお約束。

  


「ピクシーゲイル」

一時期百合姫の姉妹紙「百合姫S」にも参加していた、宮下未紀さんの作品。2006年頃の作品なので、電子化されていると知ってびっくりです。全2巻が半額セール中。

 

こちらは過去に紹介したことがあるので参考にしてください。

百合漫画紹介:ピクシーゲイル



「バタフライ キス」

東雲太郎さん作。2009年の作品です。正直これもかなりマイナーだと思うのですが、電子書籍化されていてびっくり。

あとがきで「百合とアクションで漫画を描いてみよう」というコンセプトだったと語られています。まさにそんな感じの作品。



こちらも以前紹介したことがあるので参考にしてください。

百合漫画紹介:バタフライキス


「青い花」

言わずと知れた百合漫画の名作。何かのキャンペーンなのか、現在第1巻〜4巻がセール価格になっているのが確認できます。

  

 

百合漫画紹介:青い花



「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 」

「咲-Saki-」シリーズの1つ。現在、なぜか「阿知賀編」の1巻のみ半額セール対象です。

百合度はシリーズ屈指。「阿知賀編」が初出のキャラクターを中心にストーリーが進行するので、「咲-Saki-」本編を知らなくてもさほど問題ありません。



百合漫画紹介:咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A


「2DK、Gペン、目覚まし時計」

百合姫で大沢やよいさんが連載中の作品。こちらはKindleストアが選ぶ月刊セールの対象になっていて、普段の半額以下の270円になっています。百合姫の漫画がいろいろある中でなぜこの作品だけピックアップされているのかは謎。




「彼女とカメラと彼女の季節」

月子さん作。1巻目が無料キャンペーン中。





「新世界より」


  

おもに漫画版(の前半)が百合プレイ満載で良い感じだった作品。漫画のほうは過去にちょっとだけ紹介したことがあります。

漫画版「新世界より」(貴志祐介・及川徹)第3巻まで

ポイント50%還元セールの対象になっているのは原作小説です。私は未読なのでなんとも言えませんが、漫画版の百合描写の元ネタになった描写があるのでしょうか・・・?



いろいろ探してみましたが、百合っぽいのは私にわかる限りこれくらいでしょうか。脇役で1人百合キャラがいるとか、女の子の友情メインくらいの作品も含めれば他にもいろいろあるかもしれません。

まれに百合シーンがある、くらいでよければ「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」なども入って来るかもしれません。この作品は実写映画版でやたら気合の入ったレズシーンがありましたね。




こうして見ると、以前のKADOKAWAセールほどわかりやすい百合作品は少ないかもしれません。ただセール対象の数は相当数あるので、意外な掘り出し物を探してみるのもいいかもしれません。

ドラゴンコミックスエイジ作品半額セール一覧
スクウェア・エニックス第1巻半額セール一覧
【50%ポイント還元】講談社8300タイトル
 
百合姫コミックスのまとめ買いセールについては、次の記事で紹介します。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

Kindleストアで「ゆりたん 百合×英単語。」を出版しました。

以前の記事でも何度か制作のお知らせをした、百合系英単語集。このたび無事に完成し、電子書籍としてKindleストアにて出版することができました。

タイトルは、「ゆりたん 百合×英単語。」

 

以下、Kindleストアの個別ページで使った紹介文を引用させていただきます。

百合×英単語。

百合とは、女の子同士の恋愛のこと。
この本では、百合作品によく出てくる表現を独自のリサーチにより選出し、英単語として収録しています。
すべての単語に百合なストーリーをイメージした例文付き。
単語を初級(中学レベル)・中級(高校レベル)・上級(大学レベル以上)に分類しているため、自分のレベルに合わせて学習することができます。


以下では、サンプルを何枚か載せておきます。サムネイル表示なのでクリックすると拡大されます。

yuritan1hanw1.jpg yuritan1hanw2.jpg yuritan1hanw4.jpg

yuritan1hanw6.jpg yuritan1hanw7.jpg yuritan1hanw3.jpg


【Kindle書籍の読み方について】

Kindleは専用端末がないと読めないと誤解されることがありますが、実際にはネットに対応している機器であれば何でも構いません。PC、スマホ、タブレット等でKindleの書籍を読めるアプリが公式で無料配布されています。私もKindle専用端末よりもタブレットで読むことのほうが多いです。


第2版へ向けてアイデア募集中!

この本は電子書籍なので、1度リリースした後もいつでも・何度でも追加や修正が可能です。内容に追加があった場合、すでに1度ダウンロードしている方であれば、以降も無料でアップデートできます。

そこで、この本に追加する内容のアイデアを募集します。例えば・・・・

・この単語を追加してほしい
・こんな例文を入れてほしい
・新しいコーナーを作ってほしい
・本のレイアウトや構成に関するご提案

・・・という感じのアイデアがあればどんどん教えてください。単語や例文のアイデアは日本語でもかいまいません。アイデアだけいただければ、こちらで頑張って英語化して収録いたします。

また、本の内容に誤字脱字や英語に関する間違いがあったらそちらも指摘していただけると大変助かります。

アイデアは、この記事のコメント欄かTwitterのほうへお願いします。


1回目のアップデートは12月中を予定しています。それまでの間、どんどんアイデアをいただけたらうれしいです。



ラベル:英語
posted by trinder at 07:53| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビビッド百合アンソロジー「メバエ」vol.5

少年画報社から出ている「ビビッド百合アンソロジー」、「メバエ」vol.5を読んでみました。



前号が5月発売だったので、半年以上開いたことになります。元々刊行ペースはやや不規則でしたが、一応連載ものもあるので話を忘れてしまわないかちょっと心配だったり。


以下、特に印象に残った作品を紹介します。


ブーゲンビリア(鳴子ハナハル)

表紙も担当している鳴子ハナハルさんの作品。幼馴染ものです。雨に濡れてしまったから温めてほしい、というところから一線を越えていきます。エッチシーンメインながらきちんと気持ちの交流もある、「メバエ」らしい作品です。


わたし結婚します(甘詰留太)

密かに肉体関係を持つ2人のOLのお話。…と思いきや、そのうち片方が女性に対する愚痴でと意気投合。

mebae4cs2.jpg

そのままこの人とベッドインして即妊娠、結婚、完。

誰得感&場違い感あふれる、今回最大の問題作。ジェンダー論的なテーマに挑戦しているように見えなくもないですが、あとがきを読む限り深い意味はなさそう。悲恋ものとして好意的に見ようにも、メインの女性2人の関係が結局よくわからないため想像による補完にも限界があります。結果、印象に残るのは男と寝て結婚した結末のみ。どのような内容でも作者さんの自由だとは思いますが、あえてこれを百合専門誌で読みたくないというのが正直なところかも…。


花屋敷ハラスメント(東冬)

「魔女」のもとに食材(?)としてお仕えする女の子のお話。魔法で肝臓を抜き出され食べられるけど魔法ですぐ復活するとかなんとか、ちょっと複雑な設定です。

今回2話分掲載されていますが、現在はまだキャラクターと世界観の紹介といった印象。2人の関係も、ようやく少し信頼関係が生まれてきたかなという感じに見えます。さらに続きがあるのかはわかりませんが、ここからどのように関係が進展するのか見てみたい気はします。


イブのおくすり(FLOWERCHILD)

先生の過去話。恋人(もちろん女の子)に人前でイタズラして喜ぶ性癖があったらしく、最後はついに怒られてしまい別れたとか。お馬鹿なノリですが結構悲しい話のような気も?

個人的にはこの2人のカップルは結構好きかもしれません。1回のみの回想話だけでなくもっと見てみたいです。とらのあなの特典小冊子にはこの2人の4コマが載っているので気になる人はチェック。

mebae4cs3.jpg


かわいいおおきい(長田佳奈)

身長が大きいのが悩みな女の子を、その友達の視点から描きます。女の子のコンプレックスをテーマにした微笑ましい青春物語…と思って読み進めていくと途中でとんでもない展開に。良い意味で予想を裏切られる、個人的にお気に入りの作品です。


メアリーと300歳の魔女(綾杉つばき)

魔女狩りの時代を舞台に、魔女と普通の女の子との友情を描きます。後半はきちんと恋愛に発展し、エッチシーンもあり。舞台設定的に暗くなりそうな感じがしましたが、ストーリーはいたって前向きで気持ちのいい作品。ラストシーンでの魔法の使い方が素敵です。


白ヲ染メル(真昼てく)

発育具合に自身のない親友の体を見てあげているうち、エッチな雰囲気になって…的なお話。エッチシーンを通して気持ちの交流があるという点で、これもまた「メバエ」の良さが出ている作品だと思います。

mebae4cs1.jpg

ところでエッチシーンありにも関わらず中学生とか未性徴とか名言されていますが色々大丈夫なのでしょうか。




約半年ぶりの「メバエ」でしたが、普段通りのクオリティーとボリュームで楽しめました。

エッチシーンがメインの作品と、逆にそういうシーンがほとんど無い作品に分かれていますが、今のところ良い具合のバランスになっているのではないかと思います。

男と結婚して終わる(あるはそれが示唆されている)作品が2つほどあり、ここはかなり意見が分かれそうです。一応、いずれも女の子同士の恋愛感情(かもしれないもの)が含まれてはいるものの、もう少し掘り下げて欲しかったような気はします。作中でそのあたりをきちんと描いていれば、最後は男と結婚するにしても悲恋ものとして受け入れられたかもしれません。


次の号はいつになるのかはわかりませんが、続きが気になる連載もあるので楽しみに待ちたいと思います。


ラベル:メバエ
posted by trinder at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする