2016年01月30日

「FLOWERS夏篇」アクリルキーホルダーが発売中

「FLOWERS夏篇」のアクリルキーホルダーが1月29日(金)に一般発売されました。

「FLOWERS夏篇」アクリルキーホルダー公式サイト(CranCrown)

「FLOWERS夏篇」のSDキャラ達を使った、アクリル製のキーホルダーです。どれが出るかはランダムで、全9種です。

というわけで、さっそく買ってみました。とりあえず5個。

natukey1.jpg

中身は、ダリア×2、譲葉×2、苺でした。ダリア先生と譲葉先輩が好きな人にはたまらないラインナップなのではないでしょうか…。


ちなみに、「春篇」のキーホルダーも昨年の11月末に発売されています。

「FLOWERS春篇」アクリルキーホルダー公式サイト(CranCrown)

イラストは「夏篇」のものとは別物で、全9種です。「春篇」ということで千鳥ではなくマユリがいるという違いもあります。

お店によってはまだ残っているかもしれないので、興味があれば探して見るといいかもしれません。取扱店舗は、上記の公式サイト参照。



キーホルダー活用法

全種類揃えてみたい衝動にかられますが、キーホルダーばかり集めても使い道に困るのが正直なところだと思います。そこで、キーホルダーの有効活用法を考えてみます。


つなげる

公式で推奨されている楽しみ方です。

>キーホルダー下部には丸穴がついており、
>縦に繋げられる仕様になっています!
>沢山集めて、沢山つなげてみてください☆

というわけで、たくさん(?)つなげてみました。

natukey2.jpg


飾る

お花に飾ってみました。

natukey3.jpg

他にもキーホルダーの新しい使い方を思いついた人はぜひ教えてください。
 
posted by trinder at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FLOWERS夏篇」ファンブックの特設サイトがオープン

「FLOWERS夏篇」のファンブックが発売されます。これに合わせ、特設サイトがオープンしました。

「FLOWERS夏篇」ファンブック特設サイト


この特設サイトでも見れますが、表紙はスギナミキさんの描きおろしです。夏篇のファンブックということでえりかと千鳥が描かれています。奥のほうにはまさかのルート持ちだったあの人も…?

内容は、ラフ画集、書きおろしショートストーリー、声優さんの座談会などが収録されるようです。次作である秋編の特集記事ももちろんあり。

おおむね春篇のファンブックを踏襲した内容と思ってよさそうです。

参考記事:「FLOWERS 春篇」オフィシャルファンブックの感想


ただし特設サイトでも謳っているように、春篇のファンブックから大幅にページが増えボリュームアップしています。春篇のファンブックが58ページ(特設サイトより)だったのに対し、今回の夏篇は72ページ。これでフルカラーですからかなり豪華な内容になりそうです。

ちなみに価格は、春篇のファンブックが1000円(税抜)だったのに対し、今回の夏篇は2000円(税抜)になります。このあたりはボリュームアップによるものでしょう。


春篇のファンブックがとても充実した内容だったので、今度の夏篇のファンブックもとても楽しみです。

なお発売日は2月21日とされていますが、これは同日のGirlsLoveFestival16での先行販売のことかもしれません。春篇ファンブックの例からいって、イベント以外だと少し遅れてPCショップ等での販売になる可能性もあります。FLOWERS秋篇の全国キャラバンでも販売予定とのことなので、そちらで購入するのも良いかもしれません。
ラベル:flowers
posted by trinder at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

「ゆりふぇす in GAMERS」が本日1月28日よりスタート

KADOKAWAの百合作品を対象としたキャンペーン「ゆりふぇす 女の子だらけのVD & WDフェア!」が開催されます。キャンペーンを開催している書店でコミックスを購入すると、イラストカードがもらえるそうです。

現在、KADOKAWA系漫画雑誌のブログで告知がされています。

「やが君」&「ぼっち」が参加のコミックフェア「ゆりふぇす」開催決定!(電撃大王ブログ)

話題のKADOKAWA百合作品によるコミックフェア「ゆりふぇす」が開催決定。電撃からは『やがて君になる』と『ひとりぼっちの○○生活』がラインナップ!(電撃だいおうじブログ)


ただし、上記リンクのいずれの記事でも「近日中に詳細公開予定」の後の続報がまだ無いようです。対象店舗なども記載されていません。


ゆりふぇす in GAMERS

その間に、対象店舗であるゲーマーズのさんのほうで詳細が発表されています。

ゆりふぇす in GAMERS


キャンペーンの詳細を引用させていただくと、以下の通りです。

開催概要

期間中、対象商品を1冊ご購入ごとに1枚オリジナルブロマイド(全10種)をランダムでプレゼント!

開催期間

2016年1月28日(木) 〜 なくなり次第終了

対象商品

MFコミックス「あの娘にキスと白百合を」1巻〜3巻
MFコミックス「ひまわりさん」1巻〜6巻
MFコミックス「となりの吸血鬼さん」1巻
MFコミックス「ひなこのーと」1巻
MFコミックス「小百合さんの妹は天使」1巻〜3巻
電撃コミックスNEXT「やがて君になる」1巻
電撃コミックスNEXT「ひとりぼっちの○○生活」1巻
ビームコミックス「わがままちえちゃん」1巻
カドカワコミックス・エース「悪魔のリドル」1巻〜3巻
カドカワコミックス・エース「百合な私と悪魔な彼女(?)」1巻


というわけで、本日1月28日からスタートです。

ラインナップもすばらしいです。百合作品の名作・話題作が盛りだくさん。現在のKADOKAWAがいかに百合に力を入れているかがわかります。

ただし、今回の対象のうち「百合な私と悪魔な彼女(?)」は要注意です。コミックウォーカーでサンプルとあらすじが読めますが、「 実はみことは体質のせいで顔つきが女性化してしまっただけの男の子だったのだ!! 」なお話です。


あともう1つ注意なのが、旧巻のみが対象になっている作品があること。例えば「悪魔のリドル」4巻や「ひとりぼっちの○○生活」2巻は今月発売なのですが、キャンペーン対象になっているのは前の巻までです。

このことからすると、話題の最新刊だけでなく発売済みの本にも注目してもらおうという趣旨のキャンペーンなのかもしれません。現在のKADOKAWAは百合作品が非常に豊富なので、改めてこれらを知ってもらおうということであれば非常に素晴らしい企画だと思います。

ただ、私のように対象作品の多くをすでに持っている人からすると、特典カードのために改めて買い直そうか迷いどころ…?
 
posted by trinder at 07:30| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

Kindleストアで「ゆりてつ」「鉄娘な3姉妹」第1巻が無料お試しキャンペーン

Kindleストアで、松山せいじさんの漫画「ゆりてつ」と「鉄娘な3姉妹」の第1巻が無料お試しキャンペーン中です。期間は両作とも2月4日の15時頃まで。

 

「ゆりてつ」は、2011〜2013年頃に連載されていた漫画です。百合ヶ咲女子高校鉄道部、略して「ゆりてつ」のメンバー達が全国あちこちの鉄道を旅します。タイトルに「ゆり」と付けているだけあって百合要素満載で、主人公のはつねを他の部員全員で取り合う展開がお約束。女の子同士の関係を鉄道になぞらえたりと、この作品独特の百合ワールドが展開されています。

   


「鉄娘な3姉妹」は、「ゆりてつ」の姉妹作。時系列的には実質的に前作です。「ゆりてつ」の主要キャラクターの1人である能登まみこ(某声優さんの名前ほぼそのまま…)は、もともとは「鉄娘な3姉妹」のゲストキャラクターでした。「鉄娘な3姉妹」内で鉄道の魅力を知ったまみこが、それを今度は「ゆりてつ」ではつねに教えていく…という流れになっています。

「ゆりてつ」第3巻では、ゆりてつメンバーと「鉄娘な3姉妹」との共演が描かれました。3姉妹と仲良しのまみこを見て、はつねがいつもとちょっと違う表情を見せています。

yuritet_fr1.jpg

普段みんなから愛されているはつねですが、はつねの側から恋愛感情を自覚した発言が出るのは意外と貴重です。


「鉄娘な3姉妹」自体は純粋な鉄道漫画で、特別百合をフィーチャーしているわけではありません。男も普通に登場します。特に3姉妹の父親がやたら濃いキャラクターで、毎回異様な存在感を放っています。

ですが、主人公の3姉妹とゲストキャラクター(大半は女性)の間で結構いい感じになるエピソードもあります。場合によってはキスシーンがあったりも。

「ゆりてつ」で鉄道に興味を持った人は、こちらも読んでみてはいかがでしょうか。

   


ちなみに、「ゆりてつ」連載当時には公式のメイキング動画「ゆりてつ取材ウラ日記!!」が配信されていました。

ゆりてつ取材ウラ日記!!(YouTube)

「ゆりてつ」に登場した列車や観光名所が実写で見られるので、興味のある回だけでも見てみる価値があると思います。漫画家さんの取材風景が見られるという点でも貴重ですね。


なお、「ゆりてつ」第1巻は5年近く前に出版されたものなので、鉄道を取り巻く状況が現在とは異なる場合があります。例えば最初の北海道編では寝台列車「北斗星」がフィーチャーされています。最終エピソードにも登場しています。



ですが、北斗星は去年惜しまれつつも運行終了しました。

北海道編だと他に秘境「小幌駅」も去年廃止の危機にあったのですが、こちらはファンの声によりなんとか存続が決まったようです。「ゆりてつ」内では印象的な百合スポットとして描写されていたので百合ファン的にも一安心?

「鉄娘な3姉妹」に至っては「ゆりてつ」よりさらに前の作品なので、現状と異なる部分がかなりあるだろうと思われます。それはそれで味があるというか、今となっては当時を知る貴重な資料の1つかも…?




最後に、過去のこのブログでの「ゆりてつ」関係記事をまとめておきます。

ゆりてつ(松山せいじ)第1巻
ゆりてつ(松山せいじ)第2巻
ゆりてつ(松山せいじ)第3巻
ゆりてつ(松山せいじ)第4巻

※3巻の感想は当時「鉄娘な3姉妹」を未読の状態で書いていますのであしからず。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りりくるRSキャラ紹介4コマ「歩実編」公開。ラジオも今週から配信開始

「りりくるRainbow Stage!!!」のキャラ紹介4コマが更新されています。今回は歩実編。



4コマといっても、音声付きムービーになってる凝ったもの。各カップルが、自分ではなく相手のことを紹介する形式になっているのがユニークです。

この4コマは普段「りりくる」のイラストを描いているみわべさくらさんとは別の方が担当しています。キャラクター本来の魅力を再現しつつも、漫画らしい表情豊かさがあって可愛いです。





『りりくる Rainbow Stage!!!』応援中!2016年3月25日発売予定!



春佳と恵理子のりりくるRadio Stage!!!

今週からは、ネットラジオも始まります。

音泉「春佳と恵理子のりりくるRadio Stage!!!」


番組名は「春佳と恵理子のりりくるRadio Stage!!!」。パーソナリティーは高月紗恵香役の照井春佳さんと、各務晴役の松井恵理子さん。1月29日(金)スタートで、隔週金曜配信です。初回ゲストは星良役の藤田咲さん。こちらも楽しみです。

りりくるRainbow Stage!!! 初回限定版【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】りりくるRainbow Stage!!! 初回限定版【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】

PARTICLE 2016-03-25
売り上げランキング : 607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

りりくるRainbow Stage!!! 初回限定版りりくるRainbow Stage!!! 初回限定版

PARTICLE 2016-03-25
売り上げランキング : 495

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by trinder at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

「ブルーフレンド」が2月からKindleで配信開始。「野ばらの森の乙女たち」分冊版も

えばんふみさん作の「ブルーフレンド」が2月1日からKindleストアで配信開始されます。

  

「ブルーフレンド」は、2010年〜2011年頃に連載されていた百合漫画です。掲載誌は、なんと女児向け少女漫画誌である「りぼん」

当時の単行本の帯では、「百合マンガ」であることを売りとして堂々とアピールしていました。

1巻の帯
blufre_obi1.jpg

2巻の帯
blufre_obi2.jpg

3巻の帯
3.jpg

とても「りぼん」連載作品とは思えません。

作品の内容も、帯のアピールに恥じない素晴らしさでした。1巻・2巻では、主人公と孤独な美少女のちょっと危うい依存関係が描かれました。かなりシリアス寄りのストーリーですが、明確に恋愛として描かれており、まぎれもなく百合漫画です。

blufre_obi4.jpg


3巻は、舞台と登場人物を変更した実質新規のストーリーとなっています。普通の良い子な主人公と対人能力に難ありなヒロイン…という構図は引き継ぎつつも、より共感しやすい等身大の物語が展開されます。あまりシリアスになりすぎない、イチャイチャ多めで微笑ましい作風です。キスシーンもあり。

blufre_obi6.jpg


少女漫画とは思えない大胆な百合展開で当時おおいに話題となったこの「ブルーフレンド」。しかし単行本はすでに絶版のため、新たに手にとりにくい状況になっていました。

2月からKindleで電子書籍としての配信が開始されるのは、とてもうれしいニュースです。もしこの作品を知らなかった方がいたら、是非この機会に読んでみてください。



「野ばらの森の乙女たち」分冊版&お試し版が配信開始

「ブルーフレンド」とほぼ同じ頃、同じく少女漫画誌である「なかよし」で連載されていた百合漫画がありました。白沢まりもさんの「野ばらの森の乙女たち」です。

 

ちなみに当時の単行本の帯はこんな感じでした。

nobara1.jpg


「ブルーフレンド」がシリアスかつリアル寄りの世界観だったのに対し、「野ばらの森の乙女たち」は女子校ものの王道。お嬢様学校に入学した主人公が、みんなの憧れのお姉さまから目をかけられ、その一方で親友からも密かに想いを寄せられていて…。

nobara_re1.jpg

物語も舞台設定も、とにかくこれでもかとばかりに百合の王道で統一されています。しかし最後にどんでん返しがあり、最後に主人公と結ばれたのは百合作品で不遇になりがちなあのポジションのキャラ。その手のキャラクターが好きな人達が感動の涙を流したとか流さないとか。


「野ばらの森の乙女たち」は「ブルーフレンド」とは違い、かなり早い段階で電子書籍化されていたようです。

さらに今年の1月25日からは、「分冊版」がリリースされることになりました。この分冊版では、1話あたりを各100円という形で分割配信するようです。第1話目は、Kindleストアでは無料で配信される予定です。



まず第1話を読んで、気に入ったら続きを購入するという楽しみ方ができそうですね。

  

Kindleストアで確認する限り、1月25日に1〜8話目が同時リリースされます。

ところで旧単行本には未収録の回があったようなのですが、今回のような分割配信スタイルを活用すればもしかして…?淡い期待を抱きたくなります。



以下では、過去のブログ等に書いた「ブルーフレンド」「野ばらの森の乙女たち」関連の記事をまとめておきます。

「ブルーフレンド」第1巻の感想
「ブルーフレンド」第2巻の感想
「ブルーフレンド」第3巻の感想
「ブルーフレンド」作品全体の紹介

「野ばらの森の乙女たち」第1巻の感想
「野ばらの森の乙女たち」第2巻の感想
「野ばらの森の乙女たち」作品全体の紹介
 

  

  
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

ゆるゆり(なもり) 第14巻

なもりさんの「ゆるゆり」第14巻です。



今回の表紙は京子×綾乃。この2人メインの百合的にいい感じの話が収録されているからでしょうか。


99★「なんでやね〜ん!」

関西弁のくせに(?)べつにツッコミキャラではない千歳が、ツッコミの練習をするエピソード。千歳の良い人ぶりが際立っています。あと普段ツッコミ担当である結衣のすごさも再認識できる、かも。


100★「明日への大脱出大作戦」

資料室に閉じ込められてしまった、あかりと櫻子。2人はなんとか脱出を試みます。

実は公式にはこれが「ゆるゆり」の第100話です。でも別に記念回とか集大成という感じではなく、むしろちょっと変わりダネ系のお話。実際、カウントされていない番外編などが大量に存在するので回数にはあまり意味はないのかもしれません。


101★「やっぱりだめ?」


西垣先生(爆発)と東先生(美術)がメイン。2人は学生時代からの友人で、東先生は西垣先生を絵に描きたいとずっと思っているとか。

この作品で大人キャラはかなり珍しいので、この2人の話をもっと見てみたい気がします。


102★「もらえるよっ!」

おまけのオモチャを欲しがっているまりちゃんのために、みんなでファミレスに行くお話。京子にしては珍しくお姉さんらしい自重した振る舞いをしていますが、最後にはオチが。


103★「キライ?それとも…フツー?」

綾乃はひょんなことから京子のことを嫌いかのような態度を取ってしまいます。最近わりと良好かと思われた2人の仲に危機が…?

この巻屈指の(むしろほぼ唯一の?)正統派百合エピソードです。綾乃の純粋さが微笑ましいです。そして京子も大事なことはちゃんとわかっていて意外と大人な一面を感じます。

クライマックスでは告白しそうな雰囲気すら出ていますが…。

yuruyuri14uui1.jpg


104★「京子と結衣」

今日も京子の同人誌を手伝う結衣。なにげないいつもの1コマかと思いきや、最後に意外な時系列が判明します。


105★「DEAD FISH EYES」

部室でウホに興じるごらく部の面々。

yuruyuri14uu2.jpg

でもなぜかみんな目に光がありません。実はそれぞれ別の深刻な(?)心配事を抱えていて…。

シリアス風のちょっと新しいタイプの作風な回です。といっても実際の真相はたいしたことではないのでそこは心配無用。


106★「バルーンファイッ!」

楓ちゃんの風船が空に飛んで行ってしまい、向日葵と結衣が必死に後を追います。

今度はアクション回です。そして後半ほぼサイレント。これも新しいちょっとパターンかもしれません。


107★「SM(それ・もうちょっと考えよう)」

千歳はSで綾乃はMらしい。そんな話を偶然小耳に挟んでしまった向日葵と櫻子は、おおいに困惑します。

「ゆるゆり」でまさかのSM話です。きっかけは誤解とはいえ明らかにそっち方向に話を持って行っています。エロネタ(というほどではないですが)もこれはこれで新しい方向性なのかも。


108★「ごらく部新時代」

もし「ごらく部」のことが先生にバレたらどうしよう、と今更心配しだす京子。ここまでならまだわからなくもないですが、次は忍者部にしようなどとわけのわからないことを言いだします。

忍者部のイメージシーンが実質メインです。ここは画風も普段とちょっと変わっており、ゆる系忍者漫画として単独でやっていけそうなクオリティです。




今回収録されているお話はここまで。

ついに通算100話目も越え、百合系日常ギャグにますます磨きがかかっています。登場キャラクターはもはやすっかりおなじみですが、ストーリーや演出の面で毎回なにかしら新しい挑戦があるので飽きさせません。う〇コネタやSMネタまで、今回はある意味いつも以上に幅広いです。

表紙やイラストで京子×綾乃がプッシュされているので、この2人が好きな人にもおすすめの巻でした(ただし本編で明確にこのカップリングをフィーチャーしているのは1話のみ)。


特装版


通常版(電子書籍版あり)


 
ラベル:ゆるゆり
posted by trinder at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

竹書房設立44周年で44作品の電子書籍が44%OFFに。「ゾンビが出たので学校休み。」「姫のためなら死ねる」など

竹書房の設立44周年企画で、電子書籍のセールが行われています。44にちなんで、44作品の電子書籍(300冊)が44%OFFです。期間は、1月15日から1月28日まで。

セールはKindleストア含む複数の電子書籍ストアで開催されています。

Kindleストア:竹書房セール作品一覧

ただし例によってKindleストアではセール概要の詳しい情報がないので、他の電子書籍ストアの告知ページを参考にするといいかもしれません。

ebook Japan内のセール告知ページ
コミックシーモア内のセール告知ページ


百合漫画を探そう


というわけで、いつものように百合漫画を探してみたいと思います。

竹書房で百合といえば、もはやセール常連(?)の「姫のためなら死ねる」(くずしろさん作)。

今回もきっちり全巻セール対象です。

  



比較的最近の作品だと、「ねーちゃんとオレと、ときどき先生。」も対象です。作者のToもえさんはコミックキューンの「青春スウィートトラック」にちょくよく百合ネタを入れてきていました。

「ねーちゃんとオレと、ときどき先生。」は一見少年が主人公のようですが、作品紹介の一行目が以下のような感じ。

>弟の家庭教師としてやってきた、神延瞳。女好き。お姉様、こころさんって言うの・・・モロタイプ!」

というわけで期待できそう…?





「ゾンビが出たので学校休み。」は、ゾンビが普通にそのへんを徘徊している世界を舞台にした日常(?)漫画。主人公の女の子達が結構イチャイチャしているので期待できそうな感じはします。

 

こちらで試し読みも可能です。

ゾンビが出たので学校休み。 / まんがライフWIN

1巻は2015年2月、2巻が12月とかなり最近の発売ですが早くもセール対象です。



私自身は未見の作品も多いのであまり詳しく紹介はできませんが、他にも期待できる作品がいろいろありそうです。気になる作品があったら、チェックしてみてもいいかも。

  

Kindleストア:竹書房セール作品一覧
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

Kindleストアで「新米姉妹のふたりごはん」が40%OFFセール

Kindleストアで「新米姉妹のふたりごはん」が370円のセールになっています。紙の本だと定価616円なので、40%OFFの状態。

「電撃コミックスNEXT」レーベルのコミック(他に「やがて君になる」等)は電子書籍版でも560円前後が通常なので、今回の値下げは一時的なセールと思われます。

昨年の12月19日に発売の本なので、なんと1ヶ月もしない間の大幅値引きとなります。




「新米姉妹のふたりごはん」は、両親の再婚によって突然姉妹になったサチとあやりが繰り広げる同居漫画。2人が姉妹の絆を深めるきかっけが料理というのがポイントです。家庭料理漫画としてもかなり本格的。

過去の紹介記事:「新米姉妹のふたりごはん」第1巻(柊ゆたか)


現在のところ明確な恋愛要素はありませんが、少しずつ距離を縮めて姉妹らしくなっていくサチとあやりが微笑ましい感じ。サチの親友の絵梨が2人の関係に妬いているのも百合的に注目ポイント。

これからの進展が楽しみな作品なので、気になっていた方はこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。


※このセールは2016年1月14日時点での情報です
 
posted by trinder at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

道割草物語(上下巻)/ 武川慎

武川慎さんの「道割草物語」(1月8日発売)を読みました。

 

COMICメテオで連載されていた作品で、完結済みのため上下巻という形でいっきに発売です。


あらすじ

舞台は、人間が滅びて二十数年が経った世界。過去に何が起こったのかは、ストーリーの過程で少しずつ語られていきます。

人間がいなくなった後、生き残ったのは吸血鬼たちでした。基本的にほとんどが女性。これには設定上の理由があり、吸血鬼の「宿し直し」という繁殖方法に由来するものです。

人間がいなくなったためか、世界はすっかり静かで平和。人間の遺した文明の後でのんびりと暮らす吸血鬼たちの日常が描かれます。

warimiti1ew4.jpg

争いはなくなったものの、一部の吸血鬼たちが人類滅亡前にした行いについては今でも評価が分かれているようです。それが原因で今でもいがみあっている吸血鬼たちもいます。ストーリー後半では、彼女たちが過去のしがらみを捨てて歩み寄る姿が描かれます。クライマックスではちょっとしたバトル展開(あくまで平和です)に突入したりも…?


百合ポイント

人類の滅びた世界で暮らす吸血鬼たちを描いた作品です。

あとがきによると、この作品は作者さんの大好物を詰め込んだものだそうです。その大好物というのが、「百合」「吸血鬼」「廃墟」。これらの3要素を組み合わせて違和感なく世界観を成立させているのがすごいです。女の子同士で恋愛する必然性や、男性が(ほとんど)いなくなっていることにも、もっともらしい設定上の理由が与えられています。

吸血鬼たちは「食事」としてお互いの血を吸い合う習慣があります。基本的には相手は誰でも構わないのですが、好きな相手の血を吸うことには特別な意味があるようです。このため、事実上求愛行動のように描かれています。キスしたり舌から血を吸ったりするのは、基本的に好きな相手とだけ。

warimiti1ew1.jpg

メインキャラのうち、璃奈とみさお、葵と久美子は明確に恋人同士として描かれています。さらに後半では、葵の師匠にしてライバルである蘭、みさおと対立する静などの関係もクローズアップされます。クライマックスの戦い(?)は、本来のパートナーとの関係にも変化をもたらします。


緻密に描かれたキャラクターや風景もあって、この世界に惹きこまれました。吸血鬼どうしのちょっと新しい百合漫画として、とても楽しめる作品だったと思います。

 


購入特典

いくつかのアニメ・漫画専門店では購入特典が付きます。以下は、とらのあなで上下巻を同時購入するともらえる小冊子(画像で一番右)。

warimiti1ew3.jpg

キャラクター達の日常がフルカラーで描かれているイラスト集です。この作品の世界が気に入った人なら必見。

warimiti1ew2.jpg
posted by trinder at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

「オシリス文庫」10作品が40%オフ。「ヤンキーちゃんと花子さん」など百合作品も

昨年末から開催していたセールのようですが、終了が近いので紹介します。

電子書籍専用ジュブナイルポルノ(ライト官能小説)レーベルの「オシリス文庫」から、10作品が半額セールとなっています。

【1/7まで】10作品が40%オフ!108の煩悩、解放フェア開催中!

対象作品の中から百合的に注目なのは、『ヤンキーちゃんと花子さん 〜ちょっ、おまえだけ見えないからって人前でやめろよな!〜』。




上記のキャンペーン告知サイトの紹介文によると、この作品は「トイレで、講堂で、屋上で!? 口下手なヤンキーちゃんが便所メシで出会った幽霊とはぐくむ過激濃厚百合愛!」だそうです。


「オシリス文庫」は11月にもセールを実施していましたが、そのときにはこの「ヤンキーちゃんと〜」は対象になっていませんでした。その時にちょっと気になっていた方は、この機会にチェックしてみても良いかもしれません。

Kindleストア:「オシリス文庫」低価格帯作品一覧
 
posted by trinder at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FLOWERS夏篇」公式サイトに新年のご挨拶ボイス

「FLOWERS夏篇」の公式サイトで「新年のご挨拶ボイス」が公開されています。

flowers2_banner_ichi4.jpg

ボイスへのリンクは、トップページのイメージ画像内の右下あたり。

登場キャラクターは、沙沙貴姉妹と蘇芳。新年のあいさつの後、お正月の過ごし方について話し合っています。ゲーム本編でまだ一度も「冬」が描かれていない関係上、一部有耶無耶になっている点があるのはご愛嬌。

公開期間は1/4〜1/11頃とのことなので、興味がある方はお早めに。


posted by trinder at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする