2016年03月31日

「制服のヴァンピレスロード」第1巻(松本トモキ)

Kindleストアで先日まで行われていた最大50%ポイント還元セールを利用して、未読だった百合漫画をいくつか読んでみました。

今回は、その中から松本トモキさんの「制服のヴァンピレスロード」を紹介します。昨年の10月に第1巻が発売された、比較的新しい作品です。




吸血鬼

主人公の夕凪(ゆうなぎ、通称ユウ)は、ある夜、吸血鬼のリンに血を吸われてしまいます。

vanpiless1uuo1.jpg

吸血鬼に吸われたことで、夕凪自身も吸血鬼と化してしまいます。そして、リンは夕凪の主人(マスター)を名乗って夕凪の家に住みつくことに。

夕凪はリンから吸血鬼のイロハを教わりながら、これまで通りの生活を送る方法を模索します。実際のところ吸血鬼に関する伝説(日光に弱いとか)の多くはあくまで俗説であり、普通の生活にそれほど支障はないようです。


ナナ

リンによると、吸血鬼になったことは口外しないほうが良いとのこと。しかし翌朝、夕凪は親友の七夕(ななせ、通称ナナ)にだけは迷わず打ち明けてしまいます。信頼関係の強さが伺えます。

この後ナナは、夕凪の秘密を知る唯一の人間として頼もしいパートナーになってくれます。夕凪が吸血衝動に苦しんでいるのを見た際には、すべてを察して自分から血を差し出しました。

vanpiless1uuo2.jpg

ナナいわく、血を吸われるのは「気持ちいい」とのこと。

vanpiless1uuo4.jpg

この気持ちよさがクセになってしまったのか、この後にはナナのほうから吸ってもらおうとする場面も・・・。


不老不死

吸血鬼の大きな特性の1つとして、不老不死であることが挙げられます。さらに1巻の後半では、「吸血鬼に愛された人も不老不死になる」という設定が明らかに。

これを知った夕凪は、ナナをこのまま好きでいて良いのか躊躇します。どうも夕凪は不老不死にかなりネガティブなイメージを持っている模様。

しかし、ナナはここでも素晴らしい察しの良さと心の広さを発揮。「その時はずっとユウと一緒にいてあげる」と、夕凪を受け入れたのでした。

vanpiless1uuo6.jpg


ハーレム?

というわけでほとんどカップル成立しているように見える夕凪(ユウ)×七夕(ナナ)。ですが、舞台が女子校ということもあって他にも魅力的な女の子が多数登場します。

夕凪は基本的に周囲からモテモテです。夕凪自身も可愛い女の子が好きで、無意識ながらもほとんど口説いていることもあります。

これも、吸血鬼になったことによる影響・・・?そう思っていた夕凪でしたが、リンによると単なる夕凪個人の嗜好とのこと。

vanpiless1uuo7.jpg

そんな感じなので、次巻以降はナナ以外の女の子ともいろいろありそうな予感です。



序盤とその後の展開に良い意味でギャップのある、吸血鬼百合ストーリーです。

最初に登場する吸血鬼(リン)は男性ですが、彼は単なる監督者的なポジションに収まります。実際には夕凪が女子校で繰り広げる百合色強めの日常がメインとなっています。親友のナナが特に良い感じ。

「吸血行為によってお互いに性的快感を得る」「吸血鬼に愛された人も吸血鬼になる」という設定もあり、ある意味では単なる友情以上の関係も伺わせます。

今後のストーリーがとても楽しみです。



ちなみにポイント30%還元キャンペーンはすでに終了していますが、今でも20%還元が付いているようなので少しお得です。




百合吸血鬼ブーム?

なんだか最近増えてきた気がする、吸血鬼たちによる百合作品。

参考記事:となりの吸血鬼さん 第1巻 / 甘党
参考記事:道割草物語(上下巻)/ 武川慎

吸血鬼の設定の違いや、吸血行為の意味づけなどにそれぞれの個性が表れていて面白いです。比べてみると楽しいかもしれません。
 
posted by trinder at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで太田出版のコミックがセール中。「青い花」1巻108円など

Kindleストアで、太田出版のコミックがセール価格になっています。

Kindleストア:低価格になっている太田出版コミック一覧

現在、Kindleストア側のキャンペーンで20%のポイントも付いてくるのでかなりお得です。


とりあえず注目は、やはり志村貴子さんの作品。

「青い花」第1巻はなんと108円。これにもちゃんと20%のポイントがつきます。



2巻目以降は270円です。

  


ちなみに、「青い花」は雑誌「マンガ・エロティクス・エフ」の無料連載版で試し読み可能です。




他に太田出版で百合要素のありそうな作品だと、以下のような感じでしょうか。

  

Kindleストア:低価格になっている太田出版コミック一覧



芳文社コミック第1巻も半額?

芳文社のコミックも、少数ですが半額になっています。

Kindleストア:低価格になっている芳文社コミック一覧

百合要素がありそうなのだと、「きんいろ」モザイク第1巻あたり。



価格自体が値下げされているのは1巻のみですが、20%のポイント還元は2巻目以降にも付いています。



もともと、芳文社は大規模な値下げセールをほとんどしません。たまにあっても第1巻のみが対象になっていることがほとんどです。ですので現在行われているポイント還元キャンペーンは、事実上新刊の割引が受けられる貴重な機会かもしれません。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

「わたしの友達が世界一かわいい」第1巻(三月)

三月さんの「わたしの友達が世界一かわいい」第1巻を読みました。

公式キャッチコピーは「百合が百合を呼ぶ!?ネガティブ中二病患者×ゆるふわヤンデレ少女の青春グラフィティ!」。



作者の三月さんはコミックキューンでこの作品と「ひなこのーと」を同時連載中。コミックキューンのVol.1では表紙にも起用されていました。同誌を代表する漫画家さんの1人です。




あらすじ

西園寺小春は生徒会長。その凛々しい姿から生徒達に人気があるものの、ちょっと近寄りがたい雰囲気のため友人は少なめ。

そんな小春に最近よく懐いている女の子が、まりあ。一見ゆるふわな感じの天然美少女ですが、小春のデータを異様に詳細に把握しているなどヤンデレの素質あり。

これまであまり他人を寄せ付けなかった小春でしたが、まりあの猛アタックの前に少しずつ心を開き始めます。

sekai1jj1e1.jpg

まりあの登場により、小春の生徒会ライフは急に賑やかに・・・?


結城&和泉

ともに生徒会副会長である、結城と和泉。2人は次期生徒会長の座を巡って激しく対立しています。いつも些細なことで張り合っていますが、その姿は周囲からはむしろ「仲が良い」と認識されています。

sekai1jj1e2.jpg

バレンタインデーではお互いにチョコを贈っていました。


沙織&千歳

教師である沙織と千歳は、小さい頃からの幼馴染。今は同居しており、単なる親友以上の関係であることが度々示唆されます。

sekai1jj1e4.jpg

出番はそれほど多くありませんが、貴重な社会人百合枠かも・・・?


えりぃ&りりぃ

まりあの妹である、えりぃとりりぃ。りりぃは大のシスコンで、まりあに似て若干ヤンデレの素質あり。

sekai1jj1e3.jpg

一方えりぃは小春のことが少し気になり始めて・・・?

こちらもまだまだ出番少なめですが、今後どう話に絡んでくるのか期待です。




メインの小春×まりあを始めとして、女の子同士の恋や友情がたくさん描かれている作品です。

第1巻ではキャラクターが一通り出揃い、それぞれの関係性が描かれました。このキャラクター達が次巻以降どんな展開を見せてくれるのか楽しみです。



電子版


posted by trinder at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

「パンでPeace!」第2巻(emily)

emilyさんの漫画「パンでPeace!」の第2巻を読みました。



4月からTVアニメも始まる話題の作品です。

TVアニメ版公式サイト


パンが大好きな女の子達の日常を、イチャイチャ多めに描いています。第1話の時点で、「おふたりさんそういうご関係?」「付き合って下さい」「もう心に決めた人がいるんです」と百合方面に飛ばした台詞が連発されていました。

参考記事:「パンでPeace!」第1巻(emily)


2巻目となる今回も、引き続きイチャイチャ満載です。

最初のエピソードは、みんなでまいの別荘に遊びに行くお話です。まいは、のあを巡ってふゆみとはライバル的な関係。でも最近はふゆみのことが気になるようになってきて・・・?

pan2uj1.jpg

最後はみなみ達と一緒に寝たりします。

pan2uj2.jpg


基本的にずっとパンの話ですが、後半のあるエピソードではご飯派との対決が行われます。

ご飯派の1人・クロアはまいと何やら因縁があるようです。まいはクロエに対し、「エリスちゃんだけでなくのあちゃんまで奪う気…?」と警戒しています。

pan2uj3.jpg

2人の過去に何があったのか。そして「エリスちゃん」とは…?この巻ではまだ真相は語られません。続きが気になります。

それにしても、まいはすっかりそっち系担当ですね。基本的にゆる〜くじゃれあっている他の女の子達の中でも、まいは特に本気っぽいオーラを発しています。


今回も、パンにかこつけて(?)イチャイチャする女の子達の姿が楽しい作品でした。メインというわけではないものの、百合的なみどころも色々あり。第3巻、そしてアニメ版も楽しみです。

  
 
ラベル:パンでPeace!
posted by trinder at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

ななしのアステリズム 1巻・2巻(小林キナ)

小林キナさんの「ななしのアステリズム」を読みました。1巻・2巻同時発売です。

 

白鳥司・琴岡みかげ・鷲尾撫子はいつも一緒の親友どうし。

asuterisum1ew2.jpg

しかし、司には秘密がありました。実は、撫子に恋をしていたのです。でも今の3人の関係を壊すのが怖くて、何も言いだせない毎日。

そんなある日。司は保健室で、撫子が眠っているみかげにキスしようとしているところを目撃してしまいます。

asuterisum1ew3.jpg

撫子はみかげにひそかに片思いしていたのです。撫子からそのことを打ち明けられた司は、思わず「応援する」と宣言してしまいます。しかしこれが、事態を余計にややこしく・・・?

ちなみにみかげがどんな娘かというと、表面的には彼氏をとっかえひっかえしている軽い娘として振舞っています。しかしその行動の裏には、本当の想い人への叶わない恋がありました。実は、みかげは・・・。


ストーリーが進むにつれ、司・みかげ・撫子は誰が誰に特別な感情を抱いているかに薄々気づき始めます。でも現在の3人の関係を壊したくないために、なかなか一歩を踏み出せない毎日。たまに他の娘の恋を応援してあげたりして、それがさらに余計な誤解を生んで、の繰り返し。

asuterisum1ew1.jpg

こうして、女の子3人の噛みあわない三角関係は続いていきます。



中学生の女の子3人の百合な三角関係を描いた作品です。

女の子たちがそれぞれに恋に悩む姿が、活き活きと描かれています。特に事実上主人公として描かれている司が魅力的。外見は綺麗な黒髪ロング(この髪型も百合的に理由がある)の可愛い女の子なのに、言動はがさつでわりと感情のままに行動しがち。このギャップが強い個性になっていると思います。そんな彼女が同性に恋してしまい、彼女なりに悩む姿が作品の大きな部分を占めます。


ちなみに、2巻の表紙を見てもわかるように男性キャラもちょくちょく登場します。特に出番が多いのは昴と恭介。

昴は司の双子の弟で、重度のシスコン。さらに女装趣味があり、カツラをかぶれば司そっくりに変装することもできます。

恭介は、司に告白してきた男子。彼の告白が、司と撫子・そしてみかげの関係に少なからず波紋を呼ぶことになります。

百合的にはかなりの不穏分子に見えるこの2人ですが、今のところはむしろ良い感じのエッセンスになっている印象です。あえて男性を登場させることで、女の子同士で恋をしてしまった主人公3人の特異性を際立たせているように思います。今後どのような形で話に絡むのか、いろいろな意味で注目です。


基本は明るく楽しく、でもたまにちょっと切ない素敵な百合漫画だと思います。だいぶこんがらがりつつある女の子同士の三角関係がどうなっていくのか、第3巻も楽しみです。

 
 
posted by trinder at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

「咲-Saki-」15巻(小林立)

小林立さんの「咲-Saki-」15巻を読みました。



3月25日は「咲-Saki-」関連作品が4つも同時発売されましたが、今回の記事で紹介するのは本編の最新刊です。


準決勝・大将戦

今回は、まるまる準決勝の大将戦。ついに主人公・咲の出番です。

ちなみに咲が前回試合に出たのは2回戦の大将戦で、コミックでいうと第11巻。作中ではついこの間の出来事ですが、リアルタイムだと3年前です。


今回の相手もクセモノ揃いです。アイヌの伝説が出展らしき神獣を呼び出すキャラがいたり、もう何でもアリ。あまりカオスな試合展開に、咲の得意技・嶺上開花もなかなか決まりません。

そんな中、特殊能力を持たない末原の健闘が今回も光っています。このキャラは2回戦でも咲と戦い、徹底した現実路線の打ち方で咲を苦しめていましたね。


どの選手にも負けられない理由があり、仲間達との絆に支えられています。ここはまさに「咲-Saki-」の醍醐味。直接的な百合描写は控えめですが、どのチームからもそれぞれの友情を感じることができます。

主人公・咲は前半やや不調なのですが、休憩中に和に発破をかけられ調子を取り戻します。

saki15e1.jpg

短いながらも2人の信頼関係が伺える良いシーンです。


後半から終盤にかけて、対局はますます混沌に。咲が嶺上開花でペースをつかみ始めるも、意外なところからの怒涛の攻撃によって勝負はあっけない幕切れに。


咲が決勝に行けるかどうか自体は、多くの読者の予想通りの結末だと思います。主人公なので負けたら話が終わってしまいますし、スピンオフである「阿知賀編」のキャラ達はすでに決勝進出を決めています。

そんな感じでほぼ結末は見えていたとはいえ、その中でもきちんと読者をハラハラさせてくれるのはさすがという感じ。勝負が終わるタイミングも予想を裏切るものになっています。


次巻からはいよいよ決勝が始まりそうな感じ。それを見越してか、「阿知賀編」のキャラもちょくちょく出てくるようになっています。

saki15e2.jpg

すでに10年近い歴史と多数のスピンオフを産み出してきた「咲-Saki-」。クライマックスの盛り上がりにも期待がかかります。


表紙裏のおまけ

表紙裏のおまけ漫画では、スピンオフ「シノハユ」から菜緒子と知代子(27歳)がゲスト出演。

saki15e3.jpg

知代子が全裸でベッドに寝ながら「ずっとここでナオとダラダラしてたい」と発言していますが、どういう関係なのでしょう・・・?非常に気になります。実はこの巻最大の百合ポイントかも。

 
  

 
 
ラベル:咲-saki-
posted by trinder at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「立-Ritz- 」(大和田秀樹)

「咲-Saki-」の新たな外伝・「立-Ritz- 」が単行本として登場しました。作者は大和田秀樹さん。



今回の主人公は、なんと「咲-Saki-」の原作者である小林立さん本人。「咲-Saki-」の知られざる誕生秘話に迫ります。


あらすじ

立は、「咲-Saki-」を連載中の美少女漫画家。

ritz02.jpg

しかし、麻雀漫画といえば昔から竹書房(ア〇ギとか出してる会社)の縄張り。縄張りを荒らされた竹書房は立に目をつけ、様々な手段で「咲-Saki-」を潰そうと企みます。

しかし、立には「咲-Saki-」を描き続けなければならない理由がありました。実はもともと咲は、行方不明の父親の形見である麻雀牌に描かれていたキャラクター。だからこのキャラクターの漫画を描き続ければきっと父親に会える、立はそう信じていました。

ritz03.jpg


その後も竹書房は「咲-Saki-」を潰すべく、あの手この手で立を窮地に追い込みます。

TVアニメ版の第1期が超ハイペースで原作を追い越していたのも、実は立を追い込むための陰謀だったのです。外伝「阿知賀編」がスタートしたのも、これまた立を過労にして潰すための策略。

しかし立は潰れるどころか、困難を乗り越えてさらに大きくなっていきました。「咲-Saki-」もますます大人気シリーズへと成長。竹書房の偉い人・辻野は、それを見て悔しがるどころかどこかうれしそう・・・?


終盤のエピソードでは、竹書房の魔の手(?)がアニメ版の声優にまで及びます。咲役の声優・植田佳奈は突然降板を強いられ、残留をかけて「伝説(レジェンド)級」の大物声優と麻雀対決することに。しかし・・・

ritz05.jpg

伝説級大物声優の圧倒的パワーに、果たして植田さんは太刀打ちできるのか?そしてアニメ「咲-Saki-」の行方は?物語はクライマックスへと入っていきます。



というわけで、「咲-Saki-」の知られざる裏側に迫る「立-Ritz- 」。

「咲-Saki-」はもともと異例尽くしの作品でした。美少女と麻雀という組み合わせ、そして多数のスピンオフの同時展開。あとたまにある休載。

今回の「立-Ritz- 」は、それらの裏側を詳細に描き切っています。連載をリアルタイムで追っていた人であれば「あれはそういうことだったのか!」「あの裏にはそんな事件が…」と納得することうけあい。ファンにはたまらない作品だと思います。

なお、どこまでが事実かは定かではありませんのであしからず。


百合要素?


「咲-Saki-」シリーズといえば、ちょくよく入る軽い百合要素も魅力。

ただし今回の「立-Ritz- 」はあくまで「咲-Saki-」制作の舞台裏を描くドキュメンタリー(?)ということで、あからさまな百合要素は控えめ。特に竹書房サイトは強面のオッサンばっかりです。


しいて百合要素を探すなら、小林立さんと五十嵐あぐりさん(スピンオフ「阿知賀編」「シノハユ」担当)、そして木吉紗さん(「咲日和」担当)の関係でしょうか。

五十嵐あぐりさんは当初かなり怖そうな女の子として登場しますが、すぐに立と互いの力を認め合います。

ritz04.jpg

そして木吉紗さんは、立を「お姉さま」として慕う妹系キャラとしての登場です。

ただしお2人も出番はほんのちょっとですのであしからず。


また、最後のエピソードに登場する植田佳奈さんは意外な出生の持ち主。それに関係して、立と重大な関係があることを伺わせています。この設定を始めとして植田佳奈さんは現実のご本人を無視したメチャクチャな描かれ方をされています。これにOKを出しているであろうご本人はきっと心が広いお方なのでしょう。


「咲-Saki-」シリーズのファンならとても楽しめる、ドキュメンタリー(あるいはパロディ)作品だったと思います。

  

 
 
posted by trinder at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

「やがて君になる」PV公開

話題の百合漫画「やがて君になる」のPVが公開されました。



なんと声付きで、侑役は金元寿子さん、燈子役は寿美菜子さんが担当。漫画のダイジェスト映像に合わせて、名台詞を読み上げてくれます。



PVまで制作されるということは、かなり注目の作品と考えてよさそうです。こういうきわめて正当派の百合漫画が大手出版社さんに発掘され、かつ人気を集めているのは実は結構すごいことなのではないかと思います。

第2巻は4月27日発売。とても楽しみです。

 

「やがて君になる」公式特設サイト


参考記事:「やがて君になる」第1巻(仲谷鳰)の感想
 
posted by trinder at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3日間限定!Kindleで最大50%ポイント還元セール。百合作品も多数

先日から一部の作品にポイント還元を始めていたKindleストア。このたび、さらにパワーアップしたセールが始まっています。

今度のセールは、なんと最大で50%還元です。期間は、2016年3月25日(金)00時00分〜2016年3月27日(日)23時59分の3日間限定

Kindle本 最大50%ポイント還元セール特集ページ

ポイント還元には50%還元、40%還元、30%還元の3種類があるようです。以下では、それぞれの中から百合漫画を探してみました。


50%還元

Kindleストア:50%還元のコミック一覧

  

  

   

  

  




40%還元

Kindleストア:40%還元コミック一覧

  

 


30%還元

Kindleストア:30%還元のコミック一覧

30%還元の作品は数えきれないほど膨大なので、特に気になる作品のみ紹介します。百合姫コミックス系の既刊がいっせいに対象になっているのが注目?「咲-saki-」シリーズも数が多いのでまとめて読みたいなら良い機会かもしれません。

  

  

  

 

 

  

   


20%還元

今回の30〜50%還元セールとは別に、以前からの20%還元も継続しているようです。

20%還元対象作品は以前の記事でひととおり紹介したことがあるので、そちらを参照してください。

参照:kindleでポイント20%還元セール。「ハートオブtheガール」「オンリー☆ユー」など最新作も多数
 
posted by trinder at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

KindleでKADOKAWA・竹書房作品の一部が半額セール。ポイント20%還元対象も大幅増加

Kindleストアで、KADOKAWA作品の一部が半額セールになっています。少し前から始まっていたようなのですが、対象作品が増えてきているので改めて紹介してみます。

Kindleストア/低価格になっているKADOKAWAコミック一覧
Kindleストア/低価格になっているKADOKAWAライトノベル一覧


  

「あのキス」「ひまわりさん」「小百合さん」といったキャンペーン常連組が揃いつつある感じです(ただし現在のところ1巻のみ)。このペースで行けばセールはさらに拡大されそう。

なお、上記3作品はポイント30%還元も付いています。ポイント還元も考慮すると実質200円前後になるのでかなりお得。


ラノベもいくつか対象になっています。

百合っぽいのは「緋弾のアリアAA」あたり?



こちらもセール対象作品は徐々に増加するのかもしれません。


竹書房コミック半額セール

竹書房のコミックもいくつか半額になっています。

Kindleストア/低価格になっている竹書房コミック一覧

百合がメインとまで言える作品は今のところなさそうですが、女の子中心の作品という点では「ラーメン大好き小泉さん」とか「なぎさ食堂」あたりが注目でしょうか。この2作品は既刊すべて半額です。

  

 


ポイント20%還元対象セール

以前の記事でもお伝えした、ポイント20%還元セール。その後対象がかなり増え、最新の人気作品が次々と追加されています。

Kindleストア:最大20%ポイント還元セール


今月発売したばかりの、タチさんの「双角カンケイ。」なども対象に。

新たにポイント20%還元になったうち、以下はかなりの最新作です。

  

  

  


その他にも、かなり新しめの作品に次々と追加されています。

  

  
 

 

  


過去の名作がいつの間にかポイント還元対象に追加されていたりも。

 



漫画以外(ラノベなど)もポイント還元の対象になり始めています。

コミカライズ決定で話題の「安達としまむら」も対象入り。私が知る限りこの作品は通常の半額セールの対象になったことはないので、お得に読みたいなら今回のポイント還元が狙い目かもしれません。

  


数えきれないほどの作品が対象になりつつある、今回のポイント還元セール。普段ほとんどセールをやらない出版社の作品も対象になっているので、気になる作品があったらこの機会を利用してみてはいかがでしょうか。

Kindleストア:最大20%ポイント還元セール
 
参考:kindleでポイント20%還元セール。「ハートオブtheガール」「オンリー☆ユー」など最新作も多数(3月上旬頃の記事)
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

「つい・ゆり〜おかあさんにはナイショだよ〜」が3月25日発売。イントロダクションディスクも配布中

双子姉妹の百合禁断恋愛ADV「つい・ゆり〜おかあさんにはナイショだよ〜」の発売日が近づいています。

ダウンロード版は3月25日、パッケージ版は4月22日に発売予定です。

eye★phon(アイ・フォン)『つい・ゆり 〜おかあさんにはナイショだよ〜』


さてこの「つい・ゆり」ですが、内容よりもこれまでの発売延期で有名かもしれません。

公式サイトの「最新情報」のコーナーでは、開発に関する紆余曲折をうかがい知ることができます。

公式サイトによると、開発スタートは遅くとも2013年です。つまり3年近く前。当初は2013年内に発売予定だったのですが、同年の年末になって発売日未定に。

そのまま動きが無い状態が続いていたのですが、2015年12月になって再始動がアナウンスされました。

それでも「本当に出るの?」と内心不安に思っていた人が多い気がしますが、今回は本当に出そうです。発売日、価格、販売方法などがかなり具体的に公開されています。

各キャラクターの声優についても、今月になってから公式サイトに情報が載りました。一果役に橘まおさん、双葉役に綾瀬あかりさんなど、美少女ゲームではよく名前を見る方が揃っています。演技には問題なさそうです。それにしても、制作発表から声優公開までに3年かかるゲームってちょっとすごいかも?


イントロダクションディスク


公式サイトでは「イントロダクションディスク」が配布されています。ディスクと付いてはいますがあくまでデータなので普通にダウンロードできるのでご安心を。

tuiyuri1rr1.jpg

コンテンツは「ごあいさつ」「いんとろだくしょん」「あそびかた」の3つ。

「ごあいさつ」はメインキャラクター4人による自己紹介です。フルボイス。

「いんとろだくしょん」はゲームのストーリーや製品情報の紹介。

「あそびかた」はゲームシステムの解説。ゲーム本編では一果と双葉の好意がメーターで表示されており、この調整が重要になってくるようです。

tuiyuri1rr2.jpg

面白そうですが、調整に失敗した時の反応がちょっと怖いシステムですね。双葉が「目指すはハッピーエンド♪」と言っていますが、これはつまりバッドエンドもあるということ・・・?

思えば公式サイトにある作品コンセプトにも気になる記述がありました。

ゆるされない想いを抱えたふたりの、揺れ動く感情や、
ふたりの関係性ゆえの背徳感や罪悪感を一緒に乗り越えて成長していくさま、
そして相手を思うあまりに暴走する狂気的なまでの執着心や嫉妬心を描きます。


公式サイトからはひたすら甘々でラブラブな空気が漂っていますが、果たしてゲーム本編の内容は・・・?

いろんな意味で気になる作品になりそうです。

eye★phon(アイ・フォン)『つい・ゆり 〜おかあさんにはナイショだよ〜』

つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~ 豪華版つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~ 豪華版

アイフォン 2016-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~ 通常版つい・ゆり ~おかあさんにはナイショだよ~ 通常版

アイフォン 2016-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by trinder at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleでスクエニ・KADOKAWA・双葉社のコミックが一部半額

Kindleストアで、一部作品のセールが行われています。

今回の場合は、複数の出版社でそれぞれ小規模なキャンペーンが行われている状態です。

低価格になっているスクウェア・エニックスのコミック一覧
低価格になっている双葉社コミック一覧
低価格になっているKADOKAWAコミック一覧


まずは、スクウェア・エニックス。アニメ化された作品の第1巻が半額になっているようです。

対象作品のうち百合っぽいのは「咲-Saki-」あたりでしょうか。

  


KADOKAWAでも一部の作品が半額。対象の基準はイマイチ不明ですが、とりあえず百合だと「あの娘にキスと白百合を」第1巻を確認できます。「魔法少女リリカルなのはViVid」の第1巻なども。

 

本当に基準が謎ですね。今後増えるのでしょうか?


最後に、双葉社のコミックも一部がセールに。こちらは「冨士山さんは思春期」と「ガットショット」という作品の完結記念で、青春コミックというくくりだそうです。例によってKindleストアには特に告知がありませんが、他の電子書籍ストアには詳細があります。

百合要素がありそうなのだと「女子高生 Girls-High」あたり。




今のところどのセールも対象作品が少なく中途半端な感じですが、今後増えていくのかもしれません。注目しておきたいと思います。

低価格になっているスクウェア・エニックスのコミック一覧
低価格になっている双葉社コミック一覧
低価格になっているKADOKAWAコミック一覧
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

FLOWERS公式サイトでホワイトデー限定ボイス公開

「FLOWERS」公式サイト上でホワイトデー企画が行われています。

2016 FLOWERS ホワイトデー企画

イラストをクリックすると、蘇芳と立花のボイスドラマが聴けます。今回もかなりはっちゃけたコミカルな内容です。

3月17日の18時までの公開とのことなので、興味のある方はお早めに。


パンフレット・キャストコメント

公式サイト内では、パンフレットがPDF形式で公開されています。ゲーム内容やキャラクターの紹介の他、書きおろしのショートストーリーもあり。ゲームへの期待を高めてくれます。

また、ブログのコーナーではキャストの皆さんからの手書きコメントが掲載されています。「秋編」でメインになるキャラの担当声優さんだけでなく、キャラクター全員分あり。それぞれ個性が出ていて面白いです。

ちなみにシリーズのキャラのうち、マユリのみ声優さんのコメントなし。これはつまり、マユリは「秋編」にも登場しないということなのでしょうか…?

「秋編」の蘇芳はマユリの手がかりを探しているようですが、果たして「秋編」でその決着はつくのか。あるいは最終作であろう「冬編」に持ち越されるのか。譲葉とネリネだけでなく、蘇芳とマユリの物語からも目が離せません。


「FLOWERS秋編」公式サイト
 
  
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

「双角カンケイ。」第1巻(タチ)

「桜Trick」でおなじみのタチさんの新作、「双角カンケイ。」が発売されました。



今回も期待通りの百合ものです。ただし、4コマだった「桜Trick」とは違って普通のストーリー漫画になっています。


あらすじ

ひまりとあいりは双子の女の子。あまりにそっくりなので、よほど親しい人間でないと見分けがつかないほどです。

2人はいつも一緒。髪型も少し前まではずっと同じで、服もおそろいでした。でも最近ひまりはあいりから距離を取り始め、あいりはそれを寂しく思っています。

soukaku1uu1.jpg

そんなある日。怪我をしたひまりの代わりに、あいりはバイトに行くことになります。あくまでひまりになりきったので、正体は誰にもバレませんでした。

しかし帰り際、あいりはバイト先の先輩である朝霧さんから告白をされてしまいます。朝霧先輩はあいりをひまりだと勘違いしているようです。

soukaku1uu2.jpg

まずはお友達から、という無難な答えでなんとかその場を乗り切るあいり。しかし、その日から朝霧先輩はあいりのアドレス(ひまりのアドレスだと思っている)に大量のメールを送ってくるようになります。ついでに大量の自撮り写真も。

予想以上の勢いでグイグイ来る朝霧先輩に、あいりは自分がひまりではないと切り出す機会を完全に見失ってしまいます。こうしてあいりは、朝霧先輩やひまり(本物)を相手にあれこれ辻褄合わせやアリバイ作りに奔走するハメに・・・。


あいりはそのままひまりを演じ続け、やがて朝霧先輩と遊園地デートまでするまでに。そのままの勢いでお泊りまで。いつしか朝霧先輩とずっと一緒にいたいと思うようになったあいりは、ついに一線を越えてしまい・・・?

soukaku1uu3.jpg

朝霧先輩やひまりを欺きながら、なんとか現在の関係を維持するあいり。しかし度重なるアクシデントやニアミスにより、随所に無理が生じはじめ・・・?

そんな感じで、2巻に続きます。



双子入れ替わり系のちょっとお馬鹿なラブコメ・・・かと思いきや、思った以上に心理的に怖い作品です。サスペンスです。

今のところ特に物騒な事件が起こったわけではないのですが、どの登場人物にもそこはなことなく怖い面を持ち合わせています。ヒロインの朝霧先輩からしてヤンデレ要素をうっすら漂わせています。朝霧先輩に片思いしているここみというキャラもいるのですが、こちらは後半で突然ストーカーらしき側面を覗かせます。

soukaku1uu4.jpg

どの女の子もどこからしら病んだ側面が垣間見える感じ。入れ替わりという異常なことをしているはずのあいりが、むしろ一番マトモにすら見えてきます。

今のところ、見事な機転の数々(?)で正体バレを回避しているあいり。果たしてこのままひまりとして朝霧先輩との恋人関係を続けられるのか。万が一バレたら、そのときはどうなってしまうのか。次巻も目が離せません。


posted by trinder at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

kindleでポイント20%還元セール。「ハートオブtheガール」「オンリー☆ユー」など最新作も多数

kindleストアで、大規模なポイント還元セールが始まりました。

Kindleストア:最大20%ポイント還元セール

説明の必要もないかもしれませんが、ポイントというのはAmazonで一部の商品を購入するともらえるAmazonポイントです。次回の買い物の際に1ポイント=1円の扱いで使用できます。

今回のセールでは、多数の作品にポイント20%還元が付いています。事実上の2割引と考えていいと思います。


百合漫画を探してみる

今回のセールでは、対象作品のラインナップにも注目。ごく最近に発売されたばかりの作品も含まれています。

2月末(電子版は今月)に発売されたばかりの「ハートオブtheガール」も対象です。同日発売だった「オンリー☆ユー 〜あなたと私の二人ぼっち計画〜」も。

 

2作ともとても魅力的な百合漫画なので、興味がある方はこの機会にどうぞ。

参考記事:「ハートオブtheガール」第1巻(奥たまむし)
参考記事:「オンリー☆ユー ~あなたと私の二人ぼっち計画~」(めきめき)


「しゅばりえーる」は先月2巻目が発売されたばかりですが、1巻含めてキャンペーン対象です。

  


ちなみに「ハートオブtheガール」や「しゅばりえーる」は芳文社さんの作品。普段、芳文社さんはあまり電子書籍のセールをしません。セールがあっても新刊は外されていることがほとんどです。今回のポイント還元セールでは新作もきちんと対象になっているので、わりと貴重な機会かもしれません。

芳文社さんの比較的新しい作品だと、「すわっぷ⇔すわっぷ」や「オリーブ!」などもポイント20%還元の対象です。

  

参考記事:「すわっぷ⇔すわっぷ」第1巻(とめきち)



その他にも、ジャンル・出版社の垣根を越えてかなりの数の作品が対象になっています。ごく最近の作品も多数。

  



   

  


  

   





新作というわけではありませんが、先月待望の電子書籍版がリリースされた「ブルーフレンド」などもポイント還元対象に。

  



漫画だけでなく小説も対象になっています。「ノノノ・ワールドエンド」は、2月発売の最新作。

南部くまこさん (聖クロス女学院物語)と高嶋ひろみ(加瀬さんシリーズ)のコンビによる「LOVELY!〜愛しのまめっち」も、2月から販売開始したばかりです。

 


「二次元ドリーム文庫」シリーズも一部作品がポイント還元対象です。

  


 


【3/23追記】

その後も、最新の作品が次々にポイント還元対象に追加されています。

  

  

  


  

  
 

 

  

 


  


他にも膨大な数がポイント還元対象になっているので、気になっていた本が入っていないか探して見るといいかもしれません。

Kindleストア:最大20%ポイント還元セール
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Android用アプリ版「FLOWERS春篇」配信開始

「FLOWERS春篇」のAndroid用アプリ版が配信開始されました。

Android用アプリ版「FLOWERS春篇」公式サイト

一括購入版と分割購入版が存在します。一括購入版は2800円(税込)。分割購入版は第一章のみ100円で、続きをプレイしたい場合は400円×7回の追加料金がかかります。

Google play(一括購入)
Google play(分割購入)


さっそく、試しにプレイしてみました。


タイトル画面はこんな感じ。PC版やVita/PSP版に忠実ですね

flowres_andr1hhj1.jpg


ゲーム本編の演出も忠実に再現されています。イベントCGはもちろん、モノローグ画面や心の声のフキダシも完備。

flowres_andr1hhj3.jpg


システム関係は、PC版とVita/PSP版の中間といった感じです。過去のテキストを見る方法として、バックログ一覧の他に1画面ずつの巻き戻しがあるのが特徴でしょうか。これはVita/PSP版にあった機能ですね。ただしボイスコレクションとかは(多分)なし。

一方、PC版からあったはずの「クイックセーブ」「クイックロード」「次の選択肢にスキップ」が見当たりません。Androidで手軽にプレイできる場合には必要ないという判断なのかもしれません。


序盤をプレイする限り、PC版およびVita/PSP版の内容を忠実に再現できているようです。これまでハードや環境の都合などでプレイできなかった方は、ぜひこの機会に触れてみてください。

タブレットなら大きめの画面でもプレイできます。過去にPSP版をプレイしたけどもっと大きい画面でやりたい、という人にもおすすめです(私とか)。夏篇と同時進行とかもオツかもしれませんね(無意味)。

flowres_andr1hhj4.jpg

ちなみに私はPC版、PSP版ときてAndroid版で3回目のプレイです。

今後発売される英語版もプレイ予定。タブレットで日本語版を表示しながら英語版をプレイすれば勉強がはかどるかもしれませんね。
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

英語版「FLOWERS春篇」体験版が再びアップデート。より自然で洗練された英語に

英語版「FLOWERS春篇」体験版がまた少しアップデートされています。


この体験版は、最初期のバージョンにはいろいろと問題点がありました。翻訳に関するミスだけでなく、純粋に英語として間違っている箇所が多数見受けられました。

参考記事:英語版「FLOWERS春篇」の体験版公開、予約開始


しかし前回のアップデートでは問題点の多くが改善され、一応問題なく読めるレベルに達していました。

参考記事:英語版「FLOWERS春篇」体験版がアップデート。修正個所を検証してみる


それに続く今回のアップデートでは、さらなる推敲が行われています。間違いの修正というよりは、より自然で魅力的な英語にするためのブラッシュアップという印象です。

シーンによっては台詞の半分以上になんらかの手が加えられています。普通なかなか気づかないような細かい単語レベルでの差し替えもあり、こだわりを感じさせます。


以下、特に印象的な変更点を挙げてみます。


Why this?

whythis1b.jpg

お茶会のシーンの冒頭、「何故こんな事に」という蘇芳のモノローグ。

英語版は最初、"Why this?"という非常に短い言葉になっていました。妙にあっさりというか、投げやりというか。体験版の出来を象徴するフレーズとして一部で人気になったりも。

今回の修正では、"Why is this happening?"(どうしてこんなことが起こっているの)という文法的に正しい表現になりました。


一応、前の内容でも言いたいことは伝わるとは思います。ですが、英語の感覚としては修正後のほうが自然です。今回のアップデートは、こういう微妙なニュアンスを考慮した推敲に力が入っているようです。


Ichigo and Rikka

お茶会のシーンでいうと、苺と立花の口論は大幅に書き直しされています。全文まるごと変わっている台詞もあれば、単語単位での細かい変更もあり。

苺が蘇芳を目撃したことに対する立花のコメントは、アップデートがある度に少しずつ修正されています。

flowerstrial3b1.jpg

違いはだいたい以下のような感じです。だんだん日本語版本来のニュアンスに近づいています。

修正前:沙沙貴さんは白羽さんが本を置くのを見た。だから白羽さんは慌てた

修正1:その言い方だと、白羽さんが慌てたのは本を置くところを沙沙貴さんに見られたからでは?

修正2:その言い方だと、白羽さんが慌てたのは本を置くところを沙沙貴さんに見られたからという可能性もある


からかった

マユリが蘇芳を「からかった」シーン。ここは前回のアップデートでもそのままだったのですが、今回は修正が入りました。

flowerstrial3b2.jpg

修正前:冗談だよ!少し辛かっただけだって

修正後:冗談だよ!少しからかっただけだって


修正前に使われていたstingという単語が気になるところです。これはよく「刺す」という意味で使われる言葉ですが、ここではそういう意味ではなさそうです。

実はこのstingには「ぴりっとした味がする」、つまり「からい(辛い)」という意味もあります。おそらく修正前の翻訳を担当した人は、「からかった」を「辛かった」と解釈してしまったのではないでしょうか。

今回の修正では、きちんと「からかう」という意味のteaseという単語に変更されています。

日本語って難しいですね・・・。


Sure.

「車椅子の少女」とのやりとりも細かく変更されています。より日本語版に忠実にしつつも、英語としての自然さもしっかり考慮されている感じです。

蘇芳に協力を頼まれた「車椅子の少女」の「構わない」という台詞は、修正版が出るたびに変更されていますね。

flowerstrial3b4.jpg

修正前:それは可能だ

修正1:やっても構わない

修正2:いいだろう


文字通りの意味で言えば、日本語版の「構わない」に忠実なのは前回のアップデート版(上の画像の修正1)かもしれません。ですが、英語では相手の提案に乗るときの自然な解答は今回のSure.です。これもまた、日本語版の本来の内容と英語としての自然さを上手く折り合わせた例ですね。



前回のアップデートは「もとの日本語版に忠実な内容に」という方針だった印象です。今回のアップデートはそこからさらに一歩進めて「英語としても自然な台詞に」という段階に入ったように感じます。

今回のアップデートを見る限り、翻訳としてはすでに十分なクオリティに達しつつあると思います。「FLOWERS」という作品の魅力を、英語でしっかり伝えることができているのではないでしょうか。

このレベルなら、製品版も期待できそうです。延期したのは残念ですが、それに見合う出来になりそうで楽しみです。

英語版「FLOWERS春篇」公式サイト
英語版「FLOWERS春篇」体験版配信ページ


ラベル:flowers
posted by trinder at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

「ライフ イズ ストレンジ」(Life Is Strange)日本語版

3月3日、「ライフ イズ ストレンジ」(Life Is Strange)の日本語版が発売されました。ハードはPS3とPS4、そしてPC(Steam経由)。





Steamでは昨年から英語版が販売されていましたが、これをすでに購入していた場合はアップデートにより日本語音声と字幕を追加できます。なんと無料。


私はもともとSteamの英語版をプレイしており、これまでにも何度か紹介したことがありました(ネタバレ注意)。

Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 2・3
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 4・5


今回のアップデートを適用すると、設定画面から「日本語」を選べるようになります。

lifisj1v1.jpg

字幕と音声をそれぞれ個別に英語/日本語で切り替え可能。英語の勉強にも便利だと思います。ちなみに音声と字幕の内容はまったく同一です。


登場人物の台詞はほぼ原語に忠実に訳されているようです。girl-on-girlを「百合」とするなど、面白い翻訳をしている部分もあります。

lifisj1v2.jpg

地のテキストにはややぎこちなさを感じる部分もありますが、おおむね悪くない感じに翻訳されていると思います。


ゲームの内容自体は、少女達の青春模様に時間操作という要素を絡めたとても面白いものになっています。選択肢によってはキスシーンありの百合展開になったりするので、興味がある方は是非プレイしてみてください。

lifisj1v3.jpg


日本語版「ライフイズストレンジ」公式サイト
Steam版配信サイト



posted by trinder at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

英語版「FLOWERS」が品質向上のため発売延期

先日、体験版がリリースされた英語版「FLOWERS春編」。

しかし体験版には翻訳ミスや誤字脱字が多数存在し、わずか2日後に修正版がリリースがされる事態となりました。この間、海外ユーザーからは英文の品質に関してかなり厳しい声が寄せられました。

【参考記事】
英語版「FLOWERS春篇」の体験版公開、予約開始
英語版「FLOWERS春篇」体験版がアップデート。修正個所を検証してみる


パブリッシャーのJAST USAさんはこの事態を重く受け止め、抜本的な改善にとりかかっているようです。それに関連して、発売延期が告知されています。




上記のツィートと、リンク先の記事を日本語に直させていただくと以下の通りです。

Flowers will be delayed for additional QC, details:
(FLOWERSはさらなる品質向上のため延期いたします。以下詳細)


Hi everyone.
(みなさんこんにちは)

You may have seen the debacle with our release of the Flowers demo this past week.
(先週の体験版に関する騒動はご存知かもしれません)

Due to errors on our team’s part, inadequately checked data was released to Steam.
(私達のミスにより、適切なチェックを受けていない状態でリリースがされてしまいました)

We are very sorry to all the fans who played the demo in this incomplete state.
(不完全な状態でプレイしてしまったファンの皆様には深くお詫び申し上げます)


From this incident we heard the voices of fans, and it’s clear we need to make amends.
(この失敗をきっかけに、私達はファンの皆様の声を聞きました。その結果、品質改善が必要だと判断いたしました)

We decided to add new members to our QA team and they’re thoroughly rechecking the entirety of Flowers to ensure it meets the high standards that we feel it should have upon it’s official release.
(品質管理のために新たなスタッフを起用します。公式版としてふさわしい品質にすべく、ゲーム全体に徹底的なチェックを行います)

Because of this, it will be necessary to delay the game’s release until quality assurance is properly completed.
(このため、発売の延期が不可欠となりました)

We’ll provide updates as soon as we have a better estimate.
(品質改善の目途がつき次第、アップデートを行います)

An updated demo will be up soon to better reflect our image of the final product.
(製品版としてあるべき品質に近づけた新しい体験版も配信予定です)

There will be additional improvements in our final release.
(製品版発売までに、さらなる改善を続けます)

Thank you to all the fans for your feedback and patience.
(ファンの皆様、ご意見をありがとうございました。もうしばらくお待ちください)




というわけで、英語版「FLOWERS」は発売延期となりました。

体験版がかなり厳しい出来であったこと、その改善のために延期が必要になったことは残念です。

ですが、品質改善のために真摯に対応してくださっていることは素晴らしいと思います。

製品版ではしっかりした出来を期待できそうなので、気長に待ちたいと思います。


  
ラベル:flowers
posted by trinder at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする