2016年04月30日

「りりくる Rainbow Stage!!!」初回限定版 特典類の紹介など

「りりくる Rainbow Stage!!!」がついに発売されました。






店舗特典

店舗ごとの特典がとても豪華でどこで買おうか迷ったのですが、陽奈&彩愛のクリアポスターが付くソフマップに決めました。

ririkururs1io1.jpg

やはり王道の親友カップルなのと、ドラマCD第1作からの主役というのが私の中では大きいです。


予約特典

そしてこちらは予約特典。

ririkururs1io2.jpg

とってもキラキラな感じのA3イラスト入りシート(公式によると「リーフレット」)です。裏側はキャストコメントになっています。


ビジュアルブック

店舗特典の他にも、初回限定版には豪華な特典が満載です。

「りりくる コンプリートビジュアルブック」には、ドラマCD時代からの公式イラストをカラーで収録。百合姫のコラム用のイラストまで網羅されています。さらにゲストページでは、「桜Trick」のタチさんを始めとする豪華作家陣によるイラストが。

ririkururs1io3.jpg

他にも「ふたりべや」の雪子さんなど、百合的にとても素晴らしい布陣となっています。


特典CD

ゲーム用ディスクの他に、CDが2枚も収録されています。こちらは主題歌集とドラマCD。ドラマCDは全キャラクター登場の豪華な内容のようです。

こちらはゲーム本編プレイ後に聴いてみようと思います。


ゲーム本編

そしていよいよゲームをインストール。

インストール画面ではなぜか羽佳が空を飛んでいます。

ririkururs1io4.jpg

伊吹とは別方向のネタキャラとして確立しつつありますね・・・。


ゲームの冒頭は、全員集合でのお花見シーン。体験版でもおなじみです。



ドラマCDでのテンポ良く微笑ましい掛け合いはゲームでも健在です。今回は人数が多いのでさらに賑やか。

ここから各カップルの話に派生していくようなので、これからのプレイがとても楽しみです。

  
 
タグ:りりくる
posted by trinder at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

KindleでKADOKAWA作品がGWセール「あの娘にキスと白百合を」など。無料キャンペーンには「ささめきこと」など

Kindleストアで、ゴールデンウィークに合わせたセールが開始されました。

Kindleストア / オールKADOKAWAフェア 2016春(5/12まで)

コミック・実用書を合わせて約700ほどの作品がセール対象になっています。

その中で百合っぽい作品を探すと、とりあえず「あの娘にキスと白百合を」の1〜3巻。

    

現在のところ、百合っぽい作品はこれくらい・・・?


無料キャンペーン中の百合コミック

無料キャンペーン中のコミックの中にも、百合っぽいものがいくつかあります。

 

 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FLOWERS夏篇ファンブック

「FLOWERS夏篇ファンブック」が発売中です。



以前からイベント等では販売されていましたが、一般発売は4月28日から始まっています。


内容はフルカラーで全72ページ。かなり読み応えのあるボリュームです。


キャラクター紹介

巻頭は、「夏篇」の主要キャラクター3人の紹介です。なんとダリア先生も入っており、ゲーム本編のダリアルートに関しても触れられています。

各キャラクターのラフデザインが載っているのもファンには興味深いと思います。特に千鳥のデザインの変遷は、現在との違いに驚くかも。

natu_fanb1yy1.jpg

キャラごとの名場面をCGとともに紹介するコーナーもあり、こちらはすべて原画のスギナミキさんのコメント入り。クリエイターならではの視点からのコメントが多く、作品の裏側を知ることができます。足とか脇とかに関するフェチ要素がさりげなく散りばめられていたことが明かされたり…。


イラストギャラリー

イラストギャラリーのコーナーでは、ゲーム本編以外で描き下ろされた各種イラストを鑑賞することができます。グッズ用、イベント用、公式サイトの企画用…と出典はさまざま。

ダリア先生(14歳パージョン)とか、夏服のマユリあたりはちょっとレアな感じです。

natu_fanb1yy2.jpg


ショートストーリー


ゲームのシナリオ担当である志水はつみさんによる描き下ろしショートストーリーも収録されています。

ストーリーは、急に来れなくなった散髪業者の代わりに生徒達がお互いの髪を切ってあげるいうもの。千鳥はえりかの髪を切りますが、えりかが担当するのはなぜかダリア先生。えりかはなんだか過剰に意識してしまい・・・?

時系列的にはえりかと千鳥が結ばれた後のようですが、えりかにとってダリア先生は今でも特別な存在なのかもしれません。そんなことが伺える気がするエピソードでした。


秋編イントロダクション


後半からは、いよいよ新作「秋編」の紹介が始まります。

メインとなる4人のキャラクターそれぞれについて、これまでの出来事と「秋編」での展望が語られています。

ちなみに譲葉とネリネは各1ページもらっていますが苺と林檎はまとめて1ページです・・・。今回に限らず、沙沙貴姉妹は「秋編」メインの一角のはずなのに公開されている情報が少なめです。単に譲葉&ネリネのおまけ的な扱いになるからなのか、それとも何かサプライズ要素があるのであえて露出を控えているのか。気になります。


対談コーナー

最後は、声優さんによる対談コーナー。瑞沢渓さん(譲葉役)、西口有香さん(ネリネ役)、長妻樹里さん(苺&林檎役)がシリーズの魅力や「秋編」について語っています。

natu_fanb1yy3.jpg

上で紹介した「イントロダクション」コーナーが当たり障りの無い内容だったのに対し、こちらの対談は「秋編」の内容にかなり踏み込んだ部分があります。特に何度か話に出ている黒ネリネはとても気になります。ネリネを「実は黒いのでは?」と薄々思っていた人は多いのではないかと思いますが(私だけ?)、やっぱり何かあるようで・・・。

瑞沢渓さん×西口有香さん的な百合話や百合写真がちょくちょく載っているのもみどころでしょうか。手をつないでるアップの写真とかもあります。こういうのはアイドル声優さんのインタビューならありそうですが、このお2人の組み合わせだとかなりレアかも・・・?



「夏篇」の裏側、そして「秋編」の展望が詰まったファンなら大満足のファンブックだったと思います。もう一度「夏篇」をプレイしたくなりましたし、「秋編」への期待がさらに膨らみました。




ちなみに、品薄状態だった「春篇」のファンブックも再販が始まっています。「夏篇」の声優さんへのインタビューは実はこちらに収録されているので、興味があればどうぞ。



 
タグ:flowers
posted by trinder at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

「やがて君になる」第2巻(仲谷鳰)

仲谷鳰さんの「やがて君になる」第2巻を読みました。




最近になって声入りのPVが作られるなど、話題の作品です。




誰のことも特別に思えない女の子・侑。先輩の燈子から告白されても、侑の胸はどきどきしないまま。ですが、一見完璧ながらも脆さを秘めた燈子を見て、侑はそばにいてあげたいと思うようになっていきます。


そんな第1巻の導入から続く、今回の第2巻。

侑と燈子の微妙な距離感は相変わらず。(一応人目を気にしつつも)侑への好意を積極的にアピールする燈子と、ちょっと戸惑いながらもすべてを受けれる侑。生徒会の後、燈子が突然キスしたいと言い出しても、侑はすんなりとキスさせてくれます。

yagate2ye2.jpg

ただし、この場面は同じ生徒会の男子・槇くんに見られていました。ただしこの子は決して燈子と侑を邪魔する気はなく、むしろ応援してくれるようです。本人のモノローグいわく「僕は客席にいてただ舞台の上の物語を見ていたい」。珍しく話に絡む男性キャラですが、べつに害はなさそう・・・?


後半のエピソードでは、侑が燈子を自分の家に呼びます。なんでもないようにふるまう侑に対し、燈子はとにかく挙動不審。侑が席を外したスキにベッドにもたれかかる(というか臭いをかいでいる?)など、お約束な行動を連発します。

yagate2ye1.jpg

本人いわく「だって好きな女の子の部屋に来てどきどきするのは仕方ないでしょ!」。さらには侑に自分の心臓の音を聞かせようとしたり、かなり大胆です。

そんな燈子をあくまで淡泊に、ツッコミ交じりにあしらう侑。いまだに燈子を「好き」にはならないものの、「好きになりたい」とは感じるようになっており、確実な変化が・・・?


生徒会劇

7年前まで行われていたという、文化祭での生徒会劇。このたび燈子の発案により、その劇を復活させようという話が持ち上がります。その裏には、燈子の過去、そして姉の存在が関係しているようです。

劇そのものも面白そうですが、燈子が過去と向き合うきっかけとしても重要になりそう。そしてそれを通して、燈子はどう動くのか。ついに燈子のことを好きになれるのか。次巻以降も目が離せない内容になりそうです。



電子版




やがて君になれ(メロンブックス特典)

全国のアニメショップで様々な特典が付いていますが、注目はメロンブックス特典の小冊子「やがて君になれ」。第1巻にも同様の特典が付属したので、第2号ということになります。

yagate2ye4.jpg

複数の作家さんが参加したアンソロジー的な内容で、作家陣は百合的にとても豪華です。作者の仲谷鳰さんご本人をはじめとして、伊藤ハチさん(「小百合さんの妹は天使」)、缶乃さん(「あの娘にキスと白百合を」)などが参加しています。

作家さんによって内容は様々で、真面目なものから(主に燈子が)ネタに走ったものまで個性豊かです。缶乃さんや南方純さんは沙弥香(燈子の親友)をフィーチャーしていてさすがという感じ。

一方、柊ゆたかさんは侑が燈子にケツバットするという個性的過ぎる話を描いています。自由です。

yagate2ye3.jpg


仲谷鳰さんご本人によるエピソードでは、侑の中学時代の後輩たちが登場。侑のちょっと意外な一面を見ることができます。燈子もご満悦です。

ちなみに仲谷鳰さんは第1巻の特典のほうにも描きおろしエピソードを載せていたのですが、今回そちらは単行本本編のほうに再収録されています。燈子が××な本を買いに来る話がそれです。
 
posted by trinder at 05:44| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

「FLOWERS秋編」サンプルボイス、サントラ情報など公開




「FLOWERS秋編」の公式サイトがいろいろ更新されています。

FLOWERS秋編公式サイト

更新されたのは、STAGE・GRAPHIC・CHARACTERの各コーナー。

「STAGE」では、合唱会のCGとテキストが掲載されています。歌っているのは、譲葉とネリネ。秋編の重要なイベントになりそうです。

「GRAPHIC」では、イベントCG3種とそれぞれのシーンのテキストを閲覧できます。そのうちの1枚は、譲葉が秋服に着替えるシーン。この学院では四季それぞれに別の制服があることがわかります。シリーズ4作の変化が視覚的にもよく伝わりますし、面白い設定ですね。

そして「CHARACTER」では、サンプルボイスが公開。1キャラにつき3つです。1つ目は自己紹介で、あとの2つはゲーム本編からの抜粋と思われる内容になっています。ゲーム本編の内容を伺わせるものもあって想像をかきたててくれます。千鳥が最初からデレモードだったり、立花の蘇芳ラブに拍車がかかっていたりと、キャラによって内容は様々。今回主役でないキャラ達の動向にも注目です。


イベントやサウンドトラックに関する情報も追加されています。

CHARACTER1 2016の特設ページ
サウンドトラック特設ページ

CHARACTER1(5月1日の総合イベント)ではOPムービーが初公開とのこと。

サントラの特設ページでは、いくつかサンプルを視聴できます。今回も全曲新規のようで、音楽面にも力を入れているのが伝わります。既存曲のアレンジも、季節の変化を感じさせるものになっています。全体的に穏やかでしっとりしたイメージです。



以前より踏み込んだ情報が次々と公開され、発売日が近づいていることを感じさせてくれます。5月27日の発売日がとても楽しみです。

 

 
 
FLOWERS秋編公式サイト

 
タグ:flowers
posted by trinder at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

COMICメテオ作品が電子書籍版をリリース開始。「篠崎さん気をオタしかに!」「道割草物語」「深海魚のアンコさん」など

WEBコミック配信サイト「COMICメテオ」の関連作品が、4月20日より電子書籍版のリリースを開始しました。

[メテオCOMICS]と[ポラリスCOMICS]がAmazon Kindleで電子書籍販売を開始!(公式サイト)


COMICメテオは百合作品がたまにあることでおなじみ。わざわざ百合の特集ページがあったりします。

百合の作品(COMICメテオ)



以下では、今回電子書籍化されたCOMICメテオ作品の中から百合要素のあるものをいくつか紹介します。


篠崎さん気をオタしかに!

個別ページ

オタク嫌いな女の子が、クラスメイトをオタクから更生させようと頑張るお話。でもいつの間にか自分もオタクに染まっていくのはお約束。

第1話からプリ○ュアで百合トークしていたり、百合方面に結構飛ばしています。

  

現在、第6巻まで出ています。


道割草物語

個別ページ

「道割草物語」は今年の1月に上・下巻同時発売だった比較的新しい作品。人間が滅びた未来を舞台に、吸血鬼の女の子達の日常を描いています。登場する吸血鬼はほぼ全員女性で、多くの場合女性同士で恋愛しています。お互いの血を吸い合うことが一種の愛情表現になっているのが吸血鬼らしいです。

 


深海魚のアンコさん

個別ページ

今回電子書籍化された中では、「深海魚のアンコさん」もちょっと百合要素あり。「人魚」と呼ばれる魚類擬人化美少女達を描いた作品です。主人公的存在の女の子(普通の人間)が人魚大好きで、行き過ぎた愛情によりよく暴走しています。さらには、人魚の女の子同士で恋愛感情を抱いている例もあり。

 

こちらは全4巻。


部長に威厳はありません

個別ページ

卓球部もの。ダメ部長×天才だけどドSな後輩、なお話。通販サイトなどの公式紹介文では「ドS百合卓球コメディ」を謳っています。

  

全3巻。



電子書籍化されたCOMICメテオ作品のうち、特に百合要素がありそうなものを紹介してみました。

これまでCOMICメテオ作品は紙版しかなく、電子書籍派の人はなかなか触れる機会がなかったかもしれません。百合的にも面白い作品が多いので、興味がある方はぜひこの機会に読んでみてください。


ちなみに私はCOMICメテオだと「生徒会のヒメゴト」も好きだったのですが、残念ながら今回は電子化されていないようです。



連載終了していて、少し古めの作品だからでしょうか(アンコさんと同じくらいだと思うのですが…)。とはいえ今後電子化される可能性がゼロとは言えないと思うので、淡い期待を抱いて待っていようと思います。


【参考:過去の感想記事】

道割草物語(上下巻)/ 武川慎
深海魚のアンコさん / 犬犬 (1巻2巻3巻4巻
生徒会のヒメゴト / みなづき忍(1巻2巻3巻
タグ:電子書籍
posted by trinder at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

りりくる Rainbow Stage!!! 体験版&公式プレイムービー公開中

「りくる Rainbow Stage!!!」の体験版が、先日より公開中です。

『りりくる Rainbow Stage!!!』応援中!2016年3月25日発売予定!

現在はさらに、体験版のみどころが動画で見れる「公式プレイムービー」も公開されています。体験版をプレイしたいけど時間がない人に最適。







現在は「その3」までですが、少しずつ追加されているようです。


今回のムービーを見る限り、「りりくる」らしさ全開の楽しい作品になっているようです。もともとドラマCDながらもビジュアルにも力を入れたシリーズだったので、他メディアでもそのままのイメージで楽しめるのがうれしいですね。

ゲーム本編は、いよいよ今月4月28日発売です。

 
 
『りりくる Rainbow Stage!!!』応援中!2016年3月25日発売予定!

どうでもいいけど公式バナーの発売日表記が延期前の3月25日のままになってますね・・・。
タグ:りりくる
posted by trinder at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

Kindleストアで「KADOKAWA春アニメ&ドラマフェア」開催中。「パンでPeace!」など

Kindleでいくつかの出版社がセールを行っています。いずれも規模はそれほど大きくありませんが、いくつか百合漫画もあるので紹介してみます。


KADOKAWA春アニメ&ドラマフェア

30%OFF】KADOKAWA春アニメ&ドラマフェア(4/14まで)

KADOKAWA系列の作品のうち、春からアニメやドラマになったものが対象。現在、作品が30%OFFになっています。

百合要素がありそうなのは、アニメ版も話題の「パンでPeace!」あたりでしょうか。




竹書房コミック半額セール

Kindleストア/低価格になっている竹書房コミック一覧

竹書房のコミックもいくつかの作品が半額に。

「ラーメン大好き小泉さん」はセールの常連になっている感がありますね・・・。

  


スクエニ系

Kindleストア/低価格になっているスクエニ作品一覧

基準は不明ですが、スクウェア・エニックスのいくつかの作品で第1巻が半額になっています。

百合ものだと、ちょっと古めの作品ですが「失楽園」などが含まれています。




今回セール対象にはなっていませんが、スクエニ系は最近百合漫画がかなり増えてきています。「ななしのアステリズム」「制服のヴァンピレスロード」「ハッピーシュガーライフ」などもスクエニ系。以前から「咲-saki-」シリーズなどでおなじみでしたが、最近さらに百合的な注目度が高まっていると思います。
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第4巻(a・アルフライラ/深見真)

深見真さん原作/a・アルフライラさん作画の「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第4巻を読みました。



「拷問部」という一見ちょっと危ない(実際危ない)部活動をしている女の子達を描いた作品です。主人公・結月が大の百合好きなことを始め、女の子同士の恋愛が随所に登場します。

ちなみに第3巻が出たのは2014年7月。なので2年近く時間が開いての新刊です。そして今回、完結編です。


洗脳部編・クライマックス

クライマックスとなる今回は、ライバルである「洗脳部」の決戦が描かれます。

洗脳部の総統・高田我羅奢(たかだ がらしゃ)が拷問部を敵視している本当の理由も明かされます。我羅奢はかつて拷問部に所属しており、悠里とかなり一線を越えた感じの関係でした。

iron4ui1.jpg

しかしある時、我羅奢は悠里が他の娘のことが好きなのではと感じるようになります。そしてそれが、拷問部を抜けて洗脳部総統となるきっかけになったのでした。

というわけで、拷問部と洗脳部の対決は実質我羅奢と悠里の痴話喧嘩。そこに悠里ラブな後輩・苺花も加わって百合な感じの三角関係バトルが展開されます。

ひととおり拷問とか洗脳とかしたりされたりしつつ、最後は仲直り。

iron4ui2.jpg

2人の対立を裏から煽っていた黒幕っぽいのもついでに懲らしめて、ハッピーエンドです。


蒼生

最後は主人公である結月と、憧れの先輩・蒼生のエピソードで締められています。

突然、蒼生がフランスに留学すると言いだします。これに対して結月はどっかの映画みたいな展開とツッコミ。どっかの映画とは実写映画版のことでしょうか・・・?


とにかく、結月は蒼生としばらくお別れになりそう。蒼生は、最後に自分を拷問しろと結月に要求します。拷問の目的は、蒼生が結月を拷問部に誘った理由を吐かせてみろというものでした。その過程で、結月の記憶に封印されていた幼い日の出会いが明らかに・・・?

なんかもうどこまでも拷問バカな蒼生先輩。ですがさすがに最後は空気を読んで結月の想いを汲んでくれてくれて・・・?

iron4ui3.jpg



というわけで、ついに完結の「ちょっとかわいいアイアンメイデン」でした。

基本は明るく楽しい(?)拷問百合コメディ。魅力的なキャラクター達が、様々な思惑のもとに拷問したりされたりする姿が描かれました。登場人物がほぼ全員女の子で、しかもほとんどのキャラが女の子同士で恋愛をしている点も素晴らしいです。

一方で、拷問という行為の本質を突いた話も多く描かれました。第一話の「目的のための暴力はどこまでが許されると思う?」という言葉は作品全体のテーマになっていたと思います。


 
posted by trinder at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする