2016年05月28日

「FLOWERS秋編」 プレイその1

「FLOWERS秋編」がついに発売されました。



パッケージはこんな感じです。

flowers3ii1p1.jpg

今回も、美少女ゲーム特有の巨大な箱とは無縁のコンパクト仕様。このほうがシンプルで好きです。


プロローグ

ゲームは譲葉のモノローグから始まります。舞台となっているのは、ムービーでも使われている合唱のシーンです。「オズの魔法使い」を引用しつつ、ネリネへの秘めた想いが語られます。

プロローグでゲーム本編のクライマックスシーンを先出しするのは、夏篇にも見られた演出ですね。果たしてどういった経緯でその場面に至るのか、期待が高まります。

ただし今回はもう1人分モノローグがあります。こちらは林檎視点で、ハロウィーンパーティーの日が舞台。苺と比べられることで抱いてきた複雑な感情が語られます。そして、想い人への告白の場面へ。

そんなとても気になる引きとともに、OPへと入ります。




ゲーム本編の第1章は、「ドロシーの旅立ち」。

ここからは譲葉の視点でゲームが進行するようです。つかみどころのないエキセントリックなキャラクターとして振舞ってきた譲葉ですが、彼女自身が主人公の「秋編」では意外な本心が見られそう。続きをプレイするのが楽しみです。

 

 
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 07:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

Kindleストアで50%OFFまたはポイント50%還元の大規模セール。百合作品は?

Kindleストアで大規模なセールが行われています。今回は「価格が50%OFF」「ポイント50%還元」の2本立てで、作品ごとにどちらか一方が適用されます。「価格が50%OFF」のほうはさらにポイント20%還元が付くことが多いのでさらにお得です。

対象作品数は50%OFFが約11500、ポイント50%が約3000。多すぎです。

Kindleストア / 50%OFFセール対象一覧
Kindleストア / ポイント50%還元対象一覧

ただし、今回のセールの対象は実用書やエッセイ、一般小説が対象です。漫画やライトノベルはあまり対象になっていません。というわけで、百合作品を探すのは難しそう・・・?

その中でも、百合が含まれる可能性のあるものを頑張ってピックアップしていきます。私個人は未見の作品も含まれるので注意。

50%OFF

  


ポイント50%還元

  

今回のセールは対象作品が多すぎて全ては確認できないのですが、軽く百合作品を探して見たところこんな感じです。まだまだあると思うので、興味がある方は探して見てはいかがでしょうか。というか私が教えてほしいくらいです。

一応、上で紹介した作品たちはネット上で最低1人以上から百合認定されていることが確認できています。ただし百合メインではない作品もあるので心配な場合は事前に作品概要をよくご確認ください。

Kindleストア / 50%OFFセール対象一覧
Kindleストア / ポイント50%還元対象一覧
 
posted by trinder at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

英語版カードキャプターさくら(Cardcaptor Sakura)

最近、アニメ版の再放送や漫画の新作発表で話題の「カードキャプターさくら」。ちょっとしたリバイバルブーム中です。

「カードキャプターさくら」は海外でも非常に人気の高い作品です。この作品の英語版で日本に興味を持ったという人までいるとかいないとか。

英語版ももちろん制作されています。原作漫画の英語版は電子書籍化されているので日本からもお手軽に購入可能です。

 

 

日本語版のコミックが全12巻だったのに対し、この英語版は全4巻構成。1冊あたりに日本語版3冊分にあたる内容が収録されている計算になります。


私はまだ読んでいる途中ですが、翻訳のレベルはかなり高いと思います。子供向けらしくシンプルで明解な表現になっていてわかりやすいです。カードに関する表現(呪文とか)はちょっと古めかしい英語になっていたりと、細かい雰囲気作りもばっちり。ファンタジーものですが舞台が現代日本(当時)なので、日常英会話の勉強にも有用です。


違う意味の「好き」

さくらの親友・知世はさくらのことが大好き。序盤の運動会の話では、単なる友情ではなく恋愛感情であることが示唆されます。

以下は、日本語版。

sakura_e12.jpg

知世「わたしも、さくらちゃんが大好きですわ。」
さくら「わたしも」
知世「きっと、さくらちゃんとは違う意味での『好き』ですけど」
さくら「なにか言った?」
知世「さくらちゃんがもう少し成長したらお話しますわ」


このシーンは、英語版だと以下のようになっています。

sakura_e13.jpg

"I really love you too, Sakura-chan!"
(わたしも、さくらちゃんのことが本当に大好きですわ)
"Me too, Tomoyo-chan!"
(わたしもだよ、知世ちゃん!)
"I think we're talking about different kinds of love, Sakura-chan."
(わたし達が話している『好き』は、違う種類の『好き』のようですね。さくらちゃん)
"Did you say something?"
(何か言った?)
"Sakura-chan, I'll tell you when we're older."
(わたし達がもう少し大きくなったらお話しますね)

日本語版にほぼ忠実に、かつ英語として自然な形になった良い感じの翻訳だと思います。


わたしが欲しかった『好き』

ちなみに、知世の母親はさくらの母親に恋していました。

sakura_e14.jpg

さくら父「撫子さんも君が大好きだったよ」
知世母「でも、わたしが欲しかった『好き』じゃなかったわ」


英語だと以下のような感じ。

sakura_e15.jpg

"Nadeshiko-san loved you too."
(撫子さんも君が大好きだったよ)

"But, not the way I wanted her to."
(でも、私が求めていたふうに『好き』にはなってくれなかった)


こうして親子二代に渡って続く、百合のDNA。果たして、知世はさくらを同じ意味で「好き」にさせることができるのでしょうのか…?

以前からのファンならすでに結末はご存知だと思いますが、最近のリバイバルで興味を持った方は是非ハラハラしながら今後の展開を楽しんでもらいたいと思います。

なお、アニメ版では直接的に百合を連想させるシーンはほぼカットされていますのであしからず。
 

 

 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

「ハッピーシュガーライフ」第3巻(鍵空とみやき)

鍵空とみやきさんの「ハッピーシュガーライフ」第3巻です。



しおを無事に連れ戻し、さとうのハッピーシュガーライフが戻ってきました。

happysugar3op1.jpg


この生活は、2人だけの秘密。しかし、周囲の人間は謎の多いさとうに少しずつ疑問を抱き始めます。さらに、世間的には行方不明になっているしおのルートからも、次第に足が付き始めた雰囲気。


さとうのことを詮索する人物として、バイト先の後輩の「すーちゃん」がいます。何をやってもダメな自分を嫌っており、完璧(に見えるらしい)さとうに憧れている女の子です。

happysugar3op2.jpg

さとうの持ち物や下着を真似するだけでなく、勝手にロッカーを漁ったり住んでいる場所を探ったりしています。ほぼストーカーです。やっぱりこの漫画にまともな登場人物はいませんでした・・・。


すーちゃんの異様な詮索癖にさとうは内心怒りを覚えつつも、いっそ籠絡する手段に出ます。キスをして「好き」だと告げると、すーちゃんはもうすっかり無力化。

happysugar3op3.jpg

今後はさとうの言うことなら何でも聞いてしまいそうな状態となったすーちゃんでした。


しかし、嘘とはいえしお以外の女の子に「好き」と言ってしまったことは、さとうの中では大問題。さとうは自分を激しく責め、しおに決死の謝罪を行います。

しおはさとうを無垢な笑顔で許してくれました。2人は抱き合い、ちょっと久しぶりに「誓いの言葉」を復唱します。

happysugar3op4.jpg

こうして、2人の幸せな生活は続いていく・・・のでしょうか?



そんな感じの「ハッピーシュガーライフ」第3巻。

さとうとしおの甘々な生活を描きつつも、崩壊の予兆を少しずつ感じさせる内容となっています。複数の人間がさとうの素性に疑問を抱き始めましたが、さとうはどう切り抜けるのでしょうか。

今回さとうを詮索したキャラの中では、すーちゃんが良い味を出していました。さとうに憧れ…というより完全に恋している女の子です。さとうとしお以外で明確な百合キャラが出てくるのは意外と珍しい気がします。今後も(さとうの迷惑にならない範囲で)頑張ってほしいです。



電子版



ちなみに、現在コミック1巻のKindle版がセールにより307円になっています。さらにポイント20%還元付きでかなりお得。この作品に興味を持った方は是非。


posted by trinder at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

FLOWERS秋編 カウントダウンボイス開始。電撃オンラインでは最速レビューも

5月27日発売の「FLOWERS秋篇」。発売まで、あと1週間を切りました。




公式サイトではカウントダウンボイスの配信が始まっています。


FLOWERS秋編公式サイト

本日(5月20日)の「あと7日」ボイスは、えりか&千鳥。千鳥はやけに上機嫌でノリノリです。「夏篇」の最初の方と比べるとギャップがすごいです。これもえりかへの愛の力、なのでしょうか…。


最速レビュー&開発者インタビュー

電撃オンラインさんでは、「FLOWERS秋編」の序盤レビューと開発者インタビューが掲載されています。

私はネタバレを避けてあえて読みませんが、発売日が待ちきれないという人はどうぞ。

百合系ミステリィADV『FLOWERS』秋篇発売間近! 最速レビュー&開発者インタビューをお届け(電撃オンライン)

 

 
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

「ハッピーシュガーライフ」1巻・2巻(鍵空とみやき)

今回は鍵空とみやきさん作の漫画「ハッピーシュガーライフ」を紹介します。

現在、第2巻まで発売中。今月5月21日には第3巻も発売予定です。

 

毎回表紙イラストは主人公達の顔のアップですが、これだけで作風をおおむね察せるのが素晴らしいですね。


ストーリー

遊び好きだった少女・松坂さとうは、純粋無垢な少女・神戸しおと出会って「愛」を知ります。今では男遊びもすっかりやめ、しおのためだけにひたすらに愛を注ぐ毎日。

happy sugar1yyi1.jpg

現在、さとうとしおはマンションの一室に2人きりで住んでいます。

happy sugar1yyi2.jpg


しかし、2人の生活は危険な秘密の上に成り立っていました。2人が暮らすこの部屋も、実は他の誰かのもの。固く閉じられた部屋の中には、本来の住人のものと思われる血痕と謎の粗大ゴミが。さらにしおは世間では行方不明扱いになっており、知人が行方を探しています。

さとうは現在のしおとの生活を守るためなら、何でもする覚悟です。たとえそれが犯罪行為であっても、さとうに躊躇はありません。

(もっともこの作品は他の登場人物もたいがい頭がおかしいので、さとうの行為も結果的に正当防衛と見る余地もあるかも?)

果たして、さとうはいつまでしおとの生活を守り続けることができるのか…。



ホワイトシュガーガーデン、ホワイトソルトケージ


単行本2巻の後半には短編「ホワイトシュガーガーデン、ホワイトソルトケージ」が収録されています。

こちらは「ハッピーシュガーライフ」の連載前に執筆された読み切りで、原形とも言える作品です。主な登場人物の名前や外見は「ハッピーシュガーライフ」と同じですが、一部キャラの設定や役回りが異なります。作者さんによると、パラレルワールドとして楽しんでほしいとのこと。

さとうとしおのラブラブ同居生活という基本シチュエーションは「ハッピーシュガーライフ」と同じ。短編なぶん密度が凝縮されてさらに甘々になっているようにすら感じます。

happy sugar1yyi3.jpg

この生活を維持する裏でアレとかコレしてるのも「ハッピーシュガーライフ」と同じなので、心臓の弱い方はご注意を。




単行本は2巻まで発売中。

 


電子書籍版は現在Kindleストアで20%ポイント還元中なのでちょっとお得です。

 


そして第3巻は、5月21日発売。



さとうさんのとても良い笑顔が目印。もう怖い顔でこっち睨むのやめたんですね。これで安心して買えますね。
 

電子版

posted by trinder at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

FLOWERS秋編マスターアップ

「FLOWERS秋編」の公式サイトでマスターアップが告知されています。

「FLOWERS秋編」の公式サイト

トップページには記念のイラストとボイスがアップされています。イラストは2種類あるので何度か更新してみるといいかも。ボイスのほうは、譲葉&ネリネ、林檎&苺が出演。コミカルな内容になっています。


発売日は当初の予定通り5月27日。マスターアップ済みということで、安心して待つことができそうです。



  

 
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

「りりくる Rainbow Stage!!!」美緒お誕生日イベント

本日5月11日は、「りりくる」シリーズのキャラクター、春日井美緒の誕生日です。

今日ゲーム「りりくる Rainbow Stage!!!」を起動すると、特別イベントを見ることができます(タイトル画面の前に自動的に挿入されます)。

ririkuru_tanjou1.jpg

内容は、美緒のお誕生日をなつき(とその他のみんな)がお祝いするというもの。ちゃんとボイス入りで結構豪華です。

こんな仕掛けがあったとは、ちょっとびっくりです。もしかして全キャラクター分用意されていたりするんでしょうか。これからの季節が少し楽しみになりました。




 
 
ラベル:りりくる
posted by trinder at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

Kindleストアでポイント20%還元セール実施中。「やがて君になる」2巻など最新作も多数

Kindleストアでポイント20%還元セールが始まっています。

Kindleストア / ポイント20%還元対象一覧

対象作品数は膨大です。Kindleストアの書籍全てというわけではないようですが、かなりの割合が対象になっています。

ごく最近リリースされたばかりの作品も対象です。例えば、4月27日発売だった「やがて君になる」第2巻が早くもポイント20%還元になっています。1巻ももちろん対象です。

 

他にも4月発売の最新作が多数20%還元中です。

   


アニメ版も好評放送中の「パンでPeace!」もポイント還元中です。3月発売だった第2巻もしっかり対象です。

 


4月下旬に電子書籍版化が始まったばかりの「コミックメテオ」作品も。

 

 


他にも新作・旧作合わせて膨大な数がポイント還元対象になっています。今のところセールの期限は不明ですが、気になる作品があった方はこの機会を利用してみてはいかがでしょうか。

Kindleストア / ポイント20%還元対象一覧


対象作品が多すぎるので全ては紹介できませんが、以下では個人的に気になるものをいくつか挙げておきます。

   

   

   
 
  

コミックだけでなく小説も対象です。

   

  




最後に余談ですが、私がKindleストアでリリースしている電子書籍にも自動的に20%還元が付いていました。

 

私のほうでは特に何も設定はしていないので、どうやらこの手のセールはKindleストア主導で行っているもののようですね。そしてポイント還元分はKindleストアさんが負担している模様です。太っ腹です。
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

「FLOWERS秋編」OPムービー公開

「FLOWERS秋編」のOPムービー公開されました。先日のイベントで一足先にお披露目されていましたが、ついにWEBでも公開です。



オープニング曲は、霜月はるかさんの「虹の魔法」。コーラスは鈴湯さんです。「夏篇」からメインボーカルとコーラスが再び入れ替わり、「春篇」と同様の組み合わせになっていますね。

「虹の魔法」というタイトルの通り、曲も映像もとてもキラキラしたイメージで美しいです。原画を担当しているスギナミキさんのキャラバンでの発言によると、サビのあたりはOPのための描きおろしだそうです。こだわっただけあって、サビから終わりにかけては躍動感があって特に素敵だと思います。


本当は音楽面に関して詳細な感想を述べてみたいのですが、知識がないので語れないのが歯がゆいです。その代り(?)と言ってはなんですが、ムービー中に何か所か出てくる英文の意味を書いておきたいと思います。

autumn comes quietly.
(秋が静かにやってきて)

A season is repearted many times.
(季節は何度も繰り返される)

But I get us autumn of this year, and special autumn would come.
(けれど今年の秋は特別なものになりそう)


Everyone hides a secret in mind.
(誰もが心に秘密を抱えている)

No more words.
(もう言葉はいらない)


I have decided.
(私は決めた)

So, autumn burst into color.
(そして、秋は色にあふれる)


We grew up.
(私達は大きくなった)

There's no place like your side.
(でもやっぱりあなたのそばが一番)

Welcome back.
(おかえりなさい)


おそらくこういう意味だろう、というのを書いてみましたがあくまで私の解釈なのでご了承ください。というか、厳密には英文法的に意味をなさない文章が多いので深く考えないほうがいいかもしれません。この雰囲気優先な感じの英文は「春篇」「夏篇」のOPでも同様だったので1つの様式美なのでしょう。

ただ、ちょっと面白いのは最後の"There's no place like your side."と"Welcome back."でしょうか。

"There's no place like your side."はおそらく"There's no place like home."(家のようなところは他にない = やっぱりおうちが一番)のもじり。"Welcome back."は、言うまでもなく「おかえりなさい」の意味です。譲葉とネリネの運命を暗示しているのでしょうか・・・?

  
 
ラベル:flowers
posted by trinder at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

Kindleストアで一部竹書房コミックがセール中。「姫のためなら死ねる」1巻50円など

Kindleストアで竹書房のコミックが一部ながらセール中です。

Kindleストア / 低価格になっている作品一覧

中でも注目は、くずしろさんの「姫のためなら死ねる」の第1巻が50円になっていること。



50円セール中の作品だと他に、「腹黒舞子さんとの京生活」も少し百合っぽい…らしいです。実は以前から気になっていたので私もこの機会に確認してみようと思っています。



その他、いくつかの作品が半額になっています。とりあえず百合っぽい要素がありそうなのは以下のような感じ・・・?

 


他にもあるかもしれないので、探して見るといいかもしれません。

Kindleストア / 低価格になっている作品一覧
 
ラベル:電子書籍
posted by trinder at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする