2016年07月30日

Whispered Words(英語版「ささめきこと」)をいっき読み

今回は、名作「ささめきこと」の英語版「Whispered Words」を紹介します。



日本の百合漫画が英語化されること自体は最近では珍しくありませんが、電子書籍化されているのはまだまだ少ないです。この作品はその貴重な例です。しかも、現在セールにより各巻450円になっています。英語版は1巻あたりに日本語版の3冊分の内容が入っているのでかなりお得です。


   

1巻の内容は以前に軽く紹介したことがありましたが、今回は最初から最後までの名場面をいっきに振り返ってみます。




ヒロインの風間汐(かざま うしお)は、女の子のことが好きな女の子。

sasameki_ew3.jpg

Ushio: What's so wrong with two girls falling in love, anyway?
汐:……どうして女の子同士で愛し合っちゃいけないのかしら

主人公の村雨純夏(むらさめ すみか)は、そんな汐の親友。いつも汐の暴走をたしなめたり、汐がフラれたら慰めたりしています。しかし、実は純夏は密かに汐に想いを寄せていました。しかしそれを言い出す勇気はなくて…というのが物語の基本的な構図です。

Sumika: My love is a solitary flower. One that will never blossom...
純夏:私の恋は孤島の花。咲いて実りのあるじゃなし



汐は純夏の気持ちなど知らずいつも自由奔放です。急にキスの練習がしたいと言いだしたりも。練習と称して純夏にお面をかぶせてキスをするシーンは当時話題になりました。

sasameki_ew1.jpg

Sumika: My first kiss with the person I love that I've always dreamed of (minus the mask). It tasted hard plastic.
純夏:夢にまで見た大好きな彼女とのファーストキス(もどき)は冷たいプラスティックの味──


でも実は、汐も純夏をたとえ無意識にせよ親友以上の存在だと思っているようです。夏休みに純夏が帰省してしばらく会えなくなったときは、汐は何とも言いようのない不安と寂しさに襲われていました。

sasameki_ew5.jpg

Usiho: I want to hear her voice...
汐:…声が聞きたいな

このエピソードはアニメ版では最終回として扱われています。


このあたりで物語は1つのピークになっていたと思うのですが、この後しばらく2人の関係は足踏み状態。これといったドラマのない日常シーンが続き、当時の読者はこのあたりで若干マンネリを感じ始めたかもしれません。

一応、留学生のロッテに汐が夢中になる話は百合といえば百合なんでしょうか。

sasameki_ew4.jpg

Ushi: I saw... an angel. I wonder if she was a transfer student? she had golden blonde hair! And her big, beautiful blue eyes were like a dolls! So adorable!
汐:私、天使を見たの。留学生かしら、ふわっふわの金髪でね!つぶらに輝く透き通った青い瞳が人形のように愛くるしいったら!

ただ、日常シーンが多いのは英会話の勉強としてはむしろ長所になり得ます。このへんの中盤の展開は英語化したことで別の価値が出てきたと言えるかもしれません。



中盤はほぼずっとそんな感じですが、汐と純夏の過去を描いたエピソードはなかなかの見どころです。2人がいかにして親友になったか、そして純夏がいつ汐への恋心を自覚したか等が丁寧に描かれています。ここだけを親友ものの短編として見てもかなり面白い出来だと思います。


かつて汐は「レズ」としていじめに遭っており、クラスでも浮いた存在でした。汐自身も、それを仕方ないこととして受け入れてしまっている日々。しかし、正義感の強い純夏との出会いによって汐に転機が訪れます。

sasameki_ew6.jpg

Sumika: But that's partly because you won't get angry! So I get mad in stead. I mean, there they are insulting my friend!
純夏:だってあんた怒んないんだもん。私は怒ったよ。私の友達が侮辱されてるんだ)

Sumika: But you not getting upset makes me feel silly for getting so heated.
純夏:これであんたが平然としてたらバカみたいじゃん。私一人でさ

Ushio: By friend, you mean...?
汐:あの、友だちって…

Sumika: Well, yeah... That's what I thought we were... was I wrong?
純夏:あ、いや。私はそうだと思ってたけど……違うの?



純夏のおかげで汐はありのままの自分に自信を持つことができ、堂々と振舞うようになります。結果としてクラスでも受け入れられていきます。

そしてあるとき純夏は、汐のことが好きになっている自分に気づきます。しかし、汐の好みは「かわいい」女の子。純夏は自分をそういうタイプとはほど遠いと思っており、汐への気持ちは心の中だけにしまっておこうと決心します。

Sumika: Kazama, you really do like cute girls, don't you?
純夏:風間はさ、本当にかわいい女の子が好きだよね

Ushio: Heh heh. I always get so excited. I don't know why, but yeah, I do!
汐:えへへ、いつもお騒がせしちゃって。なんでかしらねえ。自分でもよくわからないんだけど

Ushio: Just looking at them makes me feel happy. It's fun!
汐:見ているだけで幸せになるっていうか、楽しくなれるっていうかさ

Ushio: Every one has something like that, right?
汐:誰にでもあるでしょう?そういうの

You're exactly right. Kazama. I have something like that too. Something I really love...
純夏:(……うん、そうだね風間。私にもあるよ。大好きなもの)

Something that makes me happy just to look at.
純夏:(見ているだけで幸せなんだ、私──)

sasameki_ew7.jpg

こうして純夏は汐を一歩引いた立場で見守るようになり、本編第1話へと繋がっていきます。


回想話が終わると、再び現在の時系列に。作中時間が2年目になって後輩ができ、純夏と汐の関係にも少しずつ変化が現れます。汐は純夏に恋愛感情を抱いていることも次第に明確に描かれていきます。しかし汐は純夏にそっちの気はないと思っており、恋心を打ち明けて良いのか悩むことに。

このあたりの足踏み状態も結構長いです。またしても日常シーンが続きます。空手大会編とか、生徒会選挙篇とか、そんなのいいから本筋を進めてくれと当時の読者は思ったとか思わないとか・・・。


終盤(日本語版でいう8〜9巻)に入る頃には、さすがの純夏と汐もお互いがお互いを好きだということに気付いています。すでに事実上付き合っていると言っても良い状態です。

そして、最終回は卒業式のエピソード。2人きりの教室で、純夏は汐への想いを爆発させます。


Sumika: Today was the last day. The last day of going to school together, of taking class together and eating lunch together, of walking home together.
純夏:今日で最後だったんだ。一緒に登校したり、一緒に授業受けてお弁当食べて、一緒に下校して

Sumika: If I wanted to hold your hand, I could at any time.
純夏:手をつなごうと思えばいつでもつなげた

Sumika: If I wanted to put my arm around your shoulder, I could at any time...
純夏:肩を抱こうと思えばいつだって……

Sumika: But now, you're going far away.
純夏:でも、もう風間は遠くへ行っちゃう

Sumika: Why didn't I do more! Why didn't I hold you and touch you more! I realized it now... too late...
純夏:なんで私もっと……もっと 風間を抱きしめて……触れあっておかなかったんだろうって……今更……

Sumika:I don't want to graduate...
純夏:……卒業なんて、したくないよ……

sasameki_ew8.jpg

Ushio: I also should've realized eariler... that you're such a beautiful girls, Sumi-chan.
汐:私も、もっと早くに気づくんだったな。すみちゃんがこんなにカワイイ女の子だったなんて

sasameki_ew2.jpg

Ushio:I love you, Sumi-chan. I love you so much.
汐:好きよ、すみちゃん。大好き。

sasameki_ew9.jpg

Sumika: I love you. I love you, Kazama!
純夏:好き。大好き。風間、大好き!




Whispered Words(英語版「ささめきこと」)をいっきに振り返ってみました。

百合漫画史に残る名作の1つということで、改めて読み返しても非常に楽しめる作品でした。元々が全9巻(英語版は3冊にまとめられています)ということで、恋愛メインの百合漫画としてはかなりの長編です。そのぶん物語が非常に丁寧に描かれています。

現在英語版はKindleストアで各巻450円のセールになっています。実質9冊分の内容を450円×3で読めるので、英語に興味がある人にはおすすめです。

   


翻訳に関して

基本的には日本語版に忠実に英訳されています。元の日本語に入っていた言葉は一位一句落とさず翻訳しようとしている感じ。

文法にも非常にこだわっている印象です。会話文でもあまり文体を崩したりせず、文法的に正しい書き方になっています。省略もあまりありません。そのため、全体的に長文が多め。ある意味、教科書的な文章と言えるかもしれません。

結果として微妙に印象の異なる台詞になっている箇所もあるので、日本語版と比べながら読むとさらに楽しいと思います。

  
 

ちょっと宣伝

最後にちょっと宣伝。

現在、電子書籍「ゆりたん 百合×英単語。」をKindleストアで販売中です。「ささめきこと」含む百合作品によく出てくる言葉をリサーチし、英単語として収録しています。英語の百合作品を読みたいけど語彙力に自信がない!という人にぜひ読んでほしいです。

 
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

竹書房コミック半額セール「ラーメン大好き小泉さん」「姫のためなら死ねる」最新巻、「恋ヶ窪プリンセスハニー」など

Kindleストアで、竹書房のコミックが半額になっています。

Kindleストア / 低価格になっている竹書房コミック一覧


目玉は、6月17日に発売されたばかりの「ラーメン大好き小泉さん」最新第4巻。



発売から1ヶ月あまりでまさかの半額です。発売直後に読んだ身としてはちょっぴり複雑ですが、まだ読んでいなかった方はぜひこの機会に。

百合的にも結構良い感じの巻だったりします。悠の小泉さんへの片思い(?)が来るところまで来てしまっている感じ。最後は小泉さんによる悠への壁ドンもあります。

koizumi4pp2re.jpg

これまでの巻も、もちろんセール対象です。

  



「姫のためなら死ねる」の最新6巻も半額だったりします。今年の5月発売でした。




個人的に結構お気に入りの「恋ヶ窪プリンセスハニー」なんかもセール対象です。



お姫様×従者な感じの作品です。その他にも公式で「ガチレズ」と明言されているキャラもいたり。こちらは以前ブログで紹介しています。


その他にも百合漫画があるかもしれないので、興味がある方は探してみてください。セール対象は徐々に増えているようです。

Kindleストア / 低価格になっている竹書房コミック一覧

   

   



タグ:電子書籍
posted by trinder at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

Kindleで芳文社コミックが20〜50%OFFセール中「NEW GAME!」「きんいろモザイク」「桜Trick」など

芳文社コミック50%OFFセール

芳文社のコミックのうち、いくつかの作品の第1巻が半額になっています。アニメ化された作品が中心のようです。

Kindleストア / 低価格になっている芳文社コミック一覧


うち、百合要素がありそうなのは以下のような感じです。

  

   

 


芳文社コミック20%OFFセール

作品によっては20%OFFセールになっています。アニメ化で話題の「NEW GAME!」1〜3巻などが対象。

  

ちょっとわかりにくいですが、普段は価格は819円なので約20%の割引になっています。割引額は小さめですが、実は芳文社のコミックで1巻以外がセールになることは滅多にないので貴重かもしれません。


2巻以降の一部が対象になっている作品もあるようです。「きんいろモザイク」は最新6巻まで含めてすべて半額になっている模様。

   

作品によっては対象になっている巻が不規則です。そのような場合も少し待てば全巻(最新作以外)対象になるかも。

    

 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

「新米姉妹のふたりごはん」第2巻(柊ゆたか)

柊ゆたかさんの「新米姉妹のふたりごはん」第2巻を読みました。



両親の再婚により、突然姉妹となったサチとあやり。初めはぎこちなかった2人も、姉妹生活が少しずつ板についてきました。

2人がさらに仲良くなるきっかけは、今回も料理です。第2巻では「プリン」「フライドポテト」「ローストビーフ」「たこ焼き」「お弁当」が登場します。

基本的に妹のあやりが作る側、姉のサチが食べる側。姉の威厳がまるでありません。でもあやりはどこかサチに甘えているようなところもあって、この微妙な関係が面白いです。また今回は、サチが料理下手を脱却すべく練習する姿も何度か描かれます。

姉妹百合を直接的に狙ったような描写は控えめですが、どのエピソードでも微笑ましい姉妹愛が描かれています。サチと仲良くなれるたびに顔を赤らめるあやりが可愛いです。

shinmaishimai2hi1.jpg

サチの誕生日の回、あとサチにお弁当を作る回あたりがみどころ。


姉妹以外だと、サチの幼馴染にして親友の絵梨にも注目です。今回はやや出番多め。たこ焼きの回では、懐かしの味を通して2人の長い友情が(断片的ながら)描かれます。カバー下のおまけ漫画も幼い日のサチと絵梨。

サチは最近あやりの話ばかりなので、絵梨はちょっと寂しい思いをしているようです。今のところべつにドロドロした雰囲気ではないですが、次巻以降何か波瀾があったりするんでしょうか…?


なお、巻末には「やがて君になる」の仲谷鳰さんにによるゲストイラストがあります。必見。




ちなみに電子版は紙版から1日遅れで販売開始されています。


 
posted by trinder at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ゆりたん 百合×英単語。」のVol.2をリリースしました

このたび、百合をテーマにした英単語集「ゆりたん2 百合×英単語。」をリリースしました。現在、Kindleストアで電子書籍として販売中です。

 

「ゆりたん」は、百合作品によく出てくる言葉や表現だけを集めた英単語集です。今回はそのVol.2に当たります。

今回もすべての単語に百合なストーリーをイメージさせる例文付き。原則として例文はオリジナルですが、一部は既存作品からの引用を独自に英訳させいていただいたものになっています。

以下、サンプルです。クリックで拡大できます。

hajimeni2_1.jpg yuritan2ii2.jpg yuritan2ii3.jpg

yuritan2ii789.jpg yuritan2ii7813.jpg yuritan2ii7.jpg

yuritan2ii78.jpg yuritan2ii7817.jpg yuritan2ii7815.jpg


Vo.1プチリニューアル&プライスダウン

今回のVol.2のリリースに合せ、Vol.1もちょっとだけリニューアルしました。表紙を含む一部ページのデザインを、Vol.2に合せて変更しています(内容は同じ)。価格もVol.2リリース記念としてちょっとだけ下げてみました。

 

もしよろしければ、Vol.2とあわせてこちらもよろしくお願いします。
 
posted by trinder at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

「小百合さんの妹は天使」第4巻(最終巻)/ 伊藤ハチ

伊藤ハチさんの「小百合さんの妹は天使」第4巻の感想です。




「おねえちゃん」こと小百合さんと、天使な妹・美琴の共同生活を描いてきたこの作品。

前巻では草薙ちひろというカメラマンの女性が登場し、仕事にしてもちょっと過剰なレベルで美琴に接近していました。ちひろはどことなく闇を抱えているような感じもあって、要注意人物です。


今回の第4巻では、ちひろの真の目的が明らかになります。実は、ちひろの本当のお目当ては小百合だったのです。小百合はまったく覚えていませんが実はちひろは高校の同級生で、その頃から密かに小百合に憧れを抱いていたのでした。

そんな感じの自分語りをしながら、勢いで小百合を押し倒そうとするちひろ。そこに間一髪、美琴が駆けつけます。なんだか別の漫画に出たほうがよさそうな怖い顔です。

imoten4gg1.jpg


小百合の恋人を目指す美琴としては、ちひろの暴挙は見過ごせません。美琴は「おねえちゃんの処女は私のものよ」と堂々と宣言し、ちひろを撃退します。

imoten4gg2.jpg

ちひろも決して悪い人ではなかったようで、素直に改心してくれました。その後3人は良い友達になれたようです。


こうして、小百合と美琴の共同生活意に再び平和が戻ります。キスを交わしたり、順調に距離は縮まっているようです。しかし、美琴はこれまで以上に進展を焦っているように見えました。ついには小百合にセッ〇スの約束までさせてしまうほど。冗談ではなく本気のようです。

imoten4gg3.jpg

小百合は美琴の積極さに戸惑いを覚えつつも、結局はなんだかんだで美琴に流されがち。このままでは本当にすることになりそうです。


しかしある朝、美琴は小百合の前から姿を消してしまいます。というより、美琴が存在していたあらゆる痕跡が世界から消えていました。小百合以外のほとんどの人間は、美琴の存在そのものを忘れています。

小百合は、唯一美琴のことを覚えていた男鹿くんとともに、真相をつきとめようとします。そして小百合は、これまで避けていた家族と真剣に向き合うことになります。

美琴が天使になっていた理由とは?小百合は美琴と再会することができるのか?物語はクライマックスに入っていきます。



ついに完結の「小百合さんの妹は天使」。

ちょっとだけファンタジーな姉妹百合漫画として、とても楽しめる作品だったと思います。「私、おねえちゃんとセックスしたい」を始めとして、数々の名言も印象的でした。

完結編ということでシリアスな展開があるものの、全体的には家族をテーマにした心温まるお話となっています。もっと読んでみたかった気もしますが、序盤からの伏線も回収して綺麗に完結しています。

シスコン百合漫画の名作として永く語り継がれる作品になったのではないでしょうか。




電子版



【過去の紹介記事】

小百合さんの妹は天使(伊藤ハチ) 第1巻
小百合さんの妹は天使(伊藤ハチ)第2巻
「小百合さんの妹は天使」第3巻(伊藤ハチ)
 
posted by trinder at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あやかしこ」第2巻(ヒジキ)

ヒジキさんの「あやかしこ」第2巻を読みました。



第1巻は最近までKindleでセールになっていたので、それをきっかけに知った人もいるかもしれません。




妖(あやかし)達が住む共同住宅、通称「あやかし荘」。この作品は、女子高生ながらにその管理人をしている真帆路(まほろ)と妖たちの交流を描いています。

妖は普通の人間には見えないらしく、妖と話ができる真帆路はかなり特殊な存在のようです。ですが第1巻の最後では、妖を感じることができるらしいもう1人の女の子が登場。第2への引きとなっていました。


その女の子の名前は、高梨エミ。一見外国人のような金髪美少女ですが、とても人懐っこい性格。あと関西弁です。真帆路ほどではないせよ感覚が鋭く、妖の存在をおぼろげながらも感じることができるようです。

エミは妖に興味があるようで、真帆路に急接近。なんと真帆路を尾行して「あやかし荘」までやって来てしまいます。始めは警戒していた真帆路でしたが、エミの人懐っこい性格に次第に心を開いていきます。

最初は妖をおぼろげに感じられる程度だったエミですが、真帆路と手をつないで呼吸を合わせるという良い感じの儀式を経て妖をはっきりと認識できるようになります。真帆路が近くにいる間は有効だとか。

妖が大好きなエミは、すぐに「あやかし荘」のみんなと仲良くなります。妖だけでなく、真帆路ともすっかり友達です。

初めこそエミが一方的に押しかけていましたが、やがて真帆路のほうからアプローチをかけることも増加。「あやかし荘」に招いてご飯をご馳走したり、一緒に泊まってもらったりするほどに。

ayakashi2gg1.jpg

かなりの人見知りだった真帆路としてはかなりの成長です。

ちなみに、お泊まりのシーンでは一緒の布団で寝ます。

ayakashi2gg2.jpg




新たなキャラクターを通して、人間と妖達の交流がさらに活き活きと描かれています。今回は人間と人間、妖と妖との交流もみどころです。次巻も楽しみになりました。



電子版

 
タグ:あやかしこ
posted by trinder at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

「Life Is Strange」Episode 1が無料配信開始

「Life Is Strange」(北米オリジナル版)の公式ツィッターで、「Episode 1: Chrysalis」の無料配信が告知されています。



>Starting on July 21, Episode 1: Chrysalis will be free for #PS4, #PS3, #XboxOne, #Xbox360, Mac & PC!
(7月21日から、「Episode 1: Chrysalis」のPS4・PS3・XboxOne・Xbox360・Mac・PC版が無料になります)


>Get Life is Strange Episode 1 For Free!
(「Life is Strange」Episode 1 を無料で手に入れよう!)


>Starting on July 21, Life is Strange Episode 1 will be free for everyone on all platforms!
(7月21日から、「Life is Strange」Episode 1 がすべてのプラットフォームで無料になります)


以下は、詳細なスケジュール。


時差の関係もあるのかもしれませんが、プラットフォームや地域によって開始時間に少し差があったようです。7月22日の時点ではどの地域でも無料化が始まっているようです。


なお、これらの告知はオリジナルである北米版の公式ツィッターによるものです。日本語版の公式サイトやツィッターでは特に何も告知されていない模様です。ですが日本でもきちんと無料になっているののでご安心を。


Life is Strangeとは

これまでにも何度か紹介していますが、「Life is Strange」は時間を巻き戻せる女の子を主人公にしたアドベンチャーゲームです。

「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 1
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 2・3
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 4・5

分岐次第では百合展開もあります。

life_free1a.jpg

もともと英語のゲームだったのですが、今年になってから日本語版がリリース。現在はアップデートによって英語・日本語を自由に切り替えられるようになっています。英語の勉強にも最適です。

日本語版ではまさかの「百合」という単語が登場したりも・・・。

life_free1b.jpg


Episode 1 だけでも結構なボリュームがあり、作品の世界観に触れることができます。未プレイの方は是非この機会にどうぞ。



Life IS Strange(Steam版)配信ページ
「Life Is Strange」英語版公式サイト
「Life Is Strange」日本語版公式サイト



  



ちなみに、日本での販売形態は基本的にダウンロード販売。PS4版のみパッケージ版がリリースされています。


 
タグ:life is strange
posted by trinder at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleでスクエニ系コミック1巻が半額「シノハユ」「咲日和」「魔法少女特殊戦あすか」など

Kindleストアで、スクウェア・エニックスの漫画の一部が半額セールになっています。対象はそれぞれの第1巻。

Kindleストア / 低価格になっているスクエニ系コミック一覧

スクウェア・エニックスは、第1巻のみという限定つきとはいえちょくちょくセールをやってくれますね。以外と百合漫画も含まれているので侮れません。

今回セール対象になっているうち、百合要素がありそうなのは以下のような感じです。

   

  
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

Kindleで二次元ドリーム文庫の一部が半額「百合色学園寮」「百合色コーディネート」など

Kindleストアで、二次元ドリーム文庫の一部作品が半額セールになっています。

ちなみに二次元ドリーム文庫というのは、キルタイムコミュニケーションが発行しているエッチシーンありのライトノベル。一応18禁なので注意。

Kindleストア / セール価格になっている二次元ドリーム文庫

たまに百合作品もリリースされており、特にあらおし悠さんの「百合色〜」シリーズは好評です。今回はその中から「百合色学園寮 恋人はルームメイト」と「百合色コーディネート ふたりのキス模様」が半額セールになっています。

 

「百合色学園寮」のほうは、表紙からも想像できるように三角関係もの。ですが冒頭から思わぬ山場があり、そこからちょっと意外な展開へと進んでいきます。実際に三人揃うのはストーリー後半だったり。百合の王道を守りつつも飽きさせない工夫が凝らされていて、一気に読みたくなる作品です。

「百合色コーディネート」は、デザイナー志望の主人公とモデルのヒロインのお話。この手のノベルとしてはちょっと珍しい題材を扱っていますが、ストーリーとしては親友ものの王道です。友情が恋に変わっていく過程が丁寧に描かれています。


二次元ドリーム文庫では、あらおし悠さんの他に上田ながのさんも時々百合作品を書いています。現在「学園百合ストーリーズ 3つの恋花」が半額セールです。





7月19日朝に確認する限り、二次元ドリーム文庫の百合作品のうちセールになっているのは上記3作。今後さらにセールが拡大されることに期待です。

  

 


Kindleストア / セール価格になっている二次元ドリーム文庫
タグ:電子書籍
posted by trinder at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

「あやかしこ」第1巻(ヒジキ) / 現在Kindleで半額&ポイント20%還元中!

ヒジキさんの漫画「あやかしこ」第1巻の感想です。



妖(あやかし)達が住む共同住宅、通称「あやかし荘」。女子高生の真帆路は、亡くなった祖母の後を継いでここの管理人をすることになりました。

妖たちは基本的に働かないので家賃収入は無し。あと妖は普通の人間の目には見えないので、妖と話ができる真帆路は下手をしたら変人扱いです。

そんな苦労をしつつも、熱心にあやかし荘の管理人を続ける真帆路。単に仕事だからというだけではなく、妖たちに何か特別な思い入れがあるのかもしれません。学校よりもあやかし荘にいる時のほうがずっと活き活きしています。

ayakashikoo1pp1.jpg


そんな真帆路を、不器用ながらも時には支えようとする妖たち。人間と妖たちのそんな不思議な交流が描かれています。


百合的みどころ

主人公の真帆路も妖たちも、全員女の子です。毎回彼女達の微笑ましい日常が展開されています。

明確な恋愛要素が出てきたことは今のところありませんが、想像力次第で良い感じになるシーンはちょくちょく登場します。


以下、第1巻の百合的みどころ。


真帆路は猫好きのため、猫又であるネネをよく可愛がっています。

ayakashikoo1pp2.jpg

基本的に他人から触れられるのを嫌がるネネですが、真帆路にならたまになでなでさせてあげたりも。


あるエピソードでは、狐の玖雨狐(くうこ)が雪女の雪芽に壁ドン。単なる冗談だったのですが、雪女は顔を赤らめて妙にガチっぽいリアクションをします。

ayakashikoo1pp3.jpg


1巻の終盤では、ついにあやかし荘を飛び出して学校が舞台に。真帆路が実は女子たちの憧れの的だったことが判明します。実際には単なる口下手の人見知りなのですが、周囲からはクールビューティー的な存在だと見られているようです。

ayakashikoo1pp4.jpg

この学校が女子校でなかったのがちょっと残念?


1巻最後のシーンでは、真帆路と同じく妖を見ることができるらしい女の子が登場。次巻以降のストーリーに関わってきそうです。


第1巻は半額セール&ポイント20%還元中&2巻は今月23日発売

先日の記事でも少し紹介しましたが、電子書籍版の第1巻が半額セール中です。ポイント20%還元もついてかなりお得。




そして第2巻は、今月7月23日発売です。


 
タグ:あやかしこ
posted by trinder at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

Kindleでポイント最大50%還元セール開始。7月14日まで

Kindleストアで、大規模なポイント還元セールが始まりました。

今回のセールは、ポイント還元が最大で50%付くというもの。実質半額になると考えていいと思います。作品によっては30%還元のものも。

出版者やジャンルの垣根を越えて膨大な作品が対象になっているので、読みたかった作品がきっとあるはず。

Kindle本 最大50%ポイント還元セール
Kindle本50%ポイント還元タイトル
Kindle本30%ポイント還元タイトル

なお期限は公式によると2016年7月12日(火)00時00分〜2016年7月14日(木)23時59分。


それではさっそく百合漫画を探して見ます。


ポイント50%還元の百合作品

Kindleストア / ポイント50%還元のコミック

まず、なのはシリーズのコミックが多数対象になっています。数が多すぎるので全て紹介はできませんが、中には「こんなの出てたの!?」というものも・・・?

    


有名作品からちょっとマイナーめな作品まで、探せば他にもいくつか百合作品が見つかります。掘り出し物を探してみるのもいいかも。

   

  


ポイント30%還元の百合作品

Kindleストア / ポイント30%還元のコミック

ラインナップの豊富さという点では、ポイント30%還元セールのほうに注目です。かなり新しめの作品も含まれます。

まず、百合姫コミックスが一斉に30%還元対象となっています。5月発売の新作も含まれます。

Kindleストア / 30%還元の百合姫コミックス一覧

   

 

百合姫コミックスのうちいくつかは、もともと7月の月替わりセールで約半額になっていました。そちらにも今回のポイント還元が同時に適用されるのでかなりお得になります。

   


個人的にお気に入りの「ふたりべや」は1巻・2巻ともに30%還元です。

 

今月23日に最新の第3巻が出るので予習用にも良いと思います(こちらはさすがにセール対象外)。




新作から旧作まで、対象作品数は膨大です。気になっていた作品があった方はぜひこの機会にどうぞ。

  

   

  


Kindle本 最大50%ポイント還元セール
Kindle本50%ポイント還元タイトル
Kindle本30%ポイント還元タイトル
タグ:電子書籍
posted by trinder at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

「さよならジュリエッタ」1巻(道明宏明)

道明宏明さんの漫画「さよならジュリエッタ」の感想です。



公式によるとジャンルは『巨娘×百合×ミリタリー×ハードSF』。

宇宙の覇権を巡って2つの勢力が戦争をしているという世界観です。戦場の主役となっているのは、女の子が超技術によって巨大化・武装した「翔姫(しょうき)」たち。

主人公のジュリエッタは、翔姫として訓練中。同じく訓練生のコゼットとは強い絆で結ばれた親友同士です。

実はコゼットは、ジュリエッタに特別な気持ちを抱いていました。ある日、コゼットはジュリエッタに愛を告白します。

jurietta1jj1.jpg

jurietta1jj2.jpg

「あなたが好き」
「わ、私もコゼット好きだよ?」
「ありがとう、でも違うの。私はジュリを愛してるってこと」

第1話からこれです。

ジュリエッタとコゼットの仲は他の訓練生たちの間でも有名らしく、みんな2人を応援してくれます。事実上の返事は、みんなが見ている前ですることに・・・。

jurietta1jj3.jpg

百合的にはここですでにクライマックス。


しかし、ここで突如敵が襲来。主人公達の艦は壊滅的な打撃を受け、生き残りはジュリエッタとコゼットのみという状態に。

コゼットはジュリエッタを逃がそうとするものの、敗れて捕らわれてしまいます。ジュリエッタは怒りに任せて戦い圧倒的な強さを見せるものの、コゼットを取り戻すことはできませんでした。


力尽きたジュリエッタは味方に救出され、やがて別の部隊に配属されます。先の戦闘での活躍はすでに有名になっており、あちこちの小隊から引っ張りだこです。

新しい仲間達に暖かく迎えられつつも、ジュリエッタの悲願はコゼットの復讐です。そんな時、ジュリエッタはコゼットとそっくりな少女・キャロルと出会います。外見はコゼットにしか見えないほどそっくりなのですが、キャロルのほうはジュリエッタをまったく知らないようで・・・?

jurietta1jj5.jpg


ジュリエッタの真の力の謎。そして、生死不明のまま連れ去られたコゼットの行方。コゼットと瓜二つなキャロルは何者なのか。多くの謎をはらみつつ、ストーリーは次巻に続いていきます。



SFとかミリタリーとか巨大化少女とか百合とか、とにかくいろいろ詰め込んだ豪華な作品です。独自の専門用語もいっぱい。それでいて読者を混乱させず、きちんと物語の筋道が見えているのはすごいことだと思います。

いろいろな要素が詰まっているものの、メインストーリーの根底にあるのは間違いなく百合要素。第1話から親友同士の恋と告白という素晴らしいシチュエーションで始まります。

ひとまずの別れの場面ではキスシーンもあり。

jurietta1jj4.jpg

しかしここですでに、ジュリエッタとコゼットの正体に関する謎が示唆されていたりも。

ハードな展開を越えて、ジュリエッタとコゼットは再びめぐり会うことができるのか。2巻からのストーリーも注目です。




なお、電子版はポイント20%還元が付いていてお得です。発売日当日にすでにプチセールってちょっとすごいですね。


  
posted by trinder at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

コミックアライブ10周年フェアでコミック多数半額。「あの娘にキスと白百合を」「ひまわりさん」等

Kindleストアのセールで、コミックアライブ系のコミックが多数半額になっています。

例によってKindleストア内に特に告知はありませんが、他の電子書籍ストアと同じだとすれば期間は7/8〜7/21。

セール特集ページがない場合にどうやって対象作品を探すかというと、メーカーと価格帯で限定をかけて検索するしかなさそうです。Kindleではよくあること。以下は検索結果一覧です。

Kindleストア / 低価格帯のKADOKAWA・メディアファクトリー系コミック一覧


ちなみに、現在継続中のポイント20%還元セールも同時に適用されるのでかなりお買い得です。


百合作品

コミックアライブは百合作品も多数生み出しています。以下では、半額になっている百合漫画を紹介します。

まず注目は、「あの娘にキスと白百合を」。なんと1〜4巻がすべて半額。

   

旧巻はたまにセールにっているこの作品ですが、最新(今年2月発売)の第4巻がセールになるのはおそらく今回が初です。


「ひまわりさん」も全6巻が半額。

  


ちょっと懐かしい作品だと、「ささめきこと」もコミックアライブでした。もちろんセール対象です。

  

今回のアライブ10周年フェアとは別ですが、「ささめきこと」は英語版もセール中です(日本語版は全9巻ですが英語版は1冊に3巻ずつ収録で3冊にまとまっています)。この作品で英語を勉強したいという人は、日本・英語を比較しながら読むのがおすすめです。

  


「のんのんびより」もアライブ系ですね。

  


「まりあ†ほりっく」も一応百合?メインヒロイン(?)は男の娘ですが、主人公の女の子は百合願望の持ち主。女の子同士の恋愛要素もちょくちょく出てきます。

  


比較的最近の作品だと、「あやかしこ」1巻も半額。



2巻が今月23日に発売なので予習用に良いかもしれません。




探せば他にもあるかも。この機会にいろいろ発掘してみるのも楽しいと思います。

Kindleストア / 低価格帯のKADOKAWA・メディアファクトリー系コミック一覧
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

Whispered Words(英語版「ささめきこと」)全3巻がKindleでセール中

Kindleストアで、Whispered Words(英語版「ささめきこと」)全3巻が各450円のセールになっています。

  

日本語版は全9巻でしたが、英語版は全3巻にまとめられています。1冊に実質3巻分入っていることになります。

Vol.1(日本語版の1〜3巻相当部分を収録)は以前にも何度かセールになっていますが、Vol.2とVol.3もセールになっているのは珍しいです。450円×3で最初から最後まで読めてしまうのはかなりお得。ちなみに、セールでないときの通常価格は各1000〜1200円くらいだったと思います。


最近は百合漫画の英語版がリリースされることも珍しくなくなりましたが、電子書籍化されるケースは多くありません。きちんと電子書籍化してくれたうえに1巻に3冊分収録してくれている「ささめきこと」はかなり良心的な部類だと思います。

元々の日本語版は言うまでもなく名作です。興味があった方は、英語の勉強もかねて読んでみてはいかがでしょうか。
 

【追記】

7月上旬現在、日本語版も半額セールになっています。

  

勉強のために英語版を読む場合、日本語版と比較しながら読むことを強くおすすめします。日本語と英語を頭の中で瞬時に変換する能力が鍛えられるからです。
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

Kindleでポイント20%還元セール再び。「しすたー・いん・らう!」など最新作多数

Kindleストアで春頃から断続的に行われていた、ポイント還元セール。7月に入ったあたりからポイントの付かなくなった作品が出始めたので、ついにセール終了でしょうか・・・?

と思いきや。早くもポイント還元セールが復活しています。対象作品は一部入れ替わっており、今度は6月末発売の最新作も含まれています。

「しすたー・いん・らう!(1)」、「となりの吸血鬼さん(2)」などは6月27日発売なので、なんと発売から1週間も経たないうちのセールです。

  

発売日当日にポイント無しで購入したばかりの身としてはちょっぴり複雑・・・!?


単行本だけでなく、コミックキューン本誌の最新号もポイント付きに。




他にも、6月発売だった新作百合漫画はおおむねポイント20%還元付きになりました。

  

  
 
  


その他にもまだまだ新しい作品が多数セール対象です。気になっていた作品があった方はこの機会を利用してみてはいかがでしょうか。

   

  

  


先日の記事でお伝えした「月替わりセール」対象作品もポイント還元付きです。かなりお得。

7月のKindle月替わりセールに「citrus」などの百合姫コミックス
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

7月のKindle月替わりセールに「citrus」などの百合姫コミックス

7月に入り、Kindleストアの「月替わりセール」が更新されました。

Kindleストア / 月替わりセール特設ページ

今月はちょっとだけ百合漫画多めです。百合姫コミックスがいくつか入っており、第1巻がほぼ半額です。

   

百合姫コミックスではありませんが、百合姫と馴染みの深い竹宮ジンさんによる「想いの欠片」もセール対象になっています。



他に百合っぽいのは尚村透さんの「失楽園」あたりでしょうか。


タグ:電子書籍
posted by trinder at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「となりの吸血鬼さん」第2巻(甘党)

甘党さんの「となりの吸血鬼さん」第2巻を読みました。



人間の女の子・灯(あかり)と、吸血鬼の女の子・ソフィーの同居生活を描いた作品です。掲載誌「コミックキューン」の中でもトップクラスの百合度を誇ります。

第1巻の感想はこちら


第2巻となる今回も、人間の女の子達と吸血鬼の微笑ましい日常が描かれます。

灯はやっぱりソフィーのことが大好きで、四六時中ベタベタしています。ソフィーもあまり表情には出さないものの灯のことを信頼しているようです。灯が風邪を引いたときには、ソフィーは一緒のベッドで寝てあげていました(吸血鬼の体は冷たくて気持ちいいらしい)。

灯は以前からソフィーに血を吸われたいと思っていますが、ソフィーは灯の血は飲もうとはしません。今回のあるエピソードでは、その理由が明かされます。

tonarikyuketu2err1.jpg

友人である灯の血を吸うことが癖になったら危険だから…、というのが理由でした。やはりソフィーも灯のことを大切に思っているようです。


一方、灯の親友のひなたは灯に密かに好意を抱いています(というか灯が鈍感すぎて気づかないだけ)。灯のなにげない言動を勝手に恋愛方面に拡大解釈し、オーバーリアクションを連発。

tonarikyuketu2err2.jpg

でもやっぱり灯からはほぼスルーされています。ひなたが報われる日は来るのでしょうか?


出番は少ないもののちょっと気になるのが、灯のクラスメイトの朔夜と夕。以前からちょっとあやしい感じでしたが、今回は2人きりでクリスマスを過ごすことになって「ドキ…」としている場面があります。

tonarikyuketu2err3.jpg

今のところこの2人がメインになったエピソードはほぼ無いと思いますが、今後の活躍が楽しみです。




電子版

posted by trinder at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする