2017年11月30日

いやされて 社畜女子のコミックアンソロジー

11月25日に発売された「いやされて 社畜女子のコミックアンソロジー」を読んでみました。



タイトルの「社畜」というキーワードに目が行きがちですが、その前に「いやされて」と付いているのがポイント。収録作はいずれも「癒し」の要素を入れています。具体的には、「仕事で疲れた女性が可愛い女の子とイチャイチャして癒される」という展開の作品が非常に多いです。あとがきで「百合漫画」だと明言している作者さんもいます。

一応普通に男女恋愛を描いた作品が1つだけありますが、そっちのほうがかえって浮いています。実質、ほぼ社会人百合アンソロジーだと思っていいでしょう。


収録作品を(男が絡む1作除いて)紹介していきます。


「休日出勤と秘密の設備」ビタワン&結うき。

休日出勤した先輩「PGさん」と後輩「デザイナさん」のお話。デザイナさんがPGさんをとても強く慕っており、熱い視線で見つめます。「ずっと憧れだったセンパイと2人っきりになれただけでも嬉しいのに」なんていうモノローグも。

shachi1er1.jpg

PGさんと一緒な限り、デザイナさんにとっては休日出勤も残業も苦じゃなさそうです。


「24時間戦いたくない」多門結之

エンジニアと上司のお話。仕事漬けで拒否反応を起こしたエンジニアさんを、上司が海へ遊びに連れ出します。最初は2人ともかなりダウナーな感じだったのですが、だんだん盛り上がって2人だけの空間を作っている感じ。

shachi1er2.jpg

この2人、上司と部下という立場のようですが、呼び捨てしあっているなどかなり仲良さげ。ちょっと不思議な距離感です。


「朝、女神さんと出勤」火野遥人

毎朝同じ電車に乗っているクールビューティーな女性を、心の中で「女神さん」と呼んで憧れている主人公。いろいろ妄想をしたり、ちょっとしたラッキースケベ的展開もあったり。


「innovation」草野ほうき


職場では怖い上司がお酒に酔うと、実は可愛いもの好きだったことがわかりました。可愛い女の子も好きらしく、普段からはありえないほど主人公に甘えてきます。

shachi1er3.jpg

こういう職場とプライベートの2面性も、社会人ものならではかもしれません。


「商品開発部乳物語」開栓注意

お菓子メーカーの女の子達が、おっぱいの感触を再現した新商品の開発に取り組むストーリー。一番の巨乳な子のおっぱいをみんなで揉むあたりが百合っぽいかも?


「あ・ら・クレーム!」よしづきくみち

洋菓子店が舞台。いつもお菓子を買ってくれる美人の女性が気になる主人公。最近あまり来てくれないのが気になって声をかけてみると、意外な正体が判明します。

今回収録されている中でも特にきれいにまとまっている作品です。アンソロジーのテーマである「社畜」「癒し」要素をきちんと入れつつも、意外性のある展開で気持ちの良いハッピーエンドになっています。「好きだから」と、告白めいたシーンまで登場。もう完全に百合漫画です。

shachi1er4.jpg


「エルシオンの天使」中音ナタ

残業で疲れ果て、「マッサージ」店を訪れた主人公。そこではやけに百合なマッサージが行われていました。

最初は抵抗を感じていた主人公ですが、無事に癒されたようなので結果オーライでしょうか。


「Bunny Bee」ふくまーや

オタク向けショップに務める主人公は、イベントでちょっとエッチなコスプレをすることになってしまい……。

社畜ものというよりコスプレものという印象です。同僚の女の子がすぐ主人公の胸を触るクセがあるらしいで、しいていうならそこが百合でしょうか。


「微笑みの下ごしらえ」あちゅみち

ホテルのレストランが舞台。いつしか夢を忘れて仕事人間になっていた主人公と、そんな彼女を慕う後輩の交流を描きます。登場人物全員巨乳なことに目が行きがちですが、「社畜」要素に結構真面目に踏み込んでいる作品です。収録作の中では比較的長編で、主人公の精神的な再生を丁寧に描いています。



思った以上に(百合的に)よかったので収録作をほぼすべて紹介してしまいました。

どの作品も暗くならない範囲で「社畜女子」っぷりを描いており、それぞれに悩みや葛藤があります。中には、大人の青春ストーリーとして結構深い(気がする)ものもあります。

そんな社畜女子への「癒し」として女の子同士のイチャイチャが描かれるので、やはり百合漫画にしか見えない作品がたくさん。ちょっと趣向を変えた社会人百合アンソロジーとしてもおすすめできる1冊となっています。


(Kindle版あり)
 
posted by trinder at 19:11 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

「エクレア bleu あなたに響く百合アンソロジー」発売決定 ひびき玲音さん・未幡さんらも参加

「電撃大王」編集部による百合アンソロジー「エクレア」の第3弾が発表されました。

『エクレア bleu あなたに響く百合アンソロジー』製作決定! 三度響く少女たちの物語──。(電撃大王公式ブログ)



上記リンク先の記事にもあるように、タイトルは「タイトルは「エクレア bleu あなたに響く百合アンソロジー」。

今回のイメージカラーは青。表紙イラストはU35さんが担当するとのことです。

新規で参加する作家さんとしては、「マリア様がみてる」のイラストで有名なひびき玲音さんが注目です。過去には「百合姉妹」「百合姫」の表紙も担当しており、百合に縁のある方ですね。

 

「私の百合はお仕事です!」の未幡さんの参加も発表されています。


「エクレア」は過去2作も非常に高いクオリティを持っていたので、今回も楽しみです。

【参考記事】
「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)
エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー

ラベル:エクレア
posted by trinder at 21:33 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「苺ましまろ」第8巻(ばらスィー) / 4年半ぶりの新巻!

ばらスィー「苺ましまろ」第8巻を読みました。



mashimaro8uu6.jpg

帯にある通り、なんと4年半ぶりの新巻です。

mashimaro8uu2.jpg

【参考記事】
苺ましまろ 第7巻 (ばらスィー)

表紙では、なんと伸恵とアナが結婚しています。そして、裏にはウェディングドレス姿で怒っている美羽が。

mashimaro8uu4.jpg

カバーをめくると伸恵×美羽バージョンもあります。

mashimaro8uu5.jpg

ちなみに、これらの百合的にいい感じのイラストは本編とはいっさい関係ありません。


4年半の歳月を経ても、内容はいたっていつもどおり。千佳が昇竜拳を出したり、美羽が2回くらい警察に連行されたり。平和でゆるい毎日が繰り広げられます。

mashimaro8uu3.jpg

美羽発案の脱出ゲームをする回などは、ギャグも謎解きもなかなか凝っています。このへんは今っぽいようなやや古いような微妙なラインですが、4年半ぶりの新刊っぽさを感じさせてくれる部分かも。


表紙の百合的大サービスに対して、本編ではいつもくらいの百合度です。伸恵がアナや茉莉が大好きだったり、美羽が伸恵にかまってもらいたがったり。美羽と千佳も(喧嘩はしつつも)強い友情があったり。そんないつも通りの光景がちょっとずつ描かれます。

笹塚が千佳を好きになってしまった(と思われた)回では、アナが応援に回ったのに対し、美羽は絶対阻止の方向で動いていました。しかも泣いていました。

mashimaro8uu1.jpg

美羽は普段はふざけていていますが、時々伸恵や千佳に対して特別な感情を見せることがありますね。


いつも通りのゆるくておバカで、かわいらしい日常。そこからちらっとのぞく百合要素。4年半経ってもいつもどおりの苺ましまろでした。



次はきっと5年後くらいになるのでしょうか。次巻も楽しみです。


 
ラベル:苺ましまろ
posted by trinder at 21:03 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

「咲-Saki-」第17巻(小林立)

11月25日は、「咲-Saki-」関連コミックが3冊同時発売された日でした。

前の記事では「怜-Toki-」を紹介しましたが、今回は「咲-Saki-」本編の第17巻を取り上げます。



前巻に引き続き、時系列は決勝戦の直前。決勝出場チームたちの様子や、準決勝敗退校による5位決定戦を描いています。

【参考記事】
「咲-Saki-」第16巻(小林立)




咲は廊下にて、姉の照と思わぬ再開を果たします。しかし、お互いに何を言えばいいのかわからずに無言のまますれ違います。

いつものように平然としているように見えた照でしたが、実は照のほうも少なからず動揺していたようです。照はチームメイトの菫(すみれ)に、咲に対する複雑な気持ちを打ち明けます。

ここからは照の回想が入り、菫との出会いや、麻雀に目覚めるまでが描かれています。照は入学当初、菫に助けてもらったのが縁で仲良くなりました。

saki17rr4.jpg

そしてそれが縁で、菫の所属する麻雀部に出入りするように。照は他人の性質を見抜く力(作中の用語によると照魔鏡)に優れており、これを使った戦術アドバイスで麻雀部員たちにたいへん感謝されます。ただし、照自身が麻雀を打つとその圧倒的すぎる力によって敬遠されてしまったようで……?


これまで謎の多かった照の過去や内面を掘り下げたエピソードとなっています。当初は照も(1年生ということもあるのでしょうが)感情豊かで、結構かわいらしい表情も見せていたようです。今となってはそんな一面を見せるのは、当時からの付き合いである菫の前だけ。

照との交流を通して、菫も魅力的に掘り下げられています。正直これまでは弓矢撃ってくる人という程度の印象だったのですが、面倒見がよく友情に厚いという面が描かれました。やはりというかなんというか、女子からモテる一面も。

不器用な照と、照を放っておけない菫との友情物語としても非常に楽しめるエピソードでした。


5位決定戦

照の話でこの巻のちょうど前半の半分くらい。後半は、5位決定戦の続きが描かれます。

千里山・新道寺・姫松・有珠山の対戦ということで、さながら阿知賀編VS本編の様相。原作者である小林立さんの絵柄で麻雀をする阿知賀編キャラはそれだけで結構新鮮です。

これまで不遇気味だったキャラ(次鋒・中堅あたりに多い印象)に活躍が補完されているのもマイナーキャラファンにはうれしいかもしません。新道寺の江崎仁美(中堅のジュース飲んでる人)などはようやく格好いい姿が描かれました。

saki17rr1.jpg

基本終始クールであり、状況をよく見て立ち回っています。いつも持っているジュースも、自分のペースを崩さない象徴のようで格好よくさえ見えてきます。大きな失敗はしませんし、捨て台詞(?)の「なんもかんも政治が悪い」も言いません。まるで自分がギャグキャラであることを忘れてしまったかのようです。あるいは最初からギャグキャラなどではなかったのかもしれません。


副将戦では、百合的に期待の白水哩(しろうず まいる)が登場。期待通りに姫子との「リザベーション」を見せつけます。もともと阿知賀編のキャラでしたが、絵面のアレさは本編も負けていません。

saki17rr2.jpg

saki17rr3.jpg

こんなに激しくリザベーションされた姫子は大将戦でいったいどうなってしまうのか。次巻に期待です。


決勝前の一幕という位置づけではあるものの、ファンが望んでいたエピソードが詰まった巻という印象です。照の内面が掘り下げられたり、阿知賀編のキャラが本編キャラ相手に奮戦したり。「咲-Saki-」世界の広がりを感じさせてくれるストーリーでした。


(Kindle版あり)

 
ちなみに現在、これまでの「咲-saki-」シリーズの各第1巻がそれぞれセールになっています。





posted by trinder at 19:49 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「怜-Toki-」第2巻(小林立 / めきめき)

「怜-Toki-」第2巻を読みました。



「咲-Saki-阿知賀編」に登場したキャラクター・園城寺怜(おんじょうじ とき)と清水谷竜華(しみずだに りゅうか)をメインにしたスピンオフです。2人の小学生時代を描いています。

第1巻では、怜と竜華の出会いが描かれました。クラスで浮いていた怜は、人気者の竜華からなぜか声をかけられます。友達になりたい、でも「大切な人」にはならないで──そんな謎の要求をする竜華を、怜は不思議に思いながらも受け入れます。

しかし怜は竜華と仲良くなったことでクラスメイト達の嫉妬を買い、竜華の友達の座をかけて麻雀で勝負することになってしまいました。

【参考記事】
「怜-Toki-」第1巻 (小林 立 / めきめき)


第2巻は、麻雀対決の後の場面から。

勝負の結果からして、怜と竜華は友達を続けられるはず。怜も、これまで以上に仲良くなることを望んでいます。しかし、竜華は一方的に友達をやめると宣言して立ち去ってしまいました。

困惑する怜でしたが、葉子(竜華をめぐって麻雀対決した娘)たちから竜華の隠れた一面を知ります。竜華は誰にでも友達になるけど、ある程度以上仲良くはならないと言うのです。ふだんのそんな様子に比べたら、竜華は怜にはかなり思い入れがあるようでした。

toki2dd4.jpg


怜は勇気を出して竜華のもとを訪れ、もっと竜華のことを知りたいという素直な気持ちを伝えます。

toki2dd1.jpg

いつも表面しか見られてこなかった竜華は、怜のこの言葉でついに心を開きます。そして2人は、改めて友達となったのでした。いつでもお互いの本当の気持ちを伝えられるように、交換日記も始めます。


後半は、麻雀漫画らしく麻雀を絡めたストーリーが展開されます。みんなで麻雀部に入部したり。

あとは、なんか怪しい組織のロリな刺客に麻雀勝負を挑まれたり……と思ったら泉でした。

toki2dd2.jpg

「阿知賀編」では千里山の次鋒でしたね。あちらではノースリーブ以外特に印象に残らないキャラでしたが、「怜-Toki-」ではかなり目立つ登場シーンをもらっています。対局中は「咲-saki-」本編ばりにイメージシーンや回想シーンも駆使。「阿知賀編」よりよほど掘り下げされているような気がします。

泉が勝負を挑んできたのは、彼女の所属するある組織の意向によるようです。壮大(な気がする)な謎をにおわせつつ、次巻に続いています。


今回も、怜と竜華の友情を軸にしたストーリーが展開されました。

竜華は「阿知賀編」では面倒見の良い正統派美少女という印象だったキャラです。ですが今回の「怜-Toki-」では、それらは表面的なものであり、内面では何か抱えている様子が描かれました。一応怜と仲直りできたものの、まだすべてを話したわけではないようです。

怜のほうも魅力的な描き方をされています。主人公らしく悩むシーンも多いものの、思わぬところで突然グイグイ行ったりもします。作中で「おとなしいかと思ったら大胆で、受け身かと思ったら攻めだす」と言われているのはまさにその通り。

葉子を始めとして、一度は竜華をめぐって戦った娘たちとも友情が芽生えています。今後は仲間としてレギュラーキャラ化していきそう。竜華とはまた違った距離感の友情模様が微笑ましいです。


竜華の秘密、そして目覚め始めた怜の「未来視」など、まだまだ気になる要素がたくさん。本編の過去を描いたスピンオフながらも、先の読めない楽しさのある作品です。


(Kindle版あり)

 
ちなみに現在、これまでの「咲-saki-」シリーズの各第1巻がそれぞれセールになっています。


ラベル:咲-saki-
posted by trinder at 13:26 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実写版「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」特報映像公開

実写ドラマ&映画版「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」の特報映像が公開されました。



「咲-saki-」本編の実写版は県大会を舞台にしていましたが、「阿知賀編」は原作同様に早々に全国大会編となるようです。原作を再現したと思われる場面、台詞が特報内でもいくつか確認できます。

全体的に、「咲-saki-」本編と比べて実写として自然な印象になった気がします。公式サイトの原作者さんコメントで「阿知賀編の実写版では服装も髪型も現実にありそうな範囲で普通にとお願いしました」とありましたが、そのあたりがしっかり反映されているようです。各キャラの象徴的な特徴はしっかり盛り込まれているので、原作ファンならちゃんと判別は可能。原作尊重と実写としてのリアリティがちょうど良いバランスに落ち着いたのではないでしょうか。


今後のスケジュールとしては、まずTVドラマ版が最速で12月3日(日)にスタート。続いて、ドラマの「特別編」が2018年1月7日(日)にオンエア。そして、映画版が1月20日に公開となります。

詳しくは公式サイト参照です。

咲-Saki-阿知賀編episode of side-A|実写化プロジェクト公式サイト



実写版の他にも、「咲-saki-」シリーズにはいろいろと新しい動きがあります。まず、11月25日には原作本編17巻を始めとするコミックが3冊同時リリース。




Kindleストアでは、これまでの「咲-saki-」シリーズの各第1巻がそれぞれセールになっていたりも。




PS Vita用ゲーム「咲-Saki-全国編Plus」では、大型アップデート企画が進行中です。12月にはネットワーク対戦実装を含む大型有料アップデートも予定されているとか。

PS Vita「咲-Saki-全国編Plus」公式サイト



しばらくは「咲-Saki-」シリーズの展開から目が離せなそうです。
 
posted by trinder at 09:40 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニコカド祭り2017」最終週 11月30日まで!

Kindleストアで開催中の大規模セール「ニコカド祭り2017」。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

セール期間は11月30日までということで、いよいよ最終週です。最後ということで何かあるのではと期待してしまいますが、今のところ大きな動きはないようです。先週分の記事をもとに現在(11/25時点)の状況をまとめてみます。


70%OFF

出番は多くないものの百合キャラがいる「ケロロ軍曹」の一部巻が73%OFFになっています。わりと最近の巻も対象の模様。




50%OFF

百合多めな4コマ誌、コミックキューンの作品がいくつかセール対象となっています。これまでいろいろ入れ替えがありましたが、現在は以下の作品が50%OFF。




現在のKADOKAWAを代表する百合作品の1つ「あの娘にキスと白百合を」は最新の第7巻を除く6巻までが対象のようです。思えば、セール対象の入り変わりが激しい中安定してセール状態を維持していましたね。




「ひまわりさん」は第7巻までセール(最新は8巻)。




「小百合さんの妹天使」は全4巻が対象。




「けものフレンズ」「ストライクウィッチーズ」「ガールズ&パンツァー」などのメディアミックス作品も多数。







他に百合っぽい作品は以下のような感じでしょうか。






小説だと「緋弾のアリアAA」などがセール対象なのが確認できます。




【参考記事】
「あの娘にキスと白百合を」第6巻(缶乃)
「小百合さんの妹は天使」第4巻(最終巻)/ 伊藤ハチ
「さくらマイマイ」第2巻ほか(おしおしお)
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)
「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第4巻(a・アルフライラ/深見真)
「わびさび 平尾アウリ作品集」/「青春スウィートトラック」第2巻ほか


40%OFF






1巻無料キャンペーン





【参考記事】
同居人が不安定でして(タカダフミ子)ほか
リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ)



「ニコカド祭り2017」最終週の状況は以上のような感じです。

最後だからといって目玉が追加されたわけではなく、むしろ減っている感すらありますが、それでも大規模セールであることには変わりありません。気になる作品があった方はセール終了前にチェックしておくといいかもしれません。

セール対象の一応の目安は、Kindleストア内のセール特設ページです。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

ただし上記ページから漏れているセール対象もかなりあるので、Kindleストア内を手動で検索する手もあります。

KindleストアをKadokawa/350円以下の条件で検索
 
果たして11月30日のセール終了までに新しい動きはあるのでしょうか。個人的には、「やがて君になる」や「新米姉妹のふたりごはん」が一度もセール入りしていないのが気になっていたりします。
 
posted by trinder at 07:42 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

「おとめサキュバス」第1巻(ぬっく) / Kindleでポイント33%還元セール中!

ぬっくさん作の「おとめサキュバス」第1巻を読みました。



10月27日発売の新しい作品ですが、現在Kindleでポイント33%還元のセールとなっています。



【参考記事】
Kindleで芳文社コミックがポイント最大約70%還元セール 10月発売作品も 「しましまライオン」「いつか私は、君を裏切る」「ブレンド・S」他


あらすじ


キュリアとルナは、人間界に実習にやってきたサキュバス。男性の精気を奪うのが本来の課題らしいのですが、キュリアが男性が苦手なため潜入先は女子校となりました。

正体がバレてはいけないのですが、油断して本来の姿に戻っていたところを目撃されてしまいます。キュリア達の正体を知った涼香とみちるという女の子は、黙っていてくれると約束してくれました。しかも、キュリア達と友達になってくれました。

こうして、女子校を拠点に精気を集めることとなったキュリアとルナ。果たして、無事に精気を集め一人前のサキュバスとなることができるのでしょうか……?


百合ポイント

最近 たまに見かける百合サキュバスもの。

当初提示される目的が「男性の精気を集める」なので警戒してしまいますが、実際には男性はモブ程度しか登場しません。キュリアはとにかく男性が苦手なので、もっぱら女性とばかり接しています。今後キュリアがサキュバスとして成長するにつれてどうなるかはわかりませんが、男性への苦手意識は克服しないでいてくれたほうが百合的にはありがたいかも……?


百合的には、まずキュリアとルナの関係がみどころ。ルナは危なっかしいキュリアを放っておけず、いつも世話を焼いています。でもルナ自身でもまんざらでもなさそうです。

otomesakyu1aa1.jpg

キュリアが多少自立してきたように見えた際には、ルナは寂しそうにしていました。「頼っていたのは私かも」と、相互依存的な関係を自覚しているようなモノローグも。

otomesakyu1aa2.jpg


人間キャラだと、涼香のモテぶりが際立っています。通称「王子」で、みちるいわく「聖瑠璃女学院一のモテモテガール」。サキュバスのキュリアですらドキドキしています。

otomesakyu1aa3.jpg

キュリアと涼香が互いにドキドキしているシーンはちょくちょく描かれます。もはやルナと並ぶヒロインと言ってもいいかも……?



人間界に溶け込むサキュバスの日常をコミカルに描いています。全体的にほんのり百合な雰囲気があり、期待できる部分はいろいろありそうです。

キュリアはサキュバスとして未熟という設定で、吸精もまだほとんど行っていません。女子相手に積極的に吸精をする展開になれば百合的にさらに盛り上がるかも。今後の展開に期待です。


 
posted by trinder at 22:03 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いつか私は、君を裏切る」第2巻(桜井瑞希)/ Kindleでポイント30%還元セール中!

現在、Kindleストアで開催中の芳文社コミックのセール。

【参考記事】
Kindleで芳文社コミックがポイント最大約70%還元セール 10月発売作品も 「しましまライオン」「いつか私は、君を裏切る」「ブレンド・S」他

今回はセール対象の中から、桜井瑞希さんの「いつか私は、君を裏切る」第2巻を紹介します。



高校教師の独善愛衣狐(ひとよし あいこ)と、教え子の初恋初恋(ういれん ういこ)を中心とする作品です。2人が学園で起こる不思議な事件の数々に挑むミステリィとなっています。推理は主に初恋が担当。

ポイントは、たいていの事件の裏に女の子同士の恋があること。嫉妬なり独占欲なり、少し行き過ぎた感情が事件に発展していたという結末がほぼお約束となっています。また、愛衣狐と初恋の間にも、単なる信頼関係ではなくある種の欲望のような感情がありそう。総じて百合的なみどころの多い作品です。

第1巻は過去にブログでも紹介しています。

【参考記事】
「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)


続く第2巻は、ドール事件の続きです。ミステリィということで詳細は避けますが、今回もやはり女の子同士の恋愛感情が根底にあります。

kimiura2ee1.jpg

生徒間の恋だけでなく、愛衣狐が(初恋以外の)生徒から好かれる展開が出てきたのは新しい要素ですね。


一方、愛衣狐と初恋の関係も少しずつ進展しています。初恋が愛衣狐の優しさを「自分が満たされたいだけ」と非難する一幕もありますが、それを含めて本当の気持ちを理解したことでより近くなったようにも思えます。

kimiura2ee2.jpg


ドール事件解決後は、文化祭の劇を舞台にした新しい展開となります。新キャラとして、アリムラチカという女の子が登場。初恋の幼馴染にして、愛衣狐とも知り合いという複雑な立ち位置。初恋にやたらベタベタしていますが、この子もこの後起こる事件に何か関係するのでしょうか……?



第2巻も順調に百合系ミスティしています。まるでこの世界では女の子同士の恋愛が当たり前かのような勢い。必然的に読者の推理も「どの娘がどの娘を好きなのか?」という視点になります。推理ものとしてはいろんな意味で新しい楽しみ方ができるのではないでしょうか。

現在、第2巻はKindleでポイント30%還元中です。



セール期間はおそらく11/27までです。
 
posted by trinder at 15:39 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

「しましまライオン」第2巻(完結)/ はなこ

前の記事でお伝えした通り、現在Kindleストアで芳文社コミックに大幅なポイント還元が付くセールが行われています。

【参考記事】
Kindleで芳文社コミックがポイント最大約70%還元セール 10月発売作品も 「しましまライオン」「いつか私は、君を裏切る」「ブレンド・S」他


今回は、セール対象作品の中から「しましまライオン」第2巻を紹介します。



主人公のまこは、元シマウマの女の子。神様に頼んで人間にしてもらいました。これで食物連鎖から逃れられると安心していたまこでしたが、そこに元ライオンの女の子・いおんが現れます。いおんは動物時代同様にまこを追いかけまわしますが、本当は友達になりたいようで……?

そんな感じで、動物としての生態系をちょっとだけ引きずった女の子たちの日常を描く作品です。

このブログでは過去に第1巻を紹介しています。

【参考記事】
「しましまライオン」1巻(はなこ)


続く第2巻でも、動物チックで賑やかな日常が繰り広げられています。人間っぽさと動物の習性が混ざり合い、独特の世界を作り出しています。

お泊り会のエピソードでは、「好きな人いないの?」的なノリで「好きな動物いないの?」と聞きあったり。いおんはこの質問に対し、まこを見つめながら意味深な表情です。

simasima2dd1.jpg

元ライオンの習性を理由にいつもまこ(元シマウマ)を追いかけているいおんですが、いざとなると結構純情です。


終盤は急展開が。神様がうっかり動物を人間に変えすぎたため、サバンナの生態系が崩れるという事態が起きます。自然をもとの状態に戻すため、誰かが動物に戻らなければなりません。まこといおんにも、別れの危機が……?

いくつかの出来事を通して、まこは自分の本当の気持ちに気付きます。それは、動物の習性として追いかけられるだけではなく、「友達」としていおんと一緒に歩きたいというものでした。

simasima2dd2.jpg

こうして対等な存在として向き合えるようになったことこそが、彼女たちが人間になって学んだことなのかもしれません。



終盤やや駆け足な印象もあるものの、主人公たちの成長を感じさせるエピソードで完結となっています。

動物擬人化ものは最近では珍しくはありませんが、この作品の場合は個々の習性よりも生態系に焦点を置いているのがユニークです。追ったり追われたり、あるいは共存したりと言った動物同士の関係が、そのまま人間関係に置き換えられています。

動物たちが人間になりたかった理由も、「同じ種族だったら(捕食対象にならないので)友達になれるから」や「同じ種族なら(寿命が一緒なので)ずっと一緒にいられるから」といった感じ。

simasima2dd3.jpg

動物要素と百合要素が非常にきれいに繋がっていると思います。もっと長く読んでみたかった作品ですが、結末も含めとても楽しめた作品でした。


現在、Kindleストアで33%還元セール中。
 
posted by trinder at 23:50 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Steamでオータムセール開始 百合ゲーも多数 「Love Ribbon」「Life Is Strange」「Sakuraシリーズ」など

ゲームのダウンロード販売サイトであるSteamで、「オータムセール」が開始されました。多くの作品が大幅割引価格になっています。期間は11月29日まで。

Steam公式サイト


いわゆる洋ゲーのイメージが強いサイトですが、最近は日本の作品も多数配信されています。日本のゲームの海外版を買える貴重な場でもあるので、英語の勉強に使っている人も多いかもしれません。個人的には、英語の百合ゲーをプレイするのに活用しています。

今回の記事では、セールになっている英語の百合ゲーを紹介しようと思います。過去にこのブログで紹介したことがある作品は、該当記事へのリンク付き。

なお紹介順は単なる趣味であり深い意味はありません。



※作者サイトに18禁化パッチあり

【参考記事】
オール英語の新作姉妹百合ゲー「Love Ribbon」
出る順? Love Ribbon 英単語帳



【参考記事】
Steamの新作百合ゲー「Sakura Gamer」






※作者サイトに18禁化パッチあり
※日本語選択可能

【参考記事】
出る順!「Sakura Fantasy」英単語集 〜これで読めるかも〜



※日本語字幕、日本語音声を選択可能
※エピソード1が無料、全5エピソードパックは75%OFFで495円

【参考記事】
Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 2・3
「Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)」Episode 4・5
重要度別!「Life Is Strange」英単語集



【参考記事】
「Life is Strange: Before the Storm」が配信開始
「Life is Strange: Before the Storm」Episode1: Awake クリアまで
プレイの参考に! 「Life is Strange: Before the Storm」Episode1: Awake 英単語帳




※「屋上の百合霊さん」海外版



※「その花びらにくちづけを 出会った頃の思い出に」海外版
※日本語選択可能



※「白衣性愛情依存症」海外版
※日本語選択可能



※「よるのないくに」の海外版



※同人ゲーム「ねのかみ」の海外版










探せば他にもまだまだ百合ゲーがありそうです。今回のセールをきっかけに色々発掘してみるのも楽しいのではないでしょうか。

ちなみに「FLOWERS春篇」の英語版も本来Steamで配信されているのですが、日本からは買えないようになっているようです(いわゆる「おま国」)。残念。
 
posted by trinder at 17:43 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで芳文社コミックがポイント最大約70%還元セール 10月発売作品も 「しましまライオン」「いつか私は、君を裏切る」「ブレンド・S」他

Kindleストアで、芳文社のコミックに30〜50%程度のポイント還元が付くセールが行われています。一部には70%近い還元率の場合もあるようです。

セール期間は、他の電子書籍ストアの類似セールと同じなら11/23〜11/27の5日間。

芳文社にしては珍しく、かなり新しめの作品もセール対象になっています。新しいのだと10月末発売のものも。

はなこさんの「しましまライオン」第2巻は10月27日発売でした。現在、全2巻ともポイント33%還元が確認できます。



【参考記事】
「しましまライオン」1巻(はなこ)
「しましまライオン」第2巻(完結)/ はなこ


「おとめサキュバス」第1巻も10月27日発売。33%還元が付いています。



【参考記事】
「おとめサキュバス」第1巻(ぬっく)


「ブレンド・S」も、10月27日発売の第4巻が33%還元に。他にも第1巻が68%還元、2〜3巻も37%還元。




「いつか私は、君を裏切る」は、10月12日発売の第2巻に30%還元が付いています。



【参考記事】
「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)
「いつか私は、君を裏切る」第2巻(桜井瑞希)


「桜Trick」は9月27日発売の第8巻(完結)に33%還元。他に第1巻などもセールのようです。



【参考記事】
「桜Trick」第8巻(完結)/ タチ


「みゅ〜こん!」は、9月27日発売の第2巻が34%還元。




「ぱぺっとコール!」の第2巻も9月27日発日でした。33%還元。




「まちカドまぞく」第3巻は9月27日発売でした。33%還元中。2巻もセール対象です。




「NEW GAME!」は、最新の第6巻(6月発売)に33%還元。その他の一部巻も対象のようです。




「ゆゆ式」は最新の第9巻(8月発売)を始め、新しめの巻に33%還元が付いています。




「きんいろモザイク」は、最新の第8巻(7月発売)に33%還元。それ以前の巻も対象です。



【参考記事】
「きんいろモザイク」第8巻(原悠衣)


「ご注文はうさぎですか?」は第1巻に66%還元で、あとは第5巻までに46%還元など(最新は最近出た第6巻)。




「ゆるキャン△」は全4巻に30%還元。




「はるかなレシーブ」は、最新の第4巻や第1巻に30%還元が確認できます。



【参考記事】
「はるかなレシーブ」(如意自在)/ 1〜2巻
「はるかなレシーブ」第4巻(如意自在)


「球詠」は全2巻に30%還元。



【参考記事】
「球詠」第1巻ほか


「こみっくがーるず」は最新の第3巻、他に第1巻などがセール対象。




「ハナヤマタ」は、最新の第9巻を始めとするいくつかの巻が30%還元。




「オリーブ! Believe,“Olive”?」は、全2巻が33%還元です。




「ウィーンで歌ってみて」は、全2巻(完結)に30%還元。




「ひだまりスケッチ」は、最新の第9巻を始め新しめの巻に33%還元。



【参考記事】
「ひだまりスケッチ」第9巻(蒼樹うめ)


「きらきら☆スタディー〜絶対合格宣言〜」は、全2巻が33%還元。



【参考記事】
きらきら☆スタディー〜絶対合格宣言〜(華々つぼみ)ほか


「幸腹グラフィティ」は全7巻に46%還元。




他に最新巻がセールになっている作品は、「すわっぷ⇔すわっぷ」「いちごの入ったソーダ水」「スロウスタート」などが確認できます。



【参考記事】
「すわっぷ⇔すわっぷ」第2巻(とめきち)


芳文社から出ていた百合アンソロジー「つぼみ」の作品も多数。37〜44%程度のポイント還元になっているようです。









なお「最後の制服」は初出は「つぼみ」ではありませんが、新装版コミックは「つぼみ」シリーズ扱いでリリースされたものです。


その他にも多数の作品にポイント還元が付いているようです。













【参考記事】
「黒髪巫女とマリアウィッチ」「アニマエール!」「こはる日和」ほか
「なでしこドレミソラ」第1巻(みやびあきの)
かなめも(石見翔子)第6巻
ハロウィン記念!百合吸血鬼特集(天秤は花と遊ぶ他)
「ハートオブtheガール」第1巻(奥たまむし)
posted by trinder at 12:22 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ) / 第1巻が無料配信中!

今回は、「リコとハルと温泉とイルカ」を紹介します。



「あやかしこ」のヒジキさんが2011〜2013年頃にリリースしていた作品です。全4巻。現在、「ニコカド祭り2017」 により第1巻の無料お試し版が配信されています。




あらすじ

主人公のリコは、母親が仕事で海外に行く間、伊流川町(いるかわちょう)という田舎町に預けられることになりました。下宿先の女の子・ハルは、かなりの美少女なリコを熱烈に歓迎します。

ハルは地元である伊流川町をとても愛しており、町おこしをする部活「イルカ部」の部長をしています。リコも、ハルに巻き込まれる形でイルカ部に参加させられることになりました。もともとは前に出るのが苦手だったリコですが、個性的な仲間達との交流を通して少しずつ変わっていきます。


みどころ

女の子たちによる、ほのぼの町おこしコメディです。舞台となる町は架空のものですが、愛する故郷を盛り上げようという熱い気持ちが活き活きと描かれています。


百合ポイント


主人公のリコとハルを始め、登場する女の子の大半が何らかの百合要素持ちです。そのためか、当時公式でも「百合ちっく女子高生友情物語」と紹介されていました。


リコ×ハル

ハルは可愛い女の子が大好きで、特にリコに対しては熱い想いを抱いています。スキンシップも激しめ。でも、ときどき暴走しすぎて「変態」呼ばわりされてしまうことも。

ハルは明るく元気なキャラなので、こういうアプローチがどこまで本気なのかわかりづらい面もあります。ですが、眠っているリコにこっそりキスしようとするなど、本気を伺わせる場面が少しずつ増えていきます。

irukaff2.jpg

ハルなりに、自分がリコに対して抱いている気持ちの正体に真剣に悩んでいるようです。

最終的には吹っ切れたのか、リコの母親に対して「娘さんをください」をやるほどに……?


リコのほうも、やはり眠っているハルにキスするシーンがあったりします。決してハルからの一方通行な気持ちというわけではないようです。


茜&葵

茜と葵は双子の姉妹で、リコ達のクラスメイトです。

茜はリコのことが好き。普段は短気で怒りっぽい面があるのですが、リコの前でだけは恋する乙女のような可愛らしい態度になります。

irukaff4.jpg


一方、妹の葵は茜と比べるとあまり目立たない存在です。なまじ良い子なため印象に残りにくい感があります。しかし「アネモエニッキ」というブログをこっそり運営しており、茜の様子を細かに描きこんでいるようです。

irukaff1.jpg

どうやら、リコに恋する茜の姿に萌えている模様。これも1つの姉妹愛、なのでしょうか……?

ちなみに、葵は茜のリコへの気持ちを「百合恋」と呼んでいます。茜の想いが単なる友情ではないことがはっきりとわかる場面です。


妙子

妙子は、2巻目から登場するイルカ部の追加メンバー。地味を好み、目立つのを嫌うという性格。普段はかなり強情ですが、顧問の倉本先生(女性)の言うことなら素直に聞きます。どうやら倉本先生のことが好きなようです。

irukaff3.jpg


優子×碧

優子は、駄菓子屋のお姉さん兼イラストレーター。そして碧は、茜や葵の姉。

2人とも出番はそれほど多くないのですが、出てくるたびにやたらとイチャイチャしています。作中で「バカップル」呼ばわりされたりも。人目があってもイチャついていますが、2人きりのときはそれ以上のことをしているようです。

irukaff5.jpg

これには、さすがのハルもぼう然。

特に掘り下げられないので詳細不明ですが、つきあっているのでしょうか……?



のどかな田舎を舞台に、女の子たちの交錯する気持ちが丁寧に描かれています。全4巻で終盤やや駆け足になっている感もありますが、想像の余地を残す終わり方ともいえます。ほのぼのした百合が好きな人や、「あやかしこ」で作者さんのファンになった人にもおすすめです。


【Kindle版】


第1巻は無料お試し版も配信中です(11月30日まで有効)。

posted by trinder at 21:23 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleのまとめ買い&集英社セール 「オトメの帝国」「明日ちゃんのセーラー服」「幸腹グラフィティ」など

Kindleストアでいくつか細かいセールがあるようなので紹介します。


まとめ買いセール

まず、Kindleストア公式の週替わりまとめ買いセール。

Kindleストア/週替わりまとめ買いセール特設ページ

今週分は百合っぽいのだと「幸腹グラフィティ」「かなめも」などが含まれます。以下、Kindleストアへのリンクです。

幸腹グラフィティ(まとめ買いで20%OFF)

かなめも(まとめ買いで40%OFF)


【参考記事】
かなめも(石見翔子)第6巻



集英社セール

現在、集英社の漫画に30%前後のポイント還元が付いているようです。10月発売のかなり新しい作品も含まれます。

Kindleストア / 集英社コミック一覧(セール対象以外も含みます)

集英社といえば一般的にはジャンプ系などが代表的ですが、ここではやはり百合漫画を探してみます。

まずは、「オトメの帝国」の一部の巻に30%前後のポイント還元が付いているのが確認できます。



古めの巻だけかというとそんなことはないようで、今年8月発売の12巻も対象になっています。




「明日ちゃんのセーラー服」第1巻にも同様に約30%のポイント還元が確認できます。




「灼熱の卓球娘」も同様に約30%のポイント還元が。一番新しい第5巻も対象です。




「私と彼女のお泊まり映画」の安田剛助さんの過去作「KILLER☆KILLER GIRLS キラキラガールズ」も。とりあえず第2巻にポイント還元が確認できます。




「はやて×ブレード2」も一部巻に同様のポイント還元が付いているようです。




かなり珍しいジャンルと思われるライフル射撃漫画「ライフル・イズ・ビューティフル」。第1巻がポイント還元対象です。




また何か見つけたら追記したいと思います。
 
posted by trinder at 00:30 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

「ゆりたん 百合×英単語。」「英検1級の勉強法」「わかりやすい中学英語」を99円セール中

先日の記事でも書きましたが、このたびTOEICで905点を取得しました。それを自分で記念して、現在私がKindleストアで販売している電子書籍を99円のセール価格にします。

具体的には、「ゆりたん 百合×英単語。」「ゆりたん2 百合×英単語。」「英検1級の勉強法 2016年度新試験対応」「習う順! わかりやすい中学英語」の4冊。





セール期間は特に決めていませんが、とりあえず1週間くらいこの価格にしてみようと思っています。

興味がある方がいたら、この機会にぜひ読んでいただけたらうれしいです。
 
posted by trinder at 22:11 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Kindleで雑誌99円セール きらら・ガンガン等の10月発売号まで対象

Kindleストアにて、雑誌の電子版が一律99円になるセールが行われています。期間は11月30日(木) まで。

『全点99円』 Kindle雑誌セール

新しいもので、10月発売の号まで対象になっているようです。普段は単行本派の人も、これを機会に連載版をチェックしてみるのも良いかも……?

以下では、セール対象のうち百合漫画が連載されている雑誌を紹介します。



きらら系


百合漫画を多数連載している「きらら」系雑誌からは、「まんがタイムきららフォワード」が99円セール入りしていることが確認できます。「はるかなレシーブ」「いつか私は、君を裏切る」「ハナヤマタ」「なでしこドレミソラ」「あんハピ♪」「ゆるキャン△」などが連載中です。



【参考記事】
「はるかなレシーブ」第4巻(如意自在)
「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)
「なでしこドレミソラ」第1巻(みやびあきの)



ガンガン系

最近かなり百合漫画が増えているスクエニからは、ガンガン系の雑誌が複数セール対象入りしています。

ヤングガンガンでは、「咲-Saki-」「MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-」「兄の嫁と暮らしています。」「緋弾のアリアAA」などが連載中です。



【参考記事】
「咲-Saki-」第16巻(小林立)


「ガンガンJOKER」では、「賭ケグルイ」シリーズ、「ハッピーシュガーライフ」「イノセントデビル」「制服のヴァンピレスロード」などが連載。



【参考記事】
「賭ケグルイ」第8巻 / 「賭ケグルイ(仮)」第2巻
「ハッピーシュガーライフ」第6巻(鍵空とみやき)
「イノセントデビル」第2巻(中村基/宗一郎)
「制服のヴァンピレスロード」第2巻(松本トモキ)


ビッグガンガンでは「怜-Toki-」「シノハユ」「咲日和」といった「咲-saki-」スピンオフが充実。「魔法少女特殊戦あすか」などもあります。一応百合キャラがいた「クズの本懐」も。



【参考記事】
「怜-Toki-」第1巻 (小林 立 / めきめき)
「シノハユ」第5巻(小林立・五十嵐あぐり)


あまり百合要素があるとは聞きませんが、一応「月刊少年ガンガン」もセール対象です。




COIMICリュウ

「COMICリュウ」は、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」「セントールの悩み」「まめコーデ」などが連載。




現在セールを確認できたのは以上のような感じ。また何か見つけたら追記しようと思います。

『全点99円』 Kindle雑誌セール
 
posted by trinder at 16:35 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

「エデンの処女」第1巻(渡邉嘘海)

渡邉嘘海(わたなべ うそみ)さんの「エデンの処女(おとめ)」第1巻を読みました。



あらすじ

遥か未来、世界は女性のみとなりました。第1話冒頭の「人類(わたしたち)は女性(わたしたち)だけになりました」というモノローグは、そんな世界観を表しています。

小羽(こはね)は、白咲耶(しらさくや)学園の新1年生。中庭にある庭園を訪れた小羽は、園芸部部長代理の烈火(れっか)という美しい上級生に出会います。烈火は小羽のことが気に入ったらしく、園芸部に誘ってくれました。

eden1ee2.jpg

綺麗なものが好きな小羽は本当ならうれしいはずですが、何か引っかかりを感じて躊躇してしまい……?


一方、烈火に想いを寄せている園芸部員・葵は小羽を目の敵にします。小羽と強引に「交配」することで純潔を奪おうとしたり、ちょっとサイコな感じ。

eden1ee1.jpg

ですが、小羽はそんなある種のひたむきさを美しいとも感じます。

一見美しく整った中にも、あちこちに儚く危ういものを感じさせるこの学園。小羽を待つのは、いったいどんな学園生活になるのでしょうか……?



女性のみになった世界、というファンタジーな舞台設定の作品です。ここに至るまでにはウィルス云々の長大な設定があるらしいのですが、作中では要所で少し触れられるにとどまっています(担当さんの指摘により短くまとめたとのこと)。

壮大な設定のもとになりたっているわりに、ストーリー自体はごく普通の女子校ものです。人気の上級生がいたり、それをめぐって嫉妬があったりといった感じ。ただ、もともと女性しかいない世界で、ことさらに女子校チックな空間を作り上げているのがある種異様。独特の閉塞感のようなものが見てとれます。現在のところ特にショッキングな事件が起こったりはしていませんが、どこか不穏な空気をまとっている作品です。


女性しかいない世界観なので、恋愛や生殖も女同士が当たり前。第1巻の時点でも、登場キャラの多くに何らかの百合要素が描かれています。明確に恋人として描かれている2人も。

eden1ee3.jpg

個人的には、小羽のクラスメイトのさゆりに注目。どうやら小羽のことが好きなようですが、小羽は烈火や葵のことばかり。さゆりは報われない親友ポジションに落ち着くのか、それとも……?今後の展開に期待大です。



(Kindle版あり)
 
ラベル:エデンの処女
posted by trinder at 20:39 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニコカド祭り2017」11月18日時点でセール中の作品 「同居人が不安定でして」「リコとハルと温泉とイルカ」「ささめきこと」無料版が配信開始

Kindleストアで開催中の「ニコカド祭り2017」。11月30日まで、週替わりでカドカワ系作品が約50%OFFのセールになっています。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

今回は、11月18日(土)の時点でセールが確認できる作品を紹介します。前回更新分の記事をもとに、新しくセールになった作品を追記したほか、セール終了した作品は除外しています。

先週に引き続き、割引セールにはあまり動きがないようです。ただし、1巻無料配信版としていくつか注目作が配信されています。



1巻無料キャンペーン

今回は無料お試し版から紹介していきます。

まず、「同居人が不安定でして」の第1巻無料版が配信開始されました。




「リコとハルと温泉とイルカ」第1巻無料版も配信開始。「あやかしこ」のヒジキさんの作品です。公式でも「百合ちっく女子高生友情物語」と紹介されており、「あやかしこ」よりさらに明確に女の子同士の恋愛描写があります。




名作「ささめきこと」も第1巻の無料版が配信開始されています。




「サクラ*ナデシコ」の無料版も配信開始されたので一応紹介。たしかに女の子同士のお話ではあるのですが、序盤で主人公に起こる変化により事実上別ジャンルになっているような気もします。




他にもいくつかの作品の第1巻が無料配信中です。「ひなたすたでい。」あたりは今年4月発売でかなり新しいです。



【参考記事】
「新米姉妹のふたりごはん」第1巻(柊ゆたか)
同居人が不安定でして(タカダフミ子)ほか
リコとハルと温泉とイルカ(ヒジキ)


50%OFF

まずは、50%OFFになっているコミックキューン作品。








「屋上に咲く花 水あさと短編集」なども。表題作が百合で、もともとは百合姫に載っていました。




話題の剣道百合漫画「剣姫、咲く」1巻も50%OFF。




「あの娘にキスと白百合を」は最新の第7巻を除く6巻までがセール対象です。



「けものフレンズ」関連もいくつか。



「けものフレンズ」でも話題の吉崎 観音さんの代表作「ケロロ軍曹」。




「ストライクウィッチーズ」シリーズも一部が50%OFF。



「ガールズ&パンツァー」の漫画版も。






「ハイスクール・フリート」のコミカライズ版2作は、それぞれ第2巻までセール対象。




百合かと言われると正直自信がないのですが、「閃乱カグラ」の漫画もいくつか50%OFFになっているようです。




他に百合っぽい作品は以下のような感じでしょうか。










小説だと「ノーブルウィッチーズ」「緋弾のアリアAA」などがセール対象なのが確認できます。




【参考記事】
「あの娘にキスと白百合を」第6巻(缶乃)
「寮長は料理上手」/「パンでPeace!」3巻・4巻/「カーグラフィティJK」3巻
「さくらマイマイ」第2巻ほか(おしおしお)
「私立星城学園きらりん寮」第1巻(はなこ)
「しすたー・いん・らう!」第1巻(阿部かなり)
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)
「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第4巻(a・アルフライラ/深見真)
「わびさび 平尾アウリ作品集」/「青春スウィートトラック」第2巻ほか


40%OFF






11月18日時点で確認できるセール状況は以上のような感じ。

セールの一応の目安は、Kindleストア内のセール特設ページです。

Kindleストア / 「ニコカド祭り2017」特設ページ

ただし上記ページから漏れているセール対象もかなりあるので、Kindleストア内を手動で検索する手もあります。

KindleストアをKadokawa/350円以下の条件で検索
 

セール期間である11月30日までに今後もいろいろ変化があると思うので、確認次第追記していこうと思います。
 
posted by trinder at 10:00 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

「お前はまだグンマを知らない」第8巻まで / 16日までセール中!

11月16日まで、Kindleで新潮社コミックのセールが開催中です。対象作品はポイント50%還元。

【参考記事】
Kindleで新潮社コミックがポイント50%還元セール「少女終末旅行」「私と彼女のお泊まり映画」最新巻も


今回は、セール対象の中から「お前はまだグンマを知らない」を紹介します。



舞台は、関東の北あたりにあるらしい未開の地・グンマ県。千葉から転校生してきた少年・神月(かみつき)は、自意識過剰かつ誇大妄想なグンマ人たちに驚愕します。彼らはグンマが特別な地だの日本の中心だの、本気で信じているようです。しかし、神月もいつしかそんなグンマ人気質に染まっていき……?

基本そんな感じのご当地ギャグ漫画ですが、家城瑛南(いえきてるな。通称・イエティ)というキャラが百合担当です。親友の篠岡京(愛称・篠っち)が好きで、公式でガチレズと明言されています。

gunma18d1.jpg


今回はコミック全8巻(2017年11月時点)の中から、そんなイエティの活躍するシーンをまとめてみます。


第1巻

イエティ初登場。わりとフランクな感じで神月に話しかけています。ですが、「篠っちの可愛さに男はあんま気付いてほしくない」と語るなど、篠っちへの愛と独占欲をほのめかしていました。

gunma18d2.jpg


第2巻

イエティは比較的おとなしめ。

一応イエティ意外の百合っぽいところだと、富岡製糸場の工女たちがみどころです。この漫画で富岡製糸場が出てくるとなぜか毎回百合テイスト。


第3巻

草津温泉・四万温泉などが登場する温泉回。イエティは、緊張として篠っちと一緒のお風呂に入れないという意外と純情な面を見せていました。

自分の気持ちに悩むイエティが意外なほどシリアスに掘り下げられている巻です。篠っちへの想いをほとんどカミングアウトしかける一幕も。

gunma18d5.jpg


第4巻

なんとイエティが表紙に抜擢。脇役かと思いきや実は結構重要なポジションなのでしょうか?実際、考えてみるとレギュラーキャラでも4番目か5番目くらいには出番がある気がします。



群馬県の人口減少問題を描いたエピソードでは、イエティは自分と篠っちで頑張って人口を増やす妄想をしていました。具体的な手段は不明ですが、iPS細胞でも使う気なのでしょうか。

gunma18d6.jpg


第5巻

グンマに伝わる竜宮城伝説をモチーフにしたエピソードがあり、イエティが主人公的な扱いです。回想シーンでは、かつて自分が篠っちを守ろうと誓った場面が描かれます。

gunma18d7.jpg


第7巻

篠っちの主役回があります。大好きなキャラクター「ぐんまちゃん」のデザインが異なるパラレルワールドに迷い込むというシチュエーションです。

ここでは、イエティがぐんまちゃんに扮して登場。篠っちと一緒にパラレルワールドに永遠に閉じこもろうとします。

gunma18d8.jpg

オチもイエティが担当しており、実質イエティ主役回だったとも言える結末です。ある意味、新しい形の百合SF?


第8巻

温泉地の「命と性ミュージアム」で感銘を受けたイエティと篠っちが、女性の神秘について語り合っていました。

gunma18d9.jpg



コミック第8巻までの内容から、イエティの活躍(?)をまとめてみました。

基本メインストーリーにそこまで絡まないキャラですが、コンスタントに出番はあります。篠っちへの切ない片思いが見どころです。親友としてのポジションから踏み出そうと悩む姿が丁寧に描かれます。

ただし篠っちは今のところイエティの気持ちに気付く様子はありません。篠っちは作品全体のヒロイン的存在のため、神月(主人公の少年)との絡みも多いです。そしてそれを見たイエティが神月への怒りをつのらせるというのが基本パターン。

そんな調子なのでイエティが報われる可能性は高くないと思われます。ですが、イエティの篠っちへの気持ちは決してブレずに一直線。公式でガチレズ認定されていますし、百合キャラであることは間違いなし。今後の健闘を見守っていきたいキャラです。




ラベル:グンマ
posted by trinder at 21:32 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私と彼女のお泊まり映画」第2巻まで(安田剛助) / 16日までセール中!

先日お伝えした通り、Kindleストアで新潮社のコミックがポイント50%還元になっています。期間は11月16日まで。

【参考記事】
Kindleで新潮社コミックがポイント50%還元セール「少女終末旅行」「私と彼女のお泊まり映画」最新巻も

今回はセール対象の中から、「私と彼女のお泊まり映画」(安田剛助さん作)を紹介します。第2巻は今年の8月発売で、まだまだ新しい作品です。

 

あらすじ

大学生の小春と麻由美は、毎週金曜日に2人だけのお泊り映画鑑賞会を開いています。小春が映画を選び、麻由美の家に持っていくのがいつものパターン。映画を見た後は、感想を言い合ったり、それをきっかけにいろんなことを語り合ったり。2人はそんな時間をとても大切にしています。


恋愛感情がはっきり描かれているわけではなく、直接的なイチャイチャは普段は控えめ。でも、ときどき映画の影響でかなり盛り上がってしまうこともあります。

ホラー映画で怖くなってしまい、一緒のベッドで手を握りながら眠ったり。

otomarieiga12ee1.jpg

小春が麻由美に「結婚して」と発言する場面もあります(冗談のような感じですが)。

ゾンビ映画を見る回では、もし映画のような状況になったときは「唾液をあげる」という約束をしています。さらっと言っていますが、それって……。

otomarieiga12ee2.jpg

第2巻に収録されているバレンタイン回もみどころ。小春が麻由美に「本命」とはっきり書かれたチョコを渡します。

otomarieiga12ee3.jpg


2巻の最後の方では、ずっと一緒にいようと約束までしていたり。

ここまでやっておきながら恋愛関係だと明示はされていなかったりするのですが、百合方面の想像を誘うように描いているのは間違いないのではないかと思います。次はどんな映画をきっかけにイチャイチャするのか、毎回楽しみな作品です。


posted by trinder at 17:25 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする