2009年11月13日

つぼみ Vol.4

「つぼみ」Vol.4を読みました。

巻頭カラーイラストは「ひだまりスケッチ」の蒼樹うめさんです。豪華ですね。

tubomi4.jpg

以下、特に気になった作品の感想を書きたいと思います。

星川銀座四丁目(玄鉄絢)

ちょっと早め?なクリスマスのお話です。乙女に「ずっと一緒にいてくれる!?」と必死に聞く先生が印象的です。もともとは先生が乙女の面倒を見るはずだったのですが、逆に先生が生活面でも精神面でも乙女に依存してきている感じが強くなってきています。

しまいずむ(吉富昭仁)

お互いの妹を好きなことにかこつけて、姉同士でイチャイチャすることが増えてきましたね。足をなめたりキスしたり胸を揉んだりと、だんだん過激になってきました。

思い出箱
(久遠あき)

ひさしぶりに再開した2人の女の子が、中学時代に恋人ごっこをした思い出を語りあいます。会わない間に男性と付き合ったりもしていたようですが、最終的に昔恋した女の子のもとに戻ってくるというのは良い結末だと思います。

恋のさんかく(小川ひだり)

タイトルのとおり三角関係の話で、エミという女の子の親友である舞と、エミの幼馴染だというくりすが、エミを巡って張り合います。ちょっとストーカー的で変態チックなくりすと、張り合ってだんだん大胆になっていく舞の対決が全体的にテンションが高くて面白いです。エミも2人の女の子に挟まれてまんざらでもない様子。2人の決着はついていないので続きを描いてほしいです。

ガールズトーク(コダマナオコ)

明るく元気でオシャレな由花と、美人だけどクールで友達がいない転校生の芙夕子(ふゆこ)のお話。由花は自分より美人かもしれない芙夕子を内心疎ましく思っておりいろいろちょっかいを出すのですが、芙夕子は自分に話しかけてくれる由花に逆に親しみを持ってしまいます。2人が友達になったところで終わっていますが、これも続きが読んでみたい作品です。

私の嫌いなあなた
(かずといずみ)

貧乏姉妹物語のかずといずみさんの作品。作者コメントによると、だいぶ前に描いた漫画に手直しをしたものらしいです。何でもできて誰にでも好かれるタイプである清夜と、そんな清夜を口には出さないものの嫌っている孝子。嫌いだとは思いつつも、いつも清夜のことばかり考えているのは実は好きだから・・・ということなんでしょうか?


つぼみももう第4号ということでだいぶ安定した内容になってきていると思います。当初のコンセプトどおり読みきりが結構ありますが、どれも長すぎず短すぎずでちょうど良い感じです。正直どれが連載でどれが読みきりなのかよくわからなくなる時もありますが・・・。

次号予告では小梅けいとさんや宮内由香さんの名前がありました。百合関係の作品で見覚えのある作家さんがちょくちょく参加するようになっていますね。

つぼみ VOL.4 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)


ラベル:つぼみ
posted by trinder at 02:28 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。