2010年01月24日

コミック百合姫Vol.19

遅くなりましたが、コミック百合姫Vol.19を読んだので感想を書きたいと思います。

妄想HONEY(三国ハヂメ)

三国ハヂメさんの新連載。高校に入学したばかりの乃ノ花(ののか)は、皆の憧れの的である美しい上級生・望によって突然生徒会にスカウトされます。
ごく普通の女の子(と、自分では思っている)な主人公が美少女達からモテモテになるという、「極上ドロップス」みたいな巻き込まれ型のストーリー展開になりそうな感じです。乃ノ花と望が話のメインのようですが、乃ノ花の親友の奏がどう絡んでくるのかも気になります。

スウィートルーム(青木光恵)

寂しい独身女性の家に突然家出少女が転がり込むお話。泊めてあげていることにかこつけて手を出していいものかどうか、悶々と悩んでいる姿が面白いです。最後はいつの間にか立場が逆転していますが・・・。

レンアイ女子課(森島明子)

化粧品売場の販売員のお姉さんと、お客さんの話。顔に手を触れられる感覚に焦点を当てているのがちょっと新鮮です。

セルフレームの向こう側(天野しゅにんた)

本当は綺麗なのに自分を磨くことにあまり熱心でない女性を、綺麗に変身させようとするお話です。わりとありがちな感じもしますが、王道は王道で面白いですね。学生じゃなくて社会人でこういう話をやるのはちょっと珍しい気もしますが。

水色シネマ(乙ひより)

唯の元カノの瑞希が登場。唯のほうはもう顔も見たくないという感じですが、瑞希のほうは寄りを戻したがっているようです。多恵が2人の間でどう動くのかが気になります。


今回の百合姫もなかなか充実していて楽しめたと思います。個人的には三国ハヂメさんの新連載の続きが楽しみです。

コミック百合姫 2010年 03月号 [雑誌]





posted by trinder at 23:35 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。