2012年02月14日

つぼみ Vol.16

芳文社の百合アンソロジー「つぼみ」Vol.16を読みました。

つぼみ VOL.16 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)

青い炎 薫る土(鳴子ハナハル)

表紙イラストにもなっている、女の子2人の陶芸漫画。ろくろを回すのを後ろから手を取って手伝う場面は、2人の密着度が高くて百合的に非常に良い絵だと思いました。

ところで・・・

tubomi16d.gif

こんなのを作る桃花子も桃花子ですが、首にかけて持ち歩いてしかも使用してるっぽい朱里もすごいですね。

星川銀座四丁目(玄鉄絢)

1階の本屋でバイトしている日名さんがメイン。乙女のことが気になるらしい日名さんは、自作の盗聴器で乙女の部屋の会話を盗み聞きしますが、期待したような話(日名さんのこととか)は聞けなかったようでちょっと悲しい感じになります。

湊先生と乙女はすっかりラブラブになっていますが、ここに日名さんが関わることで一波乱起こる感じでしょうか?

桜色コンプレックス
(大朋めがね)

先にWEB版でちょっとだけプロローグ的な内容が公開されていた作品。そちらでメインだった幼馴染達(如月さんと三枝さん)が主人公かと思いきや、それとは別の眼鏡の子(真田さん)が主人公のようです。

真田さんは三枝さんのことは「カッコイイ」と好感を持っているようですが、うるさい如月さんのことはあまり好きではない模様。ここからどんな恋模様が始まるのか、次回以降が楽しみです。

じょしけん。(のん)

こちらも先にWEB版が公開されていました。そちらで描かれていたプロローグでは、普通の女の子たちがゆるい日常を繰り広げる作品を予感させていました。そこで転校生が来ることが予告されていたので、いったいどんな子が来るのかと思っていましたが・・・。

tubomi16a.gif

こんなのでした。

この小金井さんは天才少女らしいのですが、女子高生の生態だけは理解できないということでそれを研究しに来たようです。彼女がWEB版で先に出ていた吉住・なぎさ・笹川さん達と友達になるところで第1話は終わっています。

いろいろ気になる部分はありますが、とりあえず謎なのはあの眼帯です。どういうわけか作中で誰も触れていませんが、もしかしてあの世界では普通なんでしょうか?それとも触れちゃいけない部分なんでしょうか。あるいは何かすごい秘密が・・・。

魚の見る夢(小川麻衣子)

姉妹ものだったはずですが、なんか今回久しぶりに姉のほうを見た気がします。そういえば巴って名前でしたね。最近明るいギャグ寄りの内容になっていましたが、巴の再登場でたまにシリアスな雰囲気も少し出てくるようになっています。妹の御影はやっぱりヤンデレキャラの気があり、巴と仲良くする人間のことは許せないようです。

tubomi16c.gif

ときどき違う漫画のキャラみたいな顔になります。

ボーイッシュなナツオとその恋人のあかり(生徒会長らしい)など、巴サイドのキャラも結構出てくるようになっています。どういう人間関係が展開されるのか楽しみです。

ひみつのレシピ
(森永みるく)

結構前から話が進んでないような気がしますが、料理部の合宿中です。なんとか部長と仲良くなりたい若槻ですが、料理では失敗続きで怒られてばかり。そんなこんなで合宿最終日、部活漫画の合宿ではもはやお約束といっていい肝試しが行われます。部長が若槻と組んでくれて、しかもそっとてを握ってくれていますが、今度こそ進展の予感?



今回はWEB版が始まってから最初の号ということで、そちらと合わせて読むと楽しめる作品が結構あったと思います。特に「桜色コンプレックス」と「じょしけん。」はWEBでプロローグが先に公開されていたので、あらかじめ内容を予想できたりして色々面白かったです。WEB版と上手く住み分けて相乗効果を生み出すことができていると思います。

tubomi16b.gif
英会話

DMM GAMES 遊び放題

ラベル:つぼみ
posted by trinder at 10:40 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。