2012年06月25日

「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」第2巻

アニメも放送中の「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」。五十嵐あぐりさんの作画による漫画版の第2巻を読みました。

ストーリーは全国大会が始まるところからです。アニメ版の視聴者からすると随分昔のことのような気がしますね。

まずは1回戦。阿知賀の先鋒はもちろん玄です。玄の能力はとにかくドラが集まることで、来たドラを強引にでも活かして高得点をアガる打ち方を得意とします。先鋒戦はこれが大成功で、もはや玄の独壇場です。

achiga2a.jpg
「阿知賀のドラゴンロードだ!!」

玄の後も阿知賀は順調にリードを維持し、めでたく1回戦を勝ち抜きます。

そして続いて第2回戦。阿知賀の相手には、東京に来る途中のサービスエリアで出会った千里山女子の子たちがいます。

先鋒の玄は今回も得意のドラ麻雀を展開しようとしますが、千里山の怜にその特徴を完全に読まれ狙い打ちをされてしまいます。その上、怜は一巡先が見えているかのようにリーチ・一発ツモを連発。その圧倒的な強さに、玄だけでなく誰も怜に太刀打ちできません。

怜が絶望にさいなまれた3人を見下ろす、そこはかとなくギャグ漫画のようなカットで先鋒戦は終了です。

achiga2ff.jpg

玄もたいがいですが、残りの2人の燃え尽き感も相当ですね。

次鋒戦では、宥が妹の玄の奪われた点を取り返すべく奮戦します。さらに中堅戦でも憧が堅実ながらも攻撃的な麻雀で着実に点を伸ばし、阿知賀は2位に浮上します。副将戦では灼が善戦するものの、劔谷高校という思わぬダークホースの浮上により阿知賀は3位に沈んでしまいます。

そして緊張の大将戦。穏乃がいきなりダマッパネに放銃しているシーンから始まり焦らせてくれますが、最後まで希望を捨てない粘り強い打ち方で、阿知賀はなんとか2位に浮上して終了。危ないところで準決勝への勝ち抜きを決めるのでした。


というわけで漫画版「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」の第2巻。

1巻が出た時はアニメの放送開始前でしたが、今回はアニメに完全に追い抜かれているという、アニメ「咲-Saki-」本編の終盤を思い出す事態になっています。

ストーリーはおおむねアニメ版と同じで、特に大きな違いは見受けられません。ただしアニメ版のほうが尺に余裕があるためか細かいキャラクター描写が多かった気がします。例えば2回戦終盤にちょっとだけ活躍する劔谷高校は、アニメでは回想とメンバー間の友情描写が短いながらも用意されていました。それに対して漫画版では特に何もなく、もう1校の空気な人たちとほとんど変わらない扱いです。

他に気づいたところだと、アニメでは副将戦で灼の不思議な打ち方が示唆されていましたが、漫画版では特に何も言われません。そのせいで、分析好きの浩子とも特に絡みがなくなっており、2人揃ってやや影が薄いです。


ドラゴンロードさん

「咲-saki-」本編と同じく様々なキャラクターが登場しますが、今回注目なのはやはりドラゴンロードこと玄。他の阿知賀メンバーはせいぜい数ページ程度しか対局シーンが無い中、玄は麻雀シーンがかなり充実しています。今回の表紙になっているのも納得です。しかも大勝ちと大負けが1巻で描かれるというのもちょっとすごいですね。ていうか落ちぶれるの早すぎ。

穿った見方をすれば、怜の強大感を出すために負け役である玄の強さも予め示しておく必要があった・・・というシナリオ上の都合もあるのかもしれません。

achiga2d.jpg
阿知賀のドラゴンロードの名をほしいままにしていた頃のドラゴンロードさん

sakia2a.jpg
2回戦終了後のドラゴンロードさん


百合的なみどころ

今回は、1巻の最後にちらっと登場した千里山女子が阿知賀のライバルとして本格的に活躍しています。百合的に注目なのはもちろん怜と竜華。漫画版でもアニメと同じく、2人一緒のシーンでは基本的に膝枕です。

achiga2e.jpg

これは作者自身もネタにしており、カバー下のオマケ漫画では怜が竜華のひざの感触が一番だと熱弁しています。2人の関係や過去に関する具体的なエピソードはまだほとんど入っていませんが、今後の掘り下げに期待です。

そしてドラ・・・玄と宥の姉妹愛もみどころ。負けて泣いて帰って来た玄をやさしく抱きしめる、お姉ちゃんらしい宥が見れます。

achiga2f.jpg

他にも、幼い頃にいじめられていた宥を玄が助ける回想シーンなどはカラーで収録されています。短いながらも絆の強さが描かれている良いエピソードだと思います。


先の展開がアニメで放送されていることもあってストーリー面で大きな驚きはありませんが、五十嵐あぐりさんの可愛らしい絵のためか印象の違うシーンが結構あり、新鮮に楽しむことができました。1巻は麻雀シーンが短くほぼ青春漫画のようでしたが、2巻は麻雀漫画らしくなっています。

2巻の最後では「咲-saki-」本編よりステルスモモが登場。次はアニメの「修行」のエピソードから始まることになりそうです。

achiga2h.jpg

咲-Saki-阿知賀編episode of side-A(2) (ガンガンコミックス)



とらのあな特典の、キメ顔(?)の憧が描かれたホログラムカード。
achiga2i.jpg

さらに「咲-saki-」10巻と同時購入で、怜と竜華の膝枕のイラストが入ったファイルがもらえます。
achiga2j.jpg
ラベル:咲-saki-
posted by trinder at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック