2012年07月02日

白衣性恋愛症候群 RE:Therapy

ちょっと遅くなりましたがPSPの「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」を買ってきました。

去年の秋に出た「白衣性恋愛症候群」の完全版的な作品で、新ヒロイン追加、サブキャラのヒロイン昇格、既存ヒロインのアフターストーリー追加などが行われています。

目玉はやはり新ヒロインの若本まゆきでしょうか。

retherapy1c.jpg

説明書のキャラ紹介に主人公・かおりの「癒しの手」への言及があり、旧版では大袈裟なオカルト設定のわりに役に立っていなかった「癒しの手」がついに活躍する予感がします。


さて、まずデータインストールをして、さっそく「初診(ニューゲーム)」を選んでプレイ開始。

冒頭でまず旧版の「白衣性恋愛症候群」をプレイしたことがあるか聞かれます。ここでプレイしたことがあるを選ぶと、旧版と同じ内容の部分を既読扱いにしてスキップすることができるようになります。これはうれしい機能です。ちなみに別に旧版のセーブデータ等がなくてもこの機能は利用できるようです。

そしてさらに、今回は普通のスキップに加えて「快速スキップ」があります。

retherapy1a.jpg

こちらは画面にCGを表示しないことによって普通のスキップよりさらに速度を上昇させているようです。

retherapy1b.jpg

計ったわけではありませんが、かなり速くなっている・・・ような気がします。


せっかくの機能なので遠慮なく使うことにして、既読を「快速スキップ」設定にしてスタート。序盤からぐんぐんシナリオが飛ばされ、最初に既読スキップが止まった(=新規パートが始まった)のはかおりが同僚の誰かにプレゼントを買うシーンでした。

プレゼントを買う場面自体は以前からありましたが、買ったプレゼントを渡す場面が新規のようです。

retherapy1d.jpg

ここは確か旧版だとプレゼントの相手をわざわざプレイヤーに選ばせておきながらその後の展開が無く、せっかく買ったのにあげないという不自然な状態になっていた気がします。なので追加というか修正されたのは納得の変更です。

ちなみにこのシーンでセーブして章題を見ると、「Karte○○. RE〜」となっています。どうやら既存シナリオの途中に追加されたシーンには「RE〜」と付くようです。

retherapy1e.jpg

その後も既読スキップの活躍によりシナリオはどんどん飛ばされます。

たまに既読スキップが止まり新規パートが入るのですが、そのほとんどは今回からヒロインに昇格したあみとやすこに関するものです。旧版の共通ルートの出来事の合間に、2人のキャラクターをより掘り下げる短いシーンが追加されています。

初回プレイということで、選択肢は深く考えずに適当に選んでみました。するとちょくちょくあみの追加シーンに当たるようになり、あみがかおりに甘えてくる描写が増えてきました。あみに「友達」が会いに来るという、旧版では聞いた覚えのない話も出てきます。そしてさらには、旧版でプレイヤーをさんざん苦しめたアイツが新しい台詞をひっさげて登場しました。

retherapy1f.jpg
↑アイツ。

こいつは何言ってるのかわからないから大嫌いです。このかおりに似た幼い少女はいったい何者なんでしょうか?とても気になりますね。

ここでセーブデータを取ってみると、アイコンがあみになっており、あみルートに入っていたことがわかります。

retherapy1g.jpg

どうやら、新しい展開が見たくて既存ヒロイン寄りの選択肢を避けた結果、たまたまあみ寄りの行動になっていたようです。おそらく、あみが屋上に通っていることを主任に告げ口せず、かつさゆりと仲良くしないことがルートに入る条件でしょうか。

ここからはあみルートということで完全新規パートになります。果たしてどんなシナリオになっているのか楽しみです。


というわけで、個別ルートに入ったのでとりあえずこのへんで一旦感想を書きたいと思います。

共通パートに旧版とのそこまで大きな違いは無く、新規のCGらしき物にもまだ当たりません(既読スキップで飛ばされてなければの話ですが)。目についた追加シーンはやすことあみに関するものが殆どで、新キャラのまゆきは全く登場しませんでした。

旧版にあったパートを既読扱いでスキップできる機能はかなりありがたかったです。ただ、どうせなら「次の選択肢までスキップ」が欲しかったです。実際、「快速スキップ」を使っても何分も次の選択肢にたどり着かないことが珍しくありません。趣旨のわからない選択肢が多く狙ったエンディングにたどり着くのが難しいゲームなので、欲を言えばあと一歩便利にしてほしかったかも。

とはいえ目玉は新ヒロインとアフターストーリーなので、ここからどんどん面白くなっていくと期待しつつプレイを続けようと思います。

白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)(限定版) 白衣性恋愛症候群 RE:Therapy

posted by trinder at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック