2012年08月11日

つぼみVol.19

芳文社の百合アンソロジー「つぼみ」Vol.19を読みました。

表紙は百合原明さんの「ベツキス」です。今回は巻頭カラーページも「ベツキス」の漫画になっています。

tubomi19f.jpg

ここは普段はゲストのカラーイラストであることが多いので、ちょっと珍しいですね。コミック第1巻発売記念でしょうか。


星川銀座四丁目(玄鉄絢)

結局乙女は母親に連れ戻されてしまったらしく、湊先生はいつかまた一緒に暮らせる日を夢見て1人待つ日々を送っています。今では連絡もつかなくなってしまったようです。それでも、きっと新しい環境で頑張っているであろう乙女のため、湊先生も頑張ろうと思うのでした。

そして平成35年(これまで何年だったのかわかりませんが、11年後ということでいいんでしょうか?)。大人になった乙女は建築家として立派に活躍しているようです。乙女は車で湊先生を迎えに行きます。

tubomi19b.jpg

2人は再会のキスを交わし、一緒に暮らす家へと帰っていくのでした。


「星川銀座四丁目」はこれで最終回です。「つぼみ」のかなり初期から連載されており、ストーリーものとしては最長クラスの作品となりました。

最後は綺麗に終わっているとは思いますが、全体的には連載の長さのわりに肝心なとこで急な展開が目立つのが気になりました。突然出てきたと思ったら何をするわけでもなく消えていくキャラクターなど、何のために出したのかよくわからない要素も少なくなかった気がします。ろくに背景事情も描写されていないキャラクターが、漫画で描かれていない出来事をネタに感動させようとしているらしきシーンがあったり、ちょっと反応に困る部分もありました。

別にどうでもいいようなことを長々と描写したと思ったら、読者が本来見たいであろう場面はカットでもされたかのようにあっさりしていたり、アンバランスさも気になります。今回でいえば、正直言って誰も興味なさそうな乙女の建築事務所のシーンに6ページも割いているわりに、湊先生との再会シーンは非常にあっさりしています。というか、「○年ぶり」みたいな台詞がなかったり、乙女が社会人になってもう何年も経っているであろうことを考えると、これは別に感動の再会シーンとかではないのかもしれません。個人的にはどちらかといえば数年ぶりの再会シーンのほうを見たかったのですが・・・。

とはいえ、隔月のペースで先を見越した連載を続けるのはなかなか大変だと思うので、ややまとまりの無い展開が多かったのは仕方ない部分もあると思います。「つぼみ」初期からの連載作品はあまりストーリー性の強くないものが多く、毎回続きが気になる作品はこれくらいだったので、きちんと完結してくれたのはうれしいです。

なお、作者の巻末コメントによると次回は「ちょっとおまけの話」が入るとのことです。


総合タワーリシチ(あらた伊里)

自称天才の世良さんとチェス対決をすることになった神奈ですが、実はチェスのルールを知りません。そこで・・・。

tubomi19c.jpg

世良さんをK.O.して試合続行不能にする、ずのうぷれい!

後日、神奈は学校から謹慎処分を受けました。

こうして1回休みになった主人公を尻目に、2本目はちはやとみやこが主役です。こちらは将来の夢なども絡めた良い感じの幼馴染もの。ちはやが絵を始めた理由がみやこであったことが明かされます。


ミルノ観察日記(八神健)

家庭教師のバイトをしている主人公は、生徒のミルノちゃんのことが大好き。好きすぎて部屋に監視カメラまで仕掛けちゃいます。ここまで行くとシャレにならないので、さすがにシリアスなオチに・・・と思いきや結局最後までおバカな展開。百合ものとしてはともかく、ネタとしては面白かったと思います。


16歳のトリセツ(とび)

幼馴染のケイに急に「私のこと好き?」と聞かれ、否定しなかったところそのまま恋人同士にされてしまった光希(みつき)。実際ケイのことを好きではあるようなのですが、急に恋人にされても何をすればいいのかわからず悩む・・・というお話です。

tubomi19e.jpg

ちょっと中性的な感じだけどちゃんと女の子らしい光希が可愛いです。


花と星(鈴菌カリオ)

せめて自分の気持ちを伝えるため、手紙で花井さんを呼び出す星野さんでしたが、手紙の存在に気づいてもらえずまた色々とすれ違います。

最後に手紙を使ってさりげなく花井さんが返事を返しているシーンが良かったです。これで2人の気持ちが通じ合ったということで、巻末の作者コメントによると次回で最終回だそうです。

tubomi19d.jpg


完結に向けて急展開している作品があったり、続きの気になる連載ものが多かった号でした。

個人的には前の号に載っていた麻友紗央里さんの「あたしの妹ちゃん」が気に入っていたのですが、今回載っていないところを見ると別に連載ではなかったのでしょうか?相変わらず告知コーナーなどがなく、今後の予定がつかみづらいのが「つぼみ」の欠点かもしれません。今回でいうと「16歳のトリセツ」あたりも面白かったのですがこれも果たして連載してくれるのかどうか・・・。




とらのあなの特典イラストは「星川銀座四丁目」。

tubomi19a.jpg

本編の内容よりこのイラストのほうがインパクトがあるような・・・?
 

英会話

DMM GAMES 遊び放題

ラベル:つぼみ
posted by trinder at 07:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック