2013年04月19日

「ゆりてつ 〜私立百合ヶ咲女子高鉄道部〜」3巻(松山せいじ)

松山せいじさんの漫画「ゆりてつ 〜私立百合ヶ咲女子高鉄道部〜」3巻を読みました。

ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 3 (サンデーGXコミックス)

百合ヶ咲女子高校鉄道部、略して「ゆりてつ」の女の子たちが鉄道の旅を通してイチャイチャするこの漫画。今回もいろんなところに行きます。


夏旅編

3話使った長編です。寝台特急「サンライズ出雲」、トロッコ列車「奥出雲おろち号」、そして余部鉄橋などを扱います。

ここではまみこの友人として妙に濃いキャラの女の子たちが登場。どうやら作者の松山せいじさんの別作品からのゲスト出演のようです。

yuritetu3f.jpg

私は残念ながら元の作品を知らないのでこの「オールスターズ」に特に感慨はわかないのですが、百合的に注目なのは、はつねがヤキモチを焼いているように見えること。まみこが友人達と仲良くしているのを見ると胸が痛くなるとか。

yuritetu3a.jpg

いつもモテモテなはつねですが、はつねのほうからこういう反応をするのはちょっと貴重かもしれません。もしかしてはつね争奪戦はまみこが一歩リードしているのでしょうか・・・?


江ノ電

続いて、藤沢〜鎌倉を走る「江ノ島電鉄」を取り上げています。この周辺はよく漫画やアニメの舞台になるという話が出ているので「青い花」あたりも出てくるかと思ったのですが、残念ながら言及なし。一応、イカ娘やプリキュアの名前は出ています。

yuritetu3b.jpg


ゆふいん

急に九州の話。特急「ゆふいんの森」で名所を回ります。

百合的に注目は、はつねの「わたしたちは女の子どうしだけど、この想いをいつの日か・・・」というモノローグ。

yuritetu3c.jpg

yuritetu3d.jpg

いつの日か・・・の先が気になります。


番外編・ヨコハマ


もしかすると本編より百合度が高く、毎回個人的に楽しみな番外編。今回は横浜周辺です。はつねがまろんと「デート」するという内容で、回想でまろんと他の部員たちとの出会いが明かされる場面もあります。

案の定、まろんが「抜け駆け」しようとするシーンもあり。

yuritetu3e.jpg

番外編・ふくげん

開業時の姿に復原されたという東京駅をみんなで見に行くお話。自分たちの関係も東京駅のようにずっと続いていくといいな・・・といった感じにまとめていますが、こういった鉄道を使った例えはこの作品ではおなじみの表現ですね。


今回の「ゆりてつ」3巻も、いろいろな観光名所が見れて、ついでに女の子達のイチャイチャが見れて楽しめる内容でした。私自身は鉄道の知識はまったくないのですが、キャラクターが可愛いので鉄道の薀蓄も自然に頭に入って来ます。

百合方面でもみどころ満載です。タイトルにわざわざ「ゆり」と入れていたり、話数の数え方が「〇〇百合」なことからもわかるように、明らかに狙った描写が度々登場します。基本的にみんなはつねが大好きで、常に争奪戦状態。また、はつねが気持ちが盛り上がってしまったときに言う「私達、女の子どうしなのに・・・」みたいな台詞はもはや口癖のようになりつつあります。今後もこの調子で突っ走ってほしいです。


なお「ゆりてつ取材ウラ日記」という公式の特設サイトが存在しており、そちらでは作品で取り上げた鉄道や観光名所を動画で見ることができます。メイキングやインタビューのような裏話もあるので、「ゆりてつ」ファンなら一見の価値ありだと思います。

◆ゆりてつ取材ウラ日記





ゲーマーズ特典は描きおろしイラストカード。

yuritetu3g.jpg
posted by trinder at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック