2013年10月08日

アニメ「WHITE ALBUM2」第1話

最初に言っておきますが百合アニメではないので期待しないでください。

個人的に大好きな作品「WHITE ALBUM2」のアニメ版がついに放送開始されたのでちょっとだけ紹介してみたいと思います。基本的には男女の三角関係ものなのですが、ダブルヒロインの雪菜とかずさの絡みが非常に面白いため、個人的には主人公(男)よりもそっちに目が言ってしまう作品です(通常の鑑賞法ではありませんのであしからず)。

wa2_1_5.jpg

wa2_1_4.jpg


個人的に妙に偏ったハマり方をしている作品で、PS3本体を持ってないのに特典欲しさにPS3版の限定版を衝動買いしたことがあったりします。

wa2_1_6.jpg

PS3版特典だったピアノスコア


音泉で配信されているネットラジオ
も毎週聴いていて、第1回放送や限定版特典ラジオCDでメールを読んでもらえたりとそっち方面でも思い入れがあります。個人的にはかずさ役の生天目仁美さんが上記の楽譜を使ってピアノ練習をするコーナーが好きだったんですがこの間終わってしまいました。最近は雪菜役の米澤円さんの創作絵本「鼻クソじいさん」のひどすぎる内容で騒然としている不思議な番組です。


第1話「WHITE ALBUM」

さてそんな「WHITE ALBUM2」のアニメ版ですが、第1話を見る限り素晴らしい出来です。脚本などの重要部分を原作のスタッフが自ら手掛けているだけあって、シナリオは原作を最大限に尊重しています。そこにクオリティの高い作画とアニメならではの演出が加わって非常に見ごたえのある内容になっています。

いきなりクライマックスのはずの学園祭ライブから始まってちょっとびっくりですが、このへんは原作を知る人へのサプライズと言ったところでしょうか。

wa2_1_8.jpg

wa2_1_9.jpg

個人的にはもちろんかずさと雪菜の絡みに注目したいのですが・・・なんとかずさは今回台詞無し。一応出番自体はあるのですが、演出の都合で無言だったり、教室で居眠りしていたりするので声を発しません。そのためかずさと雪菜の絡みもほぼ無し。次回以降に期待です。




代わりと言ってはなんですが、柳原朋(やなぎはら とも)というキャラが原作よりちょっと目立っているので個人的には今回はこちらに注目。朋は雪菜を一方的にライバル視し敵対しているはずのキャラなのですが、今回のアニメでは雪菜のライブを見て感動し思わず拍手をしてしまうというシーンがあります。

wa2_1_1.jpg

しかし、途中でハッと我に返っていつものように雪菜を嫌っているポーズをとります。

wa2_1_2.jpg

wa2_1_3.jpg

朋は原作的には本来これよりずっと後になってから目立ち始めるキャラです。そこでも雪菜に相変わらず嫌味な態度を取り続ける悪役のような振る舞いをするのですが、実はそれもすべて雪菜と友達になりたかったから・・・という一種のツンデレキャラ。最後のほうになると雪菜の親友を自認しており、頼んでもいないのに雪菜を全力で応援してくれます。1クールのみの今回のアニメ版でそこまで話が進む可能性は低いですが、2期目があれば是非動向に注目したいです。


というわけで今のところ百合アニメではありませんし今後もそうならないとは思いますが、視聴は続けていくのでまた何かあったら書いてみたいと思います。

WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-通常版 PlayStation Vita用ムービープロダクトコード 付WHITE ALBUM2 -幸せの向こう側-通常版 PlayStation Vita用ムービープロダクトコード 付

アクアプラス 2013-11-28
売り上げランキング : 435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WHITE ALBUM2 1 [Blu-ray]WHITE ALBUM2 1 [Blu-ray]

キングレコード 2013-12-25
売り上げランキング : 8035

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【過去に原作ゲームをネタに書いたマニアックな記事】


◆【級者向け】WHITE ALBUM2の雪菜とかずさの関係

◆続・「WHITE ALBUM2」の雪菜とかずさの関係


 


ラベル:WHITE ALBUM2
posted by trinder at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック