2014年03月13日

「フラグタイム」 第1巻(さと)

さとさんの漫画「フラグタイム」第1巻を読んでみました。

フラグタイム(1) (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)

主人公の森谷美鈴は、3分間だけ時間を止める不思議な能力を持った女の子です。といってもその力でたいしたことをするわけはなく、さりげなくその場を去るために使ったり、気まぐれに周囲の人間を観察したりするだけ。

今日も時間を止めた美鈴は、クラスで一番の美少女である村上さんのパンツをなんとなく覗いてみるのですが・・・

furagutime1_e1.jpg

止まったはずの世界の中で、なぜか村上さんだけが普通に動き出してしまいます。能力の秘密を知られてしまった美鈴は、村上さんのお願いを聞いてあげたりするうちに、次第に村上さんと親しくなっていきます。

村上さんにだけ時間停止が効かない理由はわからないものの、村上さんの推測によれば、美鈴が同じ時間を共有したいと思ったから──つまり好きだから。

furagutime1_e2.jpg

これまで他人と上手くつきあえず友達もいなかった美鈴でしたが、綺麗で友達も多い村上さんと一緒にいるうち、少しずつ心境に変化が現れます。村上さんが他の子と仲良くしているのを見て、思わず嫉妬してしまうことも。

furagutime1_e5.jpg

そんな美鈴の気持ちを知った村上さんは、美鈴に「付き合おう」と提案します。そして、2人は時間を止められる3分間を使っては秘密の行為をするようになります。

furagutime1_e7.jpg

furagutime1_e6.jpg


こうして2人だけの秘密を共有し、村上さんとの距離を縮めていく美鈴。しかし、美鈴は今でも村上さんの気持ちの全部は伺い知ることができません。もしかしたら時間を止める能力を利用されているだけかもしれない──時折そんな不安に襲われつつも、美鈴は村上さんへの「好き」の気持ちを抑えられなくなっていきます。

furagutime1_e8.jpg



第1巻のストーリーはここまで。さらに巻末には村上さんと出会う前の美鈴を描いた第0話が収録されています。


時間を止めるという能力というフィクションの世界では比較的よくある素材を扱いつつも、内向的な主人公の「自分1人だけの世界」というテーマと重ねることで、非常に魅力的な作品となっています。そこにヒロインの村上さんが入り込むことで2人だけの世界となり、それが美鈴の心、さらには時間停止の能力にどのような影響を与えていくのかがみどころです。

冒頭のシーンでいきなり村上さんのパンツをのぞいている美鈴もたいがいですが、ヒロインの村上さんもかなり積極的で、2人の距離は急接近していきます。第1巻の時点でキスシーンまであり、さらにはそれ以上の行為への発展を予感させる描写も見え隠れします。

主人公である美鈴の内面はとても丁寧に描かれており、村上さんを「好き」であることがはっきりと描かれています。一方で村上さんはまだまだ謎が多く、美鈴のことが好きだから一緒にいてくれるのか、それとも他に別の意図があるのかははっきりしないまま。第2巻以降のストーリーにも注目です。

posted by trinder at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック