2014年07月07日

「ちょっとかわいいアイアンメイデン」(a・アルフライラ/深見真)第3巻

今回は、「ちょっとかわいいアイアンメイデン」(深見真さん原作・a・アルフライラさん作画)の第3巻を紹介。

ちょっとかわいいアイアンメイデン (3) (カドカワコミックス・エースエクストラ)

名門女子校を舞台に「拷問部」なる集団の活躍を描いただいぶアレな感じのギャグ漫画ですが、何の間違いか実写映画化までされてしまった話題作です。

実写映画版「ちょっとかわいいアイアンメイデン」公式サイト


コミック3巻の発売と同日(7月4日)には、ドラマCDまで発売されています。しかも結構豪華キャスト。

aian3_v3.jpg

aian3_v2.jpg

こちらは後で紹介したいと思います。


コミックのカバー下には藤枝雅さんによる「艶色拷問館感談」というイラストがあったり。

aian3_v8.jpg

もちろんアレのセルフパロディです。

飴色紅茶館歓談 限定版 (1) (IDコミックススペシャル)


洗脳部

前巻から「洗脳部」という怪しい組織の暗躍が描かれていましたが、今回は総統の高田我羅奢(たかだ がらしゃ)が満を持して登場。

aian3_v4.jpg

一見、関西弁が特徴的な可憐な美少女キャラなのですが、強力な催眠術を操る危険人物です。彼女の目的は、洗脳による全人類の統一。そして野望の第一歩として、洗脳による学園の支配を目論んでいます。そのため、(一応)正義の組織である拷問部とは対立関係。

拷問部の次期エースと目されている結月が我羅奢によって洗脳部に引き抜きを受けるエピソードもあります。我羅奢は結月が百合好きなのを知っており、洗脳によって望むままに百合世界を作れると誘惑するのですが、これをきっぱりと拒絶する結月の言葉がちょっとかっこいいかもしれません。

aian3_v6.jpg
「洗脳してまで思い通りの百合を作ったって、そんなものに意味はない!」


なお我羅奢はかつて拷問部に所属しており、悠里と非常に仲が良かったのですが、実は最初から洗脳部の潜入工作員だったという過去があります。当時の悠里との関係は詳しく語られないながらも非常に意味深。結月あたりはすっかり2人は恋人どうしだったと想像しています。

aian3_v5.jpg

実際、これまで冷静な腹黒キャラだった悠里が我羅奢のことになると取り乱すなど、何か深い関係だったのは間違いなさそう。このあたりの百合方面の掘り下げも期待できそうです。


拷問麻雀

洗脳部との対立という大きな軸とは別に、単発の平和なエピソードではいつものノリで拷問ウンチクや拷問ギャグがいっぱいです。何でもかんでも拷問に結びつけ、拷問に応用しようとする発想はもはや天才的。

個人的には、拷問麻雀の回がお気に入り。「拷問部のドラゴンロード」「すばら」「リーチだし!」など、某美少女麻雀漫画のパロディが満載です。

aian3_v7.jpg


そういえば本物のドラゴンロードの人も対局中にまるで拷問でも受けているかのような顔をしていましたね。

※「咲-Saki- 阿〇賀編 episode of side-A」第3巻
atika3_9.jpg

そこはかとなくこの漫画の拷問シーンに似ているような気も?

※「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第2巻
bb2.jpg

実はドラゴンロードさんはハンデとして拷問用の椅子に座っていたせいで負けた、という可能性も・・・・?

atika3_11.jpg



そんな感じの、「ちょっとかわいいアイアンメイデン」第3巻。

今回も飛ばしまくりの拷問ギャグに加え、洗脳部との対立という筋書きがはっきりしたことで、ストーリー面でも面白くなってきたと思います。キャラクターの増加に伴って人間関係も複雑化していますが、多くの場合その根底に女の子同士の恋愛感情が絡んでいるため、百合ものとしても非常に先が気になる展開です。この先もいろいろな面で目が離せない作品だと思います。





こちらはとらのあなの特典カード。

aian3_v1.jpg
 




posted by trinder at 08:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!個人的には洗脳部の方が好きだな^^♪
洗脳という言葉に飛びついてコミック買ったし
リアルに描いてくれるなら
洗脳だって、そうそう思いどおりに操れるものじゃないから
その辺、武藤結月ちゃんに分かって欲しいな^^♪
ふざけるな〜意味なんてないなんて言わないで;;
と言う事で、2巻55ページから60ページの洗脳失敗はリアルでよかったなと思っています。
少しは成功してたし♪
3巻ゆっくり読んでいくつもりです♪

今後の展開に望む事↓
結月ちゃんが洗脳され正気に戻る展開。
結月ちゃんが拷問部と洗脳部を仲良くする展開。

高田我羅著のやばさと、安城祢里の好意的な態度が好み♪
Posted by 催眠ファン at 2014年08月20日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック