2014年08月04日

「ゆるゆり」 第12巻 特装版(なもり)

本日8月4日は、なもりさんの「ゆるゆり」第12巻と「大室家」第2巻の発売日です。

ゆるゆり (12)巻 (百合姫コミックス) 大室家 (2) (百合姫コミックス)

両作品とも、描きおろし漫画を収録した小冊子付きの特装版も発売されています。

yryr12_c1.jpg


「ゆるゆり」第12巻特装版

まず今回は、「ゆるゆり」第12巻のほうから紹介します。収録されているのは、コミック百合姫の2014年1月号(の途中)〜7月号に掲載されたエピソードです。


79★グレートごらく部Zを作ってみた。


京子の漫画のために、みんなでロボットのデザインを考えて挙げるというお話。ちなつ画伯の独壇場かと思いきやあかりもなかなか飛ばしています。


80★涙の家具調炬燵の巻

単行本だと季節感がわかりづらいですが、冬の話です。部室のコタツの電気がつかなくなってしまい、京子とあかりは2人で体を暖めあうことに・・・。

恋愛感情があるわけではありませんが、京子ととあかりがぴったりくっついているシーンが多いので絵的にはちょっと百合っぽいかも?

2人の幼少時の思い出など、ちょっとだけレアな感じの回想シーンもあります。

yryr12_c2.jpg


81★劇場版・恋のグラゲンジャー

映画のペアチケットをもらった綾乃は京子を誘おうとしますが、案の定なかなか声をかけられません。

綾乃の京子への恋心を描いた、「ゆるゆり」としてはきわめて正当派の百合エピソードです。

yryr12_c3.jpg

相変わらず恋する乙女な綾乃もさることながら、何気ない行動で綾乃をドキドキさせる京子の天然女たらしぶりにも注目。

yryr12_c4.jpg


82★花見しようぜ

お花見回、前編。買い出しをするちなつや綾乃がメインになっています。2人ともお花見で何かラッキーなイベントが起こることを期待しているようです。

yryr12_c5.jpg


83★花見でPON

お花見回、後編。かくし芸大会的なノリもなきにしもあらずですが、京子と綾乃がじゃれあっているシーンなどは百合的にも結構良かったかも。

84★ありがとう

千鶴がメインの回。笑うこと、そして友達を作ることが苦手な千鶴ですが、京子のアドバイスによって少しずつ自分を変えていこうとします。

なんだか最近あまり見ない気がする千鶴ですが、今回できた新しい友達とのその後も含めてもっと見てみたくなりました。


85★夢で逢い・・・たくないかも

向日葵が、櫻子への好意を隠さずにとても優しくしてくれるようになりました。

yryr12_c7.jpg

と思ったらやっぱり夢。しかし櫻子はこの夢を意識してしまい、向日葵と上手く話せなくなってしまいます。

向日葵と櫻子がメインの微笑ましいエピソードです。結局最後は喧嘩していますが、もはやこれが平常運転ですね。


86★かまってよ!

結衣が本に集中していて構ってくれないので、京子は怒涛のモノボケ連発で気を引こうとします。

あくまで無言を貫きつつ、心の声を駆使してツッコミを入れる結衣の職人芸に注目。


87★華麗なる櫻子

なんか急に綾乃への感謝を伝えなくなった櫻子は、綾乃を家に招待して手作りカレーをふるまうことに。

カレーは実際においしかったようですし、櫻子の良い部分を描いた貴重な(?)エピソードとなっています。


88★アン・ナッポゥ!

リンゴの皮むきをするごらく部一同。しかしやっぱり芸人の血が騒ぐのかモノボケ大会に移行していきます。



今回の第12巻に収録されているお話はここまで。

ゆるくてお馬鹿なノリで笑わせつつも、京子×綾乃や向日葵×櫻子の正当派百合エピソードもあり、バランス良くまとまっている巻だと思います。ギャグ回にせよ比較的真面目な恋愛回にせよ、非常に安定したクオリティを保っているので安心して読むことができます。

なお最後に3ページほどのあとがきがあり、今回の巻での新規描きおろしは事実上ここのみ。同日発売のスピンオフ漫画「大室家」第2巻は半分以上が描きおろしだったので、作者のなもりさんもお忙しかったのだと思われます。「ゆるゆり」の新作パートをもっと読みたいという人は、以下の小冊子が付く特装版がおすすめです。


特装版付属小冊子「なちゅやちゅみ!えぴろぉぐ」

特装版には描きおろし漫画の収録された小冊子「なちゅやちゅみ!えぴろぉぐ」が付属しています。

タイトルの「なちゅやちゅみ!」とは、今年の冬に発表が予定されているOVAのこと。まだ発売されていないOVAの「えぴろぉぐ」(プロローグではない)を作ってしまうあたりツッコミどころ満載ですが、上手くOVAへの期待を煽る内容になっています。

OVA「なちゅやちゅみ!」はみんなでキャンプに行くストーリーになるらしいのですが、今回の「えぴろぉぐ」はその時の写真を見ながら思い出を語り合っているという設定です。

yryr12_c8.jpg

結衣が京子に「あのときはありがとう」みたいなことを言ったり、色々気になる描写はあるもののネタバレ防止のためかほとんどの写真は詳しく説明されません。それぞれの写真は一体どんな場面なのか、というかそれ以前にOVAの内容とちゃんとリンクしているのか、色々と期待と不安を煽る「えぴろぉぐ」になっています。描きおろしエピソードが事実上無かった第12巻本編の補完としても、OVAの予習としてもある意味見逃せない内容だと思います。

ゆるゆり (12)巻 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2014-08-04)


大室家 (2) (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2014-08-04)



次の記事では、「大室家」第2巻(特装版)を紹介します。
 




ラベル:ゆるゆり
posted by trinder at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック