2014年10月12日

PS Vita「ひとつ飛ばし恋愛V」

2013年にAsa Projectから発売されたPCゲーム「ひとつ飛ばし恋愛」が「ひとつ飛ばし恋愛V」としてPS Vitaに移植されます。

ひとつ飛ばし恋愛V (初回限定版) Amazon.co.jp限定特典 ポストカード3種セット付 (特典「特製クリアスタンド」「マイクロファイバー巾着袋」「マイクロファイバークロス」 同梱)


「ひとつ飛ばし恋愛」は本筋としては普通の恋愛ADVゲームであり百合ゲーというわけではないのですが、ちょくちょく百合方面に狙ったネタのあったゲームでした。

PC版OPムービー



作品全体のコンセプトは、ヒロインが全員「身内の友達」ということ。「幼馴染の友達」「従妹の友達」「妹の友達」「姉の友達」といった具合に、仲の良い身内を「ひとつ飛ばし」た女の子と恋愛をするのがテーマになっています。普通のゲームならサブキャラになりそうなポジションをあえてヒロインにしているという意味でも、非常にユニークな試みでした。

ヒロイン達と主人公の「身内(幼馴染・従妹・妹・姉)」にはそれぞれ個性的な関係性が設定されており、女の子同士の絡みにかなり力が入っているのもみどころでした。PC版の公式サイトではウリの1つとして「カップリングを楽しもう!」と書かれていたほど。

今回は、PS Vita版の参考としてPC版の百合っぽかったシーンを振り返ってみます。


桜×千乃

学園のアイドル的存在の桜と、主人公の幼馴染である千乃。おそらく一番百合っぽいのがこの2人です。公式によれば関係性は「親友の仲」なのですが、単なる親友を超えているのではないかと思わせる狙った描写がたびたび登場します。

hitotu_v1.jpg

『女の子同士で髪の臭いを嗅ぐ行為…これはレズビアン特有の性行為の1つなんですっ、これは定説なんですっ!』(真偽不明)


hitotu_v2.jpg

千乃「よし、嫁に来い!」
桜「はい、喜んでっ」

この程度はほぼ日常風景です。


hitotu_v3.jpg

千乃「桜ちゃんすでに私にメロメロだし。多分頼めばキスくらいさせてくれる」


実際、桜は本当に千乃に夢中です。

hitotu_tv2_1.jpg

自分と千乃の愛の結晶がどうとか、性別の垣根がどうとか、真剣に考えているシーンも・・・。

hitotu_tv2_2.jpg

学園のアイドル的存在というだけあって普段はまともなキャラなのですが、千乃が絡むといつもこの調子。



個別ルートに入ってからはさすがに主人公(男)に好意を抱くようになっていきますが、それでも桜の千乃への愛は最後まで相変わらずな感じ。桜が主人公に告白するはずの中盤の重要シーンでも、途中からうっかり千乃への告白を始めてしまいます。

hitotu_v5.jpg

hitotu_v6.jpg


碧里×紅

主人公の後輩にあたる碧里と、主人公の妹の紅。公式では関係性は「犬猿の仲」とされていますが、「喧嘩するほど仲が良いタイプ」とも。

hitotu_v7.jpg

碧里のルートでは、碧里と紅のキスシーンがあります。

hitotu_v4.jpg

ただし、男性と恋愛をする時のための参考としてやってみるだけなのであしからず。


また、紅はなぜか女子から告白されることがあるようです。

hitotu_v8.jpg

しかも月2くらいで。

hitotu_v9.jpg

紅に告白してきた「なずなちゃん」というのがとても気になりますが、ここで名前が出てくるだけのキャラなので詳細不明。残念。


夏芽×メグ

主人公の先輩・夏芽と、主人公の姉のメグ。2人は親友と言って良いと思いますが、公式によれば「いじり いじられの仲」とも。クールで真面目な夏芽をメグがからかうというシーンが多めです。

メグが夏芽にセクハラするシーンなども結構ありますが、百合とはまたちょっと違う感じかも?

aori9.jpg

普段はふざけているメグがたまに見せる友情がみどころ。


りさ×阿知華

りさは、主人公の従妹である阿知華(あちか)に心酔し、舎弟ならぬ舎妹をしているという設定。というわけで関係性は「子分親分の仲」。

ぶっとんだ設定からもわかるようにキャラ・シナリオともにギャグ要素多めです。あまり百合という感じではないかもしれませんが、りさのキャラがあまりに強烈なので一見の価値あり。Asa Project恒例の下ネタ&顔芸担当キャラでした。

hitotu_v10.jpg

ちなみに声優は五行なずなさん(PS Vita版では小野涼子さん)。よくこんなのやってくれましたね・・・。



明日葉・いくる・万智


PS Vitaへの移植にあたっての新キャラ達。このうち万智は主人公のクラスの副担任という設定のサブキャラで、明日葉といくるが「担任教師の娘」という設定の新ヒロインです。

従来のヒロイン達のコンセプトである「身内の友達」という定義から外れていること、3人で1組のように扱われていることなどからして、ちょっと異色のキャラクター達となっています。PS Vita版では原作のAsa Projecは「監修」とされており、シナリオを直接執筆しているわけではないようですが、新ヒロイン達が作品の雰囲気を壊さずに新しい風を送り込むことができるかが注目されます。

公式のキャラクター紹介を見る限り特に百合要素はなさそうですが、明日葉の紹介文に「母親と妹にはすごく甘くて、どんな頼みも聞いてしまう」とあるので注目するとしたらここでしょうか。

ちなみに声優は明日葉が佐倉綾音さん、万智が小林ゆうさん、いくるが丹下桜さんと何気に豪華です。



百合が本筋というわけではありませんが、女の子同士の関係性の描写に非常に力が入っており、シナリオも非常に面白いのでPC版は個人的に結構お気に入りのゲームでした。今回PS Vitaに移植されるということで、携帯機ならではの新要素や新ヒロインにも期待。

発売予定日は2015年1月29日です。


◆「PS Vita「ひとつ飛ばし恋愛V」公式サイト
◆『ひとつ飛ばし恋愛V』PS Vitaで2015年1月29日に発売決定 新規ヒロインが2名追加、シナリオが大幅加筆!(ファミ通.com)

ひとつ飛ばし恋愛V (初回限定版) Amazon.co.jp限定特典 ポストカード3種セット付 (特典「特製クリアスタンド」「マイクロファイバー巾着袋」「マイクロファイバークロス」 同梱)ひとつ飛ばし恋愛V (初回限定版) Amazon.co.jp限定特典 ポストカード3種セット付 (特典「特製クリアスタンド」「マイクロファイバー巾着袋」「マイクロファイバークロス」 同梱)

加賀クリエイト 2015-01-29
売り上げランキング : 1496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ひとつ飛ばし恋愛 初回限定版ひとつ飛ばし恋愛 初回限定版

ASa Project 2013-04-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by trinder at 07:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック