2015年05月01日

ビビッド百合アンソロジー「メバエ」vol.4

少年画報社の百合アンソロジー「メバエ」Vol.4を読みました。


表紙は今回も鳴子ハナハルさん。古き良き時代の女学生を思わせる、ちょっとレトロな感じのイラストです。



カラーページの加茂さんのイラストも、シンプルながらも良い感じ。

mebae4a2.jpg


以下、掲載されている漫画のうち特に印象に残った作品を紹介します。


ぽあんと つま先立ちの季節(長月みそか)

第4話となるバレエ漫画。巻末の作者さんのコメントに「今回はちゃんと冒頭にバレーシーンを描きました!」とあるとおり、バレーのシーンから始まります。

mebae4a6.jpg

サブキャラっぽい子達の仲が少しずつ進展している(一部はすでに肉体関係あり)一方で、メインっぽい子は男子と接近していたり、正直よくわからない作品です。あらすじ紹介なり相関図なりが切実に欲しくなってきました。


イニシアチブ(梶谷きり)

初体験をした翌日のカップルの、初々しいやりとりを描いています。

mebae4a3.jpg

ちょっとだけ後悔してみたり、喧嘩したり、でもやっぱり相手のことが好きだったり。

とてもシンプルなストーリーの中に、女の子達の様々な感情が詰め込まれています。性描写の中にも爽やかなドラマを感じる、「メバエ」らしい作品です。個人的にかなりお気に入り。


悪夢の楽園(せきはら)

ちょっと地味な女の子と、なぜか彼女に取りついたサキュバスのお話。百合サキュバスと聞いて一瞬「リリウム×トライアングル」を思い出しましたがもちろん関係ありません。

サキュバスだけにエッチなシーンを入れつつも、魅力的なキャラクターが上手く話を引っ張っていると思います。主人公はサキュバスに魂を食べられても死なない特殊な性質の持ち主だったようですが、その謎は次回に持ち越しになりそうです。


眠り姫は無邪気に笑う(めの)

クラスになんとなく馴染めずにいる主人公は、昼休みにいつも中庭で居眠りしている女の子のことが気になってつい通いつめてしまいます。

mebae4a4.jpg

可愛らしい「眠り姫」(実は先輩)も魅力的ですが、主人公の青臭い感じもちょっと好き。


デュエット(茉崎ミユキ)

「ぽあんと」に対抗して(?)登場のバレエもの。実質バレー漫画となった「ぽあんと」と違いこちらはちゃんとバレエしてます。その道のかなり込み入った話も出てきて、なかなか本格的です。

百合界隈では以前からちょくちょくバレエものを見る気がします。女の子らしい習い事というイメージが強いからでしょうか?


わたしの軌道(玄鉄絢)

玄鉄絢さんの本来の連載である「ペルソナかれん」はお休み。その代り、SFものの読み切りが掲載されています。

流れ星によって世界が終わるとされる日、最後の時間を思い思いに過ごす少女達を描いたストーリーです。

mebae4a5.jpg

mebae4a8.jpg

なんだか見覚えがある・・・と思った人は相当に記憶力が良い人だと思います。実はこれ、今は亡き「百合姫S」の2007年11月号からの再録です。



こちらは当時の目次。他の連載作品を見るといかに昔の作品かわかると思います。

mebae4a1.jpg

flower*flower・・・乙女色Stay Tune・・・オトメキカングレーテル・・・ 百合姫の闇の歴史が凝縮されています。


今回の「メバエ」の巻末には、玄鉄絢さんの「また古い原稿ですみません・・・」とのコメントが。

このコメントによると、現在この話を叩き台にした連載を他誌でやっているそうです。私は未見ですがおそらくこの作品でしょうか。



amazonの紹介文によるとストーリーは

「宇宙を航行する巨大船、人々はとある惑星を目指し、何世代にも渡って、その船の中で暮らしていた。しかし、ある日、隕石が衝突し、重要な資源が流出、多くの人間が目的地到着まで凍結させられてしまうことに…。」

・・・とのことなので、たしかに今回再録されている「わたしの軌道」の設定(というかオチ)に共通するものがあります。

というわけで、今回の再録とコメントは実質他社作品の宣伝でした。というか今回の巻末コメントは他誌の宣伝をしている人が妙に多いような・・・。



今回の「メバエ」も、エロスとストーリー性を両立した楽しい作品が揃っていたと思います。

各種ジャンルの王道を広く取りそろえる最近の「百合姫」と比べると、「メバエ」はいろんな意味で濃い作品が目立ちます。連載を前提としていないためか、とにかく自由。何が言いたいのかはよくわからないけど、とにかく印象に残る。そんな作風が多いように感じます。これも一つの個性だと思うので、世の中の常識に流されずにこのまま突っ走ってほしいです。

メバエ vol.4 (ヤングキングコミックス)メバエ vol.4 (ヤングキングコミックス)
アンソロジー 鳴子ハナハル

少年画報社 2015-04-30
売り上げランキング : 218

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メバエ 1―ビビッド百合アンソロジー (ヤングキングコミックス) メバエ vol.2 (ヤングキングコミックス) メバエ vol.3 (ヤングキング・コミックス)

今回のとらのあな特典はおなじみのリーフレット+メッセージペーパーでした。

mebae4a7.jpg
ラベル:メバエ
posted by trinder at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック