2015年07月30日

百合姫の一迅社による新たな百合アンソロジー「キマシ!」

コミック百合姫でおなじみの一迅社から、新しい百合アンソロジー「キマシ!」が誕生しました。



表紙に「女の子いっぱい☆HなイチャLOVEアンソロジー」とある通り、どの作品にもHなシーンがあるのが売り。百合姫関係のHな百合アンソロジーだと過去に「百合姫Wildrose」というのがありましたが、心機一転して新シリーズ開始ということのようです。




今回参加している作家さんと作品名は以下の通りです。

kimasi1ye1.jpg


以下では、印象に残った作品をいくつか紹介していこうと思います。

2人の時間(広瀬まどか)

図書室の整理をしている2人の女の子達。実は2人は恋人同士で、他に誰もいないのをいいことにエッチなことを始めます。

可愛い絵柄なのに意外と過激。巻頭に収録されている作品ですが、このアンソロジーの方向性をしっかりと読者に示してくれます。


フリー&スプラッシュ!(コダマナオコ)

舞台は(多分)水泳部。抜群の美少女だけどビッチと噂される相馬さんのことが、なぜか気になる澤さん。そんなある日、帰り際の更衣室で突然相馬さんが迫って来て・・・。

百合姫本誌では「捏造トラップ−NTR−」を連載しているコダマナオコさんの作品。あちらが基本毎回寸止めなのと違い、今回はきちんと(?)エッチシーンありです。一見清楚な美少女に迫られる主人公、というシチュエーションにはどこか通ずるものを感じます。

kimasi1ye5.jpg

読み切りということで展開もスピーディー。「捏造トラップ−NTR−」の展開にモヤモヤしている人におすすめかも?


くびわをつけて、しっぽをふって。(春日沙生)

こちらは百合姫本誌で「住めど地獄のインフェルノ」を連載中の春日沙生さんの作品。どんなストーリーかと言われると説明に困りますが、とりあえずコスプレものです。

kimasi1ye4.jpg

お尻にしっぽを付ける過程(ローション使用)がちょっと過激。今回のアンソロジーでこっちのプレイをしている作品は実はかなり珍しいです。作者の春日沙生さんを百合姫本誌でしか知らなかったので、こういうエッチなアンソロジーで見るとかなり新鮮です。


サマーランデブー(めの)

夏の暑い日、少しでも涼しい場所を探して校舎を彷徨う2人。そして良い場所を見つけると、今度はムラムラしてきて・・・。

可愛い絵柄と軽いノリで、日常ものの四コマみたいな雰囲気。そこからナチュラルにエッチに入るのがちょっとすごいかも。


2人だけの朝学活(みくた)


過労と暑さで倒れてしまった親友を、保健室で介抱する主人公。その時、思わず親友の巨乳に手が伸びていまい・・・。

kimasi1ye3.jpg

シンプルながらも綺麗にまとなった作品です。親友百合の王道。保健室でエッチするのもまた王道?



オール描きおろしということで、収録されている作品はいずれも読み切りの短編です。非常にテンポよくいっきに楽しめました。

全体で約170ページほどのボリュームですが、このくらいの薄さは他社のアンソロジーでもよく見られる傾向なので許容範囲内だと思います。


基本的にどの話もエッチシーンがメインですが、どの話も短いなりにきちんと起承転結があります。山場であるエッチシーンを盛り上げるために必要十分なストーリー性で、このあたりはとても上手いバランスです。

エッチな百合が読みたい人はもちろん、純粋にシンプルな短編が読みたいという人にもおすすめのアンソロジーです。




posted by trinder at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック