2016年03月31日

「制服のヴァンピレスロード」第1巻(松本トモキ)

Kindleストアで先日まで行われていた最大50%ポイント還元セールを利用して、未読だった百合漫画をいくつか読んでみました。

今回は、その中から松本トモキさんの「制服のヴァンピレスロード」を紹介します。昨年の10月に第1巻が発売された、比較的新しい作品です。




吸血鬼

主人公の夕凪(ゆうなぎ、通称ユウ)は、ある夜、吸血鬼のリンに血を吸われてしまいます。

vanpiless1uuo1.jpg

吸血鬼に吸われたことで、夕凪自身も吸血鬼と化してしまいます。そして、リンは夕凪の主人(マスター)を名乗って夕凪の家に住みつくことに。

夕凪はリンから吸血鬼のイロハを教わりながら、これまで通りの生活を送る方法を模索します。実際のところ吸血鬼に関する伝説(日光に弱いとか)の多くはあくまで俗説であり、普通の生活にそれほど支障はないようです。


ナナ

リンによると、吸血鬼になったことは口外しないほうが良いとのこと。しかし翌朝、夕凪は親友の七夕(ななせ、通称ナナ)にだけは迷わず打ち明けてしまいます。信頼関係の強さが伺えます。

この後ナナは、夕凪の秘密を知る唯一の人間として頼もしいパートナーになってくれます。夕凪が吸血衝動に苦しんでいるのを見た際には、すべてを察して自分から血を差し出しました。

vanpiless1uuo2.jpg

ナナいわく、血を吸われるのは「気持ちいい」とのこと。

vanpiless1uuo4.jpg

この気持ちよさがクセになってしまったのか、この後にはナナのほうから吸ってもらおうとする場面も・・・。


不老不死

吸血鬼の大きな特性の1つとして、不老不死であることが挙げられます。さらに1巻の後半では、「吸血鬼に愛された人も不老不死になる」という設定が明らかに。

これを知った夕凪は、ナナをこのまま好きでいて良いのか躊躇します。どうも夕凪は不老不死にかなりネガティブなイメージを持っている模様。

しかし、ナナはここでも素晴らしい察しの良さと心の広さを発揮。「その時はずっとユウと一緒にいてあげる」と、夕凪を受け入れたのでした。

vanpiless1uuo6.jpg


ハーレム?

というわけでほとんどカップル成立しているように見える夕凪(ユウ)×七夕(ナナ)。ですが、舞台が女子校ということもあって他にも魅力的な女の子が多数登場します。

夕凪は基本的に周囲からモテモテです。夕凪自身も可愛い女の子が好きで、無意識ながらもほとんど口説いていることもあります。

これも、吸血鬼になったことによる影響・・・?そう思っていた夕凪でしたが、リンによると単なる夕凪個人の嗜好とのこと。

vanpiless1uuo7.jpg

そんな感じなので、次巻以降はナナ以外の女の子ともいろいろありそうな予感です。



序盤とその後の展開に良い意味でギャップのある、吸血鬼百合ストーリーです。

最初に登場する吸血鬼(リン)は男性ですが、彼は単なる監督者的なポジションに収まります。実際には夕凪が女子校で繰り広げる百合色強めの日常がメインとなっています。親友のナナが特に良い感じ。

「吸血行為によってお互いに性的快感を得る」「吸血鬼に愛された人も吸血鬼になる」という設定もあり、ある意味では単なる友情以上の関係も伺わせます。

今後のストーリーがとても楽しみです。



ちなみにポイント30%還元キャンペーンはすでに終了していますが、今でも20%還元が付いているようなので少しお得です。




百合吸血鬼ブーム?

なんだか最近増えてきた気がする、吸血鬼たちによる百合作品。

参考記事:となりの吸血鬼さん 第1巻 / 甘党
参考記事:道割草物語(上下巻)/ 武川慎

吸血鬼の設定の違いや、吸血行為の意味づけなどにそれぞれの個性が表れていて面白いです。比べてみると楽しいかもしれません。
 


posted by trinder at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック