2016年08月27日

「ひなこのーと」第2巻(三月) / TVアニメ化も決定!

三月さんの「ひなこのーと」第2巻を読みました。



コミックキューンで連載中の人気作品です。先日、なんとTVアニメ化が発表されました。


コミックキューンの最新号ではさっそく告知ページが設けられています。

hinako2ee1.jpg


劇団ひととせ初公演

ひな子は、極度の人見知り&あがり症な女の子。田舎から出てきたひな子は、自分を変えるために演劇に挑戦しようと決意しました。ひな子の住む「ひととせ荘」での日常、そして演劇仲間との交流がメインストーリーとなっています。

今回の第2巻で目標となっているのは、「劇団ひととせ」の初公演。ひな子のお母さんも見に来るということで、ひな子はこれまで以上に頑張ります。

実は演劇そのもののシーンは必ずしも多くはなく、日常シーンがメインです。初公演の様子もあまりはっきりと描かれません。演劇というよりも、女の子達が目標に向かって頑張る姿そのものが主題なのかもしれません。

アニメ化された際に、このあたりの演劇パートをどう膨らませるのかがみどころになりそうです。


百合要素

「わたしの友達が世界一かわいい」と同じ作者さんだけあって、この作品にもちょくちょく百合要素があります。あちらと違って百合をメインとして謳っているわけではありませんが、結構良い感じのシーンがちらほら。

一番わかりやすいのは、千秋のことが大好きなゆあ。出てくるたびに千秋に猛烈なアピールをしています。でもいざとなると勇気が出なかったり、乙女な一面も。バレンタインの回が特にみどころです。

hinako2ee5.jpg

一方、千秋はゆあの気持ちにあまり気づいていない模様。他の女の子からもモテている描写もあり、どうやら天然の女たらしのようです。


千秋の親友の真雪も、千秋に対してかなり強い気持ちを抱いています。バレンタインの回では、千秋の名前を唱えながらチョコを作っていました。

hinako2ee4.jpg

作品全体にちょくちょくこういう百合的な小ネタが挟まっています。日常シーンや演劇要素だけでなく、百合方面でも楽しめる作品だと思います。

 

【電子版】

 
 
過去の巻の感想:「ひなこのーと」第1巻(三月)
 
posted by trinder at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441403344
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック