2016年09月15日

女子高生 Girls-High 第13巻(完結) / 大島永遠

大島永遠さんの「女子高生 Girls-High」第13巻の感想です。



今回、ついに最終巻となっています。

思えば非常に息の長い作品です。連載開始はなんと2001年。女子校あるあるネタの先駆け的な存在です。15年に渡る連載の間、掲載誌が変わったり、アニメ化したり、連載が休止したりといろいろなことがありました。本編が休止している間に続編である「女子高生 GIRLS-LIVE」が始まったり(そして先に終わったり)もしました。

2014年に連載が再開されてからは、比較的順調なペースで新巻が出ていました。そして今回の13巻目にしてついに完結となります。


毛利さんと小柴さん

そんな最終巻の最初のエピソードでは、毛利さんと小柴さんが登場。

joshi13tt1.jpg

ちょくちょく百合ネタが挟まれるこの作品ですが、明確に恋人として描かれているほぼ唯一のカップルです。連載再開後はめっきり見かけなかったので忘れられたのかと思っていたのですが、久しぶりの再登場ですね。

そんな毛利さんと小柴さんのイチャイチャ話が描かれるのかと思いきや、意外にも桃香が絡んでいきます。桃香はある日小柴さんに助けられたことがきっかけで、小柴さんに憧れを抱きます。

joshi13tt2.jpg

そこに桃香の姉である由真が対抗心を燃やしてしまい……という感じの流れ。

久しぶりに毛利さんと小柴さんが見れて、それでいて実は由真×桃香の姉妹百合がメイン。ある意味2度おいしい感じのエピソードでした。



それぞれの旅立ち

この作品らしいおバカなギャグ会を挟みつつ、後半はちょっと真面目な雰囲気に。3年生への進学を前に、絵里子たちはそれぞれの将来を考え始めます。進路によっては、みんなが離れ離れになってしまう可能性も考えなければいけません。そんなとき、香田をめぐるある事件が……。

シリアスっぽい流れになりつつも、笑いを忘れないのがこの「女子高生 Girls-High」。最後は友情をテーマに綺麗にまとめられています。

joshi13tt3.jpg

最後に絵里子と香田がメインというのはちょっと感慨深いかもしれません。思えば最初は仲が悪かったりしましたね。由真と綾乃、姫路と小川がすでに組み合わせとして確立していることを考えても、香田と対になるのは絵里子しかいないと言えるでしょう。


連載休止と復活を繰り返してきた作品なので、正直ぜんぜん終わったという感じがしません。いつかまたどこかで会えたらいいなと思います。


 

「女子高生girl's-high完結記念本」も発売中です(実は最終巻より先に出ていました)。



【電子版】



posted by trinder at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
This is yuri manga? How?
Posted by Anon at 2016年09月16日 20:37
This manga has a lesbian couple (but not main characters).
In addition, it had some sister yuri episodes and
kind of lesbian jokes sometimes.

But this manga has a long history (some 15 yeas!),
so its style has changed a lot.
It is not so yuri currently.


For your information, it had a spin-off called "女子高生Girls-Live".
It was more yuri.

http://glfan.seesaa.net/article/418720374.html


>Anonさん
>
>This is yuri manga? How?
Posted by trinder at 2016年09月17日 19:13
I see. Thanks for explanation.
Posted by Anon at 2016年09月19日 02:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック