2016年10月28日

「桜Trick」第7巻(タチ)

10月27日は、タチさんの新刊が2冊リリースされました。「桜Trick」第7巻と「かなえるLoveSick」第1巻です。

sakurat7pp1[.jpg


今回はまず、おなじみ「桜Trick」の第7巻を紹介。



今回から、作中時間が3年目に突入しています。春香と優は3年生です。2人は相変わらず、いつでもどこでもキス、キス、キス。でもたまには将来についてちょっとだけ真剣になったりも……?

春香の周囲でも、新しい人間関係が動いていきます。


怜ちぇる×るなち

この春から、春香は生徒会副会長になりました。その関係で、たまに生徒会のシーンが描かれるようになっています。

さらに生徒会メンバーとして、滑川玲(なめかわ れい)と神坂るな(かみさか るな)という新キャラクターが登場。

sakurat7pp2.jpg

2人は幼馴染で、さらにこの春からは恋人としてお付き合いを始めた間柄です。ですが、いざ付き合うとなると何をすればいいのかわからず困っています。そんなとき、玲は春香と優のキスを目撃。

春香を恋愛の先輩と考えた玲は、るなとの関係についていろいろ相談に乗ってもらうことになります。特にキスのやり方を知りたい模様。そして、それは春香にとっても自分と優との関係を見つめ直すきっかけになったり。


新キャラだけあって、玲とるなの2人はかなり初々しい感じ。すぐキスをする人たちで溢れているこの作品ですが、つきあっているけどまだキスはしていないカップルというのは地味に新しい存在です。今後の進展が楽しみ。


ちなみに、るなは重度のラーメン好きという設定があります。ラーメンとつけ麺は別物だというのが持論。

sakurat7pp3.jpg

某ラーメン大好きな女子校生に聞かれたら壁ドンされそうな台詞ですね。

sakurat7pp5.jpg
某ラーメン大好き漫画4巻より)



楓×ゆず

楓は生徒会長になった関係で活躍が増加傾向です。親友のゆずに恋していることは、もはや疑いの余地がないレベル。ゆずのほうは相変わらずの鈍感さを発揮していますが、だんだん楓を意識してきているような……?


美月×理奈

美月(優の姉)と、その親友の理奈。現在2人は大学生ですが、たまに春香たちのところに遊びに来たりします。

理奈は以前から美月に片思いしていましたが、美月のほうは気づかないという状態が続いていました。ですが今回、ちょっと変化が。美月が春香への失恋を克服していることが示唆され、さらに理奈を意識し始める描写が入っています。理奈がついに報われるのでしょうか……?


しずく×コトネ

しずくとコトネのカップルにも新しい動きが。

以前からしずくの家に居候していたコトネですが、今回はしばらく優の家に泊めてもらうという展開があります。どうやら何かから逃げ回っているようです。

この巻の後半で、コトネの置かれている状況が判明します。コトネは婚約者から逃げ回っていたのでした。婚約者がいること自体は以前から判明している設定ですが、今回はその相手が森島空だったことが判明します。

空というのは、美月(優の姉)がやっている家庭教師のアルバイト先の先輩(女性)。実はゆずの家庭教師を担当していることも明らかになります。このつながりは果たして偶然なのか、それとも……?


コトネとしずくは、すでに駆け落ちまで覚悟しています。春香と優に対しては、最後のお別れとばかりに目の前でキスして自分たちの関係を明かしました。

sakurat7pp4.jpg

春香と優は、2人のために何かしてあげられないかと考えるのですが……。



というわけで、様々な方面で新展開&急展開が行われています。

これまでは作品の個性として、「キスはするけど恋愛かどうかはハッキリしない」という不思議な関係が多かったように思います。作中では「キス友」という名前が付いたりも。ですが今回になって、多くのカップルに恋愛感情があるとはっきり描かれた印象です。

ストーリー性も強くなっており、伏線の回収と思われる展開もいくつか見られます。最後はしずくとコトネのピンチで終わりますが、こういうシリアスな引きもこの作品では珍しいです。

春香と優の高校生活最後の1年がどんな結末を迎えるのか、目が離せません。

 
 
ラベル:桜Trick
posted by trinder at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック