2016年11月28日

「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)

「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」を読みました。



「やがて君になる」などを連載している「電撃大王」の編集部による、注目の百合アンソロジーです。

参加メンバーはとてつもなく豪華で、話題の百合作家さんが揃っています。仲谷鳰さん(やがて君になる)、のんさん(安達としまむら)、柊ゆたかさん(新米姉妹のふたりごはん)、伊藤ハチさん(小百合さんの妹は天使)、缶乃さん(あの娘にキスと白百合を)。その他にも百合好きなら見覚えのあるお名前が多数並んでいます。



以下では、個人的に特に印象に残った作品をいくつか紹介します。


幸せは傷のかたち(仲谷鳰)

「やがて君になる」で注目の仲谷鳰さんの作品。漫画としては「エクレア」の一番最初に掲載されており、表紙にもなっています。

ピアノ一筋の大人しい女の子・甲斐。ちょっとギャルっぽい女の子・鳥居は甲斐と仲良くなりたくて声をかけますが、つれない反応です。いらだつ鳥居。そんなとき、甲斐が事故で手を怪我してしまい……。

相手を独占したいがために不幸を願ってしまう、というちょっと屈折した感情が描かれています。シリアスな展開がありつつも、最後は爽やかなハッピーエンドにまとめられています。「エクレア」の始まりを飾るにふさわしい、綺麗な作品です。



無職とJK(缶乃)

なんかあんまりなタイトルですが、「あの娘にキスと白百合を」の缶乃さんの作品です。

年上の女性に養ってもらって生きている真央(28歳)と、なぜか彼女になつく女子高生・羽純(はずみ)のお話。羽純もかなりのお金持ちで真央を養ってくれると言っているのですが、真央もさすがに女子高生の世話になるのは抵抗があるようで……?

eku1b.jpg

「あの娘にキスと白百合を」には普段から個性的なカップルが多数登場していますが、今回のはあちらでもまず見れないくらい特殊な設定ですね。作者さんのいろいろな可能性を見れた気がします。


箱庭のアリス(天乃咲哉)

「このはな綺譚」の天乃咲哉さんの作品。

お嬢様とメイドものです。どちらかが一方的に頼っているように見えても、実はお互いに必要な存在……という関係。良い主従関係だと思います。


1/365のご主人様(めきめき)

「オンリー☆ユー 〜あなたと私の二人ぼっち計画〜」のめきめきさんの作品。

親友の春歌が誕生日だということを当日になって知った、美津子。プレゼントを買うお金もない美津子は、自分を一日自由にしていい権利を春歌に与えます。実は2人はすでにつきあっている(店舗特典の設定資料によると3ヶ月)らしく、けっこう大胆なプレイも飛び出します。

eku1a.jpg

唐突かつ極端なシチュエーションを設定しつつも、女の子らしさも各所で強調されていて、とても可愛らしい百合漫画となっています。このあたりは「オンリー☆ユー」にも通ずるものを感じました。


うさぎのベルとオオカミさん(伊藤ハチ)

「小百合さんの妹は天使」の伊藤ハチさんの作品。

舞台は、獣人たちが暮らすファンタジーな世界。入院中のお母さんに代わって喫茶店を切り盛りしている女の子・ベル(ウサギ耳)と、お客としてやってきたオオカミさんのお話です。後半は、オオカミさんが見つけたという最高の食べ物を探してちょっとした冒険劇に。

eku1c.jpg

獣っ娘でおねロリ。そんな伊藤ハチさんの趣味(多分)全開の作品です。一話完結の短編ながらも、獣人たちが仲良くくらしているやわらかい世界観を感じさせます。


キミのジンクス(タカダフミ子)

「同居人が不安定でして」のタカダフミ子さんの作品。

今日初めて話したはずの女の子から、2人の赤ちゃんができたと言われてしまって……。突拍子もない設定を強引に押し通す感じが素敵です。


私のアイドル(平尾アウリ)

「まんがの作り方」「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の平尾アウリさんの作品。

アイドルものです。ビジネス百合をやれば売れる、と言って後輩アイドルと合法的にイチャイチャしようとする先輩アイドルのお話。ビジネス百合という概念をポジティブ(?)な方向で使っているのが新鮮です。平尾アウリさんらしく最後はオチが。



収録作品のうち、気に入ったものを一部ですが紹介しました。

全体として、素晴らしい百合アンソロジーになっていると思います。百合界隈では超有名な作家さん達が多数参加しており、このあたりはさすが電撃系。得意のジャンルに邁進している人もいれば、普段はしない作風に挑戦している人もいて、バラエティに富んでいます。

一方でカボちゃさんのように、これが商業デビューだというフレッシュな作家さんも参加しています(他の作家さんと遜色ないくらい面白かったので、言われないと気付きませんでした)。

電撃系というといわゆる「萌え」の印象が強いですが、今回の「エクレア」に関してはいたって正当派です。どの作品も、女の子達の初々しい恋を丁寧に描いています。どの作品も絵がとても可愛く、このあたりはさすが電撃。

どの作品も綺麗にまとまっていて読みやすいので、初心者にもおすすめの百合アンソロジーです。




【電子版】

電子書籍版は12月17日より配信スタートです。




特典類

この「エクレア」、店舗特典がかなり充実しています。

DSCN8004.jpg

私が購入したメロンブックスでは、設定資料集がもらえました(写真左上)。こちらは表紙はカボちゃさんですが、複数の作家さんの設定資料やネームが収録されています。柊ゆたかさんの未採用イラストあたりは貴重かもしれません。

めきめきさんの設定資料からは、主人公2人に非常に詳細な設定が用意されていたことがわかります。本編ではすべて言及されたわけではありませんが、キャラクターの言動などからきちんと伝わっていたあたりはさすがです。

eku1d.jpg


さらに「やがて君になる」との同時購入特典として、仲谷鳰さんの「幸せは傷のかたち」の設定資料とネームが収録された小冊子がもらえました。こちらはほぼ全ページ分のネームが収録されているのでファンなら興味深いと思います。

eku1e.jpg
 
posted by trinder at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444419586
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック