2016年12月08日

「やがて君になる」第3巻(仲谷 鳰)

ちょっと遅くなりましたが、仲谷鳰さんの「やがて君になる」第3巻を読みました。



誰のことも特別に思えない主人公・侑。そんな侑のことを好きになってしまった先輩・燈子。一見何でもできる完璧人間に見える燈子ですが、その裏には亡くなった姉に起因するちょっと複雑な過去がありました。

燈子にとっては、誰のことも特別に思わない侑こそが特別。だから侑は燈子のことを好きになってはいけない……そんな複雑な関係性が設定され始めたのが、第2巻までのお話。


続く第3巻では、サブキャラクター達にも掘り下げがみられます。まず、燈子の親友の沙弥香。もともと燈子のことをよく見ているキャラでしたが、恋愛感情を持っていることが明確に描かれました。さらには、中学の頃に女の子と付き合っていたこともあるとか。

yagate3e3.jpg

現在は燈子のことを親友として見守っている沙弥香ですが、今後どういう形でストーリーに関わってくるのかが気になるところです。燈子と侑の関係にも影響を与えてくるのかもしれません。


他にも、意外なカップルの存在が明らかになります。生徒会副顧問の箱崎先生(女性)が、燈子たちがたまに行く喫茶店の店長(女性)と恋人同士です。同棲している社会人カップルです。

侑と燈子以外にも女の子同士の恋愛要素が明確に描かれたことで、今後どのように話に関わってくるのかが楽しみです。


体育祭

この巻の後半は、体育祭のお話。生徒会は部活対抗のリレーに出場することになります。燈子は妙に張り切っています。

燈子は、体育祭で頑張ったらご褒美として侑のほうからキスしてほしいとおねだり。軽い気持ちで承諾してしまった侑ですが、いざその時になると強い躊躇を覚えます。結局、燈子のほうから激しいキスをされることに。

yagate3e1.jpg


この巻では、侑が燈子を「好きになってはいけない」というブレーキをかけるシーンが何度か出てきました。意識的にそうしなければいけない時点で、ほとんど「好き」になりかけているようにも見えます。

相手からは思いっきり好かれているのに、自分からは好きになってはいけない。このちょっと変わった枷のかかったラブストーリーが、今後どのような展開を迎えるのか楽しみです。



【電子版】



ちなみに、メロンブックス特典は初期設定資料集。現在とはちょっと違うイメージの侑と燈子が見れます。

yagate3e4.jpg
 
posted by trinder at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444698915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック