2017年02月11日

「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)

桜井瑞希さんの「いつか私は、君を裏切る」第1巻を読みました。



高校教師の独善愛衣狐(ひとよし あいこ)は、生徒みんなから好かれ、頼りにされています。

uragiru1a.jpg

愛衣狐は生徒から、最近カバンに謎のカードが入っているという相談を受けます。助けたい気持ちはあるものの、愛衣狐は別に謎解きや推理が得意なわけではありません。

そこで愛衣狐が頼ったのは、教え子の初恋初恋(ういれん ういこ)。

uragiru1b.jpg

初恋は普段は無愛想で友達もいないのですが、抜群の洞察力と推理力を持ちます。


初恋は挑発的な態度で周囲をかき回しつつも、見事に真相を言い当てました。意外(?)にも、ちょっといい話かつ百合系の結末。

ただし初恋は決して人助けがしたいわけではなく、彼女の目的は犯人の「何で(なんで)」を知ること。犯人が過ちを犯すに至った動機を知ることに、初恋は至上の喜びを感じているようです。

uragiru1c.jpg

初恋のそのような人格の裏には、自分にはそういう感情がわからないから、ということがあるようです。愛衣狐は、そんな不器用な初恋をとても愛しいと思います。同時に、この子を可愛がれば自分の中の「寂しさ」が埋まるかもしれない、というちょっと邪な感情を抱きはじめ……

そんな愛衣狐の本心を知ってか知らずか、初恋は愛衣狐に突然キスをします。

uragiru1d.jpg



教師と教え子が様々な謎を解決していく、学園ミステリーです。

タイトルや表紙からはホラーなテイストを感じますが、絵的にショッキングなシーンなどは(今のところ)ありません。あくまで、生徒達の感情のもつれによって起きる小さな事件を扱っています。

ポイントは、どの事件もだいたい百合オチ(あるいは百合堕ち)であること。ネタバレを避けるため詳しくは言いませんが、想い人に振り向いてもらいたいというのが事件の動機であることが多いです。初恋が真相を解き明かすことで、結果的に告白になってハッピーエンドになったりも。キスシーンもあります。

女の子同士だからこそはっきりと好きだと言えず、遠回しな手段に走ってしまう。それが謎や誤解を呼び、事件だと騒がれてしまう。そう考えると、百合な事件ばかり起きるのはある意味では理にかなっているのかも……?いい感じに百合系ミステリィになっています。

ただしどんな目的があったにせよ、間違った手段を使ったことは相手に対する裏切りでもあります。タイトルの「いつか私は、君を裏切る」はそういうところからも来ているのだと思われます。


個々のエピソードで起きる事件とは別に、愛衣狐と初恋の関係も注目です。一見面倒見の良いお人好しだけど、内に寂しさを抱える愛衣狐。そして、不器用ながらも他人の感情(特に恋)を知りたいと思っている初恋。2人の愛称は良さそうですが、初恋はひねくれ者のうえに高い洞察力を持っています。果たして、2人の関係は素直に恋に発展するのでしょうか……?




電子版は1週間遅れて2月17日より配信。


 
posted by trinder at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446885040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック