2017年03月25日

百合百景(はちこ)

はちこさんの「百合百景」を読みました。




この作品は、タイトル通り100組の百合カップルを描いた超・短編集です。ちなみに、オールカラー。

1ページ1本が基本スタイルですが、たまに4ページ分くらいに渡る長編(?)も。逆に1コマで1ページ使った実質イラストな作品もありますが、こちらもきちんとストーリー性を感じさせるものになっています。

日常のなにげないやりとりから、恋に目覚める瞬間、あるいはすでに付き合ってる2人のイチャイチャな1コマまで。着目点の豊富さに驚きです。


※第28景「好きな人にかわいいって言われたい女の子の百合」
hyakkei2.jpg


百合漫画が100本も収録されているということで、お気に入りのカップルが見つかる可能性はとても高いと思います。王道カップルからちょっと変な2人まで、非常にバリエーション豊かです。

※第21景「キスにはまる百合」
hyakkei3.jpg

楽しみ方も人それぞれ。いっきに100本読みに挑戦してもいいし、スキマ時間にちょっとずつ読むのもあり。

基本的にフリースタイルのため、一発ネタや出オチ的な作品もちょくちょくあります。そのへんに突っ込みを入れながら読んでも楽しいと思います。

※第72景「変態百合」
hyakkei1.jpg

100カップルということで、単純計算で200キャラが登場することになります。そのあたりの描き分けも注目です。「あれ?この顔さっきも見たような……」とか思っても口にしないのがたしなみです。

全キャラに名前がついていますが、どっちがどっちなのかわからないカップルも相当数あります。いっそのこと、どっちがどっちなのか自分で想像してみるのもいいかもしれません。

登場カップルが100組いれば、楽しみ方も100種類……?そんな可能性を感じさせてくれる1冊でした。




【電子版】


posted by trinder at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック