2017年07月28日

「きんいろモザイク」第8巻(原悠衣)

原悠衣さんの「きんいろモザイク」第8巻を読みました。



今回も忍とアリスはラブラブです。本人たちがそう言っているので間違いありません。

kin8uu1.jpg

たまにちょっとだけ喧嘩しても、すぐに仲直り。周囲からも「バカップル」よばわりされています。

kin8uu2.jpg


こんな風にアリスとラブラブな忍ですが、あるエピソードでは突然「私を慕ってくれる可愛い後輩が欲しいのです!」とわがままを言いだします。そういえば忍はもう3年生ですが下級生と話しているところをほとんど見ませんね。ちなみにこの話はこの後忍のPV制作という謎の流れになっていきます。


百合的には、綾と陽子の出会ったばかりの頃を描いたエピソードも注目です。

kin8uu3.jpg

このときのお姫様だっこは、綾が陽子を好きになるきっかけだったのでしょうか……?


百合メインの話以外にも、いろいろ興味深いエピソードが満載です。綾のポエム帳を穂乃花が拾う話とか。

あと、穂乃花の友達の香奈が主役の話もあります。香奈は(他のキャラと比べて)普通で平凡なのが個性。でも隠れオタクだったりもします。個人的にはこの作品の平凡担当は穂乃花かと思っていたのですが、最近奇行が多いためか普通枠から外れてしまったようですね……。

また、みんなもう3年生ということで受験を意識したやりとりも登場するようになっています。まだ夏休み前ということで危機感は薄いですが、果たして今後もこのゆるい雰囲気を続けられるのでしょうか……?


今回もバラエティに富んだエピソードが収録されており、飽きさせない内容でした。日常4コマとしてはかなり長く続いている方に入ると思いますが、まだまだ引き出しがあることに驚きです。次の巻も楽しみです。



【電子版】

 

英語版 Kiniro Mosaic

英語版もリリース中です。翻訳はかなり秀逸な出来。日本語のジョークを英語的に言い換えている部分があるのが興味深いです。

また英語版独自の要素として、巻末の日本文化解説ページが異常に充実しているのも魅力です。

たとえば、お正月のシーン。作中で忍たちが雑煮(zouni soup)を食べると……

kin8uu4.jpg

巻末でzouni soupとは何かが説明されます。

kin8uu5.jpg

Mochi(a sticky rice cake) in zouni soup is a traditional Japanese New Year's Day food. The preparation of the soup differs on regional and family traditions.
「餅(ねばりの強い米を固めたもの)の入ったお雑煮は、日本のお正月の伝統食です。調理法は地域によって、また家庭によって異なります」

このように非常に簡潔かつ的確な説明となっています。外国人が知らない可能性がありそうな要素にはだいたい説明あり。英語で日本文化を説明する教科書としても使えそうなほどです。

電子版なら日本からも手軽に読めるので、興味があればぜひ読んでみてください。現在3巻まで出ています。

  
 
posted by trinder at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりにお邪魔致します。

きんいろモザイクも、今や百合漫画の古典的名作(クラシックスタンダード)の仲間入りですよね〜^^

忍×アリス、綾×陽子、カレン×穂乃花 に加えて、

忘れてはイケナ〜イ、ゴージャスアダルト百合ップル
“烏丸先生×久世橋先生”(学生時代からなので、さくら×あかり と書いた方が良いのか?)

もぅ最高デス !!
Posted by 紅玉国光(富山市) at 2017年08月06日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック