2017年08月20日

一迅社セールから未紹介作品を特集 「私の百合はお仕事です!」「八十亀ちゃんかんさつにっき」など

先日の記事でお伝えした通り、現在Kindleストアで一迅社セールにポイント約50%還元の付くセールが行われています。セール期間は8/18(金)〜8/21(月)。

Kindleで一迅社作品がポイント約50%還元セール 「猫娘症候群」ほか 7月発売の百合姫コミックスも


今回はセール対象の中から、これまでブログで取り上げる機会のなかったものを紹介します。


「私の百合はお仕事です!」(未幡)



白木陽芽(しらき ひめ)は、ソトヅラ良くふるまうのが得意な女の子。将来の夢は玉の輿。

そんな陽芽でしたが、ある日転んだ拍子に女の子にぶつかって怪我をさせてしまいます。実はその子はとあるカフェの店長さんで、陽芽はしばらく埋め合わせでアルバイトをする破目になります。しかもそこは、百合百合なお嬢様学校を模したコンセプトカフェ「リーベ女学園」で……。


お仕事上の設定として百合をする、という一風変わったシチュエーションの作品。ビジネス百合という概念自体はアイドルもの等で以前から見られましたが、この作品ではカフェの演出という形で細かい設定まで作りこんであるのがユニークです。

itijin1qq6.jpg

主人公はもともとソトヅラ良く演じることを得意としています。でもそれとカフェでの設定は別物。どこが演技でどこが設定でどこからが素なのか、そんな腹の探り合いもみどころです。

itijin1qq5.jpg


「八十亀ちゃんかんさつにっき」(安藤正基)

 
(8/20現在、第2巻がセール対象)

最近流行のジャンル(?)であるローカル漫画の1つ。

コテコテの名古屋っ子・八十亀(やとがめ)ちゃんによる、名古屋ローカルネタがみどころです。岐阜担当と三重担当もいるので、読むと東海地方全般に詳しくなれるかも。

一応言っておくと、主人公である陣は男性です。東京からの転校生である彼が、八十亀ちゃんから名古屋あるあるを聞いて驚くのが基本的なパターンになっています。


百合的に注目なのは、八十亀ちゃんの親友である只草(ただくさ)ちゃん。作中のナレーションいわく「特殊な癖」の持ち主で、八十亀ちゃんが大好きです。八十亀ちゃんのいろんな表情を写真に収めるのが趣味。

itijin1qq1.jpg

想像図ながら「ゆりーん」という効果音が付いていたこともあり、多少なりとも百合を狙ったキャラと思われます。

itijin1qq2.jpg

第2巻では、只草ちゃんと八十亀ちゃんとの出会いのエピソードが描かれています。

itijin1qq3.jpg

只草ちゃん自身の人格も掘り下げられており、意外と良い話かも。


この他、第2巻では主人公の妹・繁華(としか)の出番が大幅増加。実は八十亀ちゃんと同じクラスだったようです。2人が不器用ながらも友情を育む姿が描かれています。こちらはまだちょっとぎこちない関係ですが、今後の発展に期待。


「スキだらけJKといちゃエロできちゃう アンソロジーコミック」

最近REXコミックスのレーベルからやたら連発されている「〇〇アンソロジー」シリーズ。収録作はたいてい男性を主人公にしたお色気漫画ですが、たまに百合漫画が混ざっていることも。

完全に百合漫画といっていいのが「スキだらけJKといちゃエロできちゃう アンソロジーコミック」に収録されている「ゆりまぐねてぃっくす」。



後輩の水着姿にドキドキしてしまう先輩のお話です。

itijin1qq4.jpg

実はこのアンソロジーに収録されている中でもかなり過激なほう。他の漫画がせいぜいタッチ止まりなのに対し、明確にエッチまでしようとしている数少ない作品です。女の子同士ゆえにちょっとだけ過激な描写も許された、のかも……?


この作品が予想以上に良い百合だったので、他のREX系アンソロジーもいくつか見てみました。

「たわわなおっぱいはスキですか? 巨乳少女 アンソロジーコミック 」は、例によって男性主人公のラッキースケベ話が大半。



一応、女の子しか出てこない話も1本(ゆるく数えれば2本)あります。ただし基本的にお色気重視なので、それほど百合っぽい感じはしないかも。


「JCの魅力を楽しむ健全なアンソロジーコミック」(注:8/20時点でセール対象外)は、女の子しか出てこない作品が2作ほど。



1つは、友達同士でブラを買いに行く話。もう1つは、友達とはしゃぐだけのおバカなギャグ漫画……かと思ったら意外にも青春っぽくきれいに締められます。両作とも、シチュエーション的には百合漫画にあってもおかしくない感じ。作者さんが明確に百合を意図していたかはともかく、楽しめる作品です。


REXコミックスのアンソロジーは多すぎて私もチェックしきれていません。また何か見つけたら追記するかも……?
 
ラベル:電子書籍

posted by trinder at 16:52 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。