2018年08月21日

「キリング・ミー!」(あきやま)/ Kindleで30%OFFセール中!

先日お伝えした通り、現在Kindleストアでコミックキューン作品のセールが開催中です。

【参考記事】
Kindleでコミックキューン作品が30%OFFセール 「今日も女の子を攻略した。」「キリング・ミー!」「世界で一番おっぱいが好き! 」ほか

今回はセール対象の中から、これまでこのブログで取り上げていなかった作品を取り上げます。あきやまさんの「キリング・ミー!」です。




今人気のジャンル?な百合吸血鬼ものです。最近本当に増えましたね。

【参考記事】
ハロウィン記念!百合吸血鬼特集

「キリング・ミー!」の掲載誌であるコミックキューンには、創刊当初から「となりの吸血鬼さん」という吸血鬼百合漫画がありました。なのでまさかの吸血鬼百合2枠目ということになります。

あらすじ


女子高生ながらにヴァンパイアハンターをしている早貴は、クラスメイトの吸血鬼・美夜子の命を狙っています。ですがいつも軽くあしらわれ、しかも逆に血を吸われてしまう始末。

kiringme1aa1.jpg

美夜子に妙に気に入られてしまった早貴は、だんだん彼女のペースに巻き込まれていきます。やがて早貴も、殺すべき対象としてしか見ていなかった美夜子のことが気になるようになり……?

百合ポイント


ヴァンパイアハンター×吸血鬼、というありそうであまり見なかったタイプの吸血鬼百合です。「殺す」といった物騒な台詞が飛び交いますが、それほどシリアスな場面はありません。ちょっと特殊なシチュエーションの追いかけっこ、そしてそこから始まるラブコメといった感じのノリ。

当初は美夜子を殺そうとしていた早貴でしたが、美夜子のいろいろな面を知るにつれ気持ちが変わっていきます。他の娘の血を吸おうとした美夜子を止めて自分の血を吸わせようとしたりと、ヴァンパイアハンターらしくない行動が目立つように。1巻終盤では、早貴は美夜子のことが好きだとほとんど自覚するまでに至ります。

ヴァンパイアハンター×吸血鬼という特殊な関係性が至る所に活かされており、吸血鬼百合としても新鮮に読める作品です。

kiringme1aa4.jpg

ちなみに巻末にはゲスト作家さん達によるイラストが掲載されています。奥たまむしさん、伊藤ハチさん、菅野マナミさん、三月さん、雪子さんといった百合的に非常に豪華なメンバーです。こちらも一見の価値あり。



連載終了?


非常に魅力的な作品なのですが、先日突然連載終了が発表されました。


理由は作者さん都合とのことですが、詳細は不明。

考えてみると、百合吸血鬼ものは数こそ増えて来たものの生き残りが難しいジャンルのように思います。2巻ほどで打ち切りのように完結した作品は数知れません。比較的最近だと「かみつき学園」がいかにもそんな感じで急ぎ足に完結しました。「制服のヴァンピレスロード」に至っては、「全ッ然売れてないから打ち切り」であったことを作者さん自身があとがきでネタにしていました。

比較的ニッチなジャンルに突然供給量が増えてしまったゆえの過当競争、といった感じなのでしょうか……?まだまだ未知の可能性のあるジャンルだと思うので、完結に負けない勢いで新しい作品が増えてほしいです。
 


posted by trinder at 09:10 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。