2018年11月27日

「わたしのために脱ぎなさいっ!」第1巻(九郎)

九郎さんの「わたしのために脱ぎなさいっ!」第1巻を読みました。



百合漫画多めなコミックキューンで連載中。

お友達は作画資料


二ノ瀬しずくは、高校生ながらも成人向け漫画家として生活費を稼いでいます。ペンネームは「爆乳☆揉太郎」。基本いつも貧乏です。

作画資料不足に悩むしずくは、抜群のプロポーションを持つクラスメイト・白川心菜(しらかわここな)に目を付けます。しずくは、純粋無垢な心菜を言いくるめてエッチなポーズをさせ、作画の参考にすることを思いつきます。

watangi1ss3.jpg

しずくのことをまったく疑わず、それどころか友達ができてまでうれしいと語る心菜。いつしか、しずくも心菜に単なる作画資料以上の感情を抱き始め……?

一条寺まゆ


色々なキャラクターを描く必要性のあるしずくは、心菜以外の女の子にもモデルになってもらう必要性に迫られます。この流れで、心菜以外にも様々な女の子が登場。

百合的に注目なのは、理想のロリ体形を持つ一条寺まゆ。実はまゆ自身も漫画を描いており、しずくと心菜をモデルにした百合漫画を描きたいと思っています。どうやらしずくと心菜をすっかりそういう関係だと解釈しているようです。

watangi1ss2.jpg

このエピソードでは、実際しずくが心菜に単なる作画資料以上の気持ちを抱いていることが伺えます。心菜が自分以外の作家に作画資料にされそうになったとき、しずくが感じたのは一種の寂しさと独占欲でした。そこでしずくの口から出た言葉は……

「ほかの誰のためでもない…… わたしのために脱ぎなさいっ!」

watangi1ss1.jpg

タイトルにもなっているこの台詞。作家さんと作画資料というちょっと変わった形の絆を表現していると思います。




posted by trinder at 22:41 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。