2018年12月06日

「となりの吸血鬼さん」第5巻(甘党)

TVアニメ版が人気の「となりの吸血鬼さん」。このブログではTVアニメ版(9話まで)、アンソロジーを続けて紹介しました。

【参考記事】
TVアニメ「となりの吸血鬼さん」第9話まで
「となりの吸血鬼さん 公式コミックアンソロジー」

今回は、原作漫画の第5巻を紹介します。アンソロジーと同じく、9月27日発売でした。



ちなみに4巻までは過去に紹介しています。

【参考記事】
となりの吸血鬼さん 第1巻 / 甘党
「となりの吸血鬼さん」第2巻(甘党)
「となりの吸血鬼さん」第3巻・4巻

第5巻


今回の第5巻も、灯とソフィーのイチャイチャがメインといってもいい内容です。

ですが最初のエピソードでは、灯がニンニクを食べてしまったためにソフィーに避けられるという展開が。翌日無事臭いが取れた灯は「これでいつも通りソフィーちゃんとベタベタしてなでなでして一緒にお風呂入ったりできるね!」と喜んでいました。


アニメ鑑賞会のエピソードでは、同人作家の美月も参加。ソフィーの同人誌を描きたいとか言い出します。内容は当然のように百合もの。

kyuketu5tt1.jpg

「灯×ソフィー」とか「ソフィー×エリー」なんて言葉が原作本編に出てくるのがすごいですね。

考えてみると美月は非常に便利な存在で、美月の同人誌という設定にすればどんな百合物語も思いのまま。その辺を上手く生かした作品がアンソロジーにも1本ありました。


みんなで肝試しをするエピソードは、百合的にはひなた回です。ひなた自身怖いものは苦手なはずなのですが、灯に良いところを見せようと頑張ります。

kyuketu5tt2.jpg

ふわふわパティスリー


単行本の最後のほう(というか4分の1くらいある)には「ふわふわパティスリー」という作品が収録されています。「となりの吸血鬼さん」とは別物で、ケーキ屋さんで働く女の子たちを描いたお話です。元々は5年くらい前にきらら系の雑誌に掲載された作品のようです。

百合的に注目なのは、主人公の親友の菫(すみれ)というキャラ。「女の子にとても興味がある」という設定です。

kyuketu5tt3.jpg

ケーキ屋でバイトをしているのも、女の子がたくさんいるからという不純なもの。かわいい妹たちに囲まれてチヤホヤされたい願望を持っていたりするようです。実際モテてもおかしくない気がするのですが、今のところ残念ながら願望止まり。実際に女子からモテているイケメン女子な先輩を見てうらやましがったりもします。また、百合ハーレム願望とは別に主人公に特別な気持ちを抱いているように見えなくもないのですがどうなのでしょう。

全3話ということもあり色々と想像の余地を残して終わっていますが、いつか続きが読んでみたい作品です。


その他、巻末にはアニメ版「となりの吸血鬼さん」のアフレコレポートや、設定画なども掲載されています。ソフィーの館の間取り図などは原作ファン的にも興味深いかも。


(Kindle版あり)
 


posted by trinder at 01:35 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。