2019年01月04日

一迅社セールから未紹介作品を特集 「パルフェ: 2 おねロリ百合アンソロジー」「親がうるさいので後輩(♀)と偽装結婚してみた。」

本日1月4日までKindleストアで開催中の、一迅社作品ポイント50%還元セール。

【参考記事】
Kindleで一迅社作品が50%還元セール 11月発売最新作も「私の百合はお仕事です!」「私に天使が舞い降りた!」「きょうのバカわん娘 」他

今回はセール対象の中から、「パルフェ: 2 おねロリ百合アンソロジー 」と「親がうるさいので後輩(♀)と偽装結婚してみた。」を紹介します。

パルフェ: 2 おねロリ百合アンソロジー




人気ジャンル「おねロリ」、つまりお姉さんと幼女(ロリ)をフィーチャーにしたアンソロジーです。このブログでは過去にVol.1を紹介しています。

【参考記事】
百合姫コミックスセールから未紹介作品を特集 「パルフェ おねロリ百合アンソロジー」「私の百合はお仕事です!」


一口におねロリといっても、その内容は非常に多彩です。考えてみると歳の差があること以外には特に縛りがないので、お姉さんと幼女をどういう関係にするかは作家さんの発想次第。2人は姉妹だったり、お隣さんだったり、本当に様々です。今回は先生と生徒(あるいは、好意で勉強を見てあげている等も)を描いた作品がやや多めですが、その中でもきちんと作家さんごとの描き分けがされています。


相手が相手なのでお姉さん側があまり過激な行為に及ぶことはありませんが、岩見樹代子さんの「半透明少女遺伝子」は比較的激しいキスシーンがありみどころです。

ichisel2.jpg

この作品は「JKと友達の妹」というありそうで意外と見ない関係性なのも注目です。


おねロリの第一人者(?)伊藤ハチさんの作品「姉の秘密」も印象的。親の再婚によって新しく妹(幼女)ができた、というシチュエーション自体はわりと王道ですが、その子が主人公の姉と恋愛関係になるのがちょっと新しい切り口。主人公は主人公で姉に特別な感情を抱いているようで、姉と幼女とのイチャイチャを複雑な感情で見守ります。

おねロリが話の中心には違いないけれど、主人公はその中にはいない。でもちゃんと百合な話にはなっている。そんなちょっと新しいタイプの作風となっています。

その他にも個性的なおねロリ漫画が多数収録されており、とても楽しめるアンソロジーです。

親がうるさいので後輩(♀)と偽装結婚してみた。




「捏造トラップ-NTR-」で有名なコダマ ナオコさんの作品。クセの強い印象の強い作家さんですが、今回は素直な展開で読みやすい作風となっています。あとがきによると「久々のライトコダマ作品」。


主人公は、小さい頃から親の言うことには逆らわずに生きて来た女性。ですが、今は親の勧めでお見合い結婚させられそうになっています。今回ばかりは従いたくない主人公は、自分に片思いしている後輩(同性)に付き合っているふりをしてもらい、その場をしのぐことになります。

ichisel1.jpg

最初はタテマエで始めた後輩との同居生活ですが、自分の気持ちにまっすぐな後輩のことが、だんだん気になるようになってきて……。


突拍子もないシチュエーション設定のようでいて、もしかしたらありえなくもない?とも思えるストーリーです。後輩との結婚の既成事実作りとして自治体のパートナー制度を利用していたり、意外にも現実的な展開をします。主人公が同性愛者だと聞いた両親の反応も、現実的なもの。

フィクションとリアルさとのバランス取りが上手く、それでいて暗くないので読みやすいです。それまで百合に関心がなかった人でも入りやすい導入となっているので、なにげに百合漫画入門としてもおすすめかも?


なお巻末には「無酸素恋愛」という短編が収録されています。「親がうるさいので〜」とは別物で、4年ほど前の百合姫にのった作品です。陸上をテーマにした爽やかな青春百合ストーリーですが、愛情の陰にちょっとひねくれた感情が見え隠れするのが作者さんの持ち味でしょうか。





posted by trinder at 17:36 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。