2019年02月28日

いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック(コダマナオコ・後藤悠希・タカハシマコ・三国ハヂメ・森島明子ほか)

2月27日の百合漫画発売ラッシュ。とても1日では読み切れないくらいの数が出ていました。







前回の記事では、その中から「シスコンお姉ちゃんと気にしない妹」を紹介しました。

【参考記事】
「シスコンお姉ちゃんと気にしない妹」第1巻(桐灰きねそ)

今回は、同じく2月27日発売作品から「いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック」を紹介します。


いちゃらぶしかない百合アンソロジーコミック


女の子どうしのいちゃらぶ、というかちょっとエッチなシーンをフィーチャーしたアンソロジーとなっています。公式の紹介文によると、『「大好きだから、キスのその先で貴女を感じたい…」そんな女の子同士のいちゃいちゃHがたっぷり詰まってます』。

百合姫コミックスのちょっとエッチなアンソロジーということで、系列的には「百合姫Wildrose」や「キマシ!」の流れに属します。



【参考記事】
百合姫Wildrose
百合姫の一迅社による新たな百合アンソロジー「キマシ!」


今回参加しているのは、大北真潤さん・コダマナオコさん・後藤悠希さん・せきはらさん・ タカハシマコさん・三国ハヂメさん・南崎いくさん・森島明子さん・雪尾ゆきさん・蓮城はにさんです。

以下では、収録作の中から特に印象に残った作品を紹介します。


ラブアロマ(コダマナオコ)

仕事の疲れを取ってもらうため、友人の経営するマッサージ店に通う主人公。主人公いわく「マッサージ受けに来ただけ」とのことですが、実際にはそれ以上のお目当てがあって……。

kcharabu1d1.jpg

作者さんのあとがきによると「とにかくおっぱいを大きく描くように心がけました」とのこと。そのこだわりが感じられる作品となっています。2人の「いちゃらぶ」もちゃんとあり、短いストーリーの中に様々な背景設定を感じさせます。今回のアンソロジーの1本目にふさわしい作品になっていると思います。


おきがえたいむ、おきがえchu!(後藤悠希)

社会人の主人公と、同居しているJKのお話。2人のちょっとしたすれ違いからの仲直り、そして「いちゃらぶ」までが描かれています。

試着室でそういう行為に至るのはありそうで意外と見ないパターンかも。でもさすがに最後までするのは無理だったようで、「このあと滅茶苦茶(以下略」的な終わり方となっています。


ぬけがけスピードハック(大北真潤)

あるきっかけから、ずっと保健室にいて教室に行かない主人公。そこにクラス委員の女の子が訪ねてきます。

sikshima1dd3.jpg

しかもやたらとグイグイ来て、一緒のベッドにもぐりこんできたり。さらにそこに、主人公が保健室にこもる原因となった女の子がやって来て……。

ユニークなシチュエーションで繰り広げられるラブコメです。エッチな要素は(このアンソロジーの中では)やや控えめですが、ドタバタ感が楽しい作品となっています。


ロッキーロード・バスハイク(タカハシマコ)

中学の卒業式にて、親友の〇〇〇をなめたいかのような失言をしてしまった主人公。

sikshima1dd4.jpg

高校は別々なのでそのうちほとぼりも冷めるかと思いきや、なんと通学バスが一緒でした。気まずいながらも、せめて普通の友人に戻ろうと努力しますが……。

百合姫界ではもはやレジェンドといっていいかもしれない、タカハシマコさんの作品です。お人形のように可愛いらしい女の子たちから突如飛び出す過激な言動が印象的。百合姉妹(百合姫の前身)の創刊号にいきなり生理がテーマの話(単行本「乙女ケーキ」に収録」)を描いていたキレは健在です。


全部全部ちょうだい(三国ハヂメ)

大学合格を喜ぶ女子高生と、彼女の家庭教師のお話。1ページ目から「えっちしよ!!今すぐ!!」と非常に気が早いですが、最中のコミュニケーションが非常に丁寧です。「いちゃらぶ」感がよく出ている作品。

三国ハヂメさんは百合姫Wildroseでは常連。一時期は百合姫本誌でも連載していましたね。



百合姫コミックスからちょっと久しぶりのエッチなアンソロジーということで、非常に楽しめる作品になっていると思います。「いちゃらぶ」なシーンにページを多めに使いつつも、ちゃんとコミュニケーションも描いているところが百合姫コミックスらしい感じ。

最近の百合姫の作家さんと、ちょっと前の百合姫で活躍していた作家さんが共演しているのも興味深い点です。作家さんごとの絵柄や作風の違いから、百合姫の歴史が垣間見ええるかもしれません。


(kindle版あり)
 


posted by trinder at 13:10 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。