2019年07月21日

「ユリキュール アルコール百合アンソロジー」 / ポイント30%還元セール中!

Kindleストアで開催中の、百合姫コミックスセール。

【参考記事】
Kindleで百合姫コミックスがポイント最大50%還元セール 2019年3月発売まで対象


いくつかセール対象になっている百合アンソロジーの中から、今回は「ユリキュール アルコール百合アンソロジー」を紹介します。30%還元セール中。

ユリキュール


今回はお酒をテーマにしたアンソロジーです。酔った勢いで大胆になったり、あるいは酔っているヒロインを見てドキッとしたり……。お酒の持つ様々な側面を切り取った作品たちが収録されています。

お酒はハタチから、ということで登場人物が基本的に社会人または大学生なのも特徴です。ちょっとした社会人百合アンソロジーな部分ももっています。


本の最初に収録されている作品「頂けない人」(2C=がろあさん作)からして結構個性的です。主人公はバーデンダーの女性で、常連のお客さん(女性)の女たらしぶりを眺めるというお話です。一種のお仕事ものとしても面白い作品となっています。作中で言われている通り、バーの雰囲気も素敵。


後藤悠希さんの「同窓会はから騒ぎ!?」は、お酒の場を利用して恋人と仲直りしようとするお話。脇役と思われた後方の友人たちでもう1カップル成立していたりと、意外な展開が楽しいです。


「お酒のチカラは偉大です」は、「へんたいよくできました」などで知られる雪尾ゆきさんの作品。晴れてハタチになった主人公が、天然な幼馴染にお酒の勢いを借りて告白を試みます。

alyuri1.jpg

一見王道な展開ですが、オチを考えるとタイトルが意味深です。


「五月のこと」(三田織さん作)は、梅酒を作り一年後に一緒に飲む約束をするカップルのお話。本当にただそれだけで特別なことは起こらないものの、丁寧な心理描写は古き良き時代の百合姫(もしくは百合姉妹)を髣髴とさせます。



アルコール百合という一見ニッチなテーマですが、似通った作品はありません。どれも個性的で、このジャンルの持つポテンシャルを感じさせてくれる一冊となっています。


 


posted by trinder at 21:47 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。