2019年08月30日

「ヴァンピアーズ」第1巻(アキリ)

アキリさん作の「ヴァンピアーズ」第1巻を読みました。8/19発売。



いま流行(?)の百合吸血鬼ものです。
 

あらすじ


一花(いちか)は、祖母の葬式でアリアという美少女に出会います。何かを探してしているアリアに協力する一花でしたが、突然彼女に血を吸われてしまいます。

vanpeer1d.jpg

アリアは長い時間を生きて来た吸血鬼で、祖母とは以前からの知り合いのようです。アリアが探していたのは、ふるぼけた神社に収められていた短剣。アリアは、それを使って自分を殺してほしいと一花に依頼します。

すでにアリアのことが好きになっていた一花は、この依頼を断固拒否。あきらめきれないアリアは、なんと一花の親戚を自称して家に同居することになります。一花の家族も、吸血鬼の力で操られているのか異論なし。

こうして、普通の女の子と美少女吸血鬼の不思議な同居生活が始まります。

百合ポイント


一花が物語開始早々にアリアに一目ぼれしています。吸血される前からこれなので、この手の作品の主人公としてはなかなかの素質の持ち主です。吸血されてからは、アリアとの関係はますます特別なものに変わります。

一花は結構独占欲が強いのか、アリアが他の女の子からも吸血している疑惑が出た際は、「私というものがありながら」と心の中でつぶやいていました。


一方、アリアのほうが一花をどう考えているのかはまだまだ謎が多いです。一花に自分を殺してほしいと頼んでいましたが、一花でなければならない理由は不明。やはり一花の祖母と関係があるのでしょうか。物語が進むにつれ一花と同居したり同じ学校に通ったりしていますが、これが2人の関係に何らかの変化をもたらすのか、注目です。


(kindle版あり)
 
【参考記事】
発売日が近い百合吸血鬼漫画:「となりの吸血鬼さん」第6巻(甘党)
ブーム到来!?百合吸血鬼特集2018



posted by trinder at 20:52 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。