2020年01月28日

Bloom Into You(アニメ「やがて君になる」北米版)で英会話学習その1

2018年にTVアニメが放映され、第2期を望む声も多い「やがて君になる」。北米では2019年12月に英語版が「Bloom Into You」として発売されました。



日本語音声に加え、英語吹き替えと英語字幕を収録しています。今回は、この英語版「やがて君になる」を使って英会話を勉強してみたいと思います。

北米版の仕様


最初に、北米版Blu-rayの仕様を簡単に紹介。

ディスク2枚組で、全13話を収録しています。

bloomintouyoubl1.jpg

日本のプレイヤーでも普通に再生可能。これでAmazonでの実売5,000円程度なので非常にリーズナブルです。

音声は英語がデフォルトになっています。切り替えで日本語にすることも可能。

字幕は英語のみ。ON・OFFの切り替え可能です。デフォルトではOFFになっています。

なお英語字幕は英語吹き替えの台詞とは必ずしも一致しません。英語字幕は基本的に元の日本語に忠実ですが、吹き替えはより英語らしく聞こえるように多少のアレンジを入れる傾向があります。このあたりは日本のアニメの北米版として一般的な仕様です。

音声を日本語にして字幕をOFFにすればほぼ日本版と同様の状態で視聴することも可能です。OPやEDもスタッフクレジット含め日本語版そのままです。英語表記によるスタッフ一覧(オリジナル日本語版&英語版)は、ED後に別個に流れる形式。オリジナルを尊重していて好印象です。


北米版ということで台詞が英訳されているものの、ストーリーはもちろん日本語版と同じです。以下では、英語の学習としての聞きどころを紹介していこうと思います。基本的に吹き替え版準拠です。

第1話


他人に「特別」を感じることができない主人公、侑。そんな侑のよき理解者になるかと思われた先輩・燈子は、ふいに侑を熱い視線で見つめます。


侑「先輩は、私と同じじゃないんですか?」
燈子「ううん、違う。だって私、君のこと好きになりそう」


原作では第1話の最後を飾っていた印象的なこの台詞。英語版では、以下のように訳されています。


Yuu: Aren't you the same as I am?

Touko: Maybe not. Because I... I think I'm finally feeling it now.


上の台詞を再度日本語に直訳すると「だって私、ついにそれを感じられたの」。それ(it)というのは、他人に対する特別な気持ちのこと。

このように英語吹き替え版は文字通りの翻訳にとらわれない傾向があります。英会話としての自然さやテンポを重視しているのでしょう。


一方、英語字幕では比較的元の日本語に忠実です。

engbloom1aa1.jpg

I think I'm falling in love with you.

単にloveではないのでは、loveは「(今現在すでに)好き」という意味だから。これから好きになる場合はfall in love(恋に落ちる、好きになる)などとする必要があります。現在進行形なのは、今はまだ好きになろうとしている過程の段階だから。

今好きなのはlove、これから好きになるのはfall in loveという使い分けはこの後の台詞でも一貫して守られています。

第2話


当初は自分自身の行動に戸惑っていた燈子でしたが、やがて侑を好きになったことをはっきりと自覚します。学校からの帰り道、通過する電車の影に隠れて侑にキス。


燈子「君といると、どきどきするの。こんな気持ち、誰にもなったことなかったのに」

My heart races when I'm with you. I've never felt this feeling with anyone else before.

engbloom1aa2.jpg

「どきどき」は百合含め恋愛ものでよく聞く表現ですが、日本独自の擬音です。英語ではより具体的に「心臓(heart)が早く動く(race)」などと言い換えがされるのが一般的です。

ちなみにこの台詞に関しては英語吹き替えと字幕は一致しています。

第3話


燈子を会長とする生徒会が本格的に動き出します。燈子が密かに目標としていた「生徒会劇」が初めて言及される回でもあります。

なお「生徒会」は英語でstudent council。「生徒会劇」はthe student council stage showで、単にstage showと呼ばれることも多いです。

第4話


次第に侑に対して積極的になっていく燈子。侑は燈子に(この時点では)恋愛感情などはないのですが、燈子からキスを求めらえても明確に拒絶はしません。燈子はそんな侑をからかいます。



燈子「好きじゃないけどキスしたいとか。侑、えろい」

You want to kiss even though you don't like me? Wou Yuu, you perv.



pervは「えろい」というより倒錯者とか変態といったニュアンスの言葉です。実は百合作品(の英語版)では結構頻出で、「同性に恋をするなんて私はpervかもしれない」みたいな主人公のモノローグがある作品をひと昔前まえはよく見かけました。

even thoughは「〜にもかかわらず、〜だとしても」。



キスされる際、燈子の顔を間近に見ての侑の反応は百合作品でも王道的なものです。

engbloom1aa4.jpg


「まつげ長いな」

She has long eyelashes.

第5話


冒頭、侑が実家の本屋で店番をするシーンが印象的です。お客としてやってきた燈子は、百合小説(ちょっとエッチなシーンあり)を侑のいるレジに差し出します。


侑「男女の恋愛ドラマに見せかけて、途中で女同士で付きあう展開になるという噂の……」

It looks like a generic boy-meets-girl story, but halfway through it apparently turns into a lesbian romance...

engbloom1aa6.jpg

知っている侑も侑ですね。


なおこのあたりの心理戦(?)の台詞は、情報量が多いこともあってか作中屈指の早口です。リスニングの特訓に最適。lesbianという直接的に同性愛を表す単語が使われている珍しい箇所でもあります。


ちなみにこの話、初出は原作第1巻の店舗特典用のおまけ漫画でした。この作品としては珍しいギャグテイストなのはそのためですね。その後正式に単行本に収録され、アニメ化、英語化を果たすなど華麗なる出世を遂げています。

第6話


数々の困難にもめげずに、生徒会劇の実現に邁進する燈子。その背景には、数年前に事故で亡くなった姉の存在がありました。完璧であろうとすることも、生徒会劇も、すべては生前の姉のようになりたいがため。事情を知った侑は、無理にお姉さんのようにならなくてもいいのではと説得を試みます。しかし、燈子はかたくなです。


燈子「そんなこと、死んでも言われたくない」

I would rather die than hear any of that again.


would rather A than Bは、「BするくらいならAしたほうがまし」。wold rather dieで「死んだ方がまし」という強い表現となっています。



侑は燈子を変えられない自分に悔しさを感じつつも、今は燈子と一緒にいることを選びます。侑がこれまで通りでいてくれることに安堵した燈子は、さっきのかたくなさが嘘のように甘え始めます。


燈子「そばにいてくれる?

Will you still stay with me?

劇、侑も手伝って

I want you to help with the show.

私といて

Be by my side.

寂しいとき、甘えさせて

When I'm lonely, be there for me.

engbloom1aa7.jpg

他の人を好きにならないで

Don't develop feelings for anyone else.

私のこと、嫌いにならないで」

And what you are feelings now, don't let it become hate.



ちなみに上記の台詞はほぼ原作準拠ですが、「寂しいとき、甘えさせて(When I'm lonely, be there for me.)」はアニメで追加された一言です。さりげなく原作よりも要求がエスカレートしています。


まとめ(仮)


とりあえずアニメ前半の第6話までを紹介しました。

会話シーンが多い作風で、台詞によってストーリーが展開していきます。難易度も簡単すぎず難しすぎず。英会話(特にヒアリング)の教材としてなかなか優秀な部類に入ると思います。百合アニメで英語の勉強をしたいという人には非常におすすめです。

「やがて君になる」は原作漫画のほうも英訳版が出ていますが、そちらともまた少し違った翻訳が楽しめます。漫画版を英語ですでに読んだという人にもおすすめです。


入手方法に関しては、Amazonなどの通販サイトが最もお手軽だと思います。




漫画版に興味がある方は、こちらも通販サイトがおすすめ。大きめの洋書コーナーがある書店でも置いてあることがあります(新宿の紀伊國屋書店などにはあるのが確認できました)



電子書籍版が欲しい方は、Book Walkerなどで配信があるようです。

Bloom Into You Vol. 1 (Book Walker)



以下、ブログ内の「やが君」関連記事へのリンク。

【参考記事】
アニメ「やがて君になる」(Bloom Into You)北米版Blu-rayは日英対応
Bloom into You (漫画「やがて君になる」)英語版 単語帳
「やがて君になる」第8巻(完結)/ 仲谷鳰
TVアニメ「やがて君になる」第13話(最終回)まで

Bloom into You (英語版「やがて君になる」)で英語学習 その2
 



posted by trinder at 17:22 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。