2020年04月17日

「ゆめぐりゆりめぐり」第2巻(はづき)

はづきさん作「ゆめぐりゆりめぐり」第2巻を読みました。4/16発売の百合姫コミックスです。



温泉巡りをする女の子たちのお話です。

高校進学で温泉街に引っ越してきた主人公・つばきが、足湯につかっていた美少女・ひよりに一目ぼれするところから始まりました。やがて友達になった2人は、温泉巡りをしながらイチャイチャな日常を送ることに。

つばき達の友人である、夕夏(ゆうか)と凪(なぎ)も第2のカップルともいえる存在です。こちらの2人は幼馴染。身長的に夕夏がお姉さんに見えますが、実際は凪が年上です。

ちなみに舞台は静岡県のようです。施設の実名などは基本的に出さない方針のようですが、わかる人にはわかる程度にはモデルがあるようです。

一応温泉がテーマではあるものの、百合姫コミックスなので百合描写にも力が入っています。第1巻の最後では、ひよりが(はっきりとは描かれていないものの)つばきにキスをするという出来事がありました。

【参考記事】
「ゆめぐりゆりめぐり(1)」「徒然日和(3)」


第2巻では、ひより視点多めです。第1巻ではつばき視点からひよりへの好意(恋愛かはともかく)が多く描かれましたが、今回はひより側の気持ちもよりはっきりと描かれていきます。

序盤はキスの件でつばきとちょっとぎこちない雰囲気ですが、すぐに仲直り。このときはつばきからの告白寸前のやりとりまであったりします。

それからは再び、イチャイチャ多めの温泉巡り。プールで入れる温泉の回はビジュアル的にもちょっと新鮮ですね。このエピソードではつばきがひよりとの結婚式を妄想しているシーンがあったり。

yuriyumegu2q.jpg

やはりつばきはひよりが大好きなようです。この後もちょくちょく、ずっと一緒にいたい的な台詞を言ったりします。

つばきがひよりの家にお泊りする回では、なぜか2人一緒のお風呂。温泉とはまた違ったドキドキが描かれます。この回ではひよりの妹も登場しますが、2人の仲を応援しているようで良い味を出しています。


夕夏と凪も今回なかなか出番多めとなっています。この2人しか出てこない回もありますし、つばき・ひよりと一緒に温泉巡りする機会も増えています。夕夏たちは幼馴染ということで、高校で出会ったつばき達とはまた違った関係性が描かれています。



今回も、温泉にかこつけて女の子たちのふれあいをこれでもかと描いています。恋愛かどうかまだはっきり描かれていない感もありますが、そうだと連想させるような描写はちょくちょく入っています。今後どれくらいのペースで仲が進展していくのか楽しみです。


(kindle版あり)

ちなみに第1巻は現在30%還元セール中のようです。



4/16は以下の百合姫コミックスも発売されています。





posted by trinder at 23:31 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。