2020年05月06日

北米版BOOK WALKERで読める英語版百合漫画・ラノベ特集 その1

今回は、「BOOK WALKER」(北米版)で読める百合漫画・ライトノベルを紹介していきます。前回の特集記事の漫画編という感じ。

2020-05-07 (20).jpg yurilife112.jpg

まず北米版BOOK WALKERの使い方から。

北米版のサイトは日本版のサイトとは別になっています。日本版のサイトの右上にあるメニューの「Global Store(英語書籍)」から北米版にアクセスできます。




もちろん、最初から海外版のトップページに行っても問題ありません。

北米版BOOK WALKERトップページ


アカウントは日本版でも北米版でも共通です。日本のアカウントがあればそのまま海外版で英語の漫画やライトノベルを購入可能です。


かなりの数の作品があるので探すのが大変ですが、とりあえず「Girl's Love / Yuri」というタグが付いている作品を見てみると良いかと思います。

北米版BOOK WALKER: Girl's Love / Yuriタグ付きの作品一覧

百合×英語 おすすめ作品


今回セール中になっている作品のうち、個人的に気になる作品、おすすめの作品をいくつか紹介していきます。


「あの娘にキスと白百合を」

Kiss and White Lily for My Dearest Girl (北米版BOOK WALKER)

昨年完結した、近年の百合漫画を代表する名作の1つ。英語版も全10巻で完結済みです。オムニバスなのは英語学習においては有効で、エピソードによって話題や語彙が替わるため、幅広い英語を見ることができます。一部の巻だけ買ってもそこまで違和感がないのも、気軽に手に取りやすい要因になっています。英語版はお気に入りのカップルのエピソードのみ読む、というのも十分アリだと思います。

bwsale20205a.jpg

"I like you. I love you, Kurosawa san!"
(わたし あなたが好き 黒沢さんのことが大好き!)



「やがて君になる」

Bloom Into You Vol. 6 (北米版BOOK WALKER)

こちらも近年の百合漫画を代表する作品。BOOK WALKERにあるのは原作漫画の英語版です。

登場人物の名前を何度も間違えているなど、英訳に関してはやや賛否両論。「最寄り駅」を"Moyori Station"と訳すなど、独特のセンスがシュールな雰囲気を醸し出す場面も。海外の人でも気になるレベルらしく、間違いをまとめているブログがあるほどです。

一応、Vol.1に関しては紙書籍版での間違いが電子書籍化の際に修正されています。

yagakimicorrect.jpg


yagacorrect2.jpg

なんでSayakaばっかり……と言いたくなりますが他にも名前を間違えられた人物が少なくとも5人ほど確認されています(Vol.6までの時点)。


現在はアニメの英語版も出ており、個人的にはそちらをおすすめ。英会話としての教材にも十分使えそうな出来です。

【参考記事】
Bloom Into You(アニメ「やがて君になる」北米版)で英会話学習その1


アニメは原作第5巻の前半までの内容だったため、以降のストーリーを英語で楽しみたいなら漫画版もありかもしれません。最近は漫画の英訳版も質も、少しずつですが改善されているようです。Vol.1の頃と比べれば、そこまでおかしい翻訳ではないレベルになっています。以下の台詞はVol.6より。


"I was convinced that yuu would never fall for me. I was so sure. I kept depending on her."
(侑が私を好きになることはないと思い込んで 信じ切って ずっと侑に甘えてた)




「やがて君になる 佐伯沙弥香について」

Bloom Into You: Regarding Saeki Sayaka Vol. 1 (北米版BOOK WALKER)

Sanae Sayaka …… ではなくSaeki Sayakaを主人公にしたスピンオフ小説。Vol.1の前半はオリジナルの小学生編、後半は原作の回想シーンを膨らませた中学生編となっています。良い意味で教科書的な、素直で普通の英文となっています。以下で引用する文章はやや難しめの文法を使っていますが、こういう複雑な構文はごく一部なのでご安心を。

"Far in the future, I would sometimes look back on this moment. That a girls had been the first person to ever confess to me might have hinted at my destiny."
(そして、これからずっと先に、振り返ると。最初に告白してきたのが女の子だったのは、そういう運命の暗示だったのかもしれない)




「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」

Éclair (北米版BOOK WALKER)

仲谷鳰さん(やがて君になる)、缶乃さん(あの娘にキスと白百合を)らも参加の百合アンソロジー。収録作は基本的に読み切りの短編なので、英語でも気軽に読みやすいと思います。最近Vol.2の英語版も出ましたが、現在Vol.1がセール中。

bwsale20205c.jpg

"I'm only interested in older women who can support me. Go home to bed, kid!"
(私は私を養ってくれる年上の女性にしか興味がないんだ。お子ちゃまは帰って寝な!)

scum(クズ)



「ゆりぐらし」

Yuri Life (北米版BOOK WALKER)

百合同棲がテーマの短編集。毎回様々なカップルが登場します。社会人同士のような王道だけでなく、先生と生徒だったり、果ては死神と同棲する話まで。生活感のある会話が多いので、英会話へ応用できるポテンシャルは高そう?

yengbw1.jpg

"Getting to go home with the one you love, to the house where they live... Doesn't that make you incredibly happy?"
(好きな人がいる家に好きな人と帰るなんて すごい幸せじゃないですか)




「徒然日和」

Our Wonderful Days (北米版BOOK WALKER)

百合姫コミックスの中でも特別知名度が高いわけではないと思いますが、なぜか(?)英訳版が出ています。田舎ののどかな風景をゆったりと描いており、癒される作品。とても日本らしい風景なので、たしかに海外の人には受けそうです。

ときおり出てくる田舎あるある(?)的なトークの英訳でもクスリとできます。

yengbw2.jpg

"She's really lived in Tokyo! That's awesome!"
(すげぇマジで東京の人だ!)

"So there really is a Shinjuku there."
(新宿とかホントにあるんだね〜)

"Did you think it was pretend...?"
(架空だと思ってたの……?)


そんなのんびりした会話が多いですが、百合姫コミックスらしくきちんと百合はやっています。日本版は第3巻で主人公とヒロインが恋人になって完結していました。現在、英訳版はVol.2まで出ています。




「きんいろモザイク」

Kiniro Mosaic, Vol. 10 (北米版BOOK WALKER)

英語版では作中の日本文化に詳細な解説がついています。英語学習者(特に通訳ガイド志望者)に超おすすめの作品です。日本語版は先日の第11巻で完結しました。英語版はVol.10まで出ており、全巻セール中です。

Vol.10の英語的みどころは「告白」がテーマの回の、「月が綺麗ですね」。

yengbw3.jpg

日本語版では「I love youの意」と添えてある程度で詳しい説明はありませんでしたが、英語版では以下のように解説されています。

yengbw4.jpg

Supoosedly, the writer Souseki Natsume suggested this romantic line commenting on the beauty of the moon as a translation for the English phrase "I love you," saying that Japanese would never be so direct.
(作家の夏目漱石は、英語の"I love you"の翻訳として、月の美しさを語るロマンティックな台詞を考案しました。日本ではあまり直接的な言い方はしないからです)



「ハッピーシュガーライフ」

Happy Sugar Life, Vol. 1 (北米版BOOK WALKER)

女子高生と幼い女の子の同居生活を描く作品。邪魔する人間は誰であっても容赦なく排除していきます。部屋で2人きりのときの甘々なやりとりと、外で邪魔者と遭遇した際の物騒な会話のギャップがみどころです。

yengbw6.jpg

"I have a precous, irreplaceable life I want to protect. I can do anything for it. My beloved life. My haappy sugar life."
(大切でかけがえのない 守りたい生活があるの そのためならなんでもできるんだ  私の愛しい生活 ハッピーシュガーライフ)



「キリング・ミー!」

Killing Me!, Vol. 1 (北米版BOOK WALKER)

ヴァンパイアハンターの少女と吸血鬼の追いかけっこを描いています。近年人気上昇中のジャンルである吸血鬼百合の1つ。血を吸ったり吸われたりといった内容を英語で表現したいときの参考になりそうです(使うことがあるかはともかく)。

yengbw7.jpg

"...Blood... If you're going to drink blood, I want you to drink from me, Miyako..."
(…血…吸えば……?  吸ってほしいの、美夜子に…)



「はるかなレシーブ」

Harukana Receive Vol. 1 (北米版BOOK WALKER)

アニメ化もされているビーチバレー漫画。スポーツ系の語彙の勉強にはよさそうです。ペアのことをいちいち恋愛や結婚に例えるため、百合っぽい台詞がちらほら。

"It really does soud like your're talking about a girlfriend. "
(なんかほんとに恋人みたい)



「ストロベリー・パニック! 」

Strawberry Panic Vol. 1 (北米版BOOK WALKER)

3つの女子校を舞台に展開する百合物語。一般的にはアニメ版が有名ですが、BOOK WALKERで読めるのは漫画版。小説版をベースにしており、アニメとは様々な点で異なります。夜々が第1巻で早くも光莉に手を出そうとしていたり……。

yengbw5.jpg

なお英語版の漫画がBOOK WALKERで読めるようになったのは2017年からです。のちにラノベ版も配信開始。

日本語版の漫画は15年近く前の作品ということもあって、電子書籍化されていないようです。英語版のほうが手に取りやすいという不思議な状態になっています。



「神無月の巫女」

Kannazuki no Miko (北米版BOOK WALKER)

こちらは「ストパニ」よりさらに少し前の作品。最近になってスピンオフ漫画の連載が発表されたので、この機会に漫画版も読んでみてもいいかも。アニメ版とは一部の設定や結末が異なります。

"No! I don't want it! I don't want a world without you in it!"
(いやだっ!いらないっ!千歌音ちゃんの居ない世界なんていらないよっ!)



北米版BOOK WALKERで配信中の英語百合漫画をいくつか紹介してきました。当初は1回でまとめるつもりだったのですが、思ったより量があったので記事を分けたいと思います。

後編では「加瀬さん」「Citrus」「あの娘と目が合うたび私は 社会人百合アンソロジー」「親がうるさいので後輩(♀)と偽装結婚してみた。」「New Game!」「ささめきこと」「Girl Friends」「くちびるためいきさくらいろ」を紹介しています。

北米版BOOK WALKERで読める英語版百合漫画・ラノベ特集 その2



百合と英語に興味がある方は以下の記事も参照していただけると幸いです。

【参考記事】
百合で英語を勉強しよう2020 漫画・アニメ・小説・ゲーム
 

また、英語の漫画を読む際は日本語版も用意することを強くおすすめします。2つの言語を同時進行で見ていくことで、2つの言語を頭の中で瞬時に切り替える練習になります。
 




ラベル:百合英語
posted by trinder at 17:43 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。