2020年05月15日

Kindleで文春文庫の小説などが大規模セール「五つ数えれば三日月が 」「終点のあの子」ほか

Kindleストアで、複数の出版社をまたいだ小説・新書などのセールが行われています。対象作品はポイント50%還元。セール対象は1万作品以上のようなのでかなり大規模です。



漫画などはなく、活字の真面目な本が多めのようです。百合的には小説に注目でしょうか。

【セール公式サイト】
Kindleストア : 【50%ポイント還元】Kindle本ポイントキャンペーン


私は正直あまり小説に詳しくはないのですが、ネットの情報などを参考に百合要素がありそうなものを頑張って探してみました。多くは文春文庫です。

まず、2019年7月発売で比較的新しい「五つ数えれば三日月が」。第161回芥川賞候補作とのこと。



【参考記事】
「五つ数えれば三日月が」(李琴峰)感想


百合かどうかは議論が別れそうですが、個人的にお気に入りは「終点のあの子」。柚木麻子さんの初期の作品です。



柚木麻子さんの作品はユリイカの百合特集で少し紹介されたり、百合の世界入門で缶乃さんのルーツの1つとして言及されたりしていました。作品によりますが、百合的な観点から読むのはあながち間違っていない……はず。

【参考記事】
「終点のあの子」感想


同作者さんの「ナイルパーチの女子会」は作者さんが当時のインタビューで(部分的に)百合だと語ったことがあるようです。ただしネットの反応は必ずしも百合とみなしていない声も多いようなのであしからず。





その他の作家さんだと、以下のあたりも調べた限り百合要素がありそう。私自身は未読の作品も多いので詳しくは紹介できませんが、ネットで「タイトル」+「百合」とか「同性愛」とかで検索すれば情報が出てくるかも……?





 
KADOKAWAセール

現在、KAODKAWAのセールも開催中です。

【参考記事】
KindleでKADOKAWA漫画・小説50〜70%OFFセール「キキ・ホリック」「魔女と少女の愛した世界」「女流作家とユキ」「私たちは恋を描けない」他

そちらにもいくつか百合小説があるようです。


 


ラベル:電子書籍
posted by trinder at 14:44 | Comment(0) | セール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。