2020年05月26日

「私たちは恋を描けない」(あかまる)第1巻 / 50%OFFセール中!

5/28までKindleストアで開催中のKADOKAWAセール。

【参考記事】
KindleでKADOKAWA漫画・小説50〜70%OFFセール「キキ・ホリック」「魔女と少女の愛した世界」「女流作家とユキ」「私たちは恋を描けない」他

【セール公式サイト】
Kindleストア : 続・カドカワ祭 ゴールデン 2020 (5/28まで)


今回は50%OFF作品から、「私たちは恋を描けない」(作:あかまる)を紹介します。

あらすじ


ギャルな みゆう とお嬢様な華乃(かの)は、新人漫画家。みゆうは絵がうまいけど話がダメ、華乃は逆に話は作れるけど画力がイマイチ。そこで2人は、互いの得意分野を活かしてコンビで漫画を描くようになりました。

でも2人とも恋愛経験がないため、話と絵の引き出しに限界があります。そこで参考資料として、自分たちでキスなどの実演をしながら漫画を作っていくことに……。

kakenai1aa.jpg

みどころ


一見正反対な2人が、協力しながら一つの漫画を作っていくお話。

基本的には華乃視点が多く、みゆうに密かに恋心を抱いていることがわかります。無自覚にキスシーン実演の提案などをしてくるみゆうに、華乃がドキドキしてしまうのがお約束です。


中盤からは、翠(すい)という新キャラが登場。イケメンキャラと思いきや実は女子で、いろいろ事情があって男子(というか王子)のようにふるまっているようです。秘密を持つ者どうしか、翠と華乃は意気投合。

華乃と翠が仲良くなったことで、みゆうは嫉妬している自分に気づきます。そしてみゆうも、華乃に対し特別な気持ちを抱いていることを自覚することに。第1巻終盤では、ついにみゆうから華乃へ「好き」という告白が。

kakenai1ab.jpg

華乃にとっては念願の両想いのチャンスですが、どうも上手く伝わっていないような……?まだまだ波乱がありそう。


現在、第1巻が50%OFFセール中です。




ちなみに上の第1巻は2018/12/4発売。現在のところ2巻目は出ていないようです。WEB連載ページを見る限りすでに完結しており、単行本あと1冊分くらいの内容はあるようです。非常に面白い作品なので第2巻もぜひ出してほしいところですが、どうなったのでしょうか……?

その他のセール


ページ右上の蘭に開催中のセールをまとめていますので参考にしてください(スマホ等の小さいディスプレイだと表示されない場合があります)。





posted by trinder at 20:43 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。