2020年05月27日

「アルコール百合アンソロジー・ストロング!」(昆布わかめ・樫風・くうねりん・タツノコッソ他)

5/27発売の「アルコール百合アンソロジー・ストロング!」を読みました。



昨年あたりから、百合姫コミックスがテーマを限定したニッチな百合アンソロジーを連発しています。今回紹介するのは、「アルコール百合アンソロジー」の第2弾。

このブログでは以前第1弾を紹介済み。

【参考リンク】
「ユリキュール アルコール百合アンソロジー」


このシリーズはアルコールがテーマということで、大人の女性同士を描いた内容になっています。社会人百合が多めですが、飲酒可能な年齢になったばかりの女の子を描いた初々しいエピソードもあったり。


今回の第2弾ではさりげなくコンセプトがパワーアップしており、「お酒にまつわる、ちょっとえっちな百合アンソロジー」とされています。お酒の勢いでそういう関係を持ってしまった、というお話が多めなのが特徴です。作品にもよりますが、そういう行為に関するかなり直接的な描写もあったり。


とはいえ酔った勢いで望んでもいないことをしたのではなく、元々抱いていた想いをお酒をきっかけに伝えられたというお話が多くなっています。どのタイミングでお酒を飲んで勇気を出すかに、作家さんの個性が表れていると思います。


ちょっと変わりダネだと、「オフ宅」(のやまさん作)は、ネットゲームを扱ったお話。正確にはネットゲーム上での仲良しとオフ会で会って飲むお話。ゲーム内での仲良しぶりと、リアルでの馴れ初めが併行して描かれるのが新鮮です。

alcoyuri2a.jpg


「三人寄れば文殊の知恵」(焼肉定食さん作)もユニーク。女友だち3人で飲んでいたら、翌朝なぜか全員全裸に。3人とも記憶はないながらも、昨夜何があったのか記憶をたどっていきます。


お酒にまつわる百合模様がいろいろ描かれていて、独特の味があって楽しいアンソロジーでした。大人の恋が多めなので、社会人百合が好きな人にもおすすめです。


(kindle版あり)


余談ですが、5/27は百合漫画発売ラッシュでした。機会があれば他の作品も紹介していきたいです。







posted by trinder at 23:16 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。