2020年08月04日

「Citrus」「citrus +」(サブロウタ) / 50%還元セール中!

現在開催中の一迅社セール。

【参考記事】
Kindleで一迅社50%還元セール 6月発売百合姫コミックスも

【セール公式ページ】
【最大50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン


今回はセール対象の中から、サブロウタさん作の「citrus」とのその続編「citrus +」を紹介します。


 
百合姫の中でも長期連載に属する人気作です。2018年にアニメ化もされています。



Citrus


柚子(ゆず)は、母親の再婚に合わせて新しい生活を始めることになりました。見た目が完全にギャルな柚子は、転校先の女子校で生徒会長の芽衣(めい)にさっそく目をつけられます。実は、その芽衣こそ母親の再婚相手の連れ子、つまりは新しい妹になる子でした。

奔放な柚子とは対照的に、芽衣はクールで生真面目。ですが柚子をからかうように突然キスをするなど、何を考えているのかわからないところもあります。最初は戸惑っていた柚子でしたが、芽衣の複雑な家計の事情を知るにつれ、次第に芽衣のことを強く意識するようになります。

芽衣のほうも自分にはないものを持つ柚子に惹かれていたようで、2人には意外にも早くに(5巻あたりから)恋人となっています。とはいえ2人とも恋愛経験はないので、それから先の関係は手探り状態。2人は同学年ですが一応柚子のほうが姉ということになるらしく、なにかとリードしようとするのが微笑ましいです。

柚子と芽衣が中心のストーリーということで一貫していますが、節々で登場するサブキャラクター達も魅力的です。多くの場合、柚子と芽衣のどちらかに縁のあるキャラ。というかどちらかに片思いしているパターンが多いです。いずれのキャラも悪い子ではなく、柚子と芽衣の関係に波風を立てつつも、最後には2人の仲を進展させることになります。

終盤(9〜10巻)のクライマックスでは、当初から示唆されていた芽衣の政略結婚(相手は男性)が再び取沙汰されます。ここでは、これまで柚子と芽衣に縁があったキャラクター達がそれぞれの形で2人を勇気づけ、物語を盛り上げます。最後は、障害を乗り越えた2人のハッピーエンドで締められています。



「Citrus」本編は全10巻で一旦完結していますが、物語は後述の「citrus +」へと続いていきます。

citrus +


「citrus +」は「Citrus」の直接的な続編です(正確には、最終回とエピローグの間と思われます)。

芽衣は無事に柚子の家に戻ってきて、再び姉妹として、そして恋人として仲良く暮らしています。柚子はノロケっぷりは相当なもので、周囲をあきれさせているほど。むしろ芽衣も恥ずかしさのあまり怒り出すレベル。

一方で、芽衣との将来のために必死に勉強する柚子の姿も描かれます。芽衣も自分の家族や将来と向き合っています。2人とも、パートナーとして共に歩む未来をより真剣に考えるようになった感じ。

citrus10aaa.jpg

少しシリアスな部分もあるものの、2人が最終的にハッピーエンドになること自体は「Citrus」本編のエピローグで明示されています。その点では安心して2人の頑張りを見守ることができそうです。


現在、Kindleストアのセールによって「Citrus」本編全10巻、「citrus +」第1巻、アンソロジー1巻がポイント50%還元中です。
また、アンソロジーもポイント50%還元セール中。



ちなみに「citrus +」第2巻は7/31発売でした(さすがにまだセールではありません)。こちらは別の記事で感想を書きたいと思います。





posted by trinder at 22:24 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。