2020年08月05日

「citrus +」第2巻(サブロウタ)

先日の記事では、サブロウタさんの「citrus 」「citrus +」を紹介しました。

【参考記事】
「Citrus」「citrus +」(サブロウタ) / 50%還元セール中!


今回は、その続きである「citrus +」第2巻を紹介します。7/31発売。



今回も、柚子と芽衣はイチャイチャラブラブ中。ただし学校では他人の目を気にして自重するなど、一応の節度はあるようです。

一見順風満帆に見える2人の交際ですが、今回は生徒会関係で新たな波乱があります。生徒会の一年生である氷上さんは、学園の厳しい校則に存在する例外が気に入らない模様。この例外とは、生徒会長である芽衣が以前柚子の影響で追加したもの(「citrus」本編5巻参照)。氷上さんは、この例外の象徴的存在である柚子を敵視します。

氷上さんが校則をできるだけ厳しくしたい理由には、幼馴染の桜庭さんが関係しているようです。そのあたりにいち早く気づいたまつりが、桜庭さんにちょっかいを出して氷上さんを煽る一幕も。まつりは基本いつも柚子の味方ですが、毎度サポートの仕方が攻撃的ですね……。

citrusp2vv.jpg


作中の描写を見る限り、氷上さんの桜庭さんへの気持ちは友人にしてはちょっと行きすぎ。恋しているようにしか見えません。ですが、本人はかたくなに同性に恋愛感情を持つのはおかしいと主張します。まだ自分の気持ちに気づいていないということなのでしょうか……?

ですが氷上さんも、柚子とじっくり話し合うことで自分の気持ちに整理がついたようです。柚子と芽衣の交際に対しても、正直に話してもらったことである程度納得がいった模様。氷上さんと桜庭さんが明確に恋人になったという描写はまだないものの、これからの進展を楽しめそうです。生徒会メンバーということで今後も出番があるはず。

この騒動を通して柚子と芽衣の絆もさらに深まり、一件落着。サブキャラクター達の起こす問題が結果として主役2人の仲の進展につながっていているのは「citrus 」本編同様ですね。

次巻では、まつりにスポットが当たりそうです。最近柚子のためのおせっかいがやや暴走気味でしたが、その真意が掘り下げられそうです。


(kindle版あり)

なおKindleのセールによる「Citrus」本編全10巻と「citrus +」1巻の50%還元セールは8/6までとなっています。




posted by trinder at 23:08 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。