2020年08月27日

「合格のための! やさしい三角関係入門」第1巻(缶乃)

缶乃さんの「合格のための! やさしい三角関係入門」第1巻を読みました。8/27発売。



あらすじ


中学3年の真幸(まゆき)は、憧れの先輩・あきらと同じ高校に入るべく猛勉強中。

しかし真幸の現在の成績はあまりにも悪く、家庭教師をつけてもらうことになります。家庭教師としてやってきたのは、あきらと同じ高校に通う女の子・凛でした。真幸は、ひょんなことから凛を恋愛経験豊富な大人の女性と思い込み、勉強以外にもいろいろと教えてもらうようになります。

好奇心旺盛で自分の気持ちに正直な真幸に、いつしか惹かれていく凛。一方、あきらは凛のことが好きかもしれなくて……?

みどころ


「あの娘にキスと白百合を」で知られる缶乃さんの新作。あのキスは実質オムニバスに近い作風でしたが、今回は純粋な長編ということでまたちょっと新鮮な感覚で読めます。

タイトルでも堂々と名言されている通り、テーマは三角関係です。第1話こそ真幸視点から始まるものの、凛視点、あきら視点なども順に描かれていきます。

分量で見るかぎり、凛視点が特に力が入っているように見えます。凛は物腰柔らかく、優しく面倒見もよい、とても良い子。ですが「好き」を1人に絞ることができないという悩みを抱えています。

「あのキス」にも複数の人を同時に愛する人がいましたが、本人としては特に問題と認識していないようでした。その点、凛はそういった自分の気持ちを悪いことだと思っており、このあたりが今後の行動にどう影響を与えるのか気になるところです。

凛はわりと乗せられやすい性格でもあるようで、真幸に頼まれるままキスの練習相手になってしまっています。1巻後半では、舌を入れたかなり激しいキスまでするように。

Yasaka 1AA.jpg

この時点で、凛はすっかり真幸のことが好きになっている模様。

読者目線では誰が誰を好きなのかわかるようになっていますが、作中の真幸・凛・あきらは、はっきりわかっているのは自分の気持ちだけ。誰が誰を好きなのかは互いに認識していない状態です。ストーリーが進むにつれて知っていくのでしょうが、それによってどうストーリーが動いていくのか楽しみです。


(kindle 版あり)

なお、 8/27は缶乃さんの「缶乃短編集 無職とJK」も同時発売されています。






posted by trinder at 23:01 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。