2020年08月29日

「となりの吸血鬼さん」第7巻(甘党)/ 過去巻もセール中!

甘党さんの「となりの吸血鬼さん」第7巻を読みました。8/27発売。


 

となりの吸血鬼さん


イマドキなインドア生活を送る吸血鬼・ソフィーと、人間の女の子・灯(あかり)の同居生活を描く作品。灯のソフィー大好きぶりは相当なもので、スキあらばイチャイチャしています。他にも百合要素のあるキャラが多数登場。

現在、第6巻までとアンソロジーがセール中です。

【参考記事】
「となりの吸血鬼さん」第6巻(甘党)
「となりの吸血鬼さん 公式コミックアンソロジー」

第7巻


第7巻でも灯はソフィーにべったりです。ソフィーとの実質的な婚約(と灯は主張している)シーンもあります。

灯のいとこの幼女・光(ひかり)が登場する回では、ソフィが灯をめぐって張り合うという珍しい光景が見れます。灯は幼馴染みのひなた含め、けっこう女の子からモテていますね。ちなみに今回ひなたとはキス未遂があります(灯が酔ってキス魔になる回)。


基本的に作中での時間経過が明確でない漫画ですが、この巻では灯たちの将来が何度か話題にあがります。灯は将来の目標などはまだまだ明確ではないようですが、とりあえずずっとソフィーといたいことだけははっきりしているようです。

ソフィーとエリーがみんなの未来を想像する場面もあります。ここで、朔夜と夕は「そのまま結婚しそう」と言われています。2人ともウェディングドレスを着ているイメージ図付き。

Tonakyu7v9.jpg

このあと朔夜と夕のデートをみんなでこっそり見守る回があるのですが、エリーはここでも「あのふたりはそのうち結婚するわね」と言っていました。朔夜と夕は出番は決して多くないながらも、それゆえに想像の余地の大きいカップルですね。

今回は最近の巻の中でもかなり百合度高めで楽しめました。気がつくとコミックキューンでも最長連載作品の1つ。これからもマイペースに続いてほしいと思います。


(Kindle版あり)



posted by trinder at 00:30 | Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。