2018年10月12日

TVアニメ「やがて君になる」第1話

TVアニメ「やがて君になる」第1話を見ました。



TVでの放送開始は10月5日からでしたが、ネット配信は約1週間遅れての開始となります。今回私はそちらでの視聴です。

【この記事を読む】

posted by trinder at 20:38 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

TVアニメ「ハッピーシュガーライフ」第12話(最終回)

TVアニメ「ハッピーシュガーライフ」最終回を見ました。

これまで極めて原作に忠実だったと思いますが、原作で刊行済みの部分はちょうど前回まで。この最終回だけは、原作ファンでさえ予想がつかないものとなりました。

【この記事を読む】

posted by trinder at 19:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

TVアニメ「ハッピーシュガーライフ」第11話まで

夏の百合的注目アニメ「ハッピーシュガーライフ」。現在、最終話直前の第11話まで放送されています。

【この記事を読む】

posted by trinder at 00:49 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

アニメ「はるかなレシーブ」第2話まで

ちょっと遅いですが、TVアニメ版の「はるかなレシーブ」を見始めました。

【この記事を読む】

posted by trinder at 21:44 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

TVアニメ「やがて君になる」PV公開 侑役は高田憂希さん、燈子役は寿美菜子さんに

TVアニメ版「やがて君になる」のPVが公開されました。

【この記事を読む】

posted by trinder at 06:58 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

「うちのメイドがウザすぎる!」アニメ化決定

中村カンコさんの「うちのメイドがウザすぎる!」のアニメ化が発表されました。

【この記事を読む】

posted by trinder at 18:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

アニメ「ハッピーシュガーライフ」PV・設定画公開

アニメ「ハッピーシュガーライフ」のPVが公開されました。

【この記事を読む】

posted by trinder at 18:25 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

Kindleで双葉社コミックがポイント50%還元セール 「小林さんちのメイドラゴン」「ハナとヒナは放課後」ほか多数

Kindleストアで、双葉社のコミックにポイント50%還元が付くセールが行われています。セール期間は2月9日(金)2月12日(月)。

『フタスペ』全点50%ポイント還元フェア

おそらく双葉社のコミックのほとんどが対象となっており、かなり大規模なセールです。双葉社の百合漫画を揃えるチャンスかもしれません。













【参考記事】
「ハナとヒナは放課後」第3巻(完結)/ 森永みるく
女子高生 Girls-High 第13巻(完結) / 大島永遠
女子高生Girls-Live 第6巻(完結) / 大島永遠
posted by trinder at 07:45 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Kindle月替わりセールに「観葉植物になって百合カップルのイチャラブ生活を見守るお話」

Kindleストアの月替わりセールが更新されています。

Kindle本月替わりセール対象タイトル

たまに百合作品が含まれている、この月替わりセール。今月はみかみてれんさん作の小説「観葉植物になって百合カップルのイチャラブ生活を見守るお話」が選ばれています。



以前から話題になっている作品なので、興味があった方は今回のセールを利用してみてはいかがでしょうか。

Kindle Unlimitedでも


ちなみに、上記作品は Kindle Unlimitedの読み放題対象にも選ばれています。



Unlimitedのサービス開始当初と比べると減った印象はありますが、探すと意外と百合作品があったりします。



出版社を通さない自主制作作品は自動的にUnlimitedの読み放題に登録されるようです。そういった作品をいろいろ読んでみたいという人にも楽しいサービスだと思います。

ちょっと宣伝になりますが、私がKindleストアで販売している電子書籍もすべてUnlmitedの読み放題に登録されています。もし興味があればどうぞ。


posted by trinder at 23:06 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

「熱帯魚は雪に焦がれる」第1巻(萩埜まこと)

萩埜まことさんの「熱帯魚は雪に焦がれる」第1巻を読みました。


あらすじ


天野小夏は、親の仕事の都合で海辺の小さな町に転校してきました。小夏が驚いたのは、学校の中に水族館があること。魚たちを珍しそうに眺めていた小夏は、「水族館部」の帆波小雪に声をかけられます。

後でわかったことによると、帆波先輩は学校でも有名人で、才色兼備・スポーツ万能な人気者でした。それ故に、高嶺の花として一線を引かれているような部分もあるようです。

小夏は、それからも何度か帆波先輩と顔を合わせる機会があり、学校での優等生的な姿とはまた違った等身大の彼女を知っていきます。そして、帆波先輩も素の自分を受け入れてくれる小夏に心を許していきます。

みどころ


転校してきたばかりで周囲になじめない女の子と、人気者ながらも内面に孤独を抱える先輩。そんな2人が不器用ながらに心を通わせる姿を描く作品です。

2人のときは意外にも小夏のほうが積極的。帆波先輩に対して始めからタメ口だったりもしました。小夏は基本的には大人しく、決して敬語も知らない失礼な子とかではありません。帆波先輩に対する積極性からは、小夏なりの独特の距離感のようなものが見て取れます。

一方、帆波先輩はこれまで周囲と距離を取ってきました。しかし小夏にたびたび素の顔を見られるうちに、小夏に対してならもっと内面を曝け出せるようになっているようです。

恋愛を意識したような台詞・モノローグが特に多いのは帆波先輩。第1話にて間接キスを意識したりしています。

nettaigyo1ww1.jpg

ちなみに、ホースを使った間接キスです。水槽の水替え時にホースに口をつける必要があるようです。間接キスを意識して……という展開自体は王道ですが、作品の世界観を活かした印象的なアレンジとなっています。


帆波先輩は自分の気持ちにいろいろ悩んだ末、第1巻ラストで小夏を抱きしめています。次巻以降、さらなる盛り上がりが期待できそうです。


 
なお電子版ではオマケとして、作者さんがTwitterなどに投稿したイラストや短編漫画が収録されています。あくまで本編とは別物ということで、より恋愛色の強い少しはっちゃけたものもあり。


 
posted by trinder at 07:36 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

Kindleでスクエニ作品も40%還元

Kindleストアで、スクウェア・エニックス作品の一部にポイント40%還元が付くセールが行われています。

Kindleストア / 『スクウェア・エニックス人気作品』 年末年始40%ポイント還元キャンペーン

セール期間は2018年1月4日(木)まで。


「賭ケグルイ」は最新の第8巻まで対象です。



【参考記事】
「賭ケグルイ」第8巻

ちなみにセール対象なのは本編で、スピンオフは対象外の模様。


くずしろさん作「兄の嫁と暮らしています。」は全3巻が対象です。




百合メインというわけではありませんが、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」は全11巻が対象。



メテオCOMICSポイント50%還元セール 【終了しています】


メテオCOMICS(を含むほるぷ出版作品)の一部にポイント50%還元が付いているようです。基本的に第1巻が対象の模様。

比較的最近の作品だと、「姫じゃなければ殴ってる」。




人間の滅びた世界を舞台にした百合吸血鬼もの「道割草物語」は上巻に50%還元が確認できます。



【参考記事】
道割草物語(上下巻)/ 武川慎
ハロウィン記念!百合吸血鬼特集


『ダメダメ部長とドS後輩によるスポーツコメディ!』な「部長に威厳はありません」。



メテオCOMICSは他にもいろいろ百合作品があったので、今後のセールへの追加に期待です。
 
posted by trinder at 09:11 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

実写ドラマ版「咲-Saki-阿知賀編」第1局 / 見逃し配信あり!

実写ドラマ版「咲-Saki-阿知賀編」第1局を見てみました。



ちなみに地方によってはTV放送がないようですが、公式がネットで行っている「見逃し配信」を無料で視聴可能です。



ストーリーは、小学生時代の穏乃と憧が転校生の和と出会いから始まります。3人は、「こども麻雀クラブ」を通してとても仲良くなりました。

しかし、穏乃と憧が別々の中学に進学したり、和がまた転校したりした結果、仲間たちは散り散りに。そんなとき、穏乃は和が麻雀の中学大会で全国優勝したのを知ります。触発されて麻雀に対する情熱を取り戻す穏乃のもとに、かつての仲間が少しずつ集まり始めます。

そんなところまでが第一局のストーリー。細かい台詞や演出も含め、原作漫画およびアニメの「第一局」に可能な限り忠実に作られています。

【参考記事】
「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」第1巻(漫画)
「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」 第1局(アニメ)「邂逅」

しいて違う点を挙げるとしても、細かい台詞がカットされているくらい。あとは小学生時代の思い出がダイジェストで流れる場面が原作とちょっと違い、ほぼオリジナルの内容になっています。ドラマ版も短いながらに結構百合っぽい気がします。


役者さん達もかなり良い感じにハマっていると思います。憧の人あたりはツインテールが思った以上に違和感がなく驚きです。二次元の原作から三次元のドラマに上手く翻案できているように思います。

1つのドラマとしても、原作再現への挑戦という観点からも、とても楽しめる作品になっているのではないでしょうか。




posted by trinder at 21:46 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

「あさがおと加瀬さん。」新作OVAの劇場公開決定 キャストも発表

「あさがおと加瀬さん。」新作OVAの制作が発表されました。しかも、劇場公開されるとのこと。



キャストも発表されています。山田役は高橋未奈美さん、加瀬さん役は佐倉綾音さん。

スタッフはアニメーションクリップ版の制作陣が続投するようです。佐藤卓哉さんが監督、坂井久太さんがキャラクターデザイン等。



新作OVAの劇場公開は2018年6月9日とのこと。今から楽しみです。


「あさがおと加瀬さん。」アニメ公式サイト



【参考記事】
「エプロンと加瀬さん。」Blu-ray付き特装版
 
ラベル:加瀬さん
posted by trinder at 21:35 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

「咲-Saki-」第17巻(小林立)

11月25日は、「咲-Saki-」関連コミックが3冊同時発売された日でした。

前の記事では「怜-Toki-」を紹介しましたが、今回は「咲-Saki-」本編の第17巻を取り上げます。



前巻に引き続き、時系列は決勝戦の直前。決勝出場チームたちの様子や、準決勝敗退校による5位決定戦を描いています。

【参考記事】
「咲-Saki-」第16巻(小林立)




咲は廊下にて、姉の照と思わぬ再開を果たします。しかし、お互いに何を言えばいいのかわからずに無言のまますれ違います。

いつものように平然としているように見えた照でしたが、実は照のほうも少なからず動揺していたようです。照はチームメイトの菫(すみれ)に、咲に対する複雑な気持ちを打ち明けます。

ここからは照の回想が入り、菫との出会いや、麻雀に目覚めるまでが描かれています。照は入学当初、菫に助けてもらったのが縁で仲良くなりました。

saki17rr4.jpg

そしてそれが縁で、菫の所属する麻雀部に出入りするように。照は他人の性質を見抜く力(作中の用語によると照魔鏡)に優れており、これを使った戦術アドバイスで麻雀部員たちにたいへん感謝されます。ただし、照自身が麻雀を打つとその圧倒的すぎる力によって敬遠されてしまったようで……?


これまで謎の多かった照の過去や内面を掘り下げたエピソードとなっています。当初は照も(1年生ということもあるのでしょうが)感情豊かで、結構かわいらしい表情も見せていたようです。今となってはそんな一面を見せるのは、当時からの付き合いである菫の前だけ。

照との交流を通して、菫も魅力的に掘り下げられています。正直これまでは弓矢撃ってくる人という程度の印象だったのですが、面倒見がよく友情に厚いという面が描かれました。やはりというかなんというか、女子からモテる一面も。

不器用な照と、照を放っておけない菫との友情物語としても非常に楽しめるエピソードでした。


5位決定戦

照の話でこの巻のちょうど前半の半分くらい。後半は、5位決定戦の続きが描かれます。

千里山・新道寺・姫松・有珠山の対戦ということで、さながら阿知賀編VS本編の様相。原作者である小林立さんの絵柄で麻雀をする阿知賀編キャラはそれだけで結構新鮮です。

これまで不遇気味だったキャラ(次鋒・中堅あたりに多い印象)に活躍が補完されているのもマイナーキャラファンにはうれしいかもしません。新道寺の江崎仁美(中堅のジュース飲んでる人)などはようやく格好いい姿が描かれました。

saki17rr1.jpg

基本終始クールであり、状況をよく見て立ち回っています。いつも持っているジュースも、自分のペースを崩さない象徴のようで格好よくさえ見えてきます。大きな失敗はしませんし、捨て台詞(?)の「なんもかんも政治が悪い」も言いません。まるで自分がギャグキャラであることを忘れてしまったかのようです。あるいは最初からギャグキャラなどではなかったのかもしれません。


副将戦では、百合的に期待の白水哩(しろうず まいる)が登場。期待通りに姫子との「リザベーション」を見せつけます。もともと阿知賀編のキャラでしたが、絵面のアレさは本編も負けていません。

saki17rr2.jpg

saki17rr3.jpg

こんなに激しくリザベーションされた姫子は大将戦でいったいどうなってしまうのか。次巻に期待です。


決勝前の一幕という位置づけではあるものの、ファンが望んでいたエピソードが詰まった巻という印象です。照の内面が掘り下げられたり、阿知賀編のキャラが本編キャラ相手に奮戦したり。「咲-Saki-」世界の広がりを感じさせてくれるストーリーでした。


(Kindle版あり)

 
ちなみに現在、これまでの「咲-saki-」シリーズの各第1巻がそれぞれセールになっています。





posted by trinder at 19:49 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Kindleで雑誌99円セール きらら・ガンガン等の10月発売号まで対象

Kindleストアにて、雑誌の電子版が一律99円になるセールが行われています。期間は11月30日(木) まで。

『全点99円』 Kindle雑誌セール

新しいもので、10月発売の号まで対象になっているようです。普段は単行本派の人も、これを機会に連載版をチェックしてみるのも良いかも……?

以下では、セール対象のうち百合漫画が連載されている雑誌を紹介します。



きらら系


百合漫画を多数連載している「きらら」系雑誌からは、「まんがタイムきららフォワード」が99円セール入りしていることが確認できます。「はるかなレシーブ」「いつか私は、君を裏切る」「ハナヤマタ」「なでしこドレミソラ」「あんハピ♪」「ゆるキャン△」などが連載中です。



【参考記事】
「はるかなレシーブ」第4巻(如意自在)
「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)
「なでしこドレミソラ」第1巻(みやびあきの)



ガンガン系

最近かなり百合漫画が増えているスクエニからは、ガンガン系の雑誌が複数セール対象入りしています。

ヤングガンガンでは、「咲-Saki-」「MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-」「兄の嫁と暮らしています。」「緋弾のアリアAA」などが連載中です。



【参考記事】
「咲-Saki-」第16巻(小林立)


「ガンガンJOKER」では、「賭ケグルイ」シリーズ、「ハッピーシュガーライフ」「イノセントデビル」「制服のヴァンピレスロード」などが連載。



【参考記事】
「賭ケグルイ」第8巻 / 「賭ケグルイ(仮)」第2巻
「ハッピーシュガーライフ」第6巻(鍵空とみやき)
「イノセントデビル」第2巻(中村基/宗一郎)
「制服のヴァンピレスロード」第2巻(松本トモキ)


ビッグガンガンでは「怜-Toki-」「シノハユ」「咲日和」といった「咲-saki-」スピンオフが充実。「魔法少女特殊戦あすか」などもあります。一応百合キャラがいた「クズの本懐」も。



【参考記事】
「怜-Toki-」第1巻 (小林 立 / めきめき)
「シノハユ」第5巻(小林立・五十嵐あぐり)


あまり百合要素があるとは聞きませんが、一応「月刊少年ガンガン」もセール対象です。




COIMICリュウ

「COMICリュウ」は、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」「セントールの悩み」「まめコーデ」などが連載。




現在セールを確認できたのは以上のような感じ。また何か見つけたら追記しようと思います。

『全点99円』 Kindle雑誌セール
 
posted by trinder at 16:35 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第5話

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第5話を観ました。



今回は「はじめてのデート」「無人島に二人きり」「ほっぺにジュースで友情を」の3本。

「はじめてのデート」「無人島に二人きり」は、みかげとひなたが海に行くお話。多分ドラマオリジナルエピソード。一応、原作2巻に収録されているメイク界の台詞が少し入っていたりもします。

サブタイトルに「デート」と付いているだけあって百合的にもなかなか良い感じのお話です。みかげの妄想ですが、ひなたを押し倒しているようなシーンもあります。

futamono5drama2.gif


「ほっぺにジュースで友情を」は、原作では1巻中盤あたりのエピソード。原作では洸に振り回されつつも結果オーライ的な結末だったのですが、ドラマではさらなる波瀾を呼ぶ終わり方に。次回に続いていきます。

futamono5drama3.gif


次回は最終回になるようです。サブタイトルは「ウキウキ・メイクミーアップ」「相合傘をきみと」「傘もささずに踊りたい」の3本。

原作通りに日常を続けるのか、あるいはドラマ独自の結末が用意されているのか。最後まで目が離せません。


posted by trinder at 23:12 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

「ニコカド祭り」セール作品から未紹介作品を特集 「寮長は料理上手」「わびさび 平尾アウリ作品集」など

Kindleストアで開催中の大規模セール「ニコカド祭り2017」。百合作品も多数お得な値段になっています。

【参考記事】
「ニコカド祭り2017」11月3日時点でセール中の作品 「明るい記憶喪失」「青春スウィートトラック」「女子大生の日常」等


今回の記事では、セール対象の中からこのブログで詳しく取り上げたことのなかったものを紹介していきます。参考になれば幸いです。


「寮長は料理上手」第1巻(吉村佳)



百合漫画満載のコミックキューンで連載中。6月に第1巻が発売の比較的新しい作品です。

悠里(ゆうり)は、温泉町に引っ越してきた転校生。寮に住むことになった悠里は、寮長の摩耶をはじめとする個性豊かな住人達と交流を深めていきます。

タイトルからすると、寮長で料理が上手い摩耶がヒロイン。ですがその他の寮生たちにもほぼ平等に出番が用意されており、摩耶がずっと出ているわけではありません。悠里の日常そのものがテーマのようにも見えます。基本的に登場人物は全員女の子で、微笑ましい雰囲気の作品。

悠里は第1巻の時点ではまだ摩耶を名字で呼んでおり、もっと仲良くなるには何かきっかけが欲しいところです。摩耶が悠里の前で顔を赤らめる場面が度々あったり、期待できる要素は十分にありそうです。

nkkd2017_2ww2.jpg



「パンでPeace!」3巻・4巻(emily)



パンが大好きな女の子たちの日常を描く作品。第1話では、主人公が女の子からパンをもらって思わず告白するという飛ばしたスタートを切りました。

ブログでは1・2巻を紹介したことがあります。

【参考記事】
「パンでPeace!」第1巻(emily)
「パンでPeace!」第2巻(emily)


第3巻では、ふゆみがパンの研修で短期間ながらフランスに行くという展開があります。ふゆみは、大好きなのあと会えなくなるのがやっぱり寂しい模様。

nkkd2017_2ww9.jpg

4巻にかけて、のあに関するエピソードが非常に多くなっています。のあは他のみんなと同い年の高校生なのですが、小学生のような可愛らしい容姿からとても愛されている女の子です。ふゆみとまいがのあを取り合う場面はもはやお約束。

のあに触れると幸せになれる、という噂が立って学校中の女の子がのあを追いかけるエピソードもあります。のあの幸運パワー(?)をもらった女の子(モブ)が百合告白に成功したという事例も。

nkkd2017_2ww10.jpg


のあにちょっかいを出している謎の女の子として、クロアの暗躍も描かれます。クロアは、元々はまいの友人だったようです。でも、今のまいはのあのことが好き。クロアは過去にもまいと仲の良い女の子にちょっかいを出していたようです。実はクロアの本当の目的はまいなのでは……?ということが示唆されています。

実際、クロアのそのような真意を想像しているキャラも。

nkkd2017_2ww11.jpg

果たして、真相は……?



「さくらマイマイ」第2巻(おしおしお)



手違いで庶民の学校に入学してしまったお嬢様・櫻子と、寮の仲間たちの日常を描く作品。夏目というキャラ純に明確に恋していたり、その他のキャラにもいろいろと百合の片鱗を見せます。

ブログでは、過去に1巻を紹介したことがありました。

【参考記事】
「さくらマイマイ」/「ちゅうふれ。」


2巻ではさらに百合度アップしています。

まず新キャラとして菖蒲(あやめ)と椿が登場。椿は菖蒲が好きなことを明言しています。

nkkd2017_2ww5.jpg

百合担当キャラ同士で夏目とも意気投合。

nkkd2017_2ww6.jpg


既存のレギュラーキャラも、第1巻より百合度が強化されています。瑠璃は櫻子ラブなことがより明確に描かれるようになりました。櫻子をめぐってライバルになりそうな人間を消そうとするなど、ややヤンデレな側面ものぞかせます。

櫻子の妹の撫子も相変わらずのシスコンぶりです。櫻子をめぐって瑠璃と勝負する場面もあります。

ギャグはますますハイテンションになり、百合要素もますます濃厚になってきています。濃すぎてときおり狂気を感じる場面もありますが、独自のノリを突っ走っている作品です。

nkkd2017_2ww12.jpg



「青春スウィートトラック」第2巻(TOもえ)



こちらもコミックキューン。陸上部を舞台にしたお話です。

主人公のりく、そしてりくを慕う後輩の美南と競香を中心としたエピソードが多いです。美南と競香がりくをめぐっていつも張り合っているのがみどころ。さらに久実という百合好きな女の子がいて、りく・美南・競香のやりとりを眺めてはいつもドキドキしています。

ブログでは以前に第1巻を紹介しました。

【参考記事】
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)

第2巻でも、陸上×百合路線は継続中。特にみどころはみんなで銭湯に行く回あたりでしょうか。美南と競香は、どちらがりく先輩の背中を流すかで張り合います。最後は、仲良く2人ですることに……?

nkkd2017_2ww7.jpg


久実の百合妄想と暴走も止まりません。りくと美南or競香がイチャつく→久実が暴走してオチ、というパターンがほとんどお約束になりつつあります。

nkkd2017_2ww78.jpg

特に大きな事件が起こるわけではないものの、陸上部の日常と百合を組み合わせたユニークな作品となっています。


「わびさび 平尾アウリ作品集」



「まんがの作り方」「推しが武道館いってくれたら死ぬ」で知られる平尾アウリさんの短編集。かつて存在した百合アンソロジー「ひらり、」に掲載された作品が主ですが、「SAKURA」 「ユリボン」などからの収録もあります。1本を除いてすべて百合作品です。

平尾アウリさんらしく、不条理で荒唐無稽な作品が多め。ですが、ときどきシリアスな作品も。

「やわらかな夜」は、女子大生の主人公が同性にモテていた女子高時代を懐かしむお話です。自分を慕っていた後輩たちは、すでに離れていきました。そんなある日、今でも女の子が好きな先輩と再会して……。

nkkd2017_2ww1.jpg

笑いの要素が一切ない、ちょっと切なめのお話です。不条理ギャグ作品の合間に何度かこういうのが挟まるので油断できません。



「カーグラフィティJK」第3巻(さきしまえのき)



16歳で免許が取れるという世界観の中、自動車好きな女の子たちの日常を描きます。百合的なみどころは、主人公のミキのことが大好きなハルカ。

このブログでは、過去に第2巻までの内容を紹介したことがあります。

【参考記事】
「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで


第2巻でミキとハルカが無事免許を取ったことで、第3巻では2人の運転シーンが登場します。これまでは主にリサが運転していましたが、運転交代シーンなども入って展開に幅が出てきました。

百合的なみどころは、ハルカとリサが2人きりになる回でしょうか。ハルカがミキの魅力を数時間にわたって語り倒しています。

nkkd2017_2ww3.jpg


また、伊豆にお泊りする回ではハルカがミキの布団に(おそらく故意に)侵入。

nkkd2017_2ww4.jpg

この巻ではやや大人しかったハルカのスキンシップが存分に発揮されているシーンです。










posted by trinder at 01:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第4話

実写ドラマ版「ふたりモノローグ」第4話を観ました。



今回は「図書館ではお静かに」「ドキドキ・クッキング」「さよならのカロリー」の3本です。いずれも原作にある同名エピソードをベースにしつつも、独特の膨らませ方をしています。

「図書館ではお静かに」では、原作通りにひなたとみかげが筆談。思いのほか盛り上がっており、筆談の後半部分はドラマ独自の内容になっています。みかげが調子に乗って下着の色とか聞いたり。

futamono4_d1.gif


「ドキドキ・クッキング」では、絆創膏を「左手の薬指」に付けてもらったみかげが色々妄想。原作通りですね。

futamono4_d2.gif


「さよならのカロリー」は、珍しく(?)ちょっと良い話です。下校時にみかげに「さよなら」と言ったひなたですが、「また明日」と言い直したくなり……。

ここまではほぼ原作通りですが、実は明日は土曜日だったというドラマオリジナルのオチが付きます。そして、土曜日に本当にまた会うことに。一話完結を基本とするこのドラマにしては珍しく、次回に続いています。


そんな次回は、「はじめてのデート」「無人島に二人きり」「ほっぺにジュースで友情を」の3本。

futamono4_d3.gif

「ほっぺにジュースで友情を」以外は原作に同名のエピソードが無い気がします。完全オリジナルの内容になるでしょうか?「デート」と明言していることもあり、かなり楽しみです。


posted by trinder at 23:17 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

「ハッピーシュガーライフ」第6巻(鍵空とみやき)/ ポイント50%還元セール中!

先日の記事でお伝えした通り、現在Kindleストアでスクウェア・エニックスの電子書籍がポイント50%還元セール中です。期間は他の電子書籍ストアと同じなら10月20日から22日までの3日間。

【参考記事】Kindleでスクエニ作品のポイント約50%還元セール開始 「賭ケグルイ」「咲-Saki-」「ハッピーシュガーライフ」等


今回はセール対象の中から、「ハッピーシュガーライフ」第6巻を紹介します。



実は8月の発売当時に読んでいたのですが、同時期に発売された作品がいろいろあったため感想を書く機会を逃していました。現在セール中ということで良い機会なので紹介しておこうと思います。


あらすじ

純粋無垢な少女・しおと2人きりの甘い生活を送っている女子高生・さとう。しかし、しおは世間的には行方不明ということになっており、もし誰かに見つかったらどうなるかわかりません。さとうは現在の生活を守るため、あらゆる手段に手を染めます。前巻では、さとうの秘密に気付いた親友を殺害するという衝撃的な行動に出ました。

【参考記事】
「ハッピーシュガーライフ」第5巻(鍵空とみやき)


そして続く第6巻。

さすがに親友にまで手にかけたのはこたえたのか、さとうは気が抜けたようにぐったりしてしまいます。心配したしおは、普段はしない家事などをして少しでもさとうを元気づけようとします。その甲斐あって、さとうも少しずついつもの調子に戻りました。そして、改めて自分がしおを守ろうと誓います。

しかし、それがしおを怒らせてしまいます。さとうのことを「きらい」とまで言い放ちます。しおは、すべてを一人で抱え込もうとするさとうに内心不満を感じていました。しおは、たとえつらい現実でもさとうと一緒に立ち向かう覚悟をすでに持っていたのです。

happyshugar6yy1.jpg

しおの気持ちを知ったさとうは、これまで自分が重ねてきた罪を告白します。そして、これからはしおと「共犯者」として生きる決意を固めます。


現在の部屋はもう危険、そう判断した2人は転居の準備を始めます。この部屋は2人の甘い生活の象徴だったわけで、ここを離れるというのは相当な覚悟です。さとうとしおが情報を共有し「共犯者」となったたことも合わせ、作品にとっても1つの転機となりそうです。


 
なお巻末にはヤングガンガンに出張掲載されたという特別編が収録されています。比較的平和(?)なショートエピソードなので、シリアスなムードな本編の息抜きになりそうです。

happyshugar6yy2.jpg

「けっこんしきごっこ」などはもう2人の間では定番の遊び(?)のようですね。
 
posted by trinder at 10:02 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

PS Vita版「咲-Saki-全国編Plus」がアップデート 今後も大型アップデートを予定

PS Vita用ゲーム「咲-Saki-全国編Plus」が9月21日にアップデートされました。



「咲-Saki-全国編Plus」は9月から12月にかけて複数回のアップデートが予定されており、今回はその第1弾となります。



公式サイトによると、今回のアップデート内容は

・対局レイアウトの改善
・CPU思考の調整

とのこと。

「対局レイアウト」に関しては、対局中に残り牌の数と各キャラの持ち点が表示されるようになりました。

特に残り牌が数字で表示されるようになったのは非常に便利だと思います。

sakivitaupdate1aa1.jpg
(画面真ん中あたりの数字が残り牌)

こんなの普通は表示されて当たり前のような気もしますが、この作品の場合は演出の意図で表示していなかったのだと思われます。残り牌の状況によって発動する能力を持ったキャラがいるので、それを数字でなく視覚的に表現したかったのかも?


各キャラの持ち点がデフォルトで表示されるようになったのも便利です。アップデート前はボタンを押さなければ表示されませんでした。

アップデート前
sakivitaupdate1aa3.jpg

アップデート後
sakivitaupdate1aa2.jpg

キャラクターの顔グラの下に点数が表示されるようになったのが見えるでしょうか?


あとは「CPU思考の調整」も行われているようですが、どのあたりをどう直したのかは公式では明言されていません。以前からCPUが弱すぎると言われていたので強化した、とかかも?

試しにドラゴンロードさんを使ってCPU相手に暴れてみましたが正直よくわかりませんでした。CPUは相変わらず弱いです。チャレンジモードのような縛りでもない限り、一方的にボコボコにできます。

sakivitaupdate1aa4.jpg



これから12月にかけて様々なアップデートが予定されています。衣装追加、キャラクター追加、ネットワーク対戦実装などなど。

それとは別に、10月27日には「ビジュアルファンブック」も発売されます。こちらにもゲームに適用できる特典コンテンツが付く模様。



「咲-Saki-全国編Plus」は決して新作というわけではなく、今になって大型アップデートが来るのはうれしいと同時に驚きです。

実質的に同一作品である「咲-Saki-全国編」(Plusが付かない)は2015年9月発売。約2年前です。発売元を変更しての再販版である「咲-Saki-全国編Plus」は2016年12月にダウンロード版が発売され、2017年4月にはパッケージ版が出ました。

当初の発売元(加賀クリエイト)の倒産によって一時絶版のような扱いになっていましたが、再販されたうえ、アップデートまでされるのはちょっとすごい展開です。これも「咲-Saki-」人気の勢いゆえでしょうか。


ちなみに、加賀クリエイト版「咲-Saki-全国編」(Plusじゃないほう)はアップデートの対象ではないようなのでご注意を。



「咲-Saki-全国編Plus」公式サイト
 
posted by trinder at 23:03 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする