2017年06月23日

「賭ケグルイ」第7巻 / 「賭ケグルイ双」第4巻

6月22日に関連作品が3作同時発売だった「賭ケグルイ」シリーズ。そのうち先日は「賭ケグルイ(仮)」を紹介しました。

「賭ケグルイ(仮)」第1巻(河本ほむら / 川村拓)

今回は残りの2作をまとめて紹介します。本編である「賭ケグルイ」第7巻と、スピンオフの「賭ケグルイ双」第4巻です。

なお、これ以前の(百合的)みどころは以前の記事で紹介しています。

「賭ケグルイ」6巻まで / 「賭ケグルイ双」3巻まで




「賭ケグルイ」7巻(河本ほむら原作、尚村透作画)



前巻までで、会長を除く生徒会の主要メンバーをだいたいやっつけてしまった夢子。そのためか、今回からは新展開になっています。

生徒会長の桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)は、生徒会の解散と選挙の実施を宣言します。さらに次期生徒会長候補として、桃喰家につらなる一族が学園に乗り込んできます。将来日本を背負う人材を多く輩出するこの学園を支配することは、将来の日本そのものを支配する可能性すら意味します。こうして、学園は突如として選挙ムード一色に。

もちろんこの学園のことですから、普通の投票で選挙をするわけではありません。生徒は最初は各自1票ずつ持っているのですが、それをギャンブルで奪い合ってもよいことになっています。

桃喰の分家達は、手始めに夢子を潰そうともくろみます。最初に乗り込んできたのは、蟲喰恵利美(むしばみ えりみ)というゴスロリ少女。拷問を請け負う一族とのことで、提案してきたギャンブルも「指切りギロチン」という名前からしていかにもアレげなもの。

普通なら怖がるところですが、恵利美の対戦相手は夢子と妄(みだり)。2人もスリルであればあるほど興奮するギャンブル狂なので、むしろ嬉々としてプレイしてしまいます。

kake7twin4rr5.jpg


かえって提案した恵利美のほうがドン引きです。変態2人に挟まれる形になってしまった恵利美は、果たして五体満足に帰れるのでしょうか……?


百合要素

6巻で最高潮だった百合度ですが、その反動か今回は大人しめです。むしろ普段どおりの感じに戻ったというべきかもしれません。

少々マニアックですが、妄の夢子への執着が百合といえば百合でしょうか。妄は以前一度夢子に敗北して以来、夢子にぞっこんです(性的興奮すら覚えているような描写も)。今回もそれは健在です。

ですが夢子からはむしろ嫌われており、妄の気持ちは一方通行です。夢子のギャンブル観では相手と公平にリスクを負うからこそ面白いのであり、妄のようにわざと危険を冒すのは単なる「死にたがり」だとか。今回も妄は同じようなことをしてしまい、夢子にさらに嫌われる羽目になります。

夢子に嫌われて涙目になっている妄は、ある意味純情なのでしょうか……?

kake7twin4rr1.jpg


あとは夢子が芽亜里に抱き着くシーンがあったりする程度でしょうか。清華の綺羅莉への絶対の信頼も、短いながらに描かれています。



「賭ケグルイ双」第4巻(河本ほむら原作、斎木桂作画)

 

こちらはスピンオフ「賭ケグルイ双」の第4巻。ちなみに表紙に芽亜里と一緒に描かれているのは戸隠雪見(一応女です)。芽亜里の仲間の一人ですが、今回特別話に絡むわけではありません。


今回のストーリーは、芽亜里のクラス内の対立を描いたものです。その背景には、愛浦心(あいうらこころ。第1話で芽亜里に敗北した意地悪な女の子)による芽亜里への復讐計画があり……。

これまでの展開と比べてややスケールが小さくなった感がありますが、学園の日常風景を垣間見れるという点では面白い内容になっています。すでに数百億円規模の戦いになっている「賭ケグルイ」本編でも今更やりづらい題材でしょうし、スピンオフならではです。


百合的には、つづらが芽亜里に発破をかけるシーンがあるのがみどころ。これまでのように芽亜里に守ってもらうばかりでなく、つづらのほうから芽亜里をリードしようとする印象的な場面です。

kake7twin4rr3.jpg


つづらが、自分が芽亜里に惹かれている理由をわりと具体的に語る場面があるのも良い感じ。

kake7twin4rr4.jpg

今のところ、つづらは自分の芽亜里への気持ちをモノローグで語っているのみです。おなじみの「私の王子様」発言も心の中で言っているのみ。いつかはっきり本人に伝えることがあるのか、そのあたりも含め今後の展開が楽しみです。


ちなみにこの前の記事でも紹介しましたが巻末に「賭ケグルイ(仮)」の出張宣伝漫画があります。(おそらく)ここでしか読めないオリジナル。気に入ったら「賭ケグルイ(仮)」も読んでみてください。

kakkokari1ww5.jpg

なお今のところ「(仮)」に登場するのは本編のキャラのみで、「双」固有のキャラは出ていません。個人的には夢子とつづらが芽亜里を取り合うところとか見てみたいのですが、果たして実現可能なのでしょうか……?



本編7巻・「双」4巻ともに、ギャンブルシーンが中心です。百合要素はアクセント程度。この作品は普段はだいたいこんなノリなので、ファンなら今回も楽しめる内容です。

 

7月にはアニメも開始し、さらに新たなスピンオフもリリースされます。しばらく「賭ケグルイ」から目が離せなそうです。






現在Kindleストアでは本編と「双」の各1巻が半額セール中です。無料お試し版もあるので、ここから入ってみるのもありです。

  
 
posted by trinder at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleで一迅社作品がポイント50%還元セール 百合姫コミックスなど

Kindleストアで、一迅社作品にポイント50%還元が付くセールが行われています。

【50%ポイント還元】一迅社フェア

セール期間は、年6月23日〜6月29日(木)。


一迅社といえば百合姫。比較的新しいもので、4月発売くらいの作品まで対象になっているようです。

セール特設ページ内を「百合姫コミックス」で検索

   

   

   


百合姫は10年以上続く百合専門誌だけあって、作品数も膨大です。今回のセールは、シリーズものを揃えたり、過去の名作を発掘したりするのにも良い機会だと思います。思い切ってジャケ買い・タイトル買い・ネタ買い(??)するのもありかもしれません。

  

   


ちなみに今更なことかもしれませんが、「百合姫コミックス」だからといって百合姫で連載された作品とは限りません。同人誌をまとめたものだったり、当初は他社で出版していた作品をリニューアルしたものというケースもあります。

ちょっと意外な人の作品が百合姫コミックスとして出ていることも。例えば「サイダーと泣き虫。」は、「あの娘にキスと白百合を」で有名な缶乃さんの短編集。初出は同人誌だそうです。ただしかなり加筆修正しているとのことで、現在の作風と比べても遜色ないクオリティとなっています。

 

コダマナオコさんの「レンアイマンガ」などは、他社からの出版だったものをリニューアルしたケースですね。

 


単行本だけでなく、百合姫本誌もセール対象。

   


【追記:5月発売作品について】上記のとおり4月発売までが今回のセール対象のようですが、5月発売作品は別のセールによって約30%の還元が付くようです。

  

 



百合姫コミックス以外の百合漫画

一迅社は、百合姫以外にもちょくちょく百合作品を出しています。

比較的長く続いた作品だと、姉妹百合の名作「える・えるシスター」は全5巻がセール対象です。

  

その他にも探せばいろいろあるかも。

   

   


脇役に百合キャラがいる、くらいまで範囲を広げればもっと色々ありそうです。

 
 

上記で挙げた作品のうち多くが連載されている(されていた)雑誌「ぱれっと」本誌もセール対象です。カタログ的な感覚でチェックしてみてもいいかも。

  

【50%ポイント還元】一迅社フェア
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

「賭ケグルイ(仮)」第1巻(河本ほむら / 川村拓)

前回の記事では、「賭ケグルイ」シリーズの既刊(本編6巻までとスピンオフ「賭ケグルイ双」3巻まで)を紹介しました。

「賭ケグルイ」6巻まで / 「賭ケグルイ双」3巻まで


今回は、6月発売の新刊の紹介です。6月22日は、「賭ケグルイ」関連作品が3冊一挙にリリースされています。本編7巻、「双」4巻、そして新たなスピンオフ「賭ケグルイ(仮)」1巻です。

まずは、「賭ケグルイ(仮)」を紹介します。



タイトルの読み方は「かけぐるい かっこかり」。「賭ケグルイ」のキャラクター達を使ったゆるい感じの4コマギャグ漫画です。


夢子×芽亜里

ギャグ漫画ということで、各キャラクターの性格はコミカルに誇張されています。特に夢子は何でもかんでもギャンブルにして大金を賭けようとするぶっとんだ性格になっています。

芽亜里も、夢子の相方的なポジションでレギュラーとして活躍します。こちらは本編で見せた夢子へのツンデレぶりを余計こじらせたような性格。漫画の中でもはっきりとツンデレ認定されているほど。

今回の「賭ケグルイ(仮)」は、そんな「夢子×芽亜里」路線をかなり意識的に押し出した作風です。もはや作品のメイン要素といってもいいレベル。

夢子からの積極的すぎるアプローチに、芽亜里はいつもドキドキです。あまりの距離の近さに戸惑いつつも、女子同士なら普通なのかもしれないとも思ったり……。結構真剣に悩んでいます。

kakkokari1ww1.jpg

夢子からの急接近に戸惑いつつも、結局拒みきれないあたりはある意味本編の芽亜里同様でしょうか。夢子からの期待を裏切れず自分たちを「大の仲良し」だと認めてしまうシーンもあります。

kakkokari1ww2.jpg

あるエピソードでは、夢子にギャンブルに負けた芽亜里が「ペット」にされてしまいます。芽亜里が逆らえないのをいいことに、夢子は好きなだけスキンシップ。

kakkokari1ww3.jpg

イチャイチャがあまりに日常化しているため、もはや周囲からもそういう目で見られているフシすらあったり……。


生徒会

綺羅莉をはじめとする生徒会メンバーもちょくちょく登場します。

本編では夢子と敵対する組織でしたが、今回はギャグ漫画らしくお笑い集団と化しています。毎回綺羅莉が唐突に「面白いこと」を思い付き、それに会役員たちがつきあわされるのが定番のパターン。

綺羅莉は本編のちょっと怖いイメージ(個人の感想です)とは裏腹に、かなりお茶目で可愛いキャラになっています。毎回生徒会メンバーを振り回すものの、アフターケアも忘れない気配り上手。なんか普通に良い感じのカリスマ生徒会長です。清華が惚れるのもうなずけるかも?

期待通り、綺羅莉×清華な回もあり。

kakkokari1ww4.jpg

本編同様、清華は完全な百合キャラです。生徒会メンバーの中では綺羅莉の次くらいに目立っており、わりとおいしいポジション。作品全体の百合化に一役買っています。



「賭ケグルイ」本編のギャンブル要素と百合要素を、ギャグ漫画として上手く昇華させています。セルフパロディ的なネタもあるものの、本編を知らなくても1つのコメディとして十分に楽しめる内容です。「賭ケグルイ」本編ファンの人も、そうでない人も、興味があればぜひ読んでみてください。




ちなみに、同日発売の「賭ケグルイ双」4巻には「(仮)」の出張宣伝漫画が入っています。どうやらプロモーション用の描きおろしらしく、ここでしか読めない内容です。そしてここでもやっぱり「夢子×芽亜里」推し。

kakkokari1ww5.jpg

「(仮)」が気に入った人はこちらもぜひチェック。


 

ちなみに現在、本編と「双」の1巻が半額セール中です。無料お試し版もあり。

  
 
タグ:賭ケグルイ
posted by trinder at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

「賭ケグルイ」6巻まで / 「賭ケグルイ双」3巻まで

今回は、「賭ケグルイ」とそのスピンオフ「賭ケグルイ双」を紹介します。7月からアニメも放映開始される人気作品です。

 

原作コミックは、6月22日に本編第7巻、「賭ケグルイ双」4巻、そして新たなスピンオフ「賭ケグルイ(仮)」が発売予定。



今回の記事では、その直前まで(本編6巻まで、「賭ケグルイ双」3巻まで)の内容を紹介します。



「賭ケグルイ」(河本ほむら原作、尚村透作画)



まずは「賭ケグルイ」本編を紹介。

舞台は、私立百花王(ひゃっかおう)学園。名家の子女たちが通うこの学校では、勝負強さを鍛えるためにギャンブルが推奨されています。ギャンブルですべてが決まると言っても過言ではありません。

蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は、学園にやってきたばかりの転校生です。一見可憐な美少女なのですが、ギャンブルになると異様な昂ぶりを見せる「賭ケグルイ」。

夢子は神がかり的な勝負強さで学園内ギャンブルで次々と勝利。そしてやがて、学園を支配する生徒会との全面対立へと発展していきます。


作中登場するギャンブルは、既存のものからオリジナルのものまでバラエティ豊か。純粋に運のみで勝負することは少なく、イカサマ上等のノリです。相手のイカサマも考慮に入れつついかに心理戦を制するかに重点が置かれています。

日常シーンでは萌え萌え媚び媚びな絵も多いのですが、ギャンブルシーンとなるとキメ顔・ドヤ顔・変顔が連発されるのもみどころです。


百合グルイ

舞台になる学園は共学ですが、明らかに女子のほうが目立っています。

冒頭は鈴井涼太という男子生徒の視点から始まるものの、べつに主人公というわけではなかったらしく次第に影が薄くなります。最近はせいぜい凡人代表の驚き役といったポジション。その他の男性キャラも、モブや敵キャラとしてたまに出てくる程度です。

そんな女子率高めな世界観のおかげで、必然的に(?)百合度高めの作風となっています。


早乙女芽亜里(さおとめ めあり)

芽亜里は、第1話で夢子の対戦相手として登場したキャラクター。そこで終わりの噛ませ犬かと思いきや、後のエピソードで再登場し夢子と共闘します。以後は夢子に妙に気に入られてしまい、(嫌々ながら)夢子の頼れる仲間となりました。夢子は芽亜里に対してはやけにスキンシップ激しめです。

kakegu1qq1.jpg

この2人は扉絵やおまけ漫画などでも百合的サービスカットが多め。

kakegu1qq4.jpg

芽亜里は人気があったのか、スピンオフ「賭ケグルイ双」の主人公にも抜擢されています。


五十嵐清華(いがらし さやか)

生徒会書記の清華は、生徒会長の桃喰綺羅莉(ももばみ きらり)に心酔しています。コミック第6巻では、「会長の一番」の座をかけて夢子と対決することに。

対決の内容は珍しくアトラクション系です。様々な仕掛けのある塔を往復して百合の花を持ち帰る……意味深なものになっています。百合の花をくわえながら会長のもとへ向かう清華の姿はとても幸せそうです。

kakegu1qq3.jpg

最後は百合園の上で会長と抱き合います。もはや夢子そっちのけで2人で勝手に百合エンド状態。

kakegu1qq2.jpg


巻末には「綺羅莉様がみてる」というどっかで聞いたようなタイトルのおまけ漫画も収録されています。


上に挙げた以外にも、作中夢子と対決する女性キャラはそれぞれ誰かと強い絆を持っていることが多いです。対戦相手が入れ代わり立ち代わり登場するので1人1人の描写は短めですが、いろいろ想像の余地ありです。



賭ケグルイ双(河本ほむら原作、斎木桂作画)



本編でも活躍している早乙女芽亜里(さおとめ めあり)を主人公にしたスピンオフ。本編の1年前、芽亜里が1年生だったころを描いています(本編では夢子や芽亜里は2年生)。


芽亜里は庶民の出ながらも、必死の努力によって百花王学園に特待生として入学しました。芽亜里はそこで、小学生時代の幼馴染・花手毬つづら(はなてまり つづら)と再会します。

つづらは裕福ではあるものの、気が弱くギャンブルに消極的。そのため学園内でも最低ランク「家畜」として虐げられていました。自らも学園の理不尽に憤っていた芽亜里は、つづらとともに「勝者」を目指して立ち上がります。

kakegu1qq7.jpg


芽亜里は本編同様、実力はあるものの決して完璧ではないというキャラクターです。良くも悪くも人間臭く、感情的になりやすい面もあります。勝利のためには、つづらを始めとする仲間たちとの信頼関係、そして協力が必要不可欠。このあたりが、ほぼ夢子のワンマンショーである本編との魅力的な対比になっています。


百合グルイ双

芽亜里が主人公で、つづらがヒロインという構図です。本編の百合要素が(5巻以前までは)味付け程度だったのに対し、「賭ケグルイ双」はだいぶわかりやすく百合漫画しています。

特につづらの芽亜里に対する絶対の信頼がみどころ。自分が困っているときは絶対に助けに来てくれると信じ、心の中で「私の王子様」と呼んでいます。わざわざ見開きでイメージシーンが描かれたことも(コミック第2巻)。

kakegu1qq6.jpg


ただしこのつづら、作中時系列上1年後にあたる「賭ケグルイ」本編には今のところ出ていないようです。芽亜里が出ているのならつづらも出てきていい気がするのですが、何かあったのでしょうか……?そういう意味でも気になるキャラクターです。


幸子&みくら

生徒会役員である聚楽幸子(じゅらく さちこ)は、みくらという女の子を専属の「家畜」として飼っています。みくらは幸子に絶対の服従を誓っており、幸子のためにいろいろ策を巡らします。でも結局芽亜里たちに敗れ、幸子にお仕置きされるのがお約束。でもそれすらも喜んでいるドMです。

kakegu1qq5.jpg

家畜とはいったものの、幸子からも結構(彼女なりの方法で)可愛がられているように見えます。



そんな感じで、ギャンブルを通して女の子同士の絆を描く(こともある)「賭ケグルイ」シリーズ。

来月から始まるアニメ化に合わせてか、原作漫画含め様々な関連書籍が予定されています。興味を持った方はぜひチェックしてみてください。



  
 
タグ:賭ケグルイ
posted by trinder at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

Kindleで双葉社のコミックがポイント37%還元 「NKJK」2巻、「ハナとヒナは放課後」「小林さんちのメイドラゴン」など

Kindleストアで、双葉社のコミックの一部に37%前後のポイント還元が付いているようです。

セール対象のうち、「NKJK」はもともと1巻が99円セール中。今回のセールでは2巻にポイント37%還元が付きました。1巻を気に入った人はぜひ。

 

同じ作者さんの「受付の白雪さん」も1巻にポイント37%還元が付いているようです。



他にも双葉社の百合作品がいろいろセール対象になっています。

  

  

 

現在(6/14)確認する限り、作品によっては一部の巻のみが対象のようです。また、双葉社は他にも百合作品があります。セール対象の拡大が確認できたらまた追記しようと思います。
 


ちなみに、先週から開催中のスクエニセールは6月15日(木)が最終日です。気になる作品があった人はお早めに。

Kindleのスクエニ作品が最新巻含めポイント50%還元セール「安達としまむら」「ななしのアステリズム」「イノセントデビル」「ハッピーシュガーライフ」など
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

「アイドルは××××なんてしませんッ! 」(柚木涼太)/ Kindleでポイント50%還元セール中!

現在、Kindleストアでスクウェア・エニックスのコミックがポイント50%還元中です。

Kindleのスクエニ作品が最新巻含めポイント50%還元セール「安達としまむら」「ななしのアステリズム」「イノセントデビル」「ハッピーシュガーライフ」など

今回はセール対象の中から、(いろんな意味で)マニアックな作品を紹介します。涼太さんの「アイドルは××××なんてしませんッ!」です。2012〜2014年頃にリリースされた作品で、全3巻。


あらすじ



かけだしのアイドル・華恋(かれん)には、致命的な弱点がありました。それは、緊張するとおもらしをしてしまうこと。その癖はどうしても治らず、やがてそれを逆手にとって「モレドル」として売り出されてしまうことに。

そんな華恋と「KEIREN」というアイドルユニットを組んでいるのが、桂奈という女の子。自称マフィアだか殺し屋だかで、物騒な言動が多いです。極道アイドルということで、通称「極ドル」。

その他に宗治郎という男性キャラがいて、華恋と桂奈のマネージャーです。当初ストーリーは彼の視点から始まるので、一応主人公といえるかもしれません。ただ、男性キャラに需要などないことに作者も途中で気づいたのか、次第に影が薄くなっていきます。


極道騎士

基本的にはおもらし漫画です。華恋が様々なシチュエーションでおもらしし、結果的に「モレドル」としてアイドル業界を駆け上がっていくお話です。ですが、百合的に注目したいのは華恋とユニットを組んでいる桂奈。

裏社会の孤独な環境で育ったためか、初めての友達である華恋に非常に強い友情を抱いています。華恋を傷つける人間は誰であろうと許しません。華恋を守るためなら何でもする覚悟。

いかなる時でも華恋を守るその姿は、さながら騎士のよう。決め台詞もいちいちかっこいいです。

moredoruee1.jpg

「大丈夫。ここは私が守ってやるから、安心して歌え」

※ここ=膀胱


ストーリー後半では、人気アイドルユニット「リラルラ」が華恋たちのライバルとして立ちふさがります。あるエピソードでは、リラルラの嫌がらせによって華恋のおもらしが桂奈に直撃寸前の状況に。しかし、桂奈は少しもひるみません。

moredoruee2.jpg

「かけろ。華恋のおもらしなんてもうなんども浴びてる。今さら私が嫌がるとでも?貴様らのようなヒヨッコとは絆の深さが違う」

変態キャラでもギャグキャラでもなく、どシリアスにこんな台詞を言ってしまうのがかっこよすぎです。


他にも名台詞がたくさん。大きなライブの直前、緊張で震える華恋に対しては……

moredoruee3.jpg

「華恋といっしょなら何も怖くない。私も共に喜んで漏らそう」


このような桂奈の一途な姿にはファンも多いようで、女性ファンから「桂様」と呼ばれて黄色い声援を受けているシーンもあります。

moredoruee8.jpg

一方、ライバルであるリラルラからは「レズ」とか「包帯レズ女」などと呼ばれています。でも桂奈はそれに怒ったり否定したりしません。そこがまたかっこいいです。

moredoruee4.jpg


3巻に収録されているバレンタイン回も注目です。バレンタインをよく知らなかった桂奈ですが、好きな人に気持ちを伝える日だと解釈。迷わず華恋にキスをします。

moredoruee5.jpg



桜井すずり

1巻の後半あたりから登場する女の子・桜井すずり。眼鏡におさげという、委員長タイプの真面目そうな女の子です。華恋のおもらし癖にかなり早い段階から気付いており、真相を突き止めようとしていました。学校にチクるのかと思いきや……実は女の子のおもらしが大好きという変態でした。以後、強引に事務所に押しかけて恋華の「モレドル」ぶりをプロデュースすることになります。

おもらしを見るが好きなだけ、という点では単なる変態ですが、対象は女の子に限られるようなので一応百合キャラといえなくもないのでしょうか……。

最後は華恋のおもらしにすっかり惚れ込み、「一生ついていく」とまで言っていました。

moredoruee7.jpg

すずりの登場の副次的効果として、作品全体の女の子率が上がったのは一応評価点かもしれません。すずりが「モレドル」としての演出やプロモーションを担当することになったおかげで、本来のマネージャーである宗治郎の出番が減っています。



おもらしアイドル漫画「アイドルは××××なんてしませんッ! 」を百合的な視点から紹介してみました。

メインテーマはおもらしですし、男性キャラも登場します。一応形式的には(影が薄いものの)宗治郎が主人公、華恋がヒロインです。

ですがそれはそれとして、桂奈の華恋への絶対的信頼も作品のみどころの1つです。桂奈は華恋と違って男性キャラとの絡みもほぼ無く、あくまで華恋一筋です。義理人情に厚くちょっと百合っ気もある、非常に魅力的なキャラクターになっていると思います。

かなりマニアックな作品ですが、もし興味を持った人がいたら50%還元セール中にぜひ読んでみてください。

  
 

ちなみに作者の柚木涼太さんは最近おねロリ系の百合漫画を描いているようです。こちらも機会があれば紹介してみたいと思います。

 
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

「イノセントデビル」第1巻(中村基/宗一郎)/ Kindle版がポイント50%還元セール中!

中村基さん原作、宗一郎さん作画の「イノセントデビル」第1巻を読みました。



5月22日発売の新しい作品ですが、現在Kindleストアでポイント50%還元が付いています。


【参考記事】Kindleのスクエニ作品が最新巻含めポイント50%還元セール「安達としまむら」「ななしのアステリズム」「イノセントデビル」「ハッピーシュガーライフ」など


あらすじ

上条塔子は犯罪心理学者。子供のような容姿なうえに極度の人見知りですが、一応大人です。

id1rr1.jpg

塔子の研究対象は、「無邪気な悪魔(イノセントデビル)」。殺人に対する罪悪感を全く持たない人間のことで、塔子はこれを既存の概念に囚われない存在として注目。有効活用の途を模索しています。しかし、世間からはあまり理解されていないようです。

塔子は「無邪気な悪魔」を求め、今日もあちこちの怪事件に首を突っ込みます。当然ながら危険な目に遭うことも多く、そんなときに頼りになるのが助手の美少女・深海赤音。実は彼女自身も「無邪気な悪魔」の1人であり、非常に高い戦闘力を持ちます。

塔子は(一応)大人として赤音の保護者を引き受けていますが、赤音は同時に研究対象でもあります。塔子は、研究者と保護者の2つの立場の間で悩むことに。それでも、赤音は塔子に強い信頼を寄せています。

id1rr2.jpg


「無邪気な悪魔」というちょっとSFめいた設定、激しいバトルシーン、そして塔子と赤音の信頼関係。いろいろな要素が詰め込まれていますが、これから物語がどこに向かっていくのかに注目です。


 
posted by trinder at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleのスクエニ作品が最新巻含めポイント50%還元セール「安達としまむら」「ななしのアステリズム」「イノセントデビル」「ハッピーシュガーライフ」など

Kindleストアで、スクウェア・エニックス作品のセールが行われています。なんと発売されたばかりの最新作含めてポイント50%還元。セール期間は6月15日(木)まで。

【50%ポイント還元】スクウェア・エニックス フェア

これまでのセールと違うのは、どの作品も全巻が対象になっていること。過去のセールではスクエニ作品は1巻のみが対象になることが多かったので、貴重な機会だと思います。

発売されたばかりの作品も対象です。漫画版「安達としまむら」2巻は、6月9日(今日!)発売にしてポイント50%還元です。もちろん第1巻も対象。

 

「ハッピーシュガーライフ」は、5月末に発売されたばかりの第5巻含めてポイント50%還元。やはりこちらも全巻が対象です。

  

【参考記事】「ハッピーシュガーライフ」第5巻(鍵空とみやき)


4月に発売された第5巻で完結した「ななしのアステリズム」も、全巻がセール対象。

  

【参考記事】「ななしのアステリズム」第5巻(小林キナ)


「咲-saki-」シリーズも、本編・スピンオフのそれぞれ最新巻までセール対象です。

   

  

【参考記事】
「咲-Saki-」第16巻(小林立)
「怜-Toki-」第1巻 (小林 立 / めきめき)
「立-Ritz- 」(大和田秀樹)


個人的に注目したいのが、「制服のヴァンピレスロード」。過去のセールではいつも対象から外れており、1巻目すらほとんどセールになりませんでした。今回は最新の第2巻までポイント50%還元が付いています。

 

【参考記事】「制服のヴァンピレスロード」第2巻(松本トモキ)


5月末に第1巻が発売されたばかりの新作「イノセントデビル」も対象。早くも注目を集めている作品です。この機会にチェックしてみてもいいかも。



【参考記事】「イノセントデビル」第1巻(中村基/宗一郎)


他にも、多数のスクエニ作品が対象になっています。新作・旧作に関わらずほぼ全作品・全巻が対象といっても良さそうです。スクエニでここまで大盤振る舞いのセールは非常に珍しいです。

    

    

 


百合作品とまでは言えなくても一部に百合っぽい要素がある、というのまで含めればかなりの数になりそうです。マニアックな作品ですが「アイドルは××××なんてしませんッ!」などもセール対象。



【参考記事】「アイドルは××××なんてしませんッ! 」(柚木涼太)


スクエニで今回のようにほぼ全作品が対象の大規模セールは非常に珍しいです。対象作品数が膨大なので、探せばまだまだ面白い作品が見つかりそう。

セール期間は6月15日(木)までです。 

【50%ポイント還元】スクウェア・エニックス フェア
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

Kindleストアの月替わりセール「NKJK」99円など

Kindleストアで毎月行われている、月替わりセール。現在、6月分のセールが開催中です。

Kindleストア / Kindle月替わりセール

毎月、さりげなく百合(っぽい)作品がいくつか含まれていたりします。今月の場合、「NKJK」1巻が99円になっているのが目玉。

   
 
posted by trinder at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

Kase-San and Bento(英語版『おべんとうと加瀬さん。』)

Kase-San and Bento(英語版『おべんとうと加瀬さん。』)が5月23日に発売されています。



加瀬さんシリーズは、最近制作されたアニメーションクリップでも話題ですね。




英語版がリリースされえるようになったのは今年に入ってからです。Vol.1である"Kase-San and Morning Glories"(あさがおと加瀬さん。)は2月発売でした。

【参考記事】Kase-San and Morning Glories (英語版「あさがおと加瀬さん。」)


続くVol.2が、今回紹介する"Kase-San and Bento"(おべんとうと加瀬さん。)です。


表紙の裏はこんな感じ。

kase2eerr1.jpg

簡単なあらすじも紹介されています。ちょっと読んでみましょう。


"We're girlfriends... now what?"
わたし達は恋人で…… その次は?

"It's the start of grade twelve and this year, Yamada and Kase-san are in the same class together!"
高校3年生が始まり、今年は山田と加瀬さんは同じクラスです。


「高校3年生」がgrade twelve(12番目の学年)となっているのは、アメリカでは学年を小学校から通算して数えるためです。漫画本編内でもこのように訳されています。なお作品によっては、日本と同じように「3年生」(third year)という表現になっている場合もあります(むしろそちらが一般的です)。


"Yamada's thrilled to be dating her track-star girlfriend, but she's having trouble getting a grip on just what "going out" even means."
山田は陸上部のスターとつきあうことになってドキドキ。でも「つきあう」とはどういうことなのか、よくわからずにいます。


trackは競争路のこと。転じてここは陸上競技のこと。「あの娘にキスと白百合を」など、最近の百合漫画でもちょくちょく見かける単語です。

have trouble 〜ingは、「〜するのに苦労する」。

get a grip on 〜は、「〜を把握する、理解する」。

going outは、「つきあう」。文字通りには「外出」という意味にも取れますが、ラブストーリーで出てきたらたいていは恋人としておつきあいするという意味です。dateとほぼ同じ。


"Before she can find a solution to her problem, though, their school trip to Okinawa begins!"
答えが見つからないまま、沖縄への修学旅行がやってきます


"Will Yamada and Kase-san ever figure this whole girlfriend thing out- or will misunderstandings split them apart forever?"
(山田と加瀬さんは、恋人になるとはどういうことなのかわかるのでしょうか?それとも、誤解によって永久に離れ離れになってしまうのでしょうか?)


figure out 〜は、「〜を理解する」。上に出てくるfindやget a grip onとほぼ同じ意味です。


それではさっそく、この巻の最初のエピソードを見てみます。表題作"Kase-San and Bento"(おべんとうと加瀬さん。)です。


Kase-San and Bento

各エピソードの冒頭は、山田のモノローグで始まるのがお約束。

kase2eerr2.jpg

"I ended up going out with a girl."
女の子とつきあうことになりました。


end up 〜ingで、「最終的には〜する、結局〜する」。良いことにも悪いことにも使えます。


季節は、新学期。高校生活最後の1年、山田と加瀬さんは同じクラスです。

"We're both girls... but we've been going out since the middle of the third semester."
わたしたちは女の子同士だけど このあいだからつきあいはじめました──

bothは「両方」。We are both girls, but...(わたしたちは女の子同士だけど〜)は百合漫画の超頻出表現です。


Yamada: It's so awesome we're in the same class!
山田「っていうか一緒のクラスうれしいね!」


awesomeは「すごい、すばらしい」。

sameは「同じ」。「同じクラス」(same class)という表現がこのエピソードの頻出フレーズです。


つきあっているとは言うものの、実は山田はどんなことをすればいいのかよくわかりません。


Yamada: I don't really know about any of that, but what sort of things should I do?
山田「そのへんわかんないんだけえど…… 具体的にわたしどんなことをすれば……」

Kase-san: Y- you should just do what you want.
加瀬さん「や……山田の好きなふうに……でいいよ」


好きなふうで良いと言われて山田が思い立ったのは、お弁当を作ること。

kase2eerr3.jpg

Yamada: There's bento!
山田「おべんとでしょ!」


このように、「お弁当」はそのまま"bento"と訳されています。このbento、最近はも海外でも普通に通じるようです。近年、欧米で健康志向・節約志向の高まりによって昼食をbentoにすることが注目されているとか。


山田は毎日お弁当を作ってはいくものの、人気者の加瀬さんに渡す機会はなかなか訪れません。でもある日ついに、加瀬さんはお弁当を食べてくれました。


Kase-san: It's so good! It's delicious! for real!
加瀬さん「おいしー!おいしーよ まじで!」


最近あまり元気がない山田に、加瀬さんはある秘密を明かします。実は以前からずっと山田のことを見ていたのです。屋上での自主トレ中に、校庭で植物の世話をする山田を眺めたり。


Kase-san: You never looked up at me.
加瀬さん「ぜんぜん上見てくれないの。こっちはずっと見てんのにさ」

Kase-san: But I watched you the whole time.
加瀬さん「…山田、大好き。ずっと前から大好きなの」


ちなみに上の台詞にはlookとwatchが使われています。両方「見る」という意味ですが、watchのほうが注目度は高め。特に動いているものを注意して見る意味です。

the whole timeは、「終始、ずっと」。


Kase-san: Thanks for the bento... Yamada.
加瀬さん「おべんと、ありがと。山田」

Kase-san: I'm happy your're going out with me.
加瀬さん「つきあえて、すごくうれしい……」


"This is in April of 12th grade... Back when we'd just started going out."
それが高3の4月。まだまだつきあい始めの頃でした──

kase2eerr4.jpg



英語版「おべんとうと加瀬さん。」から、最初のエピソードを紹介しました。

全体的にとても素直な翻訳です。ひねった表現や複雑な文法などは控えめなので、英語学習者にも読みやすいと思います。「加瀬さん」シリーズが好きで英語にも興味がある人はぜひ読んでみてください。




ちなみに、日本語版のほうは4巻目に当たる「エプロンと加瀬さん。」が7月25日に発売予定です。特装版にはアニメーションクリップを収録したBlu-ray付き。





なお、英語版「おべんとうと加瀬さん。」が発売された5月23日には「あの娘にキスと白百合を」2巻も発売されています。



こちらも今後の記事で紹介予定です。


それにしても今年は英語版百合漫画の発売ラッシュが続いています。百合好きな人が英語を覚えるには絶好の年になりそうです。

参考記事:
Bloom into You (英語版「やがて君になる」)Vol.1
Bloom into You (英語版「やがて君になる」) 英単語帳
Bloom into You 2(英語版「やがて君になる」)Vol.2
Kindred Spirits on the Roof(漫画「屋上の百合霊さん」)英単語帳
Kiss and White Lily for My Dearest Girl(英語版「あの娘にキスと白百合を」)Vol.1
Kase-San and Morning Glories (英語版「あさがおと加瀬さん。」)
Kiniro Mosaic(英語版「きんいろモザイク」)Vol.1
タグ:百合英語
posted by trinder at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

「ゆるゆり」第15巻(なもり)

「ゆるゆり」第15巻の感想です。



「ゆるゆり」といえば刊行ペースが速い印象がありますが、今回はちょっと久しぶりの新巻です。前の第14巻からは1年半近く経っています。

【参考記事】ゆるゆり(なもり) 第14巻



109★「そして異世界へ……」

掲載誌である百合姫の月刊化を記念して、新展開。今回から4コマになったりバトルものになったりノベル形式になったりする……と思われましたが、やっぱりいつものゆるゆりでした。


110★「卒業、そして。」

卒業するような学年のキャラいたっけ?と思ったら回想話。京子・結衣の小学校卒業(と、2人を見送るあかり)を描いています。そういえばあかは1つ下なので、京子たちと一緒には卒業できなかったんですよね。

でも、小学校のときと違って今のあかりにはちなつもいます。2人の友情がちょっと百合っぽい感じ。

yryr15hh1.jpg


111★「練習してただけですよ?」

転んだ拍子に、結衣を押し倒したような態勢になってしまった綾乃。

yryr15hh3.jpg

遅れてやってきた京子たちの目をごまかすため、組体操の練習を始めます。


112★「そういえば、髪切った?」

雑談の定番ネタ(?)「髪切った?」から始まり、カツラを使ったボケ合戦へと突入します。


113★「誰っ!?」

生徒会室にゴキブリが出現。生徒会メンバーたちはてんやわんやに。基本的に全員虫が苦手なようです。ゲテモノが平気そうな(偏見)櫻子すらもうろたえています。

そんな内容と一見関係なさそうなサブタイの意味は、ラストで明らかになります。


114★「うたうよ!アッカリーン♪」

1人カラオケに挑戦しようと、店の前でうろうろしていたあかり。それを見た京子は、あかりが同じビル内の居酒屋に入ろうとしていると勘違いし……。

勝手に勘違いしているだけとはいえ、京子が周囲の人々の異常さにうろたえるという珍しい構図です。おふざけ中以外はわりと常識人な側面が見れる、かも?


115★「なくしちゃった!?」

ある冬の日、手袋をなくしてしまった千歳。それを見た綾乃は自分の手袋を片方貸し、そしてもう一方の手はつないでいくことに。

yryr15hh2.jpg

2人の友情を温かく描いた微笑ましいエピソードです。「ゆるゆり」としてはもちろん、独立した短編としても読めそうなほどきれいにまとまっています。


116★「高校生になったら」

京子たちが、高校生になった自分たちの姿を想像します。そういえば現在中学生でしたね。果たして、サ〇エさん時空なこの作品で、本当に京子たちが高校生になれる日は来るのか……。


117★「認めんっ!」

虫歯になってしまった櫻子。歯が痛い自覚はあるものの、認めたら負けだとばかりに平静を装います。歯医者行けよ。


118★「幸せはクッキーから」


ちなつが向日葵からクッキーの作り方を教わります。もちろん結衣へのプレゼント用。しかし、ちなつの常軌を逸したセンスは絵だけでなく料理でも発揮されてしまい……。



ちょっと久しぶりの新刊でしたが、中身はまったくいつも通りの「ゆるゆり」でした。そんな中にも随所に新しい挑戦があり、飽きさせません。15巻目にしてまだまだ新たな側面を見せてくれる作品です。




【電子版】

 
タグ:ゆるゆり
posted by trinder at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー」作家陣&タイトル公開

電撃大王のブログで、「エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー」の作家陣とタイトルが公開されています。

発売までひと月を切った『エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー』 19名の作家陣&作品タイトルを全公開!


Vol.1に続き、今回も百合漫画で定評のある作家さんが多数参加しています。「やがて君になる」の仲谷鳰さん、「あの娘にキスと白百合を」の缶乃さん、「新米姉妹のふたりごはん」の柊ゆたかさん等、多くの作家さんは続投しています。

今回から新しく参加した作家さんだと、「柚子森さん」の江島絵理さんや、「明るい記憶喪失」の奥たまむしさんも注目です。


発表されているタイトルのうち、缶乃さんの「無職とJK」はVol.1と同じタイトルなので続編と思われます。非常にいいキャラをしていたあの人の雄姿がもう一度見れるなんて感激ですね。

eku2eew1.jpg


「エクレア blanche あなたに響く百合アンソロジー」の発売日は6月26日です。



エクレアにも参加している仲谷鳰さんの「やがて君になる」第4巻も同日発売。



そういえばエクレアVol.1と「やがて君になる」3巻も同日発売でしたね。


【参考記事】「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)
 
posted by trinder at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

「私は君を泣かせたい」第1巻(文尾文)

文尾文さんの「私は君を泣かせたい」第1巻を読みました。



文尾文さんといえば、百合的にはコミカライズ版「屋上の百合霊さん」でおなじみ(『SIDE B 仲良しクイズ』のほう)。



【参考記事】Kindred Spirits on the Roof: The Complete Collection(漫画「屋上の百合霊さん」英語版)

「屋上の百合霊さん」は原作付きでしたが、今回の「私は君を泣かせたい」はオリジナルの百合漫画となっています。


あらすじ

相沢羊(あいざわ よう)は、誰にでも優しく頼りにされている女の子。でもどこか周囲に壁を作っており、誰にも本心を明かさないところがあります。

映画が好きな羊は、ある日1人で映画館に向かいます。しかし誰もいないと思った映画館には、同じクラスのヤンキー・虎島ハナ(こじま はな)の姿がありました。

nakasetai1gg1.jpg

しかも映画を見てすっごい泣いてました。

映画そっちのけで、ハナの泣き顔に見とれてしまった羊。映画が終わると、羊は思わずハナにハンカチを差し出していました。

翌日の放課後、部員が実質自分一人である「映画研究部」でくつろいでいた羊。そこに、ハナが現れます。洗ったハンカチを返しに来たというのが一応の用事。ですがそれだけでなく映画研究部に入部したいのだといいます。映画館でのハナの泣き顔が印象に残っていた羊は、彼女を部員として迎え入れます。


それからというもの、ハナは羊に対してすっかり友達のつもりで話しかけてくるようになりました。周囲からヤンキーとして恐れられているハナと友達と思われたことで、羊にも微妙なイメージが……??

ですが次第にクラスメイト達もハナが悪い人ではないと気付き、親しく接するようになっていきます。その一方で、羊はちょっと嫉妬してしまったりも。

nakasetai1gg2.jpg


学校と部活で一緒に過ごすうち、次第にお互いを知っていく羊とハナ。ときには知られたくないことに踏み込んでしまい、ギクシャクしてしまったり。それでも、2人のちょっと不思議な友人関係は続いていきます。



基本的には羊とハナストーリーの中心ですが、クラスメイトの美雨と葵にも注目です。この2人は親友同士。葵が美雨を守っているという関係のようですが、いざというときには力関係が逆転したりも。まだまだ出番少な目ですが、今後の活躍に期待です。



【電子版】

 
posted by trinder at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ポイント92%還元セールから未紹介作品をざっくり紹介 「同居人が不安定でして」「森山大輔短編集 魔法医猫といばら姫」「γ―ガンマ―」など

5月26日頃から行われている、Kindleストアのポイント92%還元セール。多数の人気コミックが実質50円前後で購入できてしまう驚愕のセールです。具体的なセール対象作品は以下の記事を参照。

Kindleでポイント92%還元セール「やがて君になる」「あの娘にキスと白百合を」「将来的に死んでくれ」など多数が実質50円前後に


今回はセール対象の中から、これまでこのブログで取り上げたことのなかった作品を紹介してみたいと思います(ブログで紹介済みの作品は、該当ページへのリンクを上記の記事内に掲載しました)。


同居人が不安定でして(タカダフミ子)



フリーのイラストレーターをしている不安定さん(本名不二井さん)と、会社員のしっかりさん(本名狩山さん)はルームシェア中。不規則で自堕落な生活を送る不安定さんに、しっかりさんはあきれながらもついつい世話をやいてしまい……。

直接的な恋愛要素はないものの、まったくタイプの違う2人がわいわい同居している姿が微笑ましいです。あくまでイメージですが、未来の2人が結婚している(っぽい)姿が描かれたことも。

92pkk1.jpg


ちなみに、5月27日に最新の第2巻が発売されたばかりです。第1巻の92%還元セールは予習・復習にぴったりだと思います。





「クロちゃん家の押入れが使えない理由」(華々つぼみ)




主人公のクロちゃん宅の押し入れに、ある日突然ワームホールが出現。以後、宇宙人たちがクロちゃんの部屋を地球への出入り口に使うようになってしまいます。クロちゃんは平穏な日常を守るため、自分なりに宇宙人の対応に当たりますが……。

宇宙人たちは基本人外ですが、クロちゃんの周囲の人間がほぼ百合。クロちゃんの姉も妹もややシスコン気味です。特に妹はクロちゃんのパンツに埋もれてうっとりしているという変態のようなシーンも。

そして最大の百合要素は、クロちゃんの親友であるモモちゃん。ちょっと過剰なレベルでクロちゃんのことが大好きです。あるエピソードでは宇宙人によってモモちゃんの愛が暴走。告白シーンやキスシーンがあります。

92pkk3.jpg

キスは、モモちゃんを宇宙人から助けるためにクロちゃんのほうから行われます。

92pkk4.jpg

この回のキスは回想などで後々まで尾を引きます。モモちゃんが、キスが原因でクロちゃんを妊娠させてしまったと勘違いしたり……。

ちなみにモモちゃんはエピソード間のおまけページにもちょくちょく登場。クロちゃんと一緒に百合系の小ネタを披露してくれます。


「γ―ガンマ―」(荻野純)



特殊能力を持った人間が次々と生まれている、近未来の地球。ある者は能力を利用して悪事を働き、またある者はヒーロー・ヒロインとして悪と戦っています。

古今東西のあらゆるヒーロー・ヒロインをオマージュした、ごった煮的な世界観が魅力です。アメコミ系、特撮系、魔法少女系、中二異能バトル系などなど……。

主人公である北鹿海鵬(きたじし みゆき)と酉里(ゆり)の姉妹は、ヒーローたちの相談係をお仕事にしています。基本的にはサポート担当であり、ヒーローたちを見守る立場です。ただし酉里はかつて最強の変身ヒロイン「リリィキュアル」だった過去があり、緊急時には残された力を使って戦うことも……。

百合的なみどころは、海鵬が超シスコンであること。妹の酉里をかなり過剰なレベルで溺愛し、いつでもどこでもベタベタしています。人前で声を大にしてシスコン公言しちゃうくらいシスコンです。

92pkk6.jpg

一方で酉里は一応の羞恥心を持ち合わせており、スキンシップ過剰な姉に憎まれ口を叩きがち。

92pkk5.jpg

ですが内心では姉と同レベルのシスコンで、誰も見ていないときは素直に甘える姿も見られます。


こんな感じで、前半は姉妹百合の要素が強め。ヒーロー(男性が多い)達のバトルの合間に姉妹百合シーンで息抜き、といった作風です。

対して後半では、海鵬は親友である光(ひかり)との距離を縮めていきます。光はかつてヒロインとして戦っていたものの、大切な人(女です)を守れなかったショックで一時引退していました。しかし、海鵬の説得によって復帰。海鵬とは互いになくてはならない存在となっていきます。

一方で酉里のほうも、最終的には別の女性と結ばれています。

このように後半では、姉妹百合から親友百合へとやや(百合的な)ジャンル転換が見られます。戦闘能力を持つ光がヒロインポジションになったことで作風も少し変化し、バトルがよりストーリーの中核に組み込まれます。このあたりは多少賛否ありそうですが、百合的にはきちんとハッピーエンドになっているので気になる人はぜひ最後まで読んでみてください。


ちなみに、作者ご本人がハッピーエンド後と思われる百合絵(18禁)をpixivなどに投稿していたことが一部で有名です。


森山大輔短編集 魔法医猫といばら姫



表題作「魔法医猫といばら姫」が百合です。全3話で、本全体の約半分ほどを占めています。


主人公みかげの親友・リンネは、謎の力によって眠ったまま目を覚まさなくなってしまいました。みかげは、不思議な現象に詳しいという「魔法医」ヨネコ先生に相談するのですが……。

多少ネタバレになりますが、実はリンネはみかげのことに単なる友達以上の気持ちを抱いています。事件の真相は、リンネのみかげへの想いの暴走ともいえるものでした。

92pkk8.jpg

果たして、みかげはリンネを受け入れ、彼女を救うことができるのでしょうか……?


続く2話目・3話目は演劇部のスター・灰原凪(はいばら なぎ)先輩がメイン。みかげもちょっと憧れているようです。そして今回も百合オチです。

ちなみにこの作品はもともと読み切りで、2話目と3話目は7年後に書かれたものだそうです。あとがきでは絵柄の変化についてセルフツッコミがされていたり。


菅野マナミ短編集 良い子さんと不良先生



「ひまわりさん」で有名な菅野マナミさんの短編集。表題作「良い子さんと不良先生」が百合です。

良子(りょうこ)は、可愛らしい容姿とその良い子ぶりから「良い子さん」と呼ばれています。でもちょっとワルいことにも憧れる良子は、夜のプールにこっそり侵入して泳いでやろうとたくらみます。ですがプールにはすでに謎の美女が泳いでいて……

manamit11.jpg

だいたいの読者がタイトルから想像できていると思いますが、この美女の正体は実は学校の先生。ワルいことに憧れる女の子と、ちょい不良(?)な先生の交流を描いています。


この表題作の他には、百合があと1本と、見ようによっては百合かもしれないものが少々といったところ。本全体から見ると百合の比率はそこまで高くないですが、表題作に惹かれた人なら読んでみる価値はあるかと思います。
 


92%還元セール対象のうち、ブログで取り上げたことのなかった作品をいくつか紹介してみました。気になる作品があったらぜひ読んでみてください。

セール対象作品一覧は以下の記事で。

Kindleでポイント92%還元セール「やがて君になる」「あの娘にキスと白百合を」「将来的に死んでくれ」など多数が実質50円前後に

 
過去にブログで紹介した作品については、該当ページへのリンクを上記記事内に挙げてあります。もし興味があればそちらもどうぞ。
 
posted by trinder at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

Kindleでポイント92%還元セール「やがて君になる」「あの娘にキスと白百合を」「将来的に死んでくれ」など多数が実質50円前後に

Kindleストアで多数のコミックがポイント92%還元というとんでもないセールになっています。

「やがて君になる」「あの娘にキスと白百合を」「新米姉妹のふたりごはん」といった人気作もセール対象。ポイント92%還元なので、実質約50円前後で購入できる状態です。

  

【参考記事】
「やがて君になる」第1巻(仲谷 鳰)
「あの娘にキスと白百合を」第1巻(缶乃)
「新米姉妹のふたりごはん」第1巻(柊ゆたか)


基本的には、各作品の第1巻が対象のようです。まだ1巻目しか出ていない作品もきっちりセールになっています。場合によっては、最近発売されたばかりの作品が92%還元で買えるという異例の事態に。

   

    

【参考記事】
「今日も女の子を攻略した。」第1巻(むく)
「百合百景」(はちこ)
「将来的に死んでくれ」(長門知大)
「女子高生のつれづれ」第1巻(三本コヨリ)
「明るい記憶喪失」第1巻(奥たまむし)


もともと半額セールなどになっていた作品は、そこにさらにポイント92%還元が入ります。「ハッピーシュガーライフ」「ハルユリ」「ムルシエラゴ」などは、半額セールとポイント還元の合わせ技で実質約20円で購入できてしまう状態です。

  

【参考記事】
「ハッピーシュガーライフ」1巻・2巻(鍵空とみやき)
「ハルユリ」第1巻(ななつ藤)


その他にも、紹介しきれないほどの作品がポイント92%還元セール中です。

   

   

   

   

  

   

   

 

   

   

   

    

  

   

   

   

   

   

    

   

   

   

  

 


【参考記事】
「ハートオブtheガール」第1巻(奥たまむし)
「ふたりべや」1巻(雪子)
「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで
「ヤマノススメ」(11巻まで&アンソロジー)
「あやかしこ」第1巻(ヒジキ)
「ブラックリリィと白百合ちゃん」第1巻(鳳まひろ)
「遠藤靖子は夜迷町に隠れてる」第1巻(FLOWERCHILD)
「おねだりしてみて」(雪子)
「弁天ロックゆう。」(渡会 けいじ)
「柚子森さん」第1巻(江島絵理)
「ひなこのーと」第1巻(三月)
「わたしの友達が世界一かわいい」第1巻(三月)
「ゆりキャン 〜ゆりかのキャンパスライフ〜」 1巻
「さよならジュリエッタ」1巻(道明宏明)
「青春スウィートトラック」第1巻(TOもえ)
「私立星城学園きらりん寮」第1巻(はなこ)
「ななしのアステリズム」 1巻・2巻(小林キナ)
「怜-Toki-」第1巻 (小林 立 / めきめき)
「ゆりてつ」 1巻
「パンでPeace!」第1巻(emily)
「いつか私は、君を裏切る」第1巻(桜井瑞希)


一部ですが雑誌やアンソロジーも確認できます。6月にVol.2の発売が予定される「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」が注目です。さらに百合アンソロジー「メバエ」もvol.1がセール対象。

   


【参考記事】
「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)
百合アンソロジー「メバエ」vol.1


今回のセールの趣旨や、正確な対象範囲は不明。おそらく短期セールな予感がしますが、正確な期限もわかりません。何かわかったら追記しようと思います。
 
タグ:電子書籍
posted by trinder at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

Girls' Last Tour(英語版「少女終末旅行」)Vol.1 / 日本語版もセール中!

5月23日は、百合(っぽい)漫画の英語版が3冊も発売された日でした。



Kiss and White Lily for My Dearest Girl(あの娘にキスと白百合を)Vol.2、Kase-San and Bento(おべんとうと加瀬さん。)、そしてGirls' Last Tour(少女終末旅行)の3冊です。

いずれも洋書ですが、amazonなどの通販サイトを通せば日本からも手軽に読むことができます。さらに、「あのキス」と「少女終末旅行」は電子書籍版があるため1クリックで即座に購読可能。良い時代になりました。

(「あのキス」2巻は品質上のトラブルがあり、改善のため一時ダウンロードできなくなっているようです)


今回はその中から、Girls' Last Tour(少女終末旅行)を紹介します。




Last Tour

チトとユーリは、文明が滅びた世界をあてもなく旅しています。少ない食料を分け合ったり、人間たちが生きていた痕跡に思いを巡らせたり。どこまでも続く廃墟の風景と、2人の会話で物語は展開されます。

lasttour1ww1.jpg

As if we're the only two people in the whole world.
(まるで世界に二人しかいないみたいだね)


シリアスな場面はなく、基本的にはゆるい雰囲気です。とりとめもない会話が多いですが、ときどき含蓄ありげな台詞も。英語だと無駄にかっこいいです。

Screenshot_2017-05-23-20-37-53.jpg

”War” is when people kill one another, right? Why would they do that?
(戦争って殺し合うんでしょ なんでそんなことするんだろうね)


実は英語の勉強用としては結構使いやすいです。2人のかけあいがシンプルながらも印象的なので、会話の流れがつかみやすいと思います。

文章は(意図的に崩した部分を除けば)結構丁寧。高校あたりで習うような文法表現もちょくちょく見られます。

Screenshot_2017-05-23-20-38-05 (1).jpg

If they had made lots of nonperishable foods instead, things would have been easier for us.
(武器じゃなくて保存食をたくさん作ってくれれば 私たちも楽できたのに)

これは高校で習う仮定法過去完了と呼ばれる文法です。「If 主語 had 過去分詞, 主語 would have 過去分詞」で、「もし〇〇していたら、××になっていただろう」。


英語の傾向として他に挙げられるのは、疑問や推測に関する表現が多く登場することでしょう。主人公たちは文明が栄えていたころの時代を知りません。過去の世界に関する知識は、断片的だったり、伝聞に過ぎなかったりすることがほとんどです。

lasttour1ww3.jpg

It's a fish.
(これは魚だな…)

What's a fish?
(魚ってなんなの?)

もちろん単なる疑問だけでは終わらず、きちんと彼女たちなりの答えが示されます。いろいろなものを英語で説明する場合の参考になるかもしれません。



なお英語の勉強に漫画を使う場合は、日本語版も合わせて読むことをおすすめします。日本語と英語を合わせて読むことで、2つの言語を相互に変換する技術が身に付きます。

英語を先に読むのが難しければ、まず最初に日本語版を読むのもあり。英作文やスピーキングのトレーニングにはむしろ日本語を先に読んだ方が効果的です。「母国語語→英語」のほうが、英作文や英会話をするときの思考回路に近いからです。




日本語版の第1巻は現在Kindleストアでポイント54%還元セールになっています。


 
posted by trinder at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

「ハッピーシュガーライフ」第5巻(鍵空とみやき)

鍵空とみやきさんの「ハッピーシュガーライフ」第5巻を読みました。



前巻ではなぜか「やがて君になる」とコラボして話題となった作品です。

happysugar5yu1.jpg

【過去の参考記事】
「ハッピーシュガーライフ」1巻・2巻(鍵空とみやき)
「ハッピーシュガーライフ」第3巻(鍵空とみやき)
「ハッピーシュガーライフ」第4巻(鍵空とみやき)



今回の第5巻は、三星くんの話から。さとうは、しおを偏愛する三星くんを利用して邪魔者を排除しようと考えます。まともな人間に更生しようとしていた三星くんはためらいを見せるものの、しおの靴下をもらうとあっさりとさとうの言うことを聞くようになりました。つくづく変態しかいないですねこの漫画。


三星くんが誤った情報を教えたことで、あさひ(しおを探していた少年)はひとまず他県へと行ってくれました。こうして、さとうとしおの秘密の生活もしばらく安泰……?

さとうは、しおと思う存分イチャイチャします。

happysugar5yu4.jpg

外の世界での悪事が嘘のように、純粋な表情でしおと愛を語るさとう。部屋の中と外で、まるで別作品のようです。このギャップがこの作品の魅力の1つですね。

しおからは「けっこんしき」を挙げようという言葉まで飛び出し、さとうはもうウキウキです。

happysugar5yu5.jpg


しかし浮かれすぎて油断したのか、あるとき部屋に帰るところを親友のしょーこちゃんに見られてしまいます。

happysugar5yu2.jpg


大ピンチです。しょーこちゃんが。

さとうのことを友人として打算なしに案じてくれていた、しょーこちゃん。第4巻ではさとうとしょーこちゃんの友情が大々的に描かれました。この作品では数少ない、純粋な善意で行動できる人物です。さとうの本性を知っても、さとうへの友情は変わりません。

しょーこちゃんとさとうのやりとりは、多数のコマを使いつつもサイレント調で進行するという印象的な演出がなされています。果たしてしょーこちゃんはさとうの心を開かせ、無事に部屋から生還することができるのでしょうか……?

happysugar5yu3.jpg



【電子版】



現在、Kindleストアでは第1巻が半額セール中です。



さらに、無料お試し版も配信中(一定期間を過ぎると読めなくなります)。


 
posted by trinder at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

KindleでKADOKAWA作品がポイント32%還元 「カーグラフィティJK」最新刊「百合百景」「ギャルとオタクはわかりあえない。」「今日も女の子を攻略した」など

Kindleストアで、多数のKADOKAWA系作品に32%程度のポイント還元が付くセールが行われています。

例によって特集ページなどは無いので、セール対象は地道に探していくことになりそうです。


かなり新しい作品もセール対象です。5月23日発売の「カーグラフィティJK」3巻には早くもポイント32%還元が付いています。発売から2日でセールという大盤振る舞い。



【参考記事】「カーグラフィティJK」(さきしまえのき)2巻まで


「ギャルとオタクはわかりあえない。」は、4月27日発売だった2巻も含めてポイント32%還元になっています。

 



上の「今日も女の子を攻略した。」もそうですが、コミックキューン作品はKADOKAWA系なのでこういうときにまとめてセールになるのが魅力です。

比較的最近のコミックキューン作品だと、3月末発売だった「今日も女の子を攻略した。」もセール対象。おそらく今回が初のセール対象入りです。



【参考記事】「今日も女の子を攻略した。」第1巻(むく)



アニメ化で話題の「ひなこのーと」も最新の3巻が3月発売でした。現在32%還元中。





2月発売の「明るい記憶喪失」も。



【参考記事】「明るい記憶喪失」第1巻(奥たまむし)



「クロちゃん家の押入れが使えない理由」も2月発売です。主人公の親友がちょっとぶっ飛んでおり、主人公と事故キスしたり、それが原因で妊娠させてしまったと勘違いしたり。





もちろんKADOKAWAの百合はコミックキューンだけではありません。

3月23日発売の「百合百景」はポイント32%還元。フルカラーの関係で定価920円と高めだったので実質割引額的にちょっとお得?



【参考記事】百合百景(はちこ)


フルカラーでちょっと高い作品といえば、「せんぱいあい。」もセール中です。こちらは昨年11月発売でした。



【参考記事】せんぱいあい。(冬梨。)


「百合百景」と同じく3月23日発売の「あの娘にキスと白百合を」第6巻もセール中。



【参考記事】「あの娘にキスと白百合を」第6巻(缶乃)


「あやかしこ」3巻は32%還元中。



【参考記事】「あやかしこ」第3巻(ヒジキ)



「新米姉妹のふたりごはん」3巻は2月発売でした。



【参考記事】「新米姉妹のふたりごはん」第3巻(柊ゆたか)



KADOKAWAの百合への注力を象徴するかのような1冊「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」もセール対象です。6月にvol.2が予定されているので、予習・復習にも最適。



【参考記事】「エクレア あなたに響く百合アンソロジー」(仲谷鳰、缶乃ほか)



上のエクレアにも参加している仲谷鳰さんの代表作「やがて君になる」もポイント32%還元中。こちらも6月に最新巻が出るので、既巻をまだ読んでいなかった人はチャンスです。

  

【参考記事】「やがて君になる」第3巻(仲谷 鳰)

なお「やがて君になる」は英語版も発売されています(電子化はされていないのでセール対象外です)。英語版で勉強したい場合は、参考用に日本語版も持っておくのを推奨です。

【参考記事】
Bloom into You (英語版「やがて君になる」) Vol.1 英単語帳
Bloom into You 2(英語版「やがて君になる」)Vol.2



百合かどうかは賛否あるかもですが、「けものフレンズ」関係も4月末発売の新しい作品含めていろいろセール中です。

   



メディアミックス作品だと、「ガールズ&パンツァー」関係も4月の新作含めてセール対象。

  



その他、人気作・話題作からちょっと懐かしい作品までいろいろ。KADOKAWA作品すべて対象というわけではないようですが、目当ての作品を探してみると楽しいと思います。

   

   
 
   
  
posted by trinder at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

Bloom into You 2(英語版「やがて君になる」)Vol.2

Bloom into You 2(英語版「やがて君になる」)Vol.2が、5月16日に発売されました。日本からもamazonなどを通して購入することができます。



Vol.1については、以前のブログでも何度か紹介しました。日本語版の繊細なやりとりを上手く英語にアレンジしており、なかなか良い出来になっていたと思います。



参考記事:
Bloom into You (英語版「やがて君になる」)
Bloom into You(英語版「やがて君になる」)Episode2: First Blush
Bloom into You (英語版「やがて君になる」) 英単語帳

ごく稀にうっかりミスっぽい箇所もあるけどご愛敬(ナナミ先輩がナナコ先輩になってるとか)。そういう部分は見てすぐにミスだとわかるので実害はない……はず?


以下ではさっそく、Vol.2の最初のエピソードを見ていきます。


Episode 6: A Kiss is Just a Kiss

上記のサブタイトルを日本語に直すと「キスはただキスというだけ」。日本語版でのサブタイトルは「好きとキスの距離」だったので、少し意訳されていますね。Vol.1最後の予告ページでも大きく扱われていた、侑と燈子のファーストキスを描いたエピソードです。


侑のことを好きだという先輩・燈子。生徒会選挙以後、燈子は侑との距離をさらに縮めようとしています。放課後にわざわざ侑の教室に迎えに来てしまうほど。侑は嫌というわけではないものの、ちょっと戸惑う毎日です。

bloomyuu2vv1.jpg

Yuu: You're too close!
日本語版:侑「近いです」


そんな燈子ですが、生徒会長としてのお仕事はちゃんとやっているようです。生徒会にとっての一大イベントといえば、文化祭。燈子は、そこでの出し物として「生徒会劇」の復活を提案します。

bloomyuu2vv4.jpg

Touko: I want to revive the student council play.
日本語版:燈子「生徒会劇の復活」

※want to 〜:〜したい  revive:〜を復活させる、〜を再生する  student council:生徒会  play:(ここでは)劇



燈子の突然の提案に、侑はあまり乗り気ではありません。しかし燈子は譲らず、なんとかして侑を説得しようと試みます。どうやら生徒会劇に何か特別な思い入れがあるようです。この背景は、燈子の過去とともに少しずつ明かされていきます。


そんなある日、生徒会室に2人きりになった侑と燈子。燈子は、侑に「キスしたい」と言い出します。

bloomyuu2vv2.jpg

Touko: Hey, Yuu...
日本語版:燈子「ねぇ、侑」

Touko: I want to kiss you.
日本語版:燈子「キスしたい」


でもこれは、ついこの間した約束に反することでした。侑はすかさずそれを指摘します。


Yuu: You just said you'd be content just being love with me...
日本語版:侑「…好きでいるだけでいいって言ったくせに…」

※you'd: you wouldの短縮形。このwouldは「〜だろう」という推測。  content:満足している  be love with〜:〜が好きだ


Yuu: But now you want to do stuff like that, too?
日本語版:侑「結局そういうことしたいんですか」

※stuff:もの、こと  like that:そのような


このように一応抗議しては見せるものの、実は侑も嫌ではありません。


Yuu: It's fine with me... If... you want to.
日本語版:侑「……いいですよ 別に、しても」

※fine with 〜:〜にとっては良い、かまわない


Yuu: I don't mind it or anything...
日本語版:侑「別に嫌なわけじゃないですし 

※mind:〜を嫌がる


Yuu: Anyway, I'd be lying if I said I wasn't interested, so...
日本語版:侑「それに興味がないって言ったら 嘘だし」

※lying:lie(嘘をつく)の現在分詞(いわゆるing形)  interested:興味がある

※現在のことなのに過去形になっているのは、事実と異なることをあえて仮定する「仮定法過去」と呼ばれる文法パターンです。興味がないというのはあくまで仮定(もしも)。つまり侑は実際にはキスに興味津々であることが示唆されています。


bloomyuu2vv3.jpg

Touko: Wow, Yuu... you don't love me, but you still want me to kiss you?
日本語版:燈子「何それ。好きじゃないのにけどキスしたいとか

※still:それでもなお  want 人 to 〜:人に〜してほしい


Touko: How dirty.
日本語版:燈子「侑、えろい」

※dirty:いやらしい、不潔な


Yuu: If you're gonna say weird stuff then you can just forget it!
日本語版:侑「バカ言ってるとさせませんよ!」

※gonna = going to(これから〜する、〜するつもりだ)  weird:おかしな、変な  forget:忘れる

上記の英文を日本語に直すと「もし変なこと言うつもりなら、(キスしてもいいという話は)忘れてください」。やや意訳されていますね。


もちろん、燈子がこのチャンスを逃すはずもなく……。こうして、侑と燈子は最初のキスを交わします。

bloomyuu2vv10.jpg

Yuu: Her eyelashes are so long...
日本語版:侑「まつげ長いな」


百合作品の王道、まつげ長いな。いろいろな英訳がありえますが、ここではかなりシンプルに訳されています。



Vol.2の最初のエピソード"A Kiss is Just a Kiss"(日本語版「好きとキスの距離」)を紹介しました。

ここまで読む限り、今回もなかなか良い感じの英訳になっています。基本的には日本語版に忠実ながらも、文字通りの直訳にとらわれていはいません。英語ならではのアレンジも随所に見られます。日本語版でやや抽象的だった表現を少し具体的に言い換えている場面も多く、翻訳者さんの解釈に感心させられることも。日本語版の尊重と英語ならではの遊びのバランスが絶妙です。ぜひ、日本語版と比べながら読んでみてほしいです。


今回のうっかり

Vol.2もなかなか良くできている英語版「やがて君になる」。しかし、Vol.1のときと同様にうっかりミス的な翻訳も一部に見られます。


モヨリ駅

例えば、燈子が侑の実家の本屋にわざわざ買い物に来るエピソード。日本語版では侑が「先輩の最寄り駅近くにはもっと大きな書店があるはず」と訝しみます。

bloomyuu2vv8.jpg

英語版では……

bloomyuu2vv5.jpg

"There are definitely bigger bookstores closer to her stop, Moyori Station..."

her stop(彼女の降りる駅)が、Moyori Station……? どうやら翻訳者さんは、「最寄駅」を「最寄(もより)」という名前の駅だと解釈しているようです。言うまでもありませんが、正しくは「一番近い駅」という意味です。正しく訳すならnearest stationとかclosest station。


苦手なタイプ

真面目な沙弥香がチャラい堂島くんに抱いた第一印象、「絶対苦手なタイプ」。

bloomyuu2v9.jpg

素直に解釈したら、「沙弥香は堂島君のようなタイプが苦手」という意味だと思います。

ですが英語版では……

bloomyuu2vv6.jpg

"He seems like he's bad at it."

日本語に直すと、「堂島君はそれ(仕事)が苦手そうに見える」。

このようにややズレた翻訳になっている理由は、日本語版では主語が省略されていたためでしょう。日本語では、主語が文脈上明らかな場合はよく省略がされます。ですが英語では基本的に主語は省略されません。元の日本語には主語がなくても、英語に直す際には主語を補完しなくてはなりません。では元々の主語は何だったのか?という解釈の過程で起こったミスと思われます。


女優じゃない

日本語版における第7話のサブタイトル、「役者じゃない」。舞台に上がらず「観客」に徹する槙くん(男子)のポリシーからきているものと思われます。

英語版ではどうなったかというと……

bloomyuu2vv7.jpg

I'm not an actress

日本語に直すと、「私は女優ではありません」。そりゃそうでしょう、槙くんは男なんだから……。

これもおそらくは「苦手なタイプ」の件と同じタイプの間違い。日本語版では「役者じゃない」のが誰なのか、主語が省略されていました。英語化するにあたって主語を補完する際に、主語を取り違えたものと思われます。



一応言っておくと、こういった凡ミスは滅多にありません。また、物語を鑑賞するうえで特別実害もありません。大部分の翻訳はちゃんとしているので、このようなミスを本気で犯すとは考えにくいです。たまたまうっかりしていただけなのかもしれません。きっとこの翻訳者さんはドジっ子なのです。

このご時世、ただ正確に訳すだけなら機械にでもできることです。でもそれではあまりに味気ありません。これからの時代に求められるのは、このように無害なちょいミスを織り交ぜた人間味のある翻訳なのではないでしょうか。

というのは半分くらい冗談ですが、完璧ではないけどどこか憎めない、愛嬌のある翻訳だと思います。個人的には最近出た百合漫画の英訳の中でもかなりのお気に入りです。

 
 
posted by trinder at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindleストアで小学館のコミックがポイント37%還元 「柚子森さん」「ゆりてつ」「ストレッチ」など

Kindleストアで、小学館から発売されているコミックにポイント37%還元が付いています。小学館はめったに大規模なセールをしないので、気になる作品があった人にはチャンスです。

セールの特設ページなどは無いようなので、ストアから地道に目当ての作品を探していくことになりそうです。

Kindleストアで小学館のコミックを検索


小学館で百合といえば、今は何といっても「柚子森さん」。昨年おねロリ界に彗星の如く現れた話題作です。現在第1巻にポイント37%還元が確認できます。



参考記事:
「柚子森さん」第1巻(江島絵理)


前の記事でも地理の勉強用に紹介してみた「ゆりてつ」も、一部の巻がセール対象。鉄道が好きな人、これから好きになりたい人におすすめ。



参考記事:
「ゆりてつ 〜私立百合ヶ咲女子高鉄道部〜」3巻(松山せいじ)


アキリさんの「ストレッチ」も2巻などが対象のようです。





探してみると実は結構あるっぽい、小学館の百合作品。以下では参考に、現在(5月20日朝)の時点でまだセール対象になっていない作品も挙げておきます。今後のセール対象への追加に期待です。

   

 
 
posted by trinder at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする